編集画面では動画は再生されません。

高知を元気にするアクションをここから!

全世界で開催されている「やってみて学ぶ」起業体験イベントが高知に上陸!
ビジコンやアイデアソンとは違う、熱狂的な54時間をあなたに。
(映像は過去に開催された他会場のものです)

週末の3日間でアイデアを事業化する実践型イベントを、高知で初開催!


なぜやるのか
世代や組織を超えて高知を元気にするために

高知県は、全国に先駆けて少子高齢化や人口減少、それによる産業の担い手不足など様々な課題に直面している、課題先進県です。
各分野での産官学連携や、事業創造の支援など施策が行われていますが、特定の機関だけではなく高知に関わる人々が地域課題を自分ごととし解決に向かっていくためには、学生・社会人・行政と、世代や組織を越えた人々が集まり、一緒に地域の課題に向き合いアクションをしていく場が必要ではないかと私たちは考えました。

目指すもの
学び、挑戦、繋がりが生まれる場に
今回は、全国各地で活躍するファシリテーターを始め、関西や海外で活躍をしている起業経験者、テクノロジーや教育に専門性を持つ社会人、巻き込み力を持った学生がスタッフとして参加します。イベント後もつながりを持ち、参加者自らの可能性を広げる機会を作りたいです。
起業希望者ばかりのハードルの高いイベント、ではなく好きなこと、やりたいこと、身の回りの課題を持ち寄って、みんなで作り上げるイベントです。アイデア・顧客に向き合い、行動する中で、多くのことが学べます。 そして、高知県を元気にする取り組みが地域から生まれる土台のようなものができればと考えています。

イベントの日程

1日目(金曜日夕方〜)
会場に集まったら、まずは懇親会がスタートし、参加者同士交流を深めます。
アイスブレイクをした後、アイデアの発表を行い、週末を一緒に過ごすチームを結成します。
2日目(土曜日終日)
チームでアイデアのブラッシュアップと顧客ニーズの検証を行います。
また、各分野で活躍されている起業家や起業支援家の方々から実践的なコーチングを受けることができます。
3日目(日曜日終日)
さらに事業案をブラッシュアップします。
最終発表では事業案を5分で発表し、審査員による審査で優勝を決定します。
最後は審査員も含む参加者全員で懇親会を行い、ネットワーキングや3日間の学びを共有します。

こういう人におすすめです

  • これから起業をしたい!というよりかは・・・
  • やりたいことがあり、挑戦してみたい方
  • キャリア形成のヒントを得たい若手社会人、学生の方
  • 現在の仕事に向き合うスタンスをもう一段上げたい社会人の方
  • 起業にちょっと興味がある方
  • 一緒に挑戦する仲間を見つけたい方
  • やりたいことがあり、挑戦してみたい方

StartupWeekend高知 開催概要

開催日 2019年10月4日(金) 18:00 ~ 6日(日) 20:00
テーマ ノンテーマ
観光、教育、農業、IoTなど何でもOKです
身の回りの課題、好きなこと、やりたいことを形にしましょう!

※ 開発着手中や世の中に出ているアイデアは対象外です
参加対象 参加条件は特にございません
お一人でも初めて参加でも、イベントに入っていけるようなプログラムになっています
参加費用 全日程参加
  • 学割チケット  5,000円
  • 社会人チケット 7,000円

※ 5食(金曜の夜、土曜の昼と夜、日曜の昼と夜)と3日間の飲み物が付きます


最終日発表見学+懇親会チケット  1,980円
※ 申込締切は2019年10月6日(日)となります
※ 3日目の16:00頃に会場へお越しください

定員 30名
会場 bridge+

高知県高知市駅前町1-8 第7駅前観光ビル 1F

JR高知駅から徒歩3分、駐車場なし

参加対象 参加条件は特にございません
お一人でも初めて参加でも、イベントに入っていけるようなプログラムになっています

タイムテーブル

よくあるご質問

  • Q
    3日間の参加が必須ですか?
    A
    ご都合にあわせて 途中参加・途中退出が可能 です。但し、参加費用は3日分のままです。
  • Q
    54時間ぶっ通しのイベントですか?
    A
    各日ともに集合と解散の時間を設けていますので安心してください(タイムテーブル参照)。
    解散後の時間の使い方はチームにお任せしています。もし深夜まで作業をしたい場合は、24時間利用可能なスペースを用意していますので、当日お尋ねください。
  • Q
    どのような方が参加されていますか?
    A
    基本的には社会人の方が多いですが、学生(中学生、小学生の参加もありました)や専業主婦の方はもちろん、シニアの方も参加されています。
    起業や事業立ち上げの経験がない方、初めてやおひとり での参加の方が多いです。
    懇親会やアイスブレイクから始まるので、スムーズにイベントに参加していただけるようになっています。
  • Q
    イベント中の食事はどうすればよいでしょうか?
    A
    5食(金曜の夜、土曜の昼と夜、日曜の昼と夜)と3日間の飲み物が付きます。
  • Q
    当日は何を持っていけばよいですか?
    A
    1日目は筆記用具で充分です。2日目と3日目はノートパソコンがあれば作業が捗ります(運営で準備していませんので必要であれば各自準備お願いします)。その他ご自身で必要なものをご持参ください。
  • Q
    どのような方が参加されていますか?
    A
    基本的には社会人の方が多いですが、学生(中学生、小学生の参加もありました)や専業主婦の方はもちろん、シニアの方も参加されています。
    起業や事業立ち上げの経験がない方、初めてやおひとり での参加の方が多いです。
    懇親会やアイスブレイクから始まるので、スムーズにイベントに参加していただけるようになっています。

参加に悩んでいる・迷っている方へ

Startup Weekendをより楽しめるようにプレイベントを開催します。
参加費は無料!まずは気軽に遊びに来てください♪

日時 2019年8月31日(土)13:30~16:30
内容 Startup Weekend グローバルファシリテーターを講師に、スタートアップに関する講座を「無料」でお届けします。
イベントは2部構成です。両方への参加はもちろん、いずれかだけの参加も大歓迎です。

①前半 13:30~15:00 良いアイデアの作り方について学ぶ講座
②後半 15:00~16:30 起業の進め方の原則について学ぶ講座+座談会
場所 bridge+

高知県高知市駅前町1-8 第7駅前観光ビル 1F

JR高知駅から徒歩3分、駐車場なし

お申し込み こちらのイベントページよりお申し込みください。
https://swkochi.doorkeeper.jp/events/94997  ★終了いたしました
場所 bridge+

高知県高知市駅前町1-8 第7駅前観光ビル 1F

JR高知駅から徒歩3分、駐車場なし


コーチ(2日目)

嶋崎 裕也

株式会社アースエイド代表取締役
特定財団法人 日本綜合医学会 理事
2004年に自動車メーカーのマツダ入社。シャシー開発、低燃費エンジン開発、開発統括業務などに携わった後、2009年に退社。6次産業立ち上げの為の農業技術や食品加工技術の開発、加工場建設や限界集落の情報インフラ整備等を4年掛けて実施し、2013年㈱アースエイドを創業。「価値を創造してこそ、企業の経営」を信念とし、祖母が食べさせてくれた葉ニンニクのぬたに衝撃を感じ、県外では知られていないこの味を全国、海外へ売ろうと起業する。現在はNPO法人日本綜合医学会の理事も務め、健康相談や食育講演活動を通じて「食の本質」を伝えることにも尽力し、ガン・糖尿病の生活習慣病や精神疾患の患者を削減させ、医療費問題に貢献することを人生の目標としている。

浅野 聡子

株式会社StoryCrew 代表取締役
こうち食べる通信 フードディレクター
東京都内高層ビルオフィス専用デリショップ「イナカデリコ」を運営。2016年南国市にて株式会社StoryCrew設立。設立から2018年までの約1年半、地産外商をテーマに高知県の野菜や加工品のリブランディング、カフェやショップのプロデュースなどを通して「自分の人生をかけてやりたいビジネスモデル」を模索。1年半で7つのプロジェクトやスモールビジネスにトライ。現在のビジネス構想にたどり着く。2018年5月、約8ヶ月の準備期間を経てイナカデリコをローンチ。現在は高知と東京に半々で住みながら、高知では農家さんからの仕入れ・自社商品の開発・資金調達などを、東京では製造・デリバリー・ショップ運営・営業などを行う。北海道出身。2015年に高知県出身の夫について移住。移住後は1年間、高知県地産外商公社にて勤務。

篠田 善典

TOMARIGI HOSTEL 代表
1987年生まれ、高知県出身。関西大学文学部卒業。Bayer、旅人、ペンション支配人、楽天を経て2015年に高知にUターン。2018年に高知市内の菜園場商店街でTOMARIGIHOTELを開業。1年で1000人以上の方に宿ご宿泊いただき、2018年 booking.com クチコミアワードを受賞した。ホステルでは1年間にイベントも100本程度実施。最近は菜園場商店街での復活映画祭など、まち全体に関わるイベントを仕掛けてている。1Fのカフェで商店街の材料のみを使った「菜園場サンド」を提供。ゲストハウスという「場」を通じて、新しい形態の「宿」づくりに取り組んでいる。

嶋内 秀之

株式会社アントレプレナーファクトリー 代表取締役
神戸大学大学院経営学研究科修了。オリックス株式会社にて6年間国内営業の後、オリックス・キャピタルにて7年間ベンチャー投資を担当。 2009年にアントレプレナーファクトリー設立、代表取締役就任。コンサルティング・研修から事業をスタート。現在はラーニングテクノロジーと動画を用いて、地域や時間を問わずに、事業の成功に必要な知識を提供すべく、サービスの展開範囲を広めることに注力する。2009年より10年間、立命館大学及び立命館大学大学院で事業計画論・ビジネスプランの講師を担当。2013年より社外役員として参画したクックビズが2018年マザーズに上場した。

浅野 聡子

株式会社StoryCrew 代表取締役
こうち食べる通信 フードディレクター
東京都内高層ビルオフィス専用デリショップ「イナカデリコ」を運営。2016年南国市にて株式会社StoryCrew設立。設立から2018年までの約1年半、地産外商をテーマに高知県の野菜や加工品のリブランディング、カフェやショップのプロデュースなどを通して「自分の人生をかけてやりたいビジネスモデル」を模索。1年半で7つのプロジェクトやスモールビジネスにトライ。現在のビジネス構想にたどり着く。2018年5月、約8ヶ月の準備期間を経てイナカデリコをローンチ。現在は高知と東京に半々で住みながら、高知では農家さんからの仕入れ・自社商品の開発・資金調達などを、東京では製造・デリバリー・ショップ運営・営業などを行う。北海道出身。2015年に高知県出身の夫について移住。移住後は1年間、高知県地産外商公社にて勤務。

審査員(3日目)

松島 弘敏

フロムローカル
2014年に立命館大学文学部を卒業し、ソフトウェアのテスト事業を行う(株)SHIFTに入社。主に新設部署にて新規開拓営業や学生時代の海外就労経験を活かし海外顧客との折衝を担当。2015年4月、(株)オルトプラスと合弁での(株)SHIFT PLUSの設立と同時に同社代表取締役社長に就任&高知県に移住。「地方にワクワクする仕事を増やし、社会をより豊かに」という経営理念を胸に、設立時26名から約130名ほどの組織へとその成長を牽引した後、2019年6月に独立。現在は全国一位の生産性を誇る高知県の農業にさらなるIT実装を進め「イキイキと稼げる農業人」を増やしていくことで地方創生に貢献できるよう、活動中。

興梠 敬典

Nextremer高知AIラボ代表

豊田高専情報工学を卒業後、金融SE、Webエンジニアと転身しつつ、ソフトウェア開発、サービス企画、ビジネス設計などに携わる。2015年に高知に移住。Nextremer高知AIラボを立ち上げ、地域課題を先端技術で解決する研究開発支援事業、及び対話システムプラットフォーム提供事業を担当。人高知脳計画を合言葉に、尖った技術を持つ優秀なエンジニアが集まる場づくりにコミット。2019年より複数の開発組織に、プログラマ、アドバイザ/技術顧問、プロジェクトマネージャ、技術営業として関わる、技術的/組織的な課題解決のために必要な役割を担う何でも屋ソフトウェアエンジニアとして活動中。

吉冨 慎作

TOSAYAMA ACADEMY事務局長
Snow Peak Business Solutions 研修ファシリテーター
クリエイティブディレクター
山口県下関市出身。宇部高専時代ロボットコンテスト等で活躍するも、デザイナーに転向。その後外資系広告代理店へ移籍し、企業ブランディング・Webキャンペーン・商品開発・TVCM・ポスター制作等に関わるなかで坂本龍馬のポータルサイト「龍馬街道」を立上げ高知と深く関わっていく。2013年2月、土佐山アカデミーの想いに共感し移住を決意。地域課題を資源と捉え教材に変えることで、ワークショップ・企業研修等、「地域を学びの場に変えていくアプローチ」を実践中。企業や地域のブランディングの案件多数。 内閣府認定「地域活性化伝道師」/ 高知高専非常勤講師./ 高知県観光特使

興梠 敬典

Nextremer高知AIラボ代表

豊田高専情報工学を卒業後、金融SE、Webエンジニアと転身しつつ、ソフトウェア開発、サービス企画、ビジネス設計などに携わる。2015年に高知に移住。Nextremer高知AIラボを立ち上げ、地域課題を先端技術で解決する研究開発支援事業、及び対話システムプラットフォーム提供事業を担当。人高知脳計画を合言葉に、尖った技術を持つ優秀なエンジニアが集まる場づくりにコミット。2019年より複数の開発組織に、プログラマ、アドバイザ/技術顧問、プロジェクトマネージャ、技術営業として関わる、技術的/組織的な課題解決のために必要な役割を担う何でも屋ソフトウェアエンジニアとして活動中。

運営メンバー

小林 洋実

高知県出身、関西在住のWebエンジニア・クラウドアーキテクト
社内外問わず人と話すのが好きで、関西圏・高知・海外でのITコミュニティイベントに参加・登壇をしている。地元が大好きで毎月帰省しているうちに、地元の人が課題に気づき行動をする場、チャレンジする人と実践している人が繋がる場を作りたいと思うようになり、本イベントの開催を決意。「大人がいきいきと働く事業を作ることで、そばにいる子どもが自分もこの地域で働きたい!と思えるような地域にしたい」との想いを実現すべく、大阪・高知間のほぼ二拠点生活実施中。

片岡 玲実奈

福山大学 生命工学 生物工学科 3年
学生団体「to(とお)」代表
トビタテ留学japan 9期生
高知農業高校で食品ビジネス専攻。大学で広島に移り、DNA・微生物などを中心に勉強中。2018年、六次産業化ビジネスを学びにアメリカとラオスに短期留学。これをきっかけにもっと学びのある場所を作りたいと思い、奮闘中。「やりたいことを実現化する」をコンセプトで学生団体を立ち上げ、皆のやりたいを皆で実現中(農業・学内/地域イベント開催)。大切にしていることは、楽しさのクリエイト・シェア・アクション。

片岡 玲実奈

福山大学 生命工学 生物工学科 3年
学生団体「to(とお)」代表
トビタテ留学japan 9期生
高知農業高校で食品ビジネス専攻。大学で広島に移り、DNA・微生物などを中心に勉強中。2018年、六次産業化ビジネスを学びにアメリカとラオスに短期留学。これをきっかけにもっと学びのある場所を作りたいと思い、奮闘中。「やりたいことを実現化する」をコンセプトで学生団体を立ち上げ、皆のやりたいを皆で実現中(農業・学内/地域イベント開催)。大切にしていることは、楽しさのクリエイト・シェア・アクション。

《高知応援チケット》

「高知のために何かをしたい!」「StartupWeekend高知に参加したいけどできないから、応援する!」そんな熱い想いをカタチにするため、
応援チケットをご用意させていただきました!

高知にゆかりのある個人の方、企業の方、ぜひ応援をよろしくお願いいたします
応援いただいた方々
★ゴールド応援★
募集中

★シルバー応援★
泉田 優 さま
学校法人 龍馬学園 常務理事、就職キャリア支援センター長
国立大学法人高知大学 非常勤講師
高知県観光特使
★シルバー応援★
会社名オフィスパートナー さま
学生空間「One step」中小企業と大学生のマッチング支援を行う、大学生専用のカフェ
https://kk-onestep.com/
★シルバー応援★
片岡 幸人 さま
株式会社ソフトビレッジ 代表取締役
株式会社ダンクソフト 高知スマートオフィスチーフディレクター
佐川町役場 ICTアドバイザー
★個人スポンサー★
鶴 健一 さま

★シルバー応援★
泉田 優 さま
学校法人 龍馬学園 常務理事、就職キャリア支援センター長
国立大学法人高知大学 非常勤講師
高知県観光特使

《日本全国・通年スポンサー》

《スポンサー》

《ご協力》

誰もが起業家になれる3日間
高知でやりたいこと実現と仲間づくりの一歩を踏み出しませんか?

お問い合わせは下記よりお願いいたします。
startupweekend.kochi@gmail.com