「企業は、社会的価値を創造することで経済的価値を創造できる。」

マイケル・E・ポーター他

2代目3代目のあなたに「伝えたいこと」

当サイトのタイトルは

「中小企業の2代目3代目社長からはじめる社会貢献型企業のつくりかた」



なぜ、2代目3代目なのか?

それは私が3代目だったから

しかも3代目で廃業です



なぜ会社は3代目で廃業してしまうのでしょうか?

世間的には「苦労を知らないぼんぼんが…」的なイメージで語られがちですが

私はそうではないと考えています

創業当時との時代の変化、ギャップが一番の理由だと



考えてみてください

労働時間制限、採用難、ジェンダー、ハラスメント、環境汚染、ネット炎上、情報セキュリティ…

昭和の時代にありましたか?

あるはずがないですよね



過去の常識で作られた会社を経営することの苦労、困難…

同じ3代目、そして再起業した私だからこそわかることがあります

詳しくはWEB又は直接お会いして語り合いましょう

そしてあなたの思いを実現させましょう



あなたのご参加を心よりおまちしております

この相談会は、これからの中小企業を担う後継経営者様が
「社会貢献型企業」として「経済的価値」を追求し、
地域で輝き続ける会社を創造するためのFirstStepとして企画したものです

「中小企業には難しい…」
「自社には社会貢献できるような取り柄がない」
 
そんなことは絶対にありません!!


真っ当に事業をしている会社で、良いところのない、誇るところのない会社など1社もありません!!
それが数々の会社で指導、審査をしてきた私の結論です


そこで、私のお伝えする「社会貢献型企業」について、少しだけご紹介したいと思います

社会貢献型企業へのアプローチ

①製品・サービス型アプローチ



とある建設業、中堅の個人向けハウスメーカー様の例です

この企業様は、住宅建設の他、店舗経営、太陽光発電等の事業をされています

今、住宅建設業界ではZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の取組が進んでおり、この会社様も実績をお持ちでした

店舗経営おいては、生産者の顔が見える製品、地域産品等のこだわりの商品を取り扱っています

発電事業においても、周辺の民家や、環境への十分な配慮をされています

このように、もともと十分な強みをお持ちの企業様でした



しかし、この企業様はそれが社会貢献に繋がるとの認識がなかったのです

もったいないですよね



そこで主に下記のアドバイスを致しました

①自社の製品サービスが、どのような社会課題の解決に貢献するか明確にする

②貢献の度合いを客観的に「見える化」する

③コンプライアンスを徹底し、エビデンスを残す

④「見える化」した成果、エビデンスを公開する



つまりは、取組と成果を「マネジメント」することの必要性をお伝えしました



上記の取組を実践することで、お客様は、自分がその製品を購入することで地球環境や地域社会へどのような貢献をしたかを実証できることになります

お客様が購入するのは商品そのものだけではなく、購入した商品の生み出す「社会貢献」というストーリーなのです



そして、ここからが重要です



そのような商品を積極的に選んで購入する方々がどのような方々か想像してください

答えはお分かりですよね

それが「社会貢献が経済的な価値」を生む、ということの大きな意味なのです

②活動型アプローチ



「ウチにはそんな商品は無いよ…」

「BtoBの部品製造業だから、取り組みたくても取り組めない」



決してそんなことはありません!

自社の取組の中で「社会貢献のタネ」を見つければ良いのです



とある企業様は、部品の改良でお客様の工程改善に非常に大きな貢献をしていました

品質面では非常に大きな成果を挙げている取組でしたが、それで終わっていました

そこで、私はこの取組についてこのようにアドバイスをしました

「製品ライフサイクルでの廃棄物やCO2の削減への貢献を提案してはどうですか?」

お客様は「はっ!?」という感じでしたが、私はこう続けました

「お客様の環境活動への貢献が明確になれば、必ず近い将来のビジネスチャンスになります」



もう一社様の例をお伝えしましょう



その企業様では、人員不足を解消するために、超時短パートさんを積極的に採用していました。

2時間とか、1時間とか、シフトも弾力的な運用になっていました

ここまで読んでいただいた方には、私がなんとお伝えしたか想像できますよね

「働き方改革の先進的事例ですね!」と

そして、これは、地域の子育て中の女性や闘病者等の方々の支援になり得る、とお伝えしました



どちらの事例にも共通することは、自社の活動が社会問題の解決に役立つものであるという認識がなかったこと

でも、ほんの少し視点を変えてみることで、自社の取組に「社会貢献活動」という意味を持たせることが可能になります




この活動型のアプローチでも重要なポイントは製品・サービス型アプローチと変わりません

取組を管理するためのマネジメント、その成果を社会に示すためのマネジメントを徹底することが重要なのです




あなたの会社のあたり前が「社会貢献活動」になり得る

そしてそれらは間違いなく経営上な新たな機会を創出します

③最後に



私からあなたに最後にお伝えしたいこと

それはリーダーシップ



あなたの会社の次の時代を創るため

社会貢献を経営の基軸とすることを社内外に明確に示す必要があります



ここまでお読み頂いたあなたには、その決意があるはずです

その決意を教えてください

あなたの会社の将来を一緒に考えましょう!

お読み頂きありがとうございました!


あなたの決意を確固たるものにするために、
当サイトご訪問者様限定のWEB無料相談会をご用意いたしました。
下記のボタンからお申し込みください!

特定商取引法に基づく表記

販売事業者
IRIS Research & Service / アイリス行政書士事務所
販売責任者 森 健人
所在地 〒444-1305
愛知県高浜市神明町7-13-21
ワンルームピコ1階
電話番号 0566-95-0530
※行き違い防止のためお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
大変恐れ入りますが、必ずフォームよりお願い致します。
※土日祝日および年末年始等の休日は対応を行っておりません。
あらかじめご了承ください。
ホームページURL https://peraichi.com/landing_pages/view/syakaikouken
https://iris-capls.jp
販売価格 商品毎に販売価格を表示(税抜き)
申込方法 指定のフォーム、もしくはメールを使用
引き渡し時期 ダウンロード商品の場合、クレジットなら24時間以内。
銀行振込の場合は、入金確認後3〜5営業日以内。
郵送する商品の場合、入金完了後、1週間以内に発送します。(詳しくは商品毎に別途ご案内)
お支払方法 銀行振込又はPayPal(https://www.paypal.com/jp/home)

商品代金以外の必要代金 振込手数料(銀行振込決済の場合):振込手数料実費
返品・交換・キャンセル等 お申し込み後は、お客様都合のキャンセルはいたしかねます。
電話番号 0566-95-0530
※行き違い防止のためお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
大変恐れ入りますが、必ずフォームよりお願い致します。
※土日祝日および年末年始等の休日は対応を行っておりません。
あらかじめご了承ください。