ビギナーも楽しめる 「RS 125 R」「SM 125 R」に FACTORY EDITIONが登場

水冷4ストDOHC4バルブ単気筒の125ccモデル

ファクトリーエディションは、調整機能を装備したサスペンション、ARROW製マフラー、レーシング用シート、ハンドルバー、アルミ製スプロケットなどを装備した、より本格的に走行を楽しめるモデルとなっている。

お問合せ

それはかつてない疾走感
RS 125 R FACTORY EDITION
SM 125 R FACTORY EDITION

EURO4に対応する吸気系に、FIを採用しており、スムーズに吹け上がるDOHC水冷エンジンは、11kwを10,500rpmで発揮。扱いやすさこの上ないパワー感を6速で操る楽しさを満喫できます。

SM 125 R FACTORYには調整機能を装備したサスペンション、ARROW製マフラー、レーシング用シート、ハンドルバー、アルミ製スプロケットなどを装備した、より本格的に走行を楽しめるモタードバージョンです。価格は56万9000円(税込み)を予定している。

RS125R ファクトリーエディションはEURO4に適合しているため、国内での公道走行も可能です。コスト面でもリーズナブルな原付2種免許で乗ることができ、若年層やモーターサイクルビギナーにもマッチ。価格は55万9000円(税込み)を予定している。

70代名車の復活!400ccスクランブラー「SIXDAYS」

現代の技術とデザインで復活

SWMのネオクラシックモデルに、新たにラインナップとして加わる『SIXDAYS(シックスデイズ)』。70年代の往年のモデルSIXDAYSを彷彿させるアップマフラー、丸みを帯びた新形状の燃料タンクを装備した、クラシカルなフォルムを持つスクランブラーです。

お問合せ

ヴィンテージテイスト溢れるスクランブラー
SIXDAYS 400/440 

鼓動感と心地よいサウンドを楽しめる空冷OHCエンジンやLEDヘッドライト、ゆったり座れるダブルシートを装備。走行性能も楽しめツーリングや街乗りも快適にこなせる。

SWMのネオクラシックモデルに、新たにラインナップとして加わる『SIXDAYS(シックスデイズ)』。クラシカルなアップマフラー、丸みを帯びた新形状の燃料タンクを装備した、クラシカルなフォルムを持つスクランブラーだ。

カラーはレッド、ホワイトの2色。価格は69万9,840円(税込)。※SIXDAYS 400/440 画像は本国仕様の場合があります

いよいよ日本上陸

いま注目のイタリア車

注目の新ブランド「SWM」とは

SWMは、イタリア・ミラノに本社を置くオートバイメーカー・ブランドである。1971年に創業された。2サイクルエンジンを武器に、エンデューロやモトクロス、トライアルにおいても活躍。
当時、性能だけではなくその美しい「イタリアンデザイン」においても注目を集めてきた。そして1980年代にはブランドとしての製造を中止。

そして2015年に全く新しい組織体制で「SWM Motorcycles」として、その技術と情熱を引き継いでイタリア北部、ヴァレーゼ湖畔の旧ハスクバーナ工場で復活。EICMAにおいて125ccから650ccのモデルを披露し、オフロードだけでなくオンロードモデルもラインナップすることで多くの注目を集めることとなった新鋭ブランドである。

希少!台数限定
SIXDAYS 400/440 ・SM 125 R FACTORY・RS 125 R FACTORY
先行予約開始

みなさまからのご意見、ご感想をお待ちしております。

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信