食べる青汁ゼリーのおすすめは?ジュレタイプがやっぱり便利!?

普通の青じるよりも食べる青汁の方が気軽に青汁成分をとることができます。おいしくデザート感覚で野菜嫌いの人も安心です。

青汁は昔から健康の元ということで飲む人が多いものとなっています。
栄養もたっぷりで体の調子も良くなるし、便秘解消にも役立つし、肌の調子も良くなる等のメリットが多いというもの。

化学的に調合したサプリメントとはまた少し異なり、自然の野菜の力がメインということで安心して飲めるものでもありますよね。

でも、気になるのがやはりその味。健康のために飲むのであって決しておいしいものではないというところがあります。

そこで気になったのが食べる青汁。ゼリータイプ(ジュレタイプ)ということでおいしく気軽に食べられるタイプのものが流行っています。

今回、この青汁ゼリーについて紹介をしたいと思います。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレを食べてみました

以前に商品の展覧会がありまして、偶然青汁ゼリー(ジュレ)について知る機会がありました。

そのとき出てきたのが黒糖抹茶青汁寒天ジュレでした。

青汁は以前から何度も飲んだことがあったのですが、健康なのはわかりますが、これって毎日続けるの大変だよね?というものばかりでした。

でも、この黒糖抹茶青汁寒天ジュレは1食分ずつ包まれていて、ジュレ状になっていてそのままするっとだして食べるだけ。

味は黒糖とついているだけあって甘酸っぱいような感じでした。

味、食べている感覚としては全く青汁じゃないです。すごく食べやすくて、これで青汁としての効果が得られるのであればかなり良いのではと思ったんです。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの成分について

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは食べやすいですが、栄養素等は青汁と比べてどうなのか?というところが気になります。

調べてみると、
・クマイザサ粉末で食物繊維がさつまいもの約29倍
・植物発酵エキス約40種類(明日葉、アスパラガス、アルファルファ、インゲン、かぼちゃ、カリフラワー、キャベツ、きゅうり、グリーンピース、クレソン、ケール、ごぼう、胡麻、※、たまねぎ、チンゲンサイ、昆布、さとうきび、とうもろこし、トマト、しそ、大根、ねぎ、白菜、パセリ、ビーツ、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、三つ葉、紫いも、モロヘイヤ、ラディッシュ、緑豆もやし、レタス、レモン)
・お米由来の乳酸菌100億個
・イソマルトオリゴ糖
・寒天(水溶性食物繊維)
・ヒアルロン酸
・黒糖
・ココナッツシュガー

このような成分が入っていることがわかります。
下手な青汁よりもたっぷりといろいろな栄養素を取り入れることができますね。もちろん青汁定番のケールや明日葉といったエキスも入っていますし、乳酸菌・オリゴ糖等でお腹の調子もよくなることが期待できます。

通常の青汁に全く劣らない良い成分だと思います。

野菜嫌いな夫の弁当に添えるという話

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの販売ページの声を見ると、この青汁ジュレを野菜嫌いな夫の弁当に添えるというような話が出てきます。

持ち運べるから便利でデザート感覚で食べられるということで好評だということです。なるほどと思いました。

この青汁ジュレのメリットとしては持ち運びやすい、青汁を飲んでいる感覚でもないし、野菜を食べている感覚ですらないんですよね。
本当にデザートとしてちょっと味わう程度で野菜不足を解消できるという優れものなんです。

毎日しっかりと野菜料理を用意するというのはとても大変なものです。
普通の青汁よりも青汁ジュレであればより簡単に野菜がとれるのでいいですよね。

他のライバル商品はあるの?

他に青汁ジュレで黒糖抹茶青汁寒天ジュレ以外に青汁ゼリーのようなものはあるのでしょうか。
青汁の商品はどこでもあってもジュレ・ゼリータイプのものとなると結構限られてきます。

その中でも有名なものとしてはUMIウェルネスの青汁ゼリーというものがあります。

こちらも青汁ジュレと同じ完全なゼリータイプ。見た目はかなり似ています。
・お腹がすっきりしない
・ストレスを感じやすくなった
・疲れやすい気がする
・肌が乾燥でカサカサしている
そんな悩みのある人を対象としています。

成分としては大麦若葉がメインとなり、こちらはりんご果汁も含まれていて、りんご味ゼリーになります。
青汁ジュレが黒糖系なので、この部分は違ってきますね。

UMIウェルネスの青汁ゼリーは成分としては、黒糖抹茶青汁寒天ジュレほどではないように見えますが、そのかわり少しだけ安いようになっています。

味に関しては好みの問題もあるかと思います。
こちらも気になる方はチェックしてみてください。

UMIウェルネス青汁ゼリーはこちら

腸内環境を整えるのであれば黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの方に話を戻します。
腸内環境の改善を本気で狙っていくのであれば、やはり黒糖抹茶青汁寒天ジュレの方が優れているといえそうです。

こちらの青汁ジュレの方がより腸内環境改善を意識したつくりになっていて、青汁の食物繊維はもちろんですが、発酵エキスという部分、乳酸菌、
オリゴ糖配合という部分で一段上をいっているように感じます。

食物繊維だけでも便秘が改善する等のことはよくありますが、それだけではなく、より改善と、そもそもの根本的な腸内の健康を考えていくのであれば、このくらいの本格さがあっていいのかなと思います。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの利用者の口コミは?

黒糖抹茶青汁寒天ジュレを実際に使っている人からはどんな口コミが出ているのかについても調べてみました。

・すぐに食べられるのがいいと思います。

・味が気に入っています。

・ほどよい酸味が良いと思います。

・青汁の感じを求める人はちょっと違っているかもしれません。

・便秘も改善しました。おやつ代わりに食べるのもいいと思います。

・続けていると体重が減ってきました。顔のむくみもなくなって良いことだらけです。

・肌がきれいになってきました。便秘が改善したからか下腹もすっきりしてきました。

このような口コミが確認できています。
商品としておいしくて続けやすいという声。また実際の効果としても便秘改善だけではなくダイエットや美肌にも役立っているということがわかります。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは買うべき?

ここまで青汁ゼリー(ジュレ)として黒糖抹茶青汁寒天ジュレとライバル商品のUMIウェルネス青汁ゼリーについて紹介をしてきました。

この青汁ゼリー。特に黒糖抹茶青汁寒天ジュレについて買うべきなのかどうかというところですが、何らかの健康対策としてこうした青汁系は一度は試してみた方が良いと思います。

必ずしも黒糖抹茶青汁寒天ジュレが良いというわけではなく、普通の青汁であってもかまいません。こうした野菜系の健康対策をとっていくことが長期的に見て、健康全般であったり、肌のきれいさであったり、胃腸の調子であったりと影響してくるものになります。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレについては、青汁よりもとにかく食べやすい、続けやすいというところが最大のメリットとなってきます。
青汁はちょっと・・・と考えている人、利便性を求める人にこそ、この商品は合ってくるのではないでしょうか。

販売ページも詳細情報が載っていますのでぜひチェックしてみてください。