なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

遺品整理業者の選び方や
東京で丁寧な対応の業者とは?

遺品整理はとても大切なことです。思い出をそのままにしておきたいという考えもありますが、それでは遺族が前に進むことができません。今回は遺品整理業者の選び方や東京で丁寧な対応をしてくれる業者について見ていきましょう。

遺品整理業者の選び方について

遺品整理に対応している業者は比較的多くあります。インターネットなどで見れば、多くの業者がヒットすることでしょう。こちらでは、遺品整理業者の選び方について見ていきましょう。

 ・資格の有無

遺品整理は無資格で行うこともできます。しかし、依頼する側としては資格保持者がいる方が安心できるのも事実です。遺品整理を依頼する場合、遺品整理士が在籍しているかどうかを確認しましょう。ただ、遺品整理士の資格を持つスタッフがいなくても丁寧な作業をしてくれる業者は多くあります。

 ・女性スタッフが在籍しているか

細かな対応などは女性スタッフに任せる業者も多くあります。そのため、女性スタッフが在籍しているかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。特に、女性の一人暮らしだった場合、遺族も女性スタッフにお願いしたいということも多くあるからです。

 ・費用の明確さ

遺品整理業者によって費用などが変わってきます。そのため、しっかりと費用に関して明確に提示してくれる業者を選びましょう。悪徳業者の場合、追加費用と称して高額な費用を請求してくるところもあるので気をつけましょう。

遺品整理における供養とは?

遺品整理業者のサービスの中に「供養」があります。こちらでは、遺品整理における供養について見ていきましょう。

 ・供養は必須?

結論から言えば、供養は必須ではありません。しかし、故人が愛用していたものをそのまま処分するのは気が引けるという人が多くいます。遺族の気持ちを軽くするため、そして故人のために供養をする人が多いのです。

 ・供養やお焚きあげ依頼が多いものとは?

宗教的な品物や故人が愛用していたものの供養やお焚きあげが多くあるようです。デジタル製品の供養なども増えていますが、神社やお寺では対応できません。デジタル専門のお焚きあげサービスなどがあるので、そういったものを利用することになります。

 ・供養やお焚きあげで時間がかかることもある?

供養やお焚きあげは神社やお寺がいつでも実施しているわけではないので、多少の時間がかかる場合もあります。遺品整理業者が神社やお寺に確認をするので「いつまでにしてもらえるか分からない」ということはないようです。

遺品整理を安くするためには?

遺品整理業者に依頼するとなった場合、費用がかかってしまいます。こちらでは、どうすれば費用を安くできるかを見ていきましょう。

 ・不用品を買い取ってもらう

遺品整理業者の中には不用品の買取を行っているところもあります。買取した金額を遺品整理費用から差し引いてくれるところもあるのです。費用を抑えたい場合は、買取サービスがある業者を検討しましょう。

 ・ある程度まとめておく

すべての遺品整理を任せるのではなく、自分たちで片づけられるものは片づけておくことで業者の作業量も減るので費用を落とすことができます。

 ・ゴミの処分費用を減らす

ゴミを処分するのは費用がかかります。そのため、まだ使えそうなものは売却や誰かに譲るなど、処分にかかる費用自体を減らせるようにしましょう。

東京でおすすめの遺品整理業者とは?

こちらでは、東京でおすすめの遺品整理業者について見ていきましょう。遺品整理業者を探している人は候補のひとつにしてみてください。

 ・首都圏サポート

お手頃な価格で遺品整理を依頼できる業者です。24時間いつでも電話対応をしてくれるので、急な依頼も快く受けてもらえます。遺品はなるべく廃棄ではなくリサイクルなどの考えを持っている業者です。

 ・プログレス

全国に拠点を置く遺品整理業者の中でも大手に分類される業者です。スタッフの対応力やスムーズな作業は多くの人から支持をされています。

 ・プロアシスト

貴重品創作などが得意な業者です。そのため、探し物をしている遺族などにおすすめです。遺品整理業務も丁寧に対応してくれるので、安心して任せることができます。

東京でおすすめの遺品整理業者について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

東京にはさまざまな遺品整理業者があります。
近年は家族が離れて暮らすことが増えてきました。
以前は息子・娘が親と同居というものが当たり前でしたが、時代の流れと共に変わってきたのです。
そのため、親のことであってもどこに何を置いていたのか分からない人も少なくありません。
遺品整理業者はさまざまな業務を経て、貴重品の置き場所などを予測しやすいのです。
依頼時に探している者を伝えることで、
それらを探しながら作業を行ってもらえることも覚えておきましょう。