2016.08.08 GRAND OPEN!

日本を代表するデザイナー喜多俊之氏がプロデュース障子(しょうじ)庵(あん) 
「SYOUZI-AN」が「篠山ギャラリーKITA’S」2階に誕生!

城下町に点在する宿泊棟に新たな一室がOPEN

この夏「篠山城下町ホテルNIPPONIA(ニッポニア)」の新たな一室として「篠山ギャラリーKITA'S」の2階に「SYOUZI-AN」がOPENしました。客室内のインテリアは全てプロダクトデザイナー喜多氏によるプロデュース。日本家屋の趣はそのままに現代の快適さを兼ね備えた、感性を呼びさますハイセンスな空間に。

篠山城下町ホテルNIPPONIAとは

城下町全体がひとつのホテルという新しい考え方

400年の歴史が続く篠山城下町に町に点在する築100年を超える古民家を宿泊棟としてリノベーション。建築当時の意匠はそのままにモダンな感性が融合した全11室の客室は、それぞれ異なる趣でデザインされ情緒あふれる大人の空間へ。ONAE(オナエ)棟でのチェックインをすませたら、どこか懐かしい日本の風情を町全体から感じながら宿泊棟へと移動します。「暮らし」に近くそれでいて心地よい、新たなリゾート旅のスタイルをご提案いたします。

お部屋

障子の柔らかな光がつつむ和モダンな客室

この夏、篠山城下町ホテルNIPPONIAに新たに加わった宿泊棟「SYOUZI-AN」はその名の通り部屋の三方を障子が囲んでいます。障子から差し込む優しい光は訪れる人の心を和ませ安らぎのひとときを与えてくれます。

自然になじむKITAデザイン作品の数々

障子と高い天井の梁を主役に、喜多氏が客室インテリアをデザインました。和紙を通したやさしい光で安らぎの空間を演出。のどかな篠山の地の美しい空気と自然の恵みを感じる上品な大人のくつろぎをが手に入ります。

喜多俊之氏プロフィール

1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動を始める。イタリアやドイツ、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで多くのヒット製品を生む。作品の多くがニューヨーク近代美術館、パリのポンピドーセンターなど世界のミュージアムにコレクションされている。シンガポール、タイ、中国などデザイン活性化の政府顧問をつとめた。近年は日本だけでなくヨーロッパ、アジアなどでセミナーやワークショップを開くなど教育活動にも力を入れている。大阪芸術大学教授。1990年、スペイン「デルタ・デ・オロ賞(金賞)」受賞。2011年、イタリア「ADI黄金婚パッソ賞(国際厚労省)」受賞。

篠山ギャラリー KITA'S

職人の息づかいを感じる道具の数々

客室の下のフロアにはデザイナー喜多氏のギャラリーがあり40年に渡って取り組んできた伝統産業を支える職人たちとのコラボレーションで生まれた作品をはじめ、各地の作家たちによる作品発表の場となっています。素敵な暮らしの道具が揃っており購入も可能なギャラリーショップです。

お食事

滋味あふれる丹波篠山のフランス料理

西町にあるONAE(オナエ)棟のレストランではブランド牛「但馬牛」をはじめとする地元丹波篠山の食材を使い風味を生かした本格フレンチお楽しみいただけます。日本人ならではの繊細な舌と感性で仕上げた一皿で篠山の全てを五感で堪能いただけます。

豊富な地酒とフレンチのマリア―ジュ

篠山の自然の恵みの一皿に合わせて地元の名酒をソムリエが厳選。滋味あふれる旬の食材にはあえてワインではなくその土地の清らかな水で作った日本酒を合わせるという楽しみ方も。

お食事は木の温もり感じるダイニングで

ダイニングがあるONAE棟は明治期に建てられた元銀行経営者の旧居住で篠山市の景観重要建築物1号として指定されています。虫籠窓や格子戸、土間などは趣をそのままに温もりのあるレトロモダンなダイニングで、喧騒を忘れてゆったりと篠山の自然の恵みに舌鼓を。

グランシェフ

石井之悠
Shu Ishii

スイスのグランメゾンで活躍し、帰国後神戸元町で開業。ミシュランと並ぶ2大レストランガイド「ザガットサーベイ」では神戸エリア料理部門で4年連続1位を獲得。料理のプロデュースをする傍らフランス料理の継承・発展のために精力的に活動し、関西フレンチの次代をけん引する役割も担っている。
ご宿泊のチェックインはONAE棟へお越しください。

篠山城下町ホテル NIPPONIA
兵庫県篠山市西町25番地 ONAE棟