2020年度 週末チャレンジクラブ

本当の「達成感」を
体験しよう

チャレンジすることはとても勇気がいることです。
最初は、何をして
いいか分からず、失敗するのでは?と
不安な気持ちで挑戦することが
ほとんどだと思います。
ですが、そこを乗り越えると新しい世界が
広がります。
次からは自信を持って行うことが出来るからです。

週末チャレンジクラブでは、失敗を恐れず
「まずはチャレンジして
みよう」という気持ちを
大切にしています。


①週末チャレンジクラブとは?


週末チャレンジクラブとは、青少年の家を
舞台にして行う、野外活動を中心とした
「通年型」の自然体験活動です。
班を構成し、同じメンバー、同じスタッフで
活動を共にします。 一年を通した活動に
継続的に参加することにより、子どもたちの
「生きる力」を育むプログラムとなっています。


②開催日程


第1回 10月4日(日) 10:00~15:00
ファーストアドベンチャー
~2020エディション開催~

まずは、自己紹介を絡めたレクリエーションを
行い、「お互いを知る」ことから始まります。
その後は、青少年の家を広く使い、班で協力
しながら、様々な課題にチャレンジしていく
冒険に乗り出します。冒険の中で、上手く
いかないことが必ず出てきます。それをどう
乗り越えていくか、学び考えながら
活動をします。

第2回 12月13日(日) 10:00~15:00
ウィンターチャレンジ
~手作りを体験しよう~

皆さんは、マッチを擦ったことはありますか?
薪に火をつけたことがありますか?
やったことある子も、そうでない子も、まずは、
火をつける練習をします。練習後は班で協力して
自分たちの昼食を完成させます。
昼食後は、木の柄のスプーンを作りをします。
削り方1つで柄の模様や形が変わるので、同じ
ものは1つもない、個性溢れる物になります。
このスプーンは、今後の活動でも使用する
大切なものになります。

第3回 1月31日(日) 10:00~15:00
クライムチャレンジ
~もっと高みを目指そう~

この回では、ツリークライミングを体験します。
園庭の大きな木を、1人1本のロープを使用して
登っていきます。ただし、ロープは身体が落ち
ないように支えているだけで、自分の力のみで
ロープを上手く使って進む必要があります。
最後まで諦めず、なるべく高いところまで登って
みましょう。そこからの景色は、きっと忘れ
られない思い出になります。

第4回 2月28日(日) 9:00~15:00
修了式
~1年間の思い出を振り返ろう~

この回では、週末チャレンジクラブ最後の
チャレンジに臨みます。これまでの活動で学んだ
ことを最大限に活かせるプログラムを計画して
いますので、思い切り挑戦してください。
修了式では、今までの活動のスライドショーを
流したり、修了証の授与を行ったりします。

③昨年度の様子


第1回(レクリエーション、アドベンチャーツアー)

第2回(竹工作・流しそうめん)

第3回(川崎市青少年の家 1泊2日)

第4回(黒川青少年野外活動センター 1泊2日)

第5回(振り返り・修了式)


④募集要項


★対象★

小学校4年生~中学校3年生

★定員★

30名
※定員を超えた場合は抽選
※抽選後、当落結果を1週間以内に
書面でお送りします

★参加費★

12,000円(全4回)
※参加費は初回にお支払いください
※途中に欠席の場合でも返金はできません

⑤申込み方法


①青少年の家へ直接来所(事務所受付)

②Googleフォームで申込み
https://forms.gle/b9AdhYhPqv8u5uzK9

③下記チラシ裏面の申込み書を青少年の家へFAX

※申込期間は、8月1日(土)~8月13日(木)です。

⑥安全管理について


当施設では、参加者、利用者の皆様の安心・安全を
最優先とし、各種体験活動において、様々な
安全対策を講じております。 以下に、当施設が
「安心・安全な体験活動を提供するために」取り
組んでいる主要なポイントをご紹介します。
安全教育の徹底(子ども達)
「週末チャレンジクラブ」のような体験活動では、
「参加者の安全は参加者自身が守る」という意識が基本と
いわれています。 当施設では、職員が必要な安全対策を
しながら各種活動を進行するのはもちろんですが、活動を
始める前に、子ども達に対し、これからの活動の危険に
ついての話をする「セーフティートーク」という時間を
設けています。 子ども自身が受身でなく、主体的に
「安全」に取り組めるような場を作ることで、事故を
未然に防いでいます。 
手洗いうがいの奨励、帽子の着用、水分補給、体調管理
(適度な休憩をはさみながら、緩急あるプログラム構成)等 
※対象年齢に応じ、サポートしていきます。
安全教育の徹底(職員・スタッフ
主に野外体験活動に携わる職員、スタッフに対しての
安全教育(普通救急法講習の受講、事前ミーティング、
危険箇所の伝達、危険予知トレーニング、けがなど事例の
共有等)を徹底しています。また、非常事態が発生した場合に
備え、様々な状況を想定したマニュアル(連絡体制の把握、
緊急時対応等)を整備し、職員・スタッフ参加のもとで
トレーニングを行っています。
施設・園庭(活動場所)の安全確認
活動場所としての施設の定期点検・管理を行っています。
また、主に野外体験活動を行う場となる園庭では、都度、下見の実施、整備、危険な動植物の有無等、確認を
行っています。
施設・園庭(活動場所)の安全確認
活動場所としての施設の定期点検・管理を行っています。
また、主に野外体験活動を行う場となる園庭では、都度、下見の実施、整備、危険な動植物の有無等、確認を
行っています。
保険加入について
万が一のために、参加者は傷害保険に自動加入となります。
ケガや事故が発生した場合、傷害保険で対応します。
新型コロナウイルス感染防止対策
◆参加者の方には、以下をお願いしております
参加者自身の事前の体調チェック  
※発熱、頭痛腹痛、咽頭痛や咳等がないか

②参加者、その家族等に過去14日間にわたり、
新型コロナウィルス陽性者がいない 

③少しでも体調が優れない場合の、参加見合わせ

◆活動中においては 
原則的には、マスクの着用 
※年齢/活動内容によってはその限りではない  
※熱中症リスクを考慮した指導を行う  
※送迎の保護者の方にも着用をお願いする

手洗い、うがい、手消毒の徹底 
 ※食事前、トイレの後、密な状況での活動後等

室内においては、定期的な換気  
※1時間に1回を目安に10分程度 

食事の際は、適度な距離を保つ  
※原則、自分の持参したものだけを飲食する
(プログラムによって、提供したものの調理と
 飲食となります) 

※野外調理等の場合は、調理時の適切な衛生管理を行い、実施 

なお、野外における子どもたちの遊びへの制限は特に
設けませんが、適切なタイミングで手洗い等の指導を
していきます。 活動に関わる職員、スタッフに対しても、
事前の体調チェックおよび活動時の対応を徹底いたします。
※上記対応をした上でも、新型コロナウイルスの感染を
完全に防げるものではないことをご理解ください。

体調が万全ではない場合(発熱、頭痛、咽頭痛、嘔吐等)
参加をお控えください。

ご家族の方の体調不良があった場合も、ご遠慮ください。

ご理解、ご協力をお願いいたします。
※上記対応をした上でも、新型コロナウイルスの感染を
完全に防げるものではないことをご理解ください。

体調が万全ではない場合(発熱、頭痛、咽頭痛、嘔吐等)
参加をお控えください。

ご家族の方の体調不良があった場合も、ご遠慮ください。

ご理解、ご協力をお願いいたします。

⑦お問合せ・アクセス


川崎市青少年の家
〒216-0033 川崎市宮前区宮崎105-1
TEL:044-888-3588
FAX:044-857-6623

<アクセス>
東急田園都市線「宮崎台駅」下車 徒歩12分

東急田園都市線「梶ヶ谷駅」下車 徒歩15分

東急田園都市線「宮崎台駅」より東急バス:宮06系統
虎の門病院分院行き 約5分乗車「大塚」下車 徒歩2分

小田急線「向ヶ丘遊園駅」より東急バス:向01系統
梶が谷駅行き 約15分乗車「向丘南原」下車 徒歩10分