終活ガイド検定 &
エンディングノート個別講座

終活に必要なことがわかる
親の終活について考えられる
知識を増やし仕事の幅を広げたい
知識を増やし仕事の幅を広げたい

終活とは、終わるまでの未来を明るくすごすための活動です。

「エンディングノートは 見通しの持てる未来を創るためのアイテムです。」


ホームページをご覧くださり、ありがとうございます。

【終活】という言葉もだいぶ聞きなれてきてはいないでしょうか。最近では「しゅうかつ」で検索しても、【終活】がヒットするようになりました。

あなたは自分にとって必要な終活が何か理解されていますか?人が違えば、必要な終活も違ってきます。自分に必要な終活を知るためにも、エンディングノートはとても役に立ちます。

では、終活(自分で準備する活動)が必要になった背景について見ていきましょう。

  まず、人口全体における高齢者の割合が高くなっているという現状があります。
 1960年、高齢者(65歳以上)の人口比率は6%でした。しかし、2060年には40%と推定されています。(厚生労働省資料より)5人のうち2人が高齢者といえます。

 つぎに、一人暮らしの人が増え続けているとい現状があります。子供はいるが、別居していて頼りにならない。一人暮らしでいざとい時に頼りになる人がいない。という人が増えています。一人暮らしは2015年で約35%、2040年には約40%になると推定されています。(日本の世帯数の将来推計より)

一人で何とかやっているという、普段の生活ができていても、いざという時には一人では困ることが出てきます。病院などに入院するばあい、保証人を求められるからです。
 ほかに、高齢者の寿命が延びたことも一因になっています。

これらのことより、自分で自分の準備(終活)をする社会現象が広がっています。エンディングノートは自分に必要な終活を知ることのできる、よいアイテムとなります。名前がちょっと気に入らないという方、好きな名前にしてあげてください。

  * * * * * * * * * * * *

  唐突ですが、余命を迎えた9割以上の方が、もっと自分らしく人生を生きればよかったと、後悔されていることをご存知でしょうか。高齢化社会となった現代、人生の終わり方を整え、生活を整えることが、自分らしい人生となるのではないでしょうか

50歳を過ぎたら考えたい終活

【終活】といっても多種に及びます。お葬式やお墓の様式も多様になりました。相続・年金・保険・介護・認知症への備えもあります。お墓は決まっていると安心されている方もいるでしょう。お墓に入るには戒名がいるとご存知ですか。戒名は名前に階級があり値段もさまざまです。ネットの管理を引き継いでくれる方は決めてますか。突然起こる事故や病気で話すことが容易ではない場合、代わりに管理や停止をしてもらえるように備えておかないと数十万というような思わぬ出費がかかる実例もあるのです。施設への入所や病院への入院には、保証人が必要です。つまり、いざという時に対応してくれる人が必要なのです。保証人の対策も【終活】に入ります。

40歳を過ぎたころからクラス会に参加すると、亡くなった同窓生の話題がでるようになります。まだ人生の折り返し点である50歳をすぎれば、終活について考えても遅くはないといえるでしょう。

【終活】についての知識を深め、対策をして、明るい未来。築くお手伝いをさせていただければ幸いです。

終活 セミナーは 下のボタンからご確認ください

親の終活を考える

終活は決して本人だけの問題ではありません。親の終活のために知っておくべきことは何か。また、おひとり様の終活のためにしておくことは何か。独り立ちしたら考えておきたいことです。
終活は未来を創るためのアイテムです。誰にとっても関わりのある生活をエンディングノートを通して考えてみましょう。

【終活協議会】について

一般社団法人 終活協議会 は、設立が2015年です。2018年9月末には 会員数約6000人となり、信頼の高さを示しています。


一般社団法人 終活協議会 竹内義彦代表理事のあいさつ文より
「いろんな方からの悩みや相談を受けるにつれ、個人での対応には限界を感じることが少なからず増えてきました。 ・・・・・
終活協議会のモットーは「相談者ファースト」です。・・・・・
あくまで悩んでいる方の都合を優先して、私たちは終活業界の『ミシュランガイド』を目指していきたいと思います。 ・・・・・
以上
    * * * * * * * * * 

竹内代表のブログは ↓の ボタンから どうぞ

《かぶら屋》エンディングノート個別対応講座

エンディングノートについて、知りたいけれど他人のいる場所では聞きたいことも聞きづらい。そんな方のために、個別対応いたします。

場所はご自宅でも、カフェででも、OKです。(対応地域:埼玉県さいたま市・上尾市・桶川市・北本市・伊奈町・川島町・川越市・白岡市。ほかは要相談)

おひとり、またはお知り合いとの2・3人でもOK。ご夫婦でもOKです。

エンディングノート個別講座:2時間
料金:5400円/1人
内容:エンディングノートの書き方
   終活の情報
(ご希望に応じて、終活相談・心託サービスのご説明もいたします)


お問い合わせ・お申込み
氏名・用件を明記の上
《かぶら屋》
kaburaya38@yahoo.co.jp
へ✉

プロフィール

講座を受けた方にはアフターフォロー制度を実施しています。
《資格》
終活ガイド
   心託コンシェルジュ    
  エンディングノート認定講師  
     教員免許        
 子育て支援カウンセラー 
      

《趣味》
        映画鑑賞          
       マヤ暦         
  ホームページ作成