天然100%の漆喰
「スイス漆喰シリーズ」

家の中でも外でも使える天然100%の本漆喰スイス漆喰シリーズは、
スイスで300年変わらない伝統製法作られる世界最上級の漆喰です。
上質な質感と輝くような白さがあなたの家を美しく
天然本漆喰スイス漆喰シリーズとは
スイス漆喰カルクウォール・カルクファサードは、天然100%の本漆喰です。日本の気候とよく似たスイスで300年以上変わらない伝統製法で作り続けられている素材です。漆喰の中でも、類をみない高純度の石灰石を原料とした漆喰だからこそ、余計な混ぜ物(化学的な合成樹脂)を含まない本物の漆喰です。そういったこだわりから日本全国のこだわりの工務店様に広くお使いいただている漆喰です。

商品の詳細はコチラ

漆喰はどれも同じ?

実は、漆喰はどれも同じとは言えません。同じ漆喰でも原料や成分が違えば大きな違いが出てきます。スイス漆喰は、石灰純度が91%というピュアライムと呼ばれる高純度の石灰石を使い、漆喰が本来持つ効果を最大限に持っている漆喰と言えます。また、日本にある漆喰は200種類以上とも言われています。そのほとんどが、そういった高純度の石灰石を使わず、合成樹脂を含んだ漆喰風の塗り壁になっている状態です。大切なのは、どう良い漆喰を見分けるかです。

割れたり汚れたりが心配で…

スイス漆喰の総輸入元である株式会社イケダコーポレーションは、全国の工務店様へ向けて、スイス漆喰の販売だけでなく、正しい施工方法とトラブルを未然に防ぐためのポイントをお伝えしています。さらに、スイス漆喰は、合成樹脂や糊を含まない漆喰でありながら、原料である石灰石の焼成方法などにもこだわり、柔軟性のある漆喰になっています。そこに、日本の気候風土を考慮するために、どのように設計すれば汚れにくいかも多くの施工実績からトラブルの少ない施工法を導き出しています。
スイス漆喰の伝統とこだわり

バウギオロギーの考えから生まれた

第3の皮膚は住宅であるという考えを素に、人が住まう環境で、心も体も健康に暮らすためにできることを考えた思想「バウギオロギー」を基にして作られたのがスイス漆喰です。人にも地球にも優しい素材です。

高純度の石灰石が原料に

スイス漆喰は、石灰純度90%以上の高純度の石灰石を原料に300年変わらない伝統製法を採用しています。そのため、呼吸性があり、強アルカリ性という特徴から、空気中の有害物質を吸着・分解してくれます。

合成樹脂を使わない自然素材

スイス漆喰は成分を100%完全明示しているので、皆様でもご確認できますが、合成樹脂や、ふのりなどの糊も使用していません。石灰が持つ自然の効果で二酸化炭素と反応して、100年かけて石に戻る再石灰化で硬く強く固まることで長い耐久性を持っています。
スイス漆喰の特徴
漆喰は呼吸する壁
スイス漆喰は、呼吸する素材です。呼吸する素材を住宅に使うと何が良いかと言うと、調湿効果で夏のジメジメや冬の乾燥を防ぐことができます。
強アルカリ性で健康的な空間に
スイス漆喰は、ph13という強アルカリ性を持っています。その効果のおかげで、空気中の菌やカビ、有害物質を吸着・分解してくれます。
遮熱性の高い素材
スイス漆喰は外壁にも使える漆喰です。外壁にスイス漆喰を使うと、太陽光の光の反射率が91%と高く、夏でも室内を涼しくしてくれます。
メンテナンスが簡単に!
スイス漆喰は合成樹脂を使わない天然の漆喰で、混ぜ物も少ないため、自分の手でメンテナンスすることができるので、維持費も安く抑えることができます。
メンテナンスが簡単に!
スイス漆喰は合成樹脂を使わない天然の漆喰で、混ぜ物も少ないため、自分の手でメンテナンスすることができるので、維持費も安く抑えることができます。
スイス漆喰製品の詳しい内容はコチラから
会社名 株式会社イケダコーポレーション
創業者 池田 嘉次
設立年月 1991年11月1日
会社住所
大阪府大阪市福島区福島4-8-28 FJビル3F
設立年月 1991年11月1日