デザインがオシャレな家を
建てるには?

家族と暮らす住まいは理想のデザインにしたいものですが、自分たち好みのオシャレな家づくりをするにはどうすれば良いでしょうか。ここではオシャレなデザインの家づくりをするためのポイントを解説します。

デザイン住宅とは

・建築家と家づくりをする

デザイン住宅の特徴は建売のように既にできあがった建物を購入するのではなく、自分たちの希望するデザインの住まいを建築家と一緒につくっていくものです。そのため家族のこだわりを活かしやすく、建築家と直接相談することで希望を反映しやすくします。そして素人目線の意見だけではまとまりのない使いにくい間取りになってしまうところを、プロの建築家が入って上手に調整し家の形にしてくれるのでデザイン性の高い住宅を期待できるのです。

 

・デザイン住宅に人気が集まっている

住まいを持つには建売住宅や注文住宅がありますが、デザイン住宅を選ぶ人が増えてきています。その理由として、施主と家族のライフスタイルをよりはっきりと反映させられるメリットが挙げられます。生活のしやすさを妨げることなく、例えば大好きな車に関して車庫の利便性を確保することや、家の中からも緑が楽しめるように大きな吹き抜けをつくることなどが叶うからです。

オシャレな家の依頼先

・ハウスメーカー

ハウスメーカーの場合は全て自由に決められることは少なく、セミオーダーの場合が多いでしょう。しかしわかりやすいことはメリットで、家づくりが初めてで知識もあまりない状態でも設計の道筋通りに内容を決めていけばできあがります。その分デザインの自由度は低いですが、建築スピードは早く安定した品質も特徴です。

 

・設計事務所

自由度の高さを求める場合は設計事務所への依頼がおすすめで、施主の希望を取り入れた内容にすることを最も得意とする依頼先です。希望を伝えればいくつかデザインを提案してくれる力にもたけており、オリジナリティの高いオシャレな住まいづくりが叶います。その分打ち合わせの回数は多くなり、最終的な図面が完成するまでは長い時間がかかるでしょう。建築家が得意な内容と合わなければ思うような家づくりが難しいので、事前にどのような設計事務所かよく調べておくことが必要です。

 

・工務店

地域密着型で家づくりをしている特徴があり、アフターフォローが充実していることが特徴です。設計と工事どちらも担当するので費用の計画が立てやすいメリットもあります。デザイン性については設計事務所の方が高いと言われることもありますが、デザイン工務店も登場しており高いデザイン性も備えた家づくりを行っているところもあります。

安全性の高いデザイン住宅を見極めるポイント

デザイン住宅にも耐震性や安全性は不可欠で、もしもの場合に備えた安心して暮らせる住まいづくりが必要です。そこでどの位安全な家か確認するポイントのひとつにSE構法があり、SE構法とは木造建築にどのくらいの強度があるかを示し保証するものです。コンピュータ制御でカットした木材を特殊な金物を使ってつなぐことでより精度の高い建築ができるようにしています。

 

そしてSE構法を取ると災害に対するシミュレーションもしやすくなるため、一般的な木造住宅より科学的に安全性を証明できるようになります。またSE構法を扱う業者は全国に数百社ありその中でも評価の高い企業にはプレミアムパートナーズの称号が与えられるのです。ちなみに全国で約60社、東京では13社取得しており、依頼先選びのポイントとしてもわかりやすいでしょう。

デザイン住宅を建てた方の喜びの声

・実績が豊富でスムーズに建てられた

デザイン性の高い家にしたかったので実力のあるところへお願いしたいといろいろ情報収集をしました。その中で年間300軒を超える実績をもつ会社と出会うことができ、さっそく話をしてみたところこちらの意見を上手にくみ取ってくれるので、ここなら安心だろうと思い依頼しました。やはり大きな実績がある会社は打ち合わせでの意見反映もスムーズで納得の家づくりができました。

 

・家を建てたあともしっかりサポート

オシャレな家を持ちたいと思っていましたが土地もなく土地探しからのスタートでした。土地購入には資金計画も必要でその段階から親身になって相談してくれたことはとても助けられました。納得の家づくりができたことはもちろん、住み始めたあとも定期的にアフターフォローが入るので安心して暮らせています。

デザイン性の高いオシャレな家に住みたいと思う場合は、より詳細な情報の掲載されている次のサイトをご覧ください。

まとめ

オシャレで自分たちらしい家づくりをするには、どの依頼先へ頼めば良いか情報収集してまずは検討しましょう。相性の良い企業に出会えると希望をしっかりと反映した家づくりが叶うはずです。まずは気になった企業へ問い合わせをしてはいかがでしょうか。