人生の支援募集

ここにきて湧き水のようにドバーッっと「やりたいこと」「やらねばならない」「目を背けてられない」そんなことが溢れてきました。

これまでひとりで行動してきましたが、支援者がいたならばモットモット活動の質が高まるのではないかと直感しました。

活動は「芸術」「福島」「狩猟」「過疎再生」「縄文研究」、、、とバリエーションありますが、ひっくるめて【鈴木の支援】として募集をはじめます。

NEWS

【2018/09/09】

初めて売れた作品

2009年「Tシャツ」グループ展ぷらびだ@人形町

私にとってグループ展2回目の期間中に、メンバーのなかで作品とは別にTシャツをそれぞれ展示しようというイベントがあった。
そこで出したのがこのTシャツ。

もともとは、こんな形に染まるとは思っていなかったし、この形になるのは偶然でしかなかった。

それは日常の洗濯中に、洗剤と一緒にハイターを洗濯槽にどぽーっと入れて(液体洗剤と同様)洗い上がったのを見たら
見事まだらに色が抜け染まってしまっている

失敗でしかなかったけれど、Tシャツをつくるときはこれで行こうとばっちりできたというわけ。

怪我の功名
ひょうたんから駒
災い転じて福となす
棚からぼた餅
楽は苦の種苦は楽の種

そして売れた。

このときのグループ展には影響を受けていて、いちばん大学生のときに力を入れていた。
なにより20名前後の作家さんが集まり、ミーティングもバッチリしてイベントにむけてシフトを組んだり、Tシャツのような作品とは別のプロジェクトをしたりと刺激を受けてばかりだった。
沖縄に就職してこの東京のグループ展は出れなくなってしまったが思い出がたくさんある。
このときの「タネの鳥」
は未だにうれっこだし、つながっている。

#art#Tシャツ# Laundry bleach#スズキのパトロン#洗濯


支援を求めるワケ

①追い詰められるリスクはあったが、それまでの収入を1/2以下にしてでも芸術・研究に当てる時間を増やした。(2016年〜)

②アトリエを借り始めたら一気に「狩猟」「過疎再生」「林業」ほか問題が見えてきたが、いまの月収8万円では新しいことに手が出せない。

③いまの限界のなかで、できるいっぱいしてきたが、可能性があるのならモットモット活動したい。

MISSION


パトロン特典

【一口2万円から】
(グループで一口も可能です

①パトロン証書【手描き】を発行します。

②毎月1枚絵が届きます。(6ヶ月間6回)
(サイズは部屋に合わせます) 

③【希望者1回】
屋内の修理、外作業できることはします。
(例)草刈り、棚設置、トイレ掃除、水回り修理、庭木剪定、網戸貼り直しなど※材料費別

④【希望者1回】
「バー鈴木」で出張いたします。
(バー鈴木を知ってるひと限定) 

⑤天変地異が起きたら駆けつけます。 

2018年募集期間

6/15〜12/31

profile


これまで
山梨県生まれ
中学校で2年間の不登校
高校で「はらぺこあおむし」の絵に衝撃
大学では国際政治を専攻しつつ
年に3回グループ展出展
2012年〜久米島で福島の子ども支援活動
2017年〜兵庫県に拠点 芸術本格化



支援する

パトロンまでの流れ

①できたらまずメールで連絡してください。

②下記の口座に振込お願いします。

③確認特典など送付いたします。


振込口座

『ゆうちょ銀行から振込の場合』
【記号】10380
【番号】01892371

『他金融機関からの振込の場合』
【金融機関名】ゆうちょ銀行
【店名】〇三八(ゼロサンハチ)
【店番】038
【預金種目】普通預金
【口座番号】0189237


【メールアドレス】
suzukinopatron@gmail.com