がん

【原因】
がん細胞は元々は自分の細胞です。自分の細胞が活性酸素の影響により変異してしまったものをがん細胞といいます。本来はそのミスをカバーする機能が働き、がん細胞の増殖を防ぎ、発症には至りません。しかし生活習慣、加齢とともに、その機能が衰え、抑制が効かなくなると発症します。

【対策】
変異したものは元には戻りません。そのためガン化した細胞は取り除くしかありません。その手法としていくつかあります。

①手術で取り除く
②薬剤で細胞を死滅させる
③放射線で破壊する
④自己免疫細胞により攻撃する

それぞれに向き、不向き、特徴があります。

【予防】
活性酸素に対する耐性は年齢と共に衰えます。そのため外部から摂取する必要があります。それが抗酸化栄養素になります。特殊な光を手の皮膚に当てることで、現在の抗酸化栄養素の量(ボディディフェンススコア)を計測することができます。

認知症

【原因】
人類最後の病気と言われる認知症。脳の微細な炎症が原因。その炎症を抑えるために特有のタンパク質が分泌されます。これが溜まることで脳の機能が低下します。これが認知症始まりとなります。

つまり認知症とは身体を守ろうとする反応が原因のため、全員がなる可能性を秘めている病気です。

【対策】
現在のところ特効薬はありません。一部認可された薬はありますが進行を抑える効果にすぎません。認知症の対処の方法としては【介護】しかありません。つまり発症したら終わりです。

薬の研究も進んでいますが、人間の脳が高度過ぎるため動物で再現できないため、最終的な作用、副作用がわからないために難航しています。

【予防】
脳の微細な炎症を起こさせないことが重要です。

糖尿病

【原因】
糖質はそのものがエネルギーなのではなく、糖質を食べたあとは、それをエネルギーに変換する行程が必要になります。それを『糖代謝』と言います。

糖代謝を回すためには各種ビタミンやミネラル、補酵素が関係します。100食べたものが100%変換されたら良いのですが、変換されずに残る『糖』もあります。これが『血糖値』です。

血中に糖が多いと体に負荷が掛かるため体内に貯蔵するため吸収します。しかし貯蔵能力にも限界があります。

その限界値を突破し、血中内にも留めておけないため、体外に排泄しようとします。

その時に尿内に入れて出すため、検尿の際に糖分が検出されます。出て来るから悪いのではなく、出さなければ生命に関わるから捨てているほど、身体が限界だということです。

笑えません。

【対策】
病院では血中の糖の吸収を促すために「インスリン」を注射します。本来はすい臓から分泌されるものですが、糖質が多い食事を長年しているとすい臓が疲弊して分泌能力が低下します。しかし外部から補給すると自己の力が働かなくなる恐れもあります

食事制限もされますが、糖代謝を回すにはビタミン、ミネラル、補酵素が必要です。そのため単純に食べる量を減らすと、栄養価も下がり、代謝が回らない結果を招きます。量を減らすのではなく、種類の工夫が必要です。

特に気を付けたいのは病院食です。白いものが多く、カロリーは低いのですが糖質が高めであり、調理後の時間が空いているためビタミン、補酵素類も少ない食事となっています。

100%エネルギー変換できる量の糖質の摂取と、それに必要なビタミン、ミネラル、補酵素の摂取がポイントです。

血管病

血管病

肩こり

肩こり

アトピー性皮膚炎

アトピー

花粉症

花粉症

寝起きが悪い

寝起きが悪い