妊婦さん
ママさんたちへ

コロナ禍を生きる
妊婦さんやママたちにエールを

新型コロナウイルスの影響で、妊婦さんや、赤ちゃんを産んで間もないママさんたちが、不安や孤独をかかえたり、とてもつらい思いをしているというニュースを読みました。

このサイトを立ち上げた動機は、サイト最下部に、ご挨拶とともに記載させて頂きましたが、「何か私にできないだろうか。私にできることをやってみよう!」そう思い、このサイトを立ち上げました。

私は鍼灸師であり、小学生の子を育てる二児の母です。

鍼灸師の立場から①②を。
そして、ツライ子育ての中でも、これがあったから頑張れたというのが、私にとっては「子供の寝顔」と「絵本の時間」でした。そんなママの立場から③を、お伝えしてみようと思いました。

① 妊婦さんやママたちが少しでも快適に過ごすための対策
② 赤ちゃんやお子さんの健康を手助けする、ガーゼを使ったママとのスキンシップ健康法
③ 親子で絵本を楽しむコツ(絵本の読み聞かせ方・絵本の大活躍例)


このサイトを見てくださった方の、たった一人にでも、お役に立てたり、笑顔のお手伝いができたら、これ以上のことはありません。どうか、あなたの気持ちが少しでも穏やかになり、笑顔の時間が増えますように。

(一刻も早くこのサイトをお届けしたいと、大急ぎで作ったサイトです。見づらい点や、分かり難い点があったら、本当にごめんなさい。でも、心を込めて作りました。お役にたちますようにm(_ _)m )

動画をみるには…

以下、項目別に書き記しました。動画を見るには、【リンクが張られている文字をクリック】してください。Youtubeに飛びます。

✤妊婦さんやママたちが✤
✤快適にすごすために✤

1,つわりを楽にする2つのこと(5:24)
  ・【蒸しタオル】の使い方(0:20~)
  ・【ツボ】の紹介(2:30~)
  ・蒸しタオルの作り方(4:02)


2,疲れにくくする2つのこと
動画内では、妊婦さんについてしか話に触れていませんが、産後ママもとても疲れやすいと思います。どちらの場合も、役に立つ内容ですので、良かったらお役立てください。

  ◆食材編(後半お灸をオススメしてます)(4:45)
  ◆お灸編
   ・お灸のやり方(1:06) 
   ・途中でお灸を取り除く時の注意(1:32)
   ・お灸をするツボ 
    ツボ1(0:54)
    ツボ2(0:31)


3,腰痛を防ぐために(4:07)
これも動画内では、妊婦さんについてしか話に触れていませんが、産後ママも赤ちゃんを抱っこし続けたり、腰がとてもつらくなると思います。どちらの場合も、役に立つ内容ですので、ご活用ください。


4,精神を安定させる工夫 (6:54)


(  )内の数字は動画の長さを示しています。
(  ~)となっているのは、動画のどこの時間からその内容が始まるかを示しています。

(リモートで在宅仕事をしていた夫が、隣の部屋にいたため、動画の声が小さく、ぼそぼそ話しており聞き取りにくくなってしまっていました。申し訳ありませんm(_ _)m)

✤自宅でママ・パパがやる!✤
ガーゼを使うスキンシップ健康法

鍼灸の世界に「小児鍼」と呼ばれる生まれてすぐから10歳前後くらいまでのお子さんにおこなう手技があります。それを家庭用にアレンジしたものを紹介します。

夜泣き・カゼなど病気の予防・ぐずり・かんしゃく・疳の虫・便秘・胃腸症状・皮膚の悩みなど、赤ちゃんや子供たちの様々な問題を改善する効果があります。

この健康法を、当サイトでは「ガーゼタッチ」(本名「ガーゼでハッピータッチ」)と記載していきます。

必要な方は【レジメを閲覧・ダウンロード】してください。

1,ガーゼタッチとは(6:39)

2,ガーゼタッチの効果(9:22)

3,なぜガーゼで変化を起こせるの?(4:39)

4,ガーゼの使い方 理論編(12:07)

5,ドライヤーの使い方 理論編(5:34)

6,手でできる疳の虫対策 理論編・実技編(12:46)

7,ガーゼでこする場所の説明(12:28)

8,ドライヤーで温める場所の説明(1:31)

9,実技(全体の流れの解説)中程度刺激編(9:10)

10,ガーゼタッチを行う際の注意点(3:44)

11,楽しく続けるコツ(4:38)

12,症状別対策 かぜの予防(8:57)

13,症状別対策 夜泣き(2:01)

14,実際の様子 1歳児くらいの子の例(2:35)

15,実際の様子 2歳児くらいの子の例(3:01)

16,番外編 息子での体験(8:31)

(0歳児の子の例を3月中旬ごろにアップする予定です)

✤子育てが楽になる!✤
✤親子で絵本を楽しむコツ✤

1,我が家の絵本との出会い
  (15:51)

2,絵本っていつから読み始めれば良いの?
  (3:16)

3,どんな絵本を読めば良いの? 前編
  (22:06)
①超ロングセラーを読む(0:18~)
②絵本は買う(4:33~)
③親の趣味に偏り過ぎない選択を(9:41~)
④年齢にとらわれずに絵本を選ぶ(14:26~)
⑤ベストセラーが読み終わった後の本(18:29~)

4,どんな絵本を読めばよいの? 後編
  (19:19)
⑥絵本はいろんな工夫がされている!(0:03~)
⑦「おもしろいしかけ」が隠れている!(5:37~)
⑧おすすめ絵本作家「せなけいこ」さん(9:31~)
⑨生活習慣が身につく助けになる絵本(11:32~)
⑩しつけの助けになる絵本もたくさん!(14:48~)

5,どんなふうに絵本を読めばよいの?
  (25:48)
①テンポよく読む(1:15~)
②イントネーション」をはっきりつけて読む(4:35~)
③「こどもの名前」を入れて読む(8:56~)
④表紙からはじまり表紙でおわる(11:30~)
⑤親の顔が見えないようにして読む(15:20~)
⑥絵本に飽きてくる時期が来たら、無理をしない(18:49~)
⑦絵本と顔の距離は月齢に合わせる(24:39~)


6,絵本はすごい!こんなことにも役立った!
  (25:44)
①親子の遊びとして(0:44~)
②一人遊びの道具として(3:26~)
③心のふれあいとして(6:00~)
④スキンシップとして(9:23~)
⑤ぐずりをムリなくストップさせる(11:10~)
⑥卒乳(11:42~)
⑦寝かしつけ(17:05~)
⑧結果として…知育(19:35~)


※3~6は、内容ごとに始まる時間を記しました。必要なところだけ見たい場合は、参考にしてください。
✤ごあいさつ・サイト作成の動機✤

はじめまして。
このサイトを見てくださり、ありがとうございます。あなたのお役にたてましたでしょうか?簡単に、このサイトができた経緯をお伝えしてみようと思います。


私は、現在、小学5年生と2年生の子を持つ母親です。

ある日、私は産婦人科に用事があり、娘を出産した産婦人科を訪れました。その時、ある張り紙が目に入りました。そこには、こんなことが書いてありました。

現在は立ち合い出産ができなくなっているということ、母親学級や産後の親子講座が中止になっているということ、妊婦さんやママが入院している間、パパですら面会に来てはならないということなど、妊産婦さんのために普段おこなわれている様々なサービスが、新型コロナウイルスのためにできなくなっていたり、心強い存在であるパパや旦那さまを頼りにくい状態になってしまっているということでした。

妊娠や、出産という、とても大変なときに、なんてことだろう・・・。

私は、妊娠中、とても体調が悪くなってつらかったし、不安も多かったんです。育児でも、とても苦労してしまいました。不安だったし、孤独だったし、つらかったし…。だから、妊婦さんや、赤ちゃんを産んで間もないママたちの気持ちを考えると、つらくて、泣きかけました。


それから1週間もしない数日後(2月4日です)、たまたま見かけたラインニュースに気になるタイトルがありました。

~孤立深める妊産婦 コロナで里帰りや支援かなわず
「号泣した人も」~

そこには、新型コロナウイルスによる影響によって、「妊婦さん」や、「赤ちゃんを産んだばかりのママたち」が孤独だったり、不安だったり、とてもつらい思いをしているというような内容が書かれていました。

とても他人事には思えませんでした。

その記事は、長野県の実態についてかかれたものでしたが、数日前に見た張り紙のことを考えると、ある特定の地域だけのことではなく、日本中、多くの妊婦さんやママたちが、同じような状況で、つらい思いをしているのかもしれないと思いました。


私に、何かできないだろうか。
私にできることで、もしも、妊婦さんや、ママさんたちの役に少しでも立つことができたら、なんでもやってみよう。そう思い、作ったものがこのサイトです。

普通とは全くちがう今の世の中で、妊娠・出産・小さい子の育児をしていくのは、本当に大変だと思います。このサイトを見ることで、ほんの少しでも、笑顔が増えますように。陰ながら、応援させてください。