スマホで綺麗な花火写真を撮る方法とは?

花火大会に行ってスマートフォンで打上花火の写真撮影した人はたくさんいますね!
しか~し、思うように撮れないなぁ。もう少し綺麗に撮りたいんだけど。
そんなあなたにスマホで花火撮影をする方法を伝授いたします。
下記に詳しく記載あります

スマホで花火撮影解説

花火の種類を選ぼう!

スマートフォンで撮影する場合の前提は動かないように固定して持つことが大事。
花火の種類は冠菊(かむろぎく)という下記の動画の最後に打ち上がる花火が一番撮影しやすいです。花火写真家の金武武さんが解説していますのでご覧下さい。

動画でチェック!

デジタルカメラで本格的に花火写真を撮りたい方への情報

Amazonで発売中のDVD2枚組『デジタルカメラ花火撮影術』
花火写真を上手に撮りたい方、初心者からベテランまで。Amazonにてご購入くださいませ。

花火大会が病みつきになる理由(わけ)とは?

花火大会と言えば夏を思い出す人が多いと思いますが、秋から冬も開催している

ところが多いです。

 

その花火大会を間近で見た人が何故、毎年行きたくなるのか?

花火大会に行ったことがない、もしくは遠くからしか花火大会を見たことがない

人は花火大会の混雑ぶりがいやで行く気にならない人もいると思います。

 

私もその一人でした。

しかしその私が花火大会にはまってしまい、しかも花火写真を撮りに通うように

なってしまいました。

 

私の場合は写真が撮りたくて初めて行ったら、その迫力に圧倒された感覚をよく

覚えています。

 

30年以上花火写真を撮り続けている花火写真家の金武武(かねたけたけし)さ

んにインタビューしてみました。

 

「花火の魅力ってなんでしょうか?なんで花火大会にはまる人が多いのでしょう

か?」

 

金武さんは今までに以下のような声を聞いたとのことです。

 

『素晴らしい花火に出会うと感動する』

 

『涙が自然と溢れ出てきた』

 

『花火の爆発からくる振動が病みつきになる』

 

『恐怖が快感に変わる』

 

『非日常を味わえる』

 

芸術的な花火を見ると感動と感情が湧き出てくる感覚

 

目の前の花火が脳裏に焼き付き感情のバロメーターが振り切るのです。

 

そして、花火の爆音、波動がものすごい!

 

恐怖が快感になるというのは、ジェットコースターの恐怖体験と似ているのかも知れないです。クセになる体感。

 

この感情と身体に衝撃を与えた記憶をまた味わいたいと思い通うのです

 

一種の花火中毒。

 

花火中毒の人はワンシーズンで何回も通うのです。

 

その大空に広がるカラフルな花火やドォーーーン!ドォーン!と連続する花火

 

花火写真を撮影する人の思いは、なんとかこの感動の花火を絵にしたい。

 

感動を写真でも分かち合いたい。

 

写真をきっかけに行ったことがない人に花火の素晴らしさをLIVEで味わってもら

いたい。

 

そんな気持ちだと思います

 

今年も花火大会はまだまだ開催されます。

 

いったことのない方はいかれてみては?

 

きっと今まで経験したことのない感動と体験ができると思います。

 

花火大会の魅力って人それぞれだと思いますが、一度体験したら止められない止まらない

是非おすすめします

 

花火写真家 金武 武
(かねたけ たけし)
関連サイト

【経歴一覧】 2016現在


《メディア出演》

~2012
省略(テレビ・ラジオ等 多数有り)

2013
テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」NHKBS「晴れときどきファーム」

2014
テレビ神奈川「ハマナビ」FM横浜「ヨコハマチョイス」TOKYOFM「アポロン」ニッポン放送「ごごばん」

2015
ニッポン放送「八木亜希子Cafe土曜日」出演予定J:COM「花火写真家金武武 春夏秋冬花火を撮る(仮題)」出演予定

《出版物》

~2010
省略(カメラ雑誌等 多数有り)

2011
アップル社花火アプリ「HANABI百華」発売アメリカ向電子書籍写真集「華火」発売エルジャポン写真掲載カメラのキタムラ 会報誌「フォトライフ四季」に花火特集記事を執筆数冊のカメラ雑誌に花火写真特集記事を執筆

2012
NumeroTOKYO 特集記事掲載RICOH HP「PHOTOSTYLE」に花火写真記事を執筆 数冊のカメラ雑誌に花火写真特集記事を執筆

2013
広告写真掲載数冊のカメラ雑誌に花火写真特集記事を執筆ムック本3冊の花火特集記事を執筆

2014
「超花火撮影術」アストロアーツ社より出版(Amazon本・趣味実用・デジタルカメラ部門第一位獲得)「超花火撮影術」中国語版の発売数冊のカメラ雑誌に花火写真特集記事を執筆ムック本4冊の花火特集記事を執筆ムック本数冊中国語版の発売

2015
学研ステイフルよりポストカード発売
「星空&夜景&花火撮影ハンドブック」花火記事執筆
「福岡ウォーカー」関門海峡花火大会写真掲載カメラ雑誌に花火写真特集記事を執筆

2016
Amazonにて「デジタルカメラ 花火撮影術」DVD2枚組 発売

《主な写真展》現在までに国内外合わせて約300回程度の開催実績あり。

1996
相鉄ギャラリー

1999
ドイツ「ドイツにおける日本年」イベント内にて

2000
相鉄線電車内ギャラリー(1編成にて6ヶ月間に渡り開催)

2006
森英恵美術館イベント

東京デザイナーズウィーク

2007
原宿 Cafeラティア
恵比寿 ヒロキモード

2008
東京ミッドタウン カフェA971愛知県豊橋市 barihoスタジオ
岡山県岡山市 公文庫カフェ

2009
岡山県岡山市 公文庫カフェ 

2011
愛知県豊橋市 喫茶フォルム

東日本大震災復興支援チャリティー写真展への参加

2012
静岡県沼津市 ギャラリー海Ⅱ

2014
大田区 ギャラリー&フォトスタジオ S-TRAIN「春らんまん展」に参加
代々木cafenook

2015
オリンパス新社屋記念写真展に参加
池袋コミュニティ・カレッジ

《近年の主な活動》

2005

コムデギャルソン広告採用

2006
丸井渋谷店屋外巨大広告採用
中目黒BALSイベント開催

2006~現在も継続中

神奈川県立横浜清陵高校にて講演
教育と探求社教科書表紙に採用
客船ぱしふっくびいなす花火クルーズ 講師として乗船

2007
宣伝会議 インターネットマーケティング表紙に採用
妙高高原 艸原祭にて講演会
愛知県一宮市 手話サークルにこにこ会 25周年記念イベントにて講演

2008~2009
トライウィンポータブルカーナビ 広告採用

2008
富士フイルム 写るんです 広告記事
愛知県豊橋市 吉田神社 祇園祭にて手筒放揚

2009
静岡県浜松市 ぺちゃくちゃナイト出演

2012
JAPANSHOP 東京ビッグサイトサンゲツブース 広告採用

2013
銀座 アントレハウスにてトークイベント開催
大田区 ギャラリー&フォトスタジオ S-TRAINにて「花火のお話会 Vol.1」開催
愛知県豊橋市 吉田神社 祇園祭にて手筒放揚

2014
神奈川県大和市 大和映像サロンにて講演
読売理工医療福祉専門学校にて講義
大倉山 大倉山記念館にて「花火のお話会 Vol.2」開催
お台場 青海フロンティアビルにて「花火のお話会Vol.3」開催

2015
大分県別府市 サザンクロスにて「花火のお話会Vol.4」開催
クラブツーリズム(3店舗)のトークショーに出演
池袋コミュニティ・カレッジ 花火写真講座講師
オリンパスプラザ東京 セミナー開催予定
オリンパス花火フォトコンテスト審査員

《WEBサイト》

~2012 省略

2013
リクルート「みん求さんの部屋」 気になる「あの職インタビュー」
産経アプリスタ「スマホ写真術」 スマホでも花火をきれいに撮りたい!

2014
デジカメwatch「特別企画 夏本番!花火の色を忠実に撮るには?」

2014~現在も継続中
Walkerplus「全国花火大会 花火カレンダー」 花火撮影術