お風呂リフォームの見積もりで便利なサービス

母との同居生活をすることになり、バリアフリーのためのリフォームを検討していました。

段差はもともと少ない家だったので、問題になったのはお風呂でした。

低床式でないと母がつらい様子だったので、お風呂をリフォームすることを決断しました。

どの会社に見積もりを依頼しようかと悩んだときに見つけたのがタウンライフリフォームでした。

相見積もりをして安く、内容も納得できるところを選びたいと思っていました。

タウンライフリフォームを使うと、優良店を一括比較できるとわかって活用したのです。

フォームの入力が簡単で、問い合わせ先のリフォーム会社も選べる仕組みになっていたため、スムーズに見積もりを取れたので良かったです。

お風呂リフォームの費用の無料一括見積り

浴室のリフォーム費用は、設備や作業内容によって大きく異なります。バスルームには、在来型とユニットバスの2種類があります。

在来工法の浴室とは、防水工事が入念に行われ、壁や床がコンクリートで作られているものです。防水工事を除けば、工事自体は他の部屋と変わりません。

最大のメリットは、壁や床を含めたバスルーム空間が一体となっているため、防水性が高いことです。ただし、梁や柱が出っ張っているなど、浴室が特殊な形状をしている場合には、従来の工法を採用しなければならないこともあります。

浴槽の素材は、保温性や耐久性に優れた繊維強化プラスチックやステンレス、滑らかな肌触りのホーローや人工大理石などが一般的です。

ユニットバスは、水や熱に強く、お手入れが簡単なプラスチック製が一般的です。ドアには大きく分けて、引き戸、スイング式、折りたたみ式の3種類があり、材質はガラス、木製、プラスチックなどがあります。

在来浴室のリフォーム事例や、TOTOをはじめとするメーカーのユニットバス、おすすめ業者の口コミなど、幅広くご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

浴室リフォームの見積もりの取り方と依頼のコツ

見積もりを取って、良い業者に適正な価格で工事をしてもらいましょう。そのため、見積もりの取り方を知った上で、リフォーム会社に見積もりを依頼する必要があります。

これからリフォームをしようと思っている方は、「見積もりの取り方」と「見積もりの依頼」のコツを参考にしてください。このとき、200万円の見積もりを提示されても、それが適正な価格なのかどうか判断できません。

このように、定価がないお風呂のリフォームでは、複数の会社に見積もりを依頼することで、相場と適正価格を判断する必要があります。

したがって、適正価格を判断するためには、複数の会社に見積もりを依頼することが望ましいです。価格だけで業者を選んでしまうと、わざと手を抜いて価格を下げている悪質な業者に当たってしまう可能性があります。

例えば、この見積もりには、古いユニットバスの撤去・処分費用は含まれていません。これは、広告費や販売費はもちろんのこと、仲介手数料がかかっているからです。

良い見積書を手に入れれば、良い業者に適正な価格で依頼できることは間違いありません。

お風呂リフォームの大手一括見積もりサイトを比較

見積もりサイトに登録する人が増え、仕事が増えれば増えるほど、競争力のある良いお店ができる可能性が高くなります。

また、このサイトは会員企業が倒産した場合の保証もあり、顧客満足度も93%と非常に高い。このサイトは10年以上の運営実績があり、100万件の導入実績があります。

強引な勧誘やダイレクトメールなどもないので、全体的に評価の高い一括見積サイトです。

登録企業数が1,000社以上の見積もりサイトを選べば、"見積もりを取ろうとしたら、1社しか見積もりができなかった... "という心配もありません。1,000社以上登録されているサイトを選べば、1社からしか見積もりをもらえないということはありません。

数社しかない場合は、自分の場所に合った施工業者を見つけられない可能性があります。他の一括見積もりサイトと違うのは、実際に見積もりを取るまで匿名での利用が可能なことです。

これは、1,000社以上のパートナー企業が参加する一括見積もりサイトです。他の多くの見積もりサイトでは、個人情報を提供しなければなりませんが、このサイトでは匿名のままでOKです。

見積書の内容やスケジュール、保証内容などを相談し、納得できれば契約することができます。