2018年 水の循環講座(全6回)
「すみだと世界をつなぐ水の大切な話」
1/20(土)、2/3(土)、2/15(木)
2/24(土)、3/9(金)、3/11(日)

私たちは毎日、飲み水、食事、トイレ、洗濯...たくさんのことに水を使い、たくさんの汚れた水を生み出しています。

一方、世界に目を向けてみると、水不足などが原因で「十分に水を使うことができない地域」、インフラが整わないことで、「安全な飲み水を得ることができない地域」や「汚れた水が川や環境を汚染している地域」など “水” に関する課題をかかえた地域がたくさんあります。
 
「私たちが日本で使う水」と「世界の水」―「別のもの」と錯覚してしまいがちですが、「私たちが日本で使う水」と「世界の水」はつながっており、たくさんの共通点があります。
 
この墨田区主催「水の循環講座(全6回)―すみだと世界をつなぐ水の大切な話」では、たくさんある水の課題の中から、「地形と水」「都市と水」「山と水」など毎回1つのテーマを取り上げ、各テーマに関する施設見学やワークショップを行います。そして、各テーマについて「日本国内の事情」「世界の事情」に詳しいスピーカーがお話します。

お申込みは、下記より各回それぞれお申込みください。
全6回連続のご参加、各回のご参加、いずれも大歓迎です
皆様のご参加をお待ちしています。

■対象   小学4年生以上
■定員   各回20名程度(申込み多数の場合抽選)
■費用   無料 
■持ち物  筆記用具  
■講師   水ジャーナリスト橋本淳司
■主催   墨田区
■運営   特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン

第1回 「地形と水」
隅田川に注ぐ湧き水の観察と台地地形を体感しよう!

1月20日(土)正午~17:00
集合場所:墨田区役所1階アトリウム

隅田川へと注ぐ湧き水や、隅田川を含めた低地の地形を観察し、「地形と水」について考えます。

【時間】11:50 墨田区役所1階アトリウム集合、17:00 墨田区役所解散
【場所】赤羽自然観察公園(北区赤羽西)、北とぴあ(北区王子)
【協力】八千代エンジニヤリング株式会社
【内容】
・赤羽自然観察公園にて湧き水の観察、台地地形を体感
・日本の事例:隅田川を含む低地の地形観察
・世界の事例:世界の川と流域の暮らし

【お申込みについて】
満席のためキャンセル待ちとなります。キャンセルが出た場合に限りご連絡します。

終了しました。

第2回 「都市と水」
 海抜0メートル地帯の水運の歴史を見てみよう!

2月3日(土)13:00~16:30
集合場所:墨田区役所1階アトリウム

海抜0m地帯を歩き、水運の史跡をめぐりながら私たちの生活と地形の関わりについて考えます。

【時間】12:50 墨田区役所1階アトリウム集合、16:30 墨田区役所解散
【場所】荒川ロックゲート(江戸川区小松川)、旧小松川閘門、
    中川船番所資料館(江東区大島)
【協力】八千代エンジニヤリング株式会社
【内容】
・荒川ロックゲート、旧小松川閘門、中川船番所資料館見学
・日本の事例:治水・利水と地形改変の歴史~ヒトの生活が地形を変えた?!
・世界の事例:途上国の都市スラムに住む人々と水


終了しました。

第3回 「山と水」
 奥多摩の水源林を見に行こう!

2月15日(木)9:00~17:00 
集合場所:墨田区役所1階アトリウム

私たちが使っている水はどこから来ているのでしょうか?東京に水を届ける水源林を見学し、維持管理方法を学び「山と水」について理解を深めます。

【時間】8:50 墨田区役所1階アトリウム集合、17:00 墨田区役所解散
【場所】小河内貯水池(奥多摩湖)、水と緑のふれあい館(西多摩郡奥多摩町原)
【内容】
・奥多摩の水源林見学
・水と緑のふれあい館見学
・世界の事例:エチオピアの水源林と人々の暮らし



終了しました。

第4回 「食と水」
 墨田区名物、相撲部屋のちゃんこ鍋の水マップをつくろう!

2月24日(土)13:00~15:30
国際ファッションセンター(KFC)Room 107

墨田区に身近な「ちゃんこ鍋」―できるまでに使われている水は何リットルでしょうか。「食と水」から、すみだと世界のつながりについて考えます。

【時間】13:00~15:30 
【場所】国際ファッションセンター(KFC)Room 107 (墨田区横網) 
【内容】
・ワークショップ「墨田区名物『ちゃんこ鍋』の水マップをつくろう」
・日本の事例:バーチャルウォーター~私たちが使っている世界の水
・世界の事例:途上国の食料事情

【お申込みについて】
墨田区在住在勤在学以外の方もお申し込みいただけます。

お申込みはこちら

第5回 「リサイクルと水」
ライオン千葉工場の排水リサイクルを見てみよう!

3月9日(金)11:50~17:00
集合場所:墨田区役所1階アトリウム

ライオン千葉工場の排水リサイクルシステム、シンガポールの下水処理水再利用から、使った水の再利用・有効利用について考えます。

【時間】11:40 墨田区役所1階アトリウム集合、17:00 墨田区役所解散
【場所】ライオン株式会社 千葉工場(千葉県市原市八幡海岸通)
【協力】ライオン株式会社
【内容】
・ライオン株式会社千葉工場排水リサイクルシステム見学
・世界の事例:シンガポールの下水処理水再利用

【お申込みについて】
定員に達しましたので、受付を終了しました。

受付を終了しました

第6回 「水の授業」
すみだと世界の水循環について考える授業を体験しよう!


3月11日(日)13:00~17:00
すみだリバーサイドホール

ワークショップを通じてこれまでの講座の内容を振り返り、国内外の水課題について学んできた静岡県立三島北高校の生徒が作った水循環に関する”オリジナル授業”を受けてみませんか?

【時間】13:00~17:00

【場所】すみだリバーサイドホール 墨田区役所併設(墨田区吾妻橋)
【講師】水ジャーナリスト 橋本淳司
【内容】
・第1回~5回の振り返り
・ウォーターエイドスピーカーによる「水について考える授業」体験
・高校生ウォーターエイドスピーカーが作った水に関するオリジナル授業の体験

*「ウォーターエイドスピーカー」は、水・衛生に関するオリジナル教材を使ってワークショップを実施し、多くの人々に水・衛生の問題を知り、考えてもらうことを目的として活動するボランティアグループです。

【お申込みについて】
墨田区在住在勤在学以外の方もお申し込みいただけます。ただし、申し込み多数の場合は墨田区在住在勤在学の方が優先となりますのでご了承ください。なお、参加の可否につきましては2月21日以降ご連絡いたします。

お申込みはこちら



【主催】墨田区
【企画運営】特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン

*講座についてのお問い合せは、下記ウォーターエイドジャパン事務局までご連絡ください。
  電話:03-6240-2772(平日10:00~18:30)
  Email: info-japan@wateraid.org