編集画面では動画は再生されません。

Startup Weekend 福山

Startup Weekendは、
NPO主催の全世界で開催されている
「やってみて学ぶ」起業体験イベントです。
課題を掘り下げ、アクションを!
可能性を広げ、世界を変える。
No Talk,
All Action!!
週末3日であなたのアイデアを形にする。NPO主催のStartup体験イベント。


MISSION


StartupWeekend 福山は、
起業家を志す方々や、現状を変えたい方の

”一歩”を起業体験という形で押し、
アクションが生まれるきっかけを提供します。
「繋がり、巻き込み、広がる」場所に。

参加して得られるもの


  • 同じ志の仲間と会える
  • 起業家からアドバイスがもらえる
  • 一歩踏み出すきっかけになる
  • 一緒に実現できる仲間が見つかる
  • コミュニケーション力が身につく
  • コミュニケーション力が身につく

3日間のスケジュール


1日目(金曜 18:00~)

懇親会とアイスブレイクを行った後自分のやりたいこと、などをアイデアとして発表します。そして、共感した人たちで一緒に活動するチームを作ります。

2日目(土曜 9:30~)
チームでアイデアのブラッシュアップと顧客検証を行います。また、各分野で活躍されている起業家や起業支援家の方々から実践的なコーチングを受けることができます。
3日目(日曜 9:30~)
アイデアをさらにブラッシュアップし、発表資料を作成します。17時から各チームによるプレゼンテーション(5分間)が始まり、審査員による審査で優勝を決定します。
3日目(日曜 9:30~)
アイデアをさらにブラッシュアップし、発表資料を作成します。17時から各チームによるプレゼンテーション(5分間)が始まり、審査員による審査で優勝を決定します。

こんな方にオススメ!

  • 形にしたいアイディアがある方 やりたいことがあり、挑戦してみたい方
  • キャリア形成のヒントを得たい若手社会人 ・学生の方
  • 現在の仕事に向き合うスタンスをもう一段上げたい社会人の方
  • 起業にちょっと興味がある方
  • 一緒に挑戦する仲間を見つけたい方
  • キャリア形成のヒントを得たい若手社会人 ・学生の方

開催概要


開催日時 2020年1月17日(金) 18:00 ~ 19日(日) 20:30
テーマ ノンテーマ
観光、教育、農業、IoTなど何でもOKです。
身の回りの課題、好きなこと、やりたいことを形にしましょう!

※ 開発着手中や世の中に出ているアイデアは対象外です。
参加対象 参加条件は特にございません
お一人でも初めて参加でも、イベントに入っていけるようなプログラムになっています。
参加費用 全日程参加
  • 学割チケット早割   2,500円(12月31日23:55までにお申し込みで)
  • 学生チケット     3,980円
  • 社会人チケット早割  4,500円(12月31日23:55までにお申し込みで)
  • 社会人チケット    5,980円
※ 5食(金曜の夜、土曜の昼と夜、日曜の昼と夜)と3日間の飲み物が付きます。
※ 1月17日17:55までにお申し込みください。
  • 最終日発表見学+懇親会チケット  1,980円

※ 申込締切は2019年10月19日15:00までにお申し込みください。
※ 3日目(10月19日)の16:00頃に会場へお越しください。

定員 75名
参加対象 参加条件は特にございません
お一人でも初めて参加でも、イベントに入っていけるようなプログラムになっています。

タイムテーブル



会場


株式会社もみじ銀行 福山支店様

〒720-0064
福山市延広町1番28号
JR福山駅から徒歩5分

<注意事項>
・会場には駐車場がございません。お車でお越しの方は近隣のパーキングをご利用ください。


コーチ(2日目)


鶴 健一
株式会社STARTERS 代表取締役
SIer, フリーランス, 教育ベンチャー起業, ソーシャルゲーム会社、マーケティング会社を経て株式会社STARTERSを設立。課題解決を通した実践的プログラミング教育事業と事業立ち上げ時の開発に関わる課題(技術力、人材不足、スピード、etc...)を解消するための立ち上げ専門の開発請負事業で活動中。「日本に失敗しても立ち直れる教育環境を作る」ために日々新規事業の開発に奮闘中。
細羽 雅之
株式会社サン・クレア 代表取締役CEO
1974年、岡山県生まれ。広島大学附属福山高校卒業後、慶應義塾大学へ進学。1997年、日本アイ・ビー・エムに入社。1999年、25歳の時に破綻した実家の会社整理・再生のために同社を退職し、帰郷。負債50億円を抱えた事業再生に挑む。事業整理、サービス向上、人材育成などに尽力し、15年で負債を完済後、株式会社サン・クレアを設立。現在は、ホテル直営に加え、ホテルマネジメント、ホテル事業再生、コンサルティング、M&Aを要とし事業を展開。イノベーティブな宿泊業態の開発を日本、海外に展開し、2025年までに年商100億円を目指す。
高村 亨
Fuku-Biz センター長
1979年生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。2003年、株式会社ヨウジヤマモトに入社、広報宣伝部に所属。2005年、株式会社朝日ネット(東証一部・独立系ISP)に入社。宣伝広報、法人事務、営業を経て、CSセンター長を務める。在職中に社長賞を2度受賞。2014年、ベンチャー企業の立ち上げに創業メンバーとして参画。執行役員に就任し、東京最大級のダンススタジオを運営。2016年9月、福山ビジネスサポートセンターFuku-Biz(フクビズ)のセンター長に就任。開設1年半での相談実績3,000件突破は、Bizモデル史上、過去最速・最多。よろず支援拠点全国本部サポーター(2017年〜)、 中国財務局 金融行政アドバイザリー(2019年4月〜)。
武田 雄一郎
大学にてDNA中の電子移動を研究後、モノづくりで世界を変えるという想いを秘め自動車会社の門を叩く。材料分野にて、水素、リチウム電池、太陽電池とエネルギー関係の研究に携わった後に、車両開発における防錆業務に従事。2017年夏より現職の製品企画へと異動し、アジア・南米向けの車両開発に情熱駆動している。
武田 雄一郎
大学にてDNA中の電子移動を研究後、モノづくりで世界を変えるという想いを秘め自動車会社の門を叩く。材料分野にて、水素、リチウム電池、太陽電池とエネルギー関係の研究に携わった後に、車両開発における防錆業務に従事。2017年夏より現職の製品企画へと異動し、アジア・南米向けの車両開発に情熱駆動している。

審査員(3日目)


角田 千鶴
株式会社山陽管理 代表取締役
神奈川大学工学部建築学科卒業。2003年に横浜から地元福山にUターン。祖母が創業した有限会社山陽不動産入社。2013年に取締役副社長に就任。親子3代、代々女性社長での経営をスタート。2014年福山で初となるSOHO事業を開始。若手起業家支援ビルDioPorteを市内に3箇所5棟を展開。2015年、株式会社山陽管理を設立、代表取締役に就任。現在は学生の創業支援事業や子育ての経験を活かし女性が働きやすい環境を整える活動を行う。2018年経済産業省 中小企業庁 創業機運醸成賞受賞。

古賀 大輔
FOREVER&COMPANY株式会社 代表取締役
独自のアイデアとセンスで自ら作り上げたこだわわりの店内が有名なフォーエバーカフェ&オイスターバーを福山駅前にオープン。2階には、ゲストハウスセトウチノットを作り、世界中の人が福山を訪れるきっかけを創っている。また、福駅前の47年間女性1人で築き上げたスナックを引継ぎ、新しい文化に繋がる空間を創る。更に福山を訪れる世界中の旅人にフォーチュンをテーマに福山でしか体験できないことを提供する「Fukuyma Explorer Find your Fortune」を経ちあげる。
吉村 公孝
ベイシス株式会社 代表取締役社長
1995年に通信エンジニアリング会社に新卒で入社。95年当時、パソコンや携帯電話の爆速的な普及が始まる。「この業界はいずれすごいことになる」と感じ、23歳で会社の同期と通信エンジニアリングの分野で創業。2000年27歳、現ベイシスの前身となる会社を広島に設立。当時は、広島のマンションの1室で事業をスタートするも、携帯電話会社からの依頼で電波調査や電波改善コンサルなどを行い事業を急速に拡大。2005年に本社を広島から東京へ移転。社員数は300名となり、ベストベンチャー100に選出、その後海外へ進出。現在、拠点は全国へと拡大し、通信エンジニアリングの分野だけでなく、電気通信工事のデジタルトランスフォーメーション化を開始。インフラ構築・運用×テクノロジーを軸としたインフラテック事業で、業界のデジタルトランスフォーメーションを推進し変革していく。
[受賞歴]2008 ベストベンチャー100・Job Creation 2014・BizRobo! Family Awards 2019 エンジニアリング賞
吉村 公孝
ベイシス株式会社 代表取締役社長
1995年に通信エンジニアリング会社に新卒で入社。95年当時、パソコンや携帯電話の爆速的な普及が始まる。「この業界はいずれすごいことになる」と感じ、23歳で会社の同期と通信エンジニアリングの分野で創業。2000年27歳、現ベイシスの前身となる会社を広島に設立。当時は、広島のマンションの1室で事業をスタートするも、携帯電話会社からの依頼で電波調査や電波改善コンサルなどを行い事業を急速に拡大。2005年に本社を広島から東京へ移転。社員数は300名となり、ベストベンチャー100に選出、その後海外へ進出。現在、拠点は全国へと拡大し、通信エンジニアリングの分野だけでなく、電気通信工事のデジタルトランスフォーメーション化を開始。インフラ構築・運用×テクノロジーを軸としたインフラテック事業で、業界のデジタルトランスフォーメーションを推進し変革していく。
[受賞歴]2008 ベストベンチャー100・Job Creation 2014・BizRobo! Family Awards 2019 エンジニアリング賞

よくあるご質問

  • Q
    3日間の参加が必須ですか?
    A
    ご都合にあわせて 途中参加・途中退出が可能 です。但し、参加費用は3日分のままです。
  • Q
    54時間ぶっ通しのイベントですか?
    A
    各日ともに集合と解散の時間を設けていますので安心してください(タイムテーブル参照)。
    解散後の時間の使い方はチームにお任せしています。もし深夜まで作業をしたい場合は、24時間利用可能なスペースを用意していますので、当日お尋ねください。
  • Q
    どのような方が参加されていますか?
    A
    基本的には社会人の方が多いですが、学生(中学生、小学生の参加もありました)や専業主婦の方はもちろん、シニアの方も参加されています。
    起業や事業立ち上げの経験がない方、初めてやおひとり での参加の方が多いです。
    懇親会やアイスブレイクから始まるので、スムーズにイベントに参加していただけるようになっています。
  • Q
    イベント中の食事はどうすればよいでしょうか?
    A
    5食(金曜の夜、土曜の昼と夜、日曜の昼と夜)と3日間の飲み物が付きます。
  • Q
    当日は何を持っていけばよいですか?
    A
    1日目は筆記用具で充分です。2日目と3日目はノートパソコンがあれば作業が捗ります(運営で準備していませんので必要であれば各自準備お願いします)。その他ご自身で必要なものをご持参ください。
  • Q
    54時間ぶっ通しのイベントですか?
    A
    各日ともに集合と解散の時間を設けていますので安心してください(タイムテーブル参照)。
    解散後の時間の使い方はチームにお任せしています。もし深夜まで作業をしたい場合は、24時間利用可能なスペースを用意していますので、当日お尋ねください。

応援してくださっている企業様(スポンサー様)



運営メンバー


中本 卓利
ファシリテーター
神戸大学発達科学部卒業後、教育法人などでファシリテーションに従事。その後に起業家のためのコワーキングスペース運営やインキュベーション施設のディレクターを経てStartupWeekendに参画。現在は北海道から沖縄まで全国にて起業家育成、また自治体や企業の人材育成や新規事業開発を手掛けている。加えてスタートアップを切り口に中国深圳やフィリピンセブ島やベトナムハノイやホーチミンなど、アジアを中心とした海外進出支援にも取り組んでいる。
片岡 玲実奈
オーガナイザー
福山大学 生物工学科
高知農業高校で食品ビジネス専攻。大学で広島に移り、DNA・微生物などを中心に勉強中。2018年、六次産業化ビジネスを学びにアメリカとラオスに短期留学。これをきっかけにもっと学びのある場所を作りたいと思い、奮闘中。「やりたいことを実現化する」をコンセプトで学生団体を立ち上げ、皆のやりたいを皆で実現中(農業・学内/地域イベント開催)。大切にしていることは、楽しさのクリエイト・シェア・アクション。
亀岡 愛弥
オーガナイザー
京都とインドネシアの二拠点生活を成立させるため、2017年、フリーランスに転向。起業以前のキャリアコンサルティング、大学での就職支援、PM、秘書、ファシリテーターなど様々なお仕事をしながら『暮らしも優先』という生き方を実践しています。StartupWeekendが好きで、気づけば企画運営に関わるのは今回で15回目です。何かサポートが必要な場合、お気軽にお声がけください☺☺
西原 明輝
オーガナイザー
福山大学 心理学科
愛媛県立今治南高等学校卒。愛媛県今治市から広島にうつり、現在は心理学を専攻。大学二年生の時に今も参加している教育事業に学生として参加し、様々なことに挑戦することや、ご縁の大切さについて学ぶ。現在はベイシス株式会社の内定者として自分のスキルアップのために日々活動中。
柏原 大空
オーガナイザー
福山大学 人間文化学科
一般社団法人ドリームマップ ドリマ for junior 先生
広島工業大学高等学校出身。教員免許の取得を目指し福山大学入学。2019年から一般社団法人ドリームマップに所属し、広島県内を中心に小中学校にキャリア教育の授業しに出向いています。また、そこから、子どもにとっての親の重要性を感じ、今夏に「親教育」をテーマにアメリカに二ヶ月間留学「誰かのいいキッカケの一つになりたい」という自身の本質をもって活動しています。
柏原 大空
オーガナイザー
福山大学 人間文化学科
一般社団法人ドリームマップ ドリマ for junior 先生
広島工業大学高等学校出身。教員免許の取得を目指し福山大学入学。2019年から一般社団法人ドリームマップに所属し、広島県内を中心に小中学校にキャリア教育の授業しに出向いています。また、そこから、子どもにとっての親の重要性を感じ、今夏に「親教育」をテーマにアメリカに二ヶ月間留学「誰かのいいキッカケの一つになりたい」という自身の本質をもって活動しています。
誰もが起業家になれる3日間
やりたいこと実現と仲間づくりの
一歩を
踏み出しませんか?

お問い合わせはこちら