借金払えない場合どうなる?※38歳俺が借金を返せない時にした事とは?
当サイトは借金の返済ができなくなった管理人(38歳男)が、返済額を大幅に減らして無事解決した方法を紹介しています。「借金が返せないとどうなる?」「借金が払えない場合、弁護士の相談費用は?」「債務整理(任意整理)の費用は?」「家族、会社に内緒で解決したい」…等、借金問題にお悩みの方に参考にしていただければと思います。

当サイトについて

当サイトは38歳の管理人が借金を払えない場合の解決法を紹介しています。
安月給の俺が、2年前に約100万円の借金を減額して返済した方法、借金問題に詳しい弁護士などを紹介しています。

借金の返済が苦しい人に参考にして頂ければと思います。

38歳俺が借金を払えない時にした解決法

今から2年前、当サイト管理人の俺はカードローン(3社)から借入をしていて多重債務者でした。

最初にカードローンを利用したのおは生活費の足しにするため。安月給のくせに遊びに使いすぎて給料前に金欠になり生活できなくなったので5万円借りました。

その5万円は給料日ですぐ返済したのですが、それでも金が足りず結局また借金するはめに。しかも最悪なことに車で事故り、残ったのは車のローンだけになってしまい借入額はその時点で100万円万円ほど。

親に借金してることなんか言ったら激怒されるのはわかっていたので言えず、カードローン会社に返済が苦しいことを言いました。

結果、月の返済額を減らしてくれましたがそれでも払えず追い込まれた俺は最後の手段にしていた弁護士に相談することにしました。



■弁護士からすすめられたのが「任意整理」

俺が利用した弁護士が言うには「任意整理をしたほうがいい」という事でした。
そういうことに疎い俺にも、わかりやすく任意整理について教えてくれて考えた結果、任意整理をすることにしました。

任意整理というのは債務整理と呼ばれる種類の中の一つらしく、
俺みたいな多重債務者が一番最初に行う手段だそう。

親や会社にバレることもなく、自分が返済できる所まで借金の返済額を減らしてくれるというもの。

弁護士費用はかかりますが、結果としてカードローンの返済額は俺が返済できるぎりぎりの所まで減らすことができました!!!




■返済のめどがたつ人は任意整理をおすすめする

俺みたいに、安月給でも一応収入があれば任意整理で解決できます。
結果、全て返済できたし親にも知られていません。

ただ、返済のめどが全く立たない人には任意整理ではなく自己破産しか手段は残っていないと考えた方がいいです。

でも自己破産は本当に切羽詰った人がするもので、ほとんどのケースは任意整理で解決できます。

もし借金の返済で苦しんでいる俺みたいな人は任意整理することをおすすめします。
借金の返済ができない時どうすればいい?
借金をしてもしっかり返済が出来ていれば問題はありませんが、返済できなくなってしまうと大変なことになってしまいます。

そして返済が出来なくなった時は、誰しもどうしようと焦ってしまうと思うので、返済できなくなった時の解決法について紹介していきます。

どうして返せなくなったのかを考えよう!
まずはどうして返済が出来なくなってしまったのかを考えてみましょう。

借金は基本的には、車や住宅など大きな買い物をする時が多いと思います。
借金をする時自体は別に悪いことではありませんし、したことが無い人のほうが少ないのではないでしょうか。

借金をしたものの、途中でお金を返せなくなったということは、何かしら原因があるはずです!では、その原因は一体なんなのかということです!

普通であれば、借金をする時には、しっかりと返済計画を立てた上ですると思いますが、ですが、もしも返済計画を何も立てずに借金をしていたのであれば、それが原因ですし、お金の管理がしっかり出来ない人ということです。

お金の管理がしっかり出来ないのであれば、お金を借りるべきではありません!

これから借金をすることになる人もいると思いますが、その時は事前に返済計画をしっかり考えた上で借りるようにするといいでしょう。
しっかり計画をすれば、返済できなくなるという可能性を減らすことが出来るでしょう。

返済が出来なくなった時の解決法とは?
では、もしも返済が出来なくなった時にどう解決すればいいのかいくつか紹介していきます。

まず返済できなくなった時に絶対にしてはいけないことは、返済をするために別の金融業者から借金をすることです!
これをしてしまうと雪だるま式に借金が大きくなってしまうので絶対にやめてください!



〇親にお金を借りて返済する
親にバレたくないから無理だと思うかもしれませんが、親にお金を借りて返済するのが1番の方法だと思います。

親から借りて返済することが出来れば、利息なしで返済出来るので、借金が増えることがないので、負担も大きくなりません。




〇債務整理をする
任意整理を選べば弁護士などに依頼し、債権者と話し合いをして、返済額を減額したり、返済期限を送らせてもらうことが出来るようになるでしょう。

直接交渉すればいいんじゃないかと考えるかもしれませんが、直接だと交渉が成立しない可能性もあるので、しっかり成立させたいと思うのであれば、少し費用が掛かってしまいますが、専門家に任せた方が安心でしょう。

個人再生や自己破産は、裁判所を通じて手続きを行う方法です。
こちらも専門家に任せて手続きをやることになります。


個人再生は任意整理よりも借金が5分の1程度減額されるので、返済もだいぶ楽になると思います。
また車や住宅を手放さないで手続きできる可能性もありますし、手続きをすれば強制執行されることもありません。
ですが、返済し続ける収入が無い場合は、手続きが出来ない場合もあるので注意してください。

自己破産は、全ての借金を無くすことが出来ますし、ある程度の財産であれば残すことが出来ますが、住宅や車は処分されてしまいます。
また一部の職業にはつけません。(警備員や士業など)


このように債務整理でも種類があります。
自己破産は、全ての借金がなくなるのが大きなメリットではありますが、無くすものも多いので、しないので済むのであればしない方がいいでしょう。
自己破産をするとなると家族にバレないようにすることが出来ませんし、住宅や車が無くなってしまうので、不便なことが多くなります。
なので、自己破産は最終手段として使うようにすることをオススメします。

自己破産を考える前に、任意整理と個人再生もあるので、そちらから検討したほうがいいでしょう。ちなみに多くの人が利用しているのは、任意整理です。
任意整理は、個人再生ほど減額が望める訳ではありませんが、将来の利息は免除されますし、選んで債務整理することが出来ます。
また家族や職場に最もバレづらい債務整理でもあるので、考えてみてはいかがでしょうか。

またどの債務整理をしたとしても、信用情報に登録されてしまうので、新たな借り入れは手続きをしてから5~10年くらいはすることは出来なくなってしまうので、その間はローンを組むことが出来ないということを理解しておきましょう。

まとめ

・まずはどうして返せなくなったのか原因を考える
・借金をする前にしっかりと返済計画をする
・親からお金を借りて返済をすれば利息がかからない
・債務整理を検討する

借金をする可能性は多くの人にあります。
しっかり返済計画をすれば、返済出来ないという可能性を減らすことが出来ると思うので、借りる前にしっかり計画をしましょう。
計画をしないで無計画に借りてしまえば、返済できないという可能性が高くなるので、しっかり計画が出来ないのであれば、借金をしてはいけません!

そしてもしも返済が出来ない場合は、まずは親にお願いをしてでも返済したほうが、利息なしで借りることが出来ますし、借金が増えることがないので、借金問題に悩まずに生活出来ると思うので、頼んでみましょう。

そして何をしても解決できないという人は、債務整理を検討してみるといいでしょう。
借金が返せないからと言って、放置しておくと強制執行になってしまう可能性も高くなるので早めに対処することをオススメします。

1人で悩んでいると毎日憂鬱なので、専門家に相談して早く解決して普通の生活を送れるようにしましょう。

借金を解決した人の体験談

30代/男性
カードローンを利用していて順調に借入や返済も続けていけていたのですがあるときに出費が重なって収入だけでは返済資金までどうしても回せなくなりました。

もちろん貯金も返済できるだけの余力はありませんし最後の手段として取ったのが知り合いにお金を借りるということです。

さすがに親にだけは言えないと思い知り合いにしました。親には不自由なく仕事も貯金なども順調だと言っていたからです。


そして信頼のおける知り合いにカードローンのことを包み隠さず話しました。変に話をして疑われるくらいならちゃんと話をして困っているということを伝えなくてはいけないと思ったからです。


もちろん断られたりその話をして疎遠になる可能性も頭を過りましたがそんな事を言っているよりもとにかく返済額が必要だと言うことでしっかり伝えました。


すると理解があった友人の一人がお金を何も言わずに貸してくれました。本島に感謝をして借りてその時の返済が少し遅れましたがどうにかなったのでその友人には感謝してもしきれないです。

40代/男性
45歳の男で福祉関係事業で勤務しています。

離婚歴があり、養育費や家のローンなど支払いの多い私にとって、12月はボーナス払いがあるなど出費の重なる時期です。私が初めてカードローンを利用したのは39歳の時で、支払いの多い12月に忘年会など予想外の出費が重なり生活費に支障が出たことがきっかけです。


初めは不足分の5万円だけを借りていたのですが、徐々に気分が大きくなりもう少しぐらい借りても大丈夫という甘い気持ちから、頻繁に借り入れをして遊興費に使うようになりました。


結局、返済に困り借金を返すために新たなカードで借金を返すという自転車操業になってしまいました。
気付いた時には、どこからも借り入れすることができない状態で、借金の総額は5社で160万円になっていました。


私の収入では月々の返済が不可能になり、延滞が確実となった時に弁護士に相談しました。結果として任意整理という方法が一番の良策ということになり、弁護士に手続きを依頼しました。それが43歳の時の話です。