サンリスト株式会社が教えます!



リフォームする際に
気を付けたいポイント



リフォームとは?


リフォームとは、長年住んで劣化した住まいや、購入した中古住宅を住める状態に復元するといった、主に改修作業を指す言葉です。
リフォームの範囲は、クロスの張替えや壁の塗装の張替えなどの気軽にできる工事を指す場合もあれば、屋根全体の交換や大型設備の取り換えなどのような大掛かりなものを指すこともあり、工事の程度によっての線引きはあいまいです。
代表的なものとしては、雨漏りの修繕やキッチンや浴槽の取り替え、床総面積の増築などが挙げられます。
一軒家の住宅だけでなく、賃貸マンションや賃貸アパートなどでもリフォームは行われ、退去時の修繕などをリフォームと呼ぶ場合もあります。
リフォームの特長は、住宅の資産価値は増やすことなく、あくまでも元の状態の資産価値を復元するというところです。

リフォームは住まいの一部だけを工事するため、長期間大掛かりの工事をするリノベーションや建て替えと違い、仮住まいや引越しをする必要がありません。
そのため、工事費以外にも仮住まい費用や引越し費用を出費することがなく、純粋な工事費用だけを見積もればいいのが特徴です。
リノベーションと比べ、規模はコンパクトなリフォームですが、工事をした部分に関して言えば、見た目は新築同様になりますので、家全体の老朽化というよりは部分的な改修が必要だというケースではリフォームを選択するのが得策です。
お風呂やキッチン、屋根の一部の雨漏りなどの改修がリフォーム案件としてよく行われているものになります。

また、地震の多い日本においては、耐震強度の補強などもリフォーム案件として多く行われています。

『リフォーム』気になるけれど…

リフォームって何ができるの?
そもそもリフォームのメリットって…??
工事費用っていくら位が適切なの…??

工事期間はどれくらいなの?

工事期間はどれくらいなの?

POINT
1

リフォームのメリット

・様々な方法で快適な空間づくりができる
動線を変えて過ごしやすくしたり、空調がききやすいようにしたり、掃除が楽になるようにしたり、段差をなくしてバリアフリーにしたり、耐震や断熱などの最新設備を導入することもできます。

住み慣れた家をそのままにすることができる
一軒家の場合、リフォームが必要になるほど老朽化しているのは、一般的に長い期間住み慣れた家であることがほとんどです。
この場合、建て替えやリノベーションなどの大掛かりな工事をしてしまうと、今まで住み慣れていて愛着のある家の雰囲気はまったくといっていいほどなくなってしまいますので、出来る限り今までの家の雰囲気を残したいのであればリフォームをするのがおすすめです。
一部だけを新しくするため、家全体の住み心地は変わりませんし、愛着のある家の雰囲気もそのままにすることができるでしょう。

・工事期間が短く予算も安い
早急にデザインや機能の改善をしたいという場合にも適しています。
例えば、お風呂のタイルが剥がれていたり、水はけが悪くてカビが生えてしまった場合などは、そのまま放置しておくと、より老朽化のスピードを早めてしまいます。
このような場合は一刻も早く改修をしたいので、工期が長くかかるリノベーションや建て替えよりはリフォームを選択するのがいいでしょう。

・仮住まいを借りる必要がない
工事期間が短いということにも関連しますが、リフォームは一部分を改修する工事がほとんどであるため、仮住まいを借りる必要がありません。
POINT
2

リフォームのデメリット

・間取りの変更など、大掛かりなデザインの変更ができない
新築の時の状態を取り戻すことを目的として行われるため、当初のデザインの変更は原則としてできないことが、リフォームのデメリットといえるでしょう。
例えば、先に挙げた家族が増えたりして部屋の数が足りなくなってしまった場合や、子供の成長にともなって子供部屋を新たに作る場合などはリフォームでは対応できません。この場合は、リノベーションの範疇になります。
内装や外装に限らず、表面的な改修についてはリフォームで十分対応できますが、家の基礎部分や内部構造自体を強化するという工事をリフォームという範囲でやってしまうと、リノベーションや建て替えよりも劇的な変化は見られないのに、費用は高くついてしまうといったようなことが起こり得ます。

リフォームの際に気を付けるポイント

業者選びのポイントとは?
・施工実績やHPの更新が多い
・価格や保証内容
・対応が親切、丁寧かどうか
施工実績が多い業者であれば、各ご家庭にあったリフォームが可能となります。
会社のHPを見て、事前に確認することをお勧めします。

保証に関してきちんとしているかどうかも大切です。工事保証だけでなく、設備保証もございます。(キッチンやトイレといった設備に関しての保証)
メーカー保証の延長で長期の設備保証も扱っている業者であれば、設置後の不安もより軽減されるでしょう。

また、リフォームの価格は、リフォーム箇所によって相場があります。適正価格で工事を行ってくれるかどうかも確認しましょう。※下記に相場価格を表でまとめています

親切・丁寧な対応をしてくれるかどうかも、大事なポイントになります。

リフォームの相場価格については、以下の表を参考にしてください。

打ち合わせ時のポイント①

事前にリフォームで対応できる範囲をおさえる
例として、家族が増えた際のケースが挙げられます。
部屋の数を増やしたいという依頼は多くあるようですが、部屋を増やすという大掛かりな作業は本来リノベーションですべきもの。
リフォームで対応できるものだと勘違いをしていると、見積もりを出したときに、予想を大きく超える予算が必要になってくるということが起こります。
そのため、事前にリフォームで対応できる範囲はしっかりと押さえておくようにしましょう。
打ち合わせ時のポイント②
家自体の強度の強化について
リフォームは一部のみを改修するため、特定の場所や機能に関しては新築状態を取り戻すものの、家自体の強度は工事前と変わらないという点に注意しましょう。家自体の強度の強化をリフォームで行う場合には、リノベーションや建て替えの場合よりも割高になってしまうことがあります。日本は地震の多い国なので、家の強度に関する工事はリフォーム・リノベーション・建て替えに限らず多くなっています。このような耐震強度の強化などの工事では、業者間でも大きな工事費用差があるので、できる限り複数の業者間に見積もりをとって、比較検討をするようにしてください。そうすることで、大きな失敗をすることなくコスパに優れたリフォームを実行することができるでしょう。
また、自治体の多くでは耐震リフォームに対して補助金の支給を行っています。
地域により内容は異なりますが、例えば東京都千代田区では「耐震診断に要した費用に対し15万円を限度に助成」、「耐震補強工事に要した費用に対し120万円を限度に助成」、「耐震補強工事を行わない場合の耐震シェルター等の設置に50万円を限度に助成」、「除却工事に対して60万円を限度に助成」といったものを用意しています。
こういった金額や条件は、地元の自治体のホームページなどで確認できます。
補助を受ける条件についてはほぼ全国で共通しており、「1981年5月末日以前に建築された(建築確認を得て着工された)木造の個人住宅で自ら居住しているものであること」が前提となります。
もしくは、事前に自治体による耐震診断を受け、その結果が倒壊の可能性がある、または、高いと判定された住宅であることが補助の対象住宅となります。
リフォーム工事完了後の注意点とは?
・竣工検査(工事完了検査)をしっかりと
・リフォーム瑕疵保険の利用も考える

竣工検査とは、リフォーム・リノベーション工事がほぼ終了したときに、施工状態をチェックする検査です。この段階できちんとチェックをしておかないと、後々不具合が見つかってもスムーズに修理してもらえない可能性もありますので細かくチェックしましょう。
チェック項目については、下記の表を参考にしてください。
もし竣工検査で不具合が見つかったら、修理の計画について担当と話し合います。 修理の規模によって引き渡しまでに修理をしてもらうか、リノベーション後に改めて修理をしてもらうことになります。この際、修理の場所や方法、いつまでに対応するかなどについては、書面で取り交わすようにしましょう。

自分で確認できるか不安という方は、保険料がかかりますが、リフォーム瑕疵保険に加入するという方法もあります。
この保険に加入すると、リフォームの工事中や工事完了後に、資格を持った第三者が検査を行ってくれるので安心できますね。
竣工検査完了後に瑕疵が判明し補修などが必要になった場合には、一定の負担で工事会社が修復を行うことになります。
ただし、保険に加入するのはリフォーム・リノベーション工事を実施する会社側になります。そのため、リフォーム瑕疵(かし)保険の利用を検討しているなら、施工会社に事前に相談しておきましょう。

【場所別】竣工検査でのチェックポイント

リフォームをご検討されているのであれば、サンリストにご連絡ください!
毎月100件以上の工事実績がございます。
すべての工事に責任を持って対応させていただいております。

また、万が一のトラブルの際にも、ご連絡いただけましたら、すぐに対応させて頂きます。
アフターフォローも万全の体制を整えております。

お問合せはこちら
0120-969-837

営業時間:10:00~20:00  年中無休(年末年始除く)
サンリスト LINE
サンリスト公式LINEアカウント ID:@sunlist
登録はこちらから→
サンリスト LINE QR
サンリスト LINE QR

Twitter、Instagramはじめました!

サンリスト Twitter
Twitterはこちら
サンリスト Instagram
Instagramはこちら
サンリスト Instagram
Instagramはこちら

リフォームについて
ご質問等ございましたら
ご連絡ください!!

サンリスト ロゴ
サンリスト株式会社
社名: サンリスト株式会社
本社所在地: 〒540-0028 大阪府大阪市中央区常盤町2丁目2−10 ブランクレール谷町2F
TEL: 06-6585-0692
FAX :  06-6585-0693
設立: 2014年8月1日
代表: 辻田 信次
資本金: 20,000,000円
取扱メーカー: パナソニック、三菱、東芝、日立、ダイキン、カナディアンソーラー、ハンファQセルズ、
        京セラ、伊藤忠商事、日本トリム、新星電機
取扱信販会社: 株式会社アプラス、イオンクレジットサービス株式会社、
        株式会社オリエントコーポレーション、株式会社ダブルラック、
        プレミアファイナンシャルサービス株式会社、リコーリース株式会社
建設業許可: 大阪府知事 許可(般-28)第145242号
古物商許可: 大阪府公安委員会 第621060170829号
事業内容: 太陽光発電システムの施工及び販売、オール電化の施工及び販売、リフォーム全般、
      関電ガス取次、関電セキュリティ取次、法人向けコンサルティング業務
主要取引銀行: りそな銀行、近畿大阪銀行、みずほ銀行、関西アーバン銀行、西日本シティ銀行