ハートにつながるきもちの整理術

コネクション・プラクティス / Connection Practice
〜 つながりの実践から 〜


*ハートにつながるきもちの整理術*
はコネクション・プラクティスのプロセスです。
 
NVCの共感 × 自律神経が整うハートコヒーランス呼吸法
の組み合わせで脳と心臓の仕組みを学びながら
もやもやスッキリほんとうの願いにつながります

NVC(Non Viorence Communicaion=非暴力コミュニケーション)の「共感」
           ×
ハートマス研究所からハート・脳コヒーランスの「洞察」

この二つのスキルの相乗効果を実践するコネクション・プラクティスは
心身が調和して働いている状態を体験し
つながりが継続的に育ってゆくことを助けます

レッスンのご案内

体験会
コネクション・プラクティスのワークを中心に、座学を織り交ぜながら体験していただきます。
(2時間〜、3300円〜、人数・時間により変動有り)
基礎コースPart1〜3
◆パート1:「つながりのプロセス」…自分自身とつながるスキルを学ぶ

(どなたでも受講可能。2日間・計12時間。資料代を含む受講料…お一人税込36,900円~)

共感力を高めるNVC(非暴力コミュニケーション)と、洞察力を高める「コヒーランス・テクニック」を融合させる相乗効果によって、自覚していなかった自分自身の本質的な望みに気づき、それを実現に導くスキルが学べます。コネクション・プラクティスの根幹で、実践するほど多くの気づきと変化が生まれる、シンプルかつ奥深い技法です。

◆パート2:「つながりの道」…相手とつながる技法を学ぶ

 (パート1受講済の方は受講可能。2日間・計12時間。資料代を含む受講料…お一人税込44,400円~)

 専用のツールを使って、自分と相手の「つながりのプロセス」を丁寧にたどる「つながりの道」を床の上に作り、講師の誘導とともに実際の出来事をふり返りつつその道を歩きながら、共感と洞察の相乗効果によって、対立してしまった相手とのつながりを取り戻す、とてもパワフルな技法です。

◆パート3:「つながりの調停」…対立する二者につながりを取り戻す技法を学ぶ

(パート1・2受講済の方は受講可能。2日間・計12時間。資料代を含む受講料…お一人 税込52,800円~)

対立関係にある二者の間に調停者として介入し、その二者の間の心からのつながりを取り戻すための技法です。これを行うことで、調停者を含めその場に立ち会うすべての人の心に理解と共感が広がり、大きな気づきや感動とともに、対立以前よりさらに深い結びつきがもたらされることが多々あります。

個別セッション
聴いてもらいたいことがある(取り扱いたい課題がある)
コネクション・プラクティスを学び実践を深めたい
セルフコーチングができるようになりたい
etc...
お話を聴きながら、セッション、コーチングをします。
(60〜90分、6600円/お一人、対面・オンライン可)
個別セッション
聴いてもらいたいことがある(取り扱いたい課題がある)
コネクション・プラクティスを学び実践を深めたい
セルフコーチングができるようになりたい
etc...
お話を聴きながら、セッション、コーチングをします。
(60〜90分、6600円/お一人、対面・オンライン可)

ハートにつながるきもちの整理術 の特徴

このスキルを使うと

ハートにつながるきもちの整理術〜コネクション・プラクティス(以下、コネプラ)〜の特徴は「シンプル」で「効果的」なこと。

即効力があります。 

このスキルを使うと、安らぎや希望の基盤となる「共感力」と「洞察力」が高まり、

・心が乱れても、1~2分で穏やかになる
・自分や相手への思いやりの気持ちが湧き上がる
・新しい視点が得られる個人の力がムダなく継続して高まる
・レジリエンス(回復力、しなやかさ)が養われる
コネクション・プラクティスの歴史
「コネクション・プラクティス」は、2002年、中米のコスタリカ共和国で、軍隊を廃止したこの国に憧れて米国から移住し、国連平和大学で世界中の学生たちに平和教育を行っていた米国人女性、リタ・マリー・ジョンソンによって生み出されました。
2002年のある日、ふとしたひらめきから、当時実践していた「クイック・コヒーランス(ハートと脳を同期させ洞察力を高める手法)」に「NVC(Non Violent Communication=非暴力コミュニケーション)」で学んだ共感の技法を組合せてみたジョンソンは、自分自身の本質的な望みと深くつながり洞察を得る、パワフルな相乗効果を実感。希望と活力があふれ、「このやり方は、多くの人の助けになる」と確信します。
NVC (非暴力コミュニケーション)による「共感的コミュニケーション」
コネクション・プラクティスでは、NVCの4つの要素のうち、「感情」と「ニーズ(必要としていること)」を集中的に学び、恥や罪、責任を取る気持ちからではなく共感をベースに行動することを目指し、共感力を高めていきます。
ハートマス研究所の「クイック・コヒーランス・テクニック」
心臓に意識を集中し心臓と脳の働きを同期することで、脳の働きが最大限に活性化すると同時に、自律神経バランスと身体の諸機能が向上します。
この技法によって肯定的でリラックスした状態がもたらされると幸せや感謝、愛を感じる「オキシトシン」というホルモンが分泌され、
洞察力が増す
共感力が増す
視野が広くなり、創造力が増す
個人の力が無駄なく継続して高まる
…といったことが起こります。

ハートマス研究所の「クイック・コヒーランス・テクニック」
心臓に意識を集中し心臓と脳の働きを同期することで、脳の働きが最大限に活性化すると同時に、自律神経バランスと身体の諸機能が向上します。
この技法によって肯定的でリラックスした状態がもたらされると幸せや感謝、愛を感じる「オキシトシン」というホルモンが分泌され、
洞察力が増す
共感力が増す
視野が広くなり、創造力が増す
個人の力が無駄なく継続して高まる
…といったことが起こります。


体験談



普段、自分の感情は大雑把なんだなと思います。今回、自分の感情に対して向かい合って一つ一つ考えていくと、こんなにも想いがあって、不安やったんや、悲しかったんやと気づきがありました。そこで、次はどうしたいか、素直に気持ちを整理して落とし込み考えていく事が出来ました。
穏やかな声に導かれて、癒されました。ありがとうございました!

普段、自分の気持ちを深く感じていなかったなと気づきました。つまり子供達や周りの人たちのこともそうだったんだと思いました。まずは自分の気持ちを知って、整理して。それが自分でも面白く、心のもやもや、霧が晴れたような気持ちになりました。日々つい表面的な気持ちに流されがちですが、自分にも相手にも、1つ先のことを感じるだけで変わった気がします。
どきどきでしたが、心地よい声に癒されながら、最後はスッキリあたたかくなりました。

前知識なしっで、何の心構えもしないで参加させていただきましたが、わかりやすい言葉や導き方がスムーズで、短時間でもぐっと集中する事ができました。クイックコヒーランステクニックのstep3以降、ちょっとどこかへ行ってきた感じがするくらい入り込んで、あたたかい気持ちになることができ、素敵な体験をさせていただきました。
感情を知り、ニーズを図って、ハートがニヤニヤしている状態で思い浮かぶことをヒントにする。というシンプルで丁寧な技術ですが、日常の瞬間に活かせていけたら、ニヤニヤが増えていいなぁと思います。ありがとうございました。

クイックコヒーランス テクニックの呼吸法で本当にリラックス出来ました。とても気持ちよかったです。心臓から呼吸している感じがして、心臓っていつも動いてくれてるんだよな〜と感謝の気持ちが出てきました。ニーズと、ハートが笑顔になる時を書き出した時、私が一番求めているもの、私が本当に好きなことがわかってびっくりしました。ハートフィーリングの時、笑顔になる書き出したものを思い浮かべていると、書いていなかった両親の顔が浮かんで来てて、これもびっくりしました。同時に、感謝の気持ちが溢れました。当たり前と思って感謝を忘れている事、自分の心の支えになるものがわかって良かったです!

自分の感情をこんなに細分化して、表現できるんだと知れて良かった。今までイライラとしか受け止めていなかった自分の気持ちにもっと焦点をあてて、客観的に見ることができることが増えた。
今までとは出来事の捉え方、視点が変わったように思います。素敵な時間をありがとうございました。

コネクションプラクティスを通して、みなさんと同じ時間を共有し学べたことがすごく良かったです。自分の気持ちと、相手の気持ちをより深く掘り下げていく事で、また違った目線で物事を捉えることができるんだなと思いました。ただことが起こった時にその場ですぐ実践するのはなかなかまだ難しいので、できるだけ一呼吸置いて、心をコヒーランス の状態にして行動していけるよう心がけたいと思います。

全く知らない世界を体験させていただき、とても楽しかったです。心が他の臓器に与える影響か大きいことに興味深さを感じました。いつも豊かでありたいです。あと私はとても大雑把で物事の感じ方も単純です。なのでたくさんの気持ちの表現があることに改めてびっくりさせられました。もう少し繊細に自分の気持ちも感じることができれば、子どもや他の方の気持ちも理解しやすくなるのかな、と思いました。
もともとスピリチュアルに興味があります。感謝や呼吸、最終的には通じるものがみんな同じなんだと思う中、コネクションプラクティスは科学的に証明されているということに、とても驚きました。

前知識なしっで、何の心構えもしないで参加させていただきましたが、わかりやすい言葉や導き方がスムーズで、短時間でもぐっと集中する事ができました。クイックコヒーランステクニックのstep3以降、ちょっとどこかへ行ってきた感じがするくらい入り込んで、あたたかい気持ちになることができ、素敵な体験をさせていただきました。
感情を知り、ニーズを図って、ハートがニヤニヤしている状態で思い浮かぶことをヒントにする。というシンプルで丁寧な技術ですが、日常の瞬間に活かせていけたら、ニヤニヤが増えていいなぁと思います。ありがとうございました。

コネクションプラクティスっていうのがあるよーと聞いたときは難しい名前だなぁと思い緊張していました笑。実際みんなのワークを見て、気持ちの整理をしていって、最後には新しい気づきを見つけている姿は印象的でした。コヒーランスを体験した時には心が暖かくなって、心臓ってすごい力を持ってるなぁと改めて思いました。

何かに迷ったり、悩んだりした時に、知性や理性、自分の置かれている状況など頭の中の情報だけでまず自分を疑ったり否定したりしがちで、本当の自分の気持ちを見つけられなかったり、隠してしまったりしていました。ただ、今回体験させていただく機会をもらって、自分の心の中をのぞいてみたら、旦那さんと会話をしたり、スイーツを食べたり、そんなちいさなことが私を笑顔にしてくれるんだなぁと気付けて嬉しかったです。もっと心の中ってドロドロと醜い感情でいっぱいになっていて、とても表に出せるものではないから、頭で考えて行動していると思っていたので。そして何より、こころがスッキリ落ち着いて、気持ちが楽になりました。今後も見よう見まねで自分の心の話を聞いてみることにします。ありがとうございました。

自分の感情に対して罪悪感を抱いてしまい、実際文字にするのを現実味を帯びてためらってしまいました。頭では否定しても心が抱く感情は現実のものであり、真実であると受け入れられたので、自分に正直になれたように思います。共有された資料をもとに、行き詰まった時に自分でも実践できるのは良かったです。

良かった事は、自分の本当の気持ちがわかったこと。相手の気持ちも想像することで、相手を許すことができたこと。自分の気持ちを相手に知ってもらう、伝えるのも大切だと思えたこと。理解し合うことを求めていることに気づけたこと。みんなの悩みに共感して、それをシェアできたことで、新しい視点などを知れたこと。
自分自身をまず大切にしてあげること。まずそこが大切なんだなと思いました。

自分の気持ちを表現する言葉を選ぶワーク(感情、ニーズ)がボキャブラリーのない自分にはより気持ちと丁寧に向き合え気づきも深くなっていいなぁと思いました。また他の人に選んでもらうことで自分にはない視点もあって面白かったです。
娘ともできたらいいなぁと思いました。家でもやってみようと思いつつまだできていないので、ぜひ共感サークルでみんなでまたやってみたいです。

最近、自分自身の感情と向き合えていなかったので、改めて自分自身と向き合うきっかけになりました。感情やニーズがたくさんのワードからの選択肢なので、自分で気づいていないワードが当てはまったりしたことで、新たな気づきが生まれました。声がけが優しくリラックスして参加することができました。何かイライラするな〜と思った時、この方法だと自分の気持ちをしっかり感じ、なぜその感情がわいてくるのか理解できる感覚がありました。
ハートフィーリングの時に、なぜか涙が止まらなくなりとてもびっくりしました。日頃自分が蓋をしてる(感じきれていない)感情がわいてくるのを感じました。ニーズで「受け入れること」が出たとき、どこかで息子に私の理想(こうあるべき)を押し付けていたんだな。ありのままのあの子を受け入れたいし、自分も受け入れられたいな〜と感じました。こうあるべきに拘らなくても大丈夫、居てくれるだけで感謝。大きな愛で包まれているような安心感でいっぱいになりました。終わった後のスッキリ感、愛情に満たされた感覚にとても感動しました。素敵な体験をさせていただき、ありがとうございました。また参加させていただきたいです。

自分の感情に対して罪悪感を抱いてしまい、実際文字にするのを現実味を帯びてためらってしまいました。頭では否定しても心が抱く感情は現実のものであり、真実であると受け入れられたので、自分に正直になれたように思います。共有された資料をもとに、行き詰まった時に自分でも実践できるのは良かったです。

講師紹介

スズキ アキナ
経歴
大阪の下町生まれ。両親の営む居酒屋から関西一のお嬢様学校に幼稚園から高校まで通う。

小学校の修学旅行で、広島の原爆ドーム資料館を訪れてから、ショックで約半年間お肉を食べることができなくなる。父が広島、母が長崎出身ということもあり、親族に被爆者はいないものの戦争への関心が高まり、後に大学ではジェノサイド、チベット難民、ユダヤ人の歴史をリサーチテーマに選ぶことになる。大学受験中にはテレビから9.11のニュースが流れてきた。
同時に、9歳の頃にはマザーテレサを知って感銘し高校では卒業論文のテーマとして選び、20歳の頃にはダライ・ラマ法王の存在に感動してチベット亡命人のご家族にインタビューをさせてもらう。

京都での大学生活とロックバンドくるりに憧れて、京都の大学へ進学。環境問題の講義を聴いて、人間の心身の健やかさと地球環境の状況はリンクしているのではと想像し始める。
在学中、イギリス・ウェールズのCAT(Center of Alternative Technology)で一カ月の学習滞在をして、オフグリッドで豊かに暮らす技術を体験して感動、卒業論文のテーマは地域通貨。
辻信一さんの著書「スローイズビューティフル」

大学卒業後は広報、営業、編集、ボディケアセラピストの職種を経る。
24〜26歳の時に自転車事故での怪我をきっかけにRawFoodを一年半実践して幼少期からの未病が大きく改善した体験と、呼吸法の実践で二日酔いが3分程で治った体験、ヴィパッサナー瞑想10日間の参加で心が鎮まる体験から、心身のつながりに好奇心を持ち始めた。
出産後に家族とのコミュニケーションに困りコネプラを学び始めたら、幼い頃から感じていた疑問がたくさん解消される。
現在は6歳女子の母、ハートにつながるきもちの整理術・コネプラトレーナー、さつきやま森の学び舎スタッフ。
家の居間を小さなコミュニティスペース*Terra小屋あまなみき*と名付けて、持ち寄りごはん、手仕事あそび場、コネクションプラクティスのクラスetcを開催

2015年 出産をした年にコネクション・プラクティスとNVCに出会う
2016年 日本での第1期コネクション・プラクティス認定トレーナー取得
2016年 川口久美子さんNVC基礎 全6回修了
2017年 川口久美子さん実践オンライン講座 全6回修了
2017〜2018年 きくちゆみさんコネクション・プラクティス基礎コースPart1~3合宿 計3回アシスタント参加
2019〜2020年 子どもへの声かけとNVCオンライン講座(第1〜2期)をいちかわえりこさんと共催
2020年1月〜 コネクション・プラクティス&NVC実践会 月一共催

コネクション・プラクティス体験会、基礎コースを不定期に開催
2019年9月〜 オルタナティブスクール さつきやま森の学び舎スタッフ(大阪・池田)
現在は6歳女子の母、ハートにつながるきもちの整理術・コネプラトレーナー、さつきやま森の学び舎スタッフ。
家の居間を小さなコミュニティスペース*Terra小屋あまなみき*と名付けて、持ち寄りごはん、手仕事あそび場、コネクションプラクティスのクラスetcを開催

2015年 出産をした年にコネクション・プラクティスとNVCに出会う
2016年 日本での第1期コネクション・プラクティス認定トレーナー取得
2016年 川口久美子さんNVC基礎 全6回修了
2017年 川口久美子さん実践オンライン講座 全6回修了
2017〜2018年 きくちゆみさんコネクション・プラクティス基礎コースPart1~3合宿 計3回アシスタント参加
2019〜2020年 子どもへの声かけとNVCオンライン講座(第1〜2期)をいちかわえりこさんと共催
2020年1月〜 コネクション・プラクティス&NVC実践会 月一共催

コネクション・プラクティス体験会、基礎コースを不定期に開催
2019年9月〜 オルタナティブスクール さつきやま森の学び舎スタッフ(大阪・池田)
レッスンや空き状況についてお気軽にお問い合わせください
教室所在地

*リクエストで出張開催もしています
大阪府箕面市新稲
教室所在地

*リクエストで出張開催もしています
大阪府箕面市新稲