大泉洋

この12年間で国民的な俳優になっ(てしまっ)た大泉洋は48歳の年男です。大泉ファンの奥さんは、彼が出る番組を基本的にすべて録画します。俳優女優は出演作があると番宣のためバラエティ番組巡りをしますが、彼は主演作が多すぎるせいで月に2回、同じ番組に違う番宣で出ていたりして我が家のハードディスクは大泉録画番組であふれています。ハードディスクが残り30%になると、僕はこっそり大泉番組を一括削除しています。。。年末に公開された彼の最新作は…最新作は…最新作は…いや、何も言うまい。

堺雅人

48歳の年男。堺さんは我が家では長らく「(新選組の)山南さん」として認知されていましたが、2020年のシリーズを見てようやく半沢直樹になってきました。旦那は仕事でミスをした時に「詫びる詫びる詫びる詫びる詫びる詫びる詫びる」っていうのを使おうと企みましたが、幸い大きなミスもなく、また、コロナでリモートワークとなっており使う機会がありませんでした。

杉咲花

24歳の年女。我が家はNHKの朝ドラも大河も視聴習慣があるので、「とと姉ちゃん」→「いだてん」と見てきて、ついに「おちょやん」で主役ということで、感慨深いものがあります。勝手に"ウチが育てた"感をもって見守っておりますが、そういうおうちも少なからずあるのではないでしょうか。

平沼翔太(北海道日本ハムファイターズ)

24歳の年男。わが家が応援するファイターズからは栗山監督やブルペン大将の宮西も年男なんですが、2023年新球場レギュラー世代のショートとして期待している平沼選手をチョイス。ポジション争いを挑まれる立場の現在の正ショート・中島卓にも高い壁の曲者9番としてまだまだ頑張ってほしい。
栗山監督は21年シーズンが最後になりそうです。就任初年の12年シーズン開幕3連戦のマロンマジックの衝撃が忘れられません。戦力的には厳しいですが頑張ってもらいたいと思います。

齊藤京子(日向坂46)

24歳の年女。日向坂の本質的なエースは齊藤京子だと思います。コロナにより延期となった「約束の卵」東京ドーム公演が2021年は実現することを祈っています。洗脳の甲斐あってちーちゃんも日向坂のファンで、けやき坂46時代の名曲「ひらがなけやき」をおもちゃのピアノで弾いています。

河村泰貴 (𠮷野家ホールディングス)

牛ということで吉野家。𠮷野家のヨシは「土に口」でヤは「屋でなく家」です。12年前の年賀状では安部修仁さんをピックアップしましたが、現在は会長になられているので、今回の年賀状は河村社長です。先日ケーブルTVを見ていたら「𠮷野家肉盛り選手権・決勝大会」というかなりコアな大会が放送されており、肉盛りお玉に規定量を瞬時に決めてスパッと盛り付ける猛者たちの雄姿に、むかし𠮷野家で働いていた旦那は興奮・絶叫しながら見ていました。

和牛

「うちの奥さんがね、好きなコンビのお笑い芸人がいるんやけど」
「あっそうなんや」
「でもそのコンビ名を忘れたらしくてね」
「好きなのに忘れるって、どうなってんねんそれ」
「で、まあいろいろ聞くんやけどな 全然わからへんねんな」
「そしたら奥さんの好きなコンビの名前を一緒に考えてあげるから、特徴を言うてみてよ」
「なんかな、ブランド牛みたいな名前って言うてた」
「和牛やないかい。その特徴はもう完全に和牛やがな。すぐ分かったよこんなもん」
「俺も和牛やと思ったんやけどな、奥さんが言うには、あまりしゃべらずに寝たまま漫才するらしいわ」
「ほな和牛とちゃうなあ。和牛のボケの水田はこだわりがうるさい『へりくつ漫才』が持ち味やからね。」
「そやねん」
「ほとんどしゃべらない寝たままの漫才なんかしたら、『あれは漫才なのか?』って物議をかもすに決まってるで」
「そやねんそやねん」
「ほな和牛ちゃうなあ。ほなもう一度詳しく教えてくれる?」
「あと奥さんが言うにはな、コンビのどっちかがプロ顔負けの料理の腕前らしいねん」
「和牛やないかい。ボケの水田が調理師免許を持ってて、独り身のアホの坂田師匠に料理をふるまったところ、その本格的な料理と味に師匠の舌が唸ったんや。ほんで調理中は、料理のできない相方の川西は師匠と風呂に入って背中を洗い流したらしいわ。」
「でも分からへんねん」
「何がやの?」
「グルメ番組を何本も持ってるらしいねん」
「あーほな和牛とちゃうなあ。レコーダーのお任せ録画に「和牛」ってワード登録しておくと、確かにめっちゃめちゃグルメ番組が録画されるんやけど、見てみたらほとんど芸人の和牛じゃなくて肉の和牛でひっかかってるのよ。見てたらもう和牛の漫才なんかどうでもよくなって、焼き肉を食べに行きたくなるからね」
「そやねんそやねん」
「ほな和牛ちゃうやないか。もうちょっと何かない?」
「奥さんがな、彼にツッコまれるならボケてもいい、って言うねん」
「和牛やないかい。ツッコミの川西の「もうええわ」は業界で一番男前と言われていて、川西にツッコまれたいと表明する芸人が後を絶たないからね」
「でも分からへんねん」
「何が分からへんの?」
「俺もそれ和牛やと思ったんやけどな、チーンってグラスで乾杯したくなるらしいねん」
「ほな和牛とちゃうなあ。和牛の水田はチーンってツッコまれるときにいちいちグラスの汚れを気にしていつまでも拭きそうやからね。それはそうと髭男爵の本『一発屋列伝』は読みごたえがあって面白かったわ」
「あー今思い出したんやけどな、和牛ではないって言うてたわ」
「ホンマに分からへんがなこれ。どうなってんねんもう」
「そんで娘が言うにはな」
「娘?」
「ハナコちゃうか?って言うねん」
「いや絶対ちゃうやろ。もうええわ~」

ジョン・スタンリー・ハンセン 二世

…と書くと誰やねん!と思うかもしれませんが、牛と言えばロングホーン、ウィーと聞こえるけどYouthと言っているんだでおなじみのスタン・ハンセンです。ハンセンの前回丑年2009年からの12年では、お子さんのシェーバーがメジャーリーグに指名され、2010年には猪木のWWE殿堂のインダクターに、2016年にはそのWWE殿堂についに自身が選出され、日本では東京ドームと福岡でド迫力バトルを繰り広げたベイダーがインダクターを務めました。旦那は2015年の天龍源一郎引退の両国を観戦し、駆け付けたハンセンを見ました。12年後も元気でいて欲しいな…。

源義経

牛関係あるの?全然あるでしょ。牛若丸でしょ。時任三郎をピックアップして「牛若丸三郎太だから」という解説にしようとしたんですが、「分からんから」と却下されました。みんな黄色と黒は勇気のしるしだって認識してると思うだけどな。2022年に三谷幸喜が書くNHK大河ドラマでは義経役が菅田将暉に決まったということで、絶妙な人選と思います。

後藤(鬼滅の刃)

2020年に社会現象になったんで、まあ鬼滅もおさえとくか…と鬼滅のキャラの年齢を調べたんですが、柱もみんな若くて24歳のキャラがいない!!…と思ったら隠の後藤さんが24歳らしく、「有名じゃないけど『柱合会議の時に炭次郎をおんぶしてた人 』 といえば皆分かる」というその絶妙な存在感も込みで選出しました。原作ではその後も5回くらい出てくるんで、作者も気に入ってるんでしょうね。

12年前の丑年選手名鑑のメンバーはこちら