このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。
須磨ユニバーサル 
ビーチプロジェクト
【神戸市須磨海岸】
須磨ユニバーサルビーチ
プロジェクトって何?
What is SUBP?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
須磨ビーチを障害を持っている方やお年寄り、小さなお子さんをお持ちの親御さんなど、みんなが気軽に安心して海水浴を楽しんでもらえるユニバーサルデザインのビーチにしようというプロジェクトです。

サイトトップへ戻る


SUBPのヒストリー
どうやって須磨にビーチマットを導入したの?

活動スタート

私たちの活動は、神戸・須磨の海が好きな12人の有志メンバーから始まりました。メンバーは、障がい者・ライフセーバー・サラリーマン・海の家オーナー・公務員・看護師・医師・報道関係者からなり、普段は全く異なる仕事をしていました。しかし、共通している想いがありました。それは、「既成概念をぶち破りたい」という想いでした。その既成概念とは「車いすでは海を楽しめない」です。須磨を車いすの方とそのご家族が一緒に海を楽しめる、素敵なユニバーサルビーチにすることを目標としました。 

須磨ビーチ検証

活動をスタートするにあたり、現在の状況を知るために須磨のビーチを訪れました。駅前のビーチ側には新たにスロープが設置され、海岸沿いの道路は舗装されて、綺麗になっていました。しかし、ビーチ側である南側にはエレベータがない、車イスの方のための地図がない、海に行くまでに踏切・縁石・傾斜が多いなど、まだまだ障害者や親子連れの方には利用しにくい状況でした。そこで、自分たちの手で少しずつユニバーサルデザイン化していこうと決めました。

ビーチマット導入

車いすで海に来たことのある方は経験があるかもしれませんが、車いすで砂浜を通ろうとすると車輪が砂にはまってしまいます。せっかく海に来たのに、遠くから眺めることしかできません。プロジェクトメンバーの1人で、車いすの木戸がオーストラリア滞在中にビーチに敷かれた1本のマットと出会いました。このマットが1本あるだけで、車いすの方でも健常者と同じようにこれまで近づけなかった砂浜を進むことができ、家族と海を楽しんでいる光景を目にしました。そこでまず、須磨のビーチに、マットを導入することにしました。しかし、このマットを日本で導入している海岸はまだなく、製造・販売しているメーカーもありませんでした。

偶然?必然?での出会い

神戸ライフセービングクラブに 古中信也 という日本で唯一の車椅子ライフセーバーがいたこと、
ユニバーサルビーチを目指してビーチマットの導入を検討し始めていたところ、神戸ライフセービングクラブと、オーストラリア・ゴールドコーストのバーレイ・ヘッズ・ライフセービングクラブがフレンドシップの関係があったこと、
この奇跡があり導入が加速しました。

ビーチマット検証

自分たちで、身の回りのモノを利用しビーチマットを作ろうと考え、代用品のアイデアを募ったところ大きな反響となり、たくさんのアイデアが集まりました。いただいたアイデアで実際に可能かどうか検証しましたが安全面に不安が残る結果となりました。安全面だけは妥協できないので、アメリカから輸入することに決めました。

クラウドファンディングに挑戦

しかし、海外からマットを購入するために必要な金額は130万円でした。どうしても海を諦めている方の力になりたいと思い、クラウドファンディングに挑戦することを決めました。私たちの想いが届き167人から159万円の支援が集まりました。たくさんの人の思いが集まり、ビーチマットを日本の須磨に導入することができました。

須磨の海にビーチマット導入

ビーチの砂浜に海岸に向かって伸びる青いマットを敷くことができました。車いすの方も介護者や家族の方と一緒に砂浜を通り波打ち際まで行くことができるようになりました。遠くから眺めることしかできなかった海を、誰もが・みんなで楽しむことができるようになりました。

ビーチマットの意外な良いところ

このビーチマットの良かったところは設置・撤去に人手がいるということです。デメリットにしか見えないのですが、このおかげでたくさんの市民ボランティアの方が集まってくださりました。そのボランティアの方の人数はひと夏で100人を超えました。私たちだけがつくるのではなく、みんなでユニバーサルビーチをつくっていくことができると感じました。

ヒッポキャンプ導入

マットで波打ち際までいけるようになると、海に入りたくなります。大きな反響とたくさんのご要望に応えるために、水陸両用車イスであるヒッポキャンプを導入することを決めました。導入のために寄付を募った結果、本当に多くの方がご支援くださり、82万円が集まりました。ヒッポキャンプが導入され、車いすのまま海に入ることができるようになりました。初めて海を体験した方の笑顔を一生忘れることができません。

一つ目の夢がかなう

ビーチマットとヒッポキャンプのおかげで、海を楽しむことを諦めていた方も含め本当に皆さんに、海をご家族で楽しんでいただくことができるようになりました。人が人を呼び、ビーチマットで渋滞が起こりました。ひと夏で133名もの方が利用されました。このビーチが「できない」ことが「できた」に変えられる、何かに挑戦するきっかけの場所になってほしいと考えています。

みんなの力で整う設備①

須磨漁港の奥谷船長協力のもと「船長お手製の特設シャワー」が新登場しました。
コレを使えば、離れた場所にある無料シャワーまで行ったり来たりせず、その場で気軽に利用できます。また、当日は日中非常に暑かったので、シャワーの水もちょうどいい温度に温まっていました。
当日、来られた方は波打ち際で海に足をつけてチャプチャプ遊んだ後、車いすユーザーの方も介助者の方もシャワーで簡単に足を洗うことができ、みんな笑顔で、喜んで使っていただくことができました。

みんなの力で整う設備②

デカトロン社様より"Quechua(ケシュア)"ブランドのタープを2基ご提供いただきました。
通常時は日よけテントとして、着替えをする場合は更衣用テントに変身することができます。
さらに、 「Kipsta(キプスタ) ミニ サッカーゴール」、「イージー セット 3m バドミントン ネット」のビーチで遊ぶためのアイテムもご提供いただきました! ビーチマットや色んなアイテムを使って、新たなスポーツを遊びながら開発していきます。

2つ目の夢もかなう

いつか須磨で絶対やりたいと思っていた、マッピングパーティーのイベントを実現しました。100人以上の方が集まってくださいました。集まったマッピング情報や、ユニバーサルビーチに向けたアンケートを、各所に伝えたり、自分たちで試行錯誤したり、今後に生かしていきます。また、最後は須磨のスターしんごお兄さんの電車ごっこ×ビーチマットで盛大に締めました。次の夏に向けてみんなの気持ちも繋がりました。

NPO法人化

須磨ユニバーサルビーチ
プロジェクト公式キャラクター
スーマくん

あなたは誰かが何かをできるようになった瞬間の笑顔を見たことがありますか?私たちは、今まで諦めていた海を初めて体験された方の笑顔を、一生忘れることができないと思います。この活動を継続していかなければいけない、「できない」ことが「できた」に変えられる、またその喜びを家族で共有できる体験をたくさんつくっていきたいと思いNPO法人への申請をしました。その結果、見事認証されNPO法人化することができました。また1年を通して機会をつくっていくために、海を飛び出して、秋には畑にビーチマットを敷き、車いすの方で農業体験を実現しました。正月には神社の玉砂利にビーチマットを敷き、車いすの方に気兼ねなく参拝していただくことを実現しました。春にはヒッポキャンプを用い、車いすで山登りも企画しています。

ご支援について

LINE@での簡単質問はこちら

「教えて!スーマくん」は須磨ユニバーサルビーチプロジェクト質問受け付け専用アカウントです。須磨UBPやイベント、ビーチマット設置、SUMAくんハウスに関するご質問をLINEでお気軽にお問い合わせください。
※ページ下部のメール、お電話からもお問い合わせが可能です。

▶今すぐLINEでお問い合わせ

SUBPについてのお問い合わせ、
ビーチマット&ヒッポキャンプに
ついてのご質問・ご相談はこちら

SUBP代表:木戸俊介

📞080-1181-7002 


メールでお問い合わせの方は

利用・ボランティア・参加者に
ついてのご質問・ご相談はこちら

SUBP事務局:土原翔吾(つっちぃ)

📞080-3782-4405 

メールでお問い合わせの方は
こちら↓
📧s.tennis4405@gmail.com

\ みんなで遊びにきてね♪/
須磨に来られる皆様へ

電車で来られる方 
●西側から
大阪から45分 三宮から20分
須磨海浜公園駅から南へ徒歩5分
●東側から
姫路から45分
須磨駅から南へ徒歩5分
お車で来られる方
●西側から
第二神明高速道路「須磨I.C」南へ10分
●東側から
阪神高速道路神戸線「若宮I.C」南へ5分

※周辺環境について※
お問い合わせの多い
周辺施設を紹介します

身障者用駐車スペース 
マップに記載の第1駐車場は20台、第2駐車場4台の身障者用駐車スペースがあります。予約はできないので午後に来られる場合は第1駐車場のご使用をお勧めします。
多目的トイレ
ファミリーゾーン(上記マップ参照)の近くに新設された多目的トイレがあります。赤ん坊のためのオムツ交換代はありますが、ベッドはありません。
バリアフリーシャワー 
ファミリーゾーン(上記マップ参照)の近くに写真の屋外シャワーがあります。このシャワーはバリアフリーです。
※お湯は出ません
多目的トイレ
ファミリーゾーン(上記マップ参照)の近くに新設された多目的トイレがあります。赤ん坊のためのオムツ交換代はありますが、ベッドはありません。

ご支援のお願い

活動を持続的に継続していくために、ご支援をお願いしております。いただいた資金はボランティアに来てくださった方への交通費やビーチマットなど備品購入にあてさせていただきます。

賛助会員(法人・個人)
ご寄付の募集
=====================


①クレジットカード決済

法人会員
1万円/月

●賛助会員様には年間活動報告書を12月中にご提出致します
●年間で12万円の賛助会費となります

※コチラはクレジット決済フォームです。
本フォームは株式会社STYZのサービス、Omise Japanを
利用しています。

※クレジット決済に関するお問い合わせは、support@syncable.bizまでご連絡ください

【法人会員】クレカ決済へ

個人会員
1千円/月

●賛助会員様には年間活動報告書を12月中にご提出致します 
●年間1.2万円の賛助会費となります

※コチラはクレジット決済フォームです。
本フォームは株式会社
STYZのサービス、Omise Japanを
利用しています。
※クレジット決済に関するお問い合わせは、support@syncable.bizまでご連絡ください

【個人会員】クレカ決済へ

単発のご寄付

賛助会員(継続寄付)以外で単発のご寄付をご希望の場合は、コチラのボタンより寄付ページに移行ください。

※ご不明な点は、HP記載の問い合わせ先までご連絡をお願いします。

【単発ご寄付】クレカ決済へ

②現金でのお支払い

現金にてご支援いただく場合は、
【法人会員・個人会員
・単発のご寄付】

のいずれをご希望か、

下記連絡先まで事前に
ご連絡いただけますと幸いです。

rewalkproject2016@gmail.com
080-1181-7002(担当:木戸)

●ゆうちょ銀行から振り込まれる、または郵便局でお支払いされる場合
銀行名:ゆうちょ銀行
支店名:四二八支店
口座種類:普通
記号:14270
番号:06540181
口座名:須磨ユニバーサルビーチプロジェクト
(カナ)スマユニバーサルビーチプロジェクト

●ゆうちょ銀行以外の銀行から振り込まれる場合
銀行名:ゆうちょ銀行
支店名:四二八支店
口座種類:普通
口座番号:0654018
口座名:須磨ユニバーサルビーチプロジェクト
(カナ)スマユニバーサルビーチプロジェクト

目標金額80万円突破しました!!
ヒッポキャンプ募金
ご支援者の皆さま

たくさんのご支援、
本当にありがとうございました!

<寄付金利用の内容>
◼︎ヒッポキャンプ購入費
◼︎インストラクター講習費

※最終更新:10/29 19時00分
【年月日】  【お名前】 
 7月18日    アサヒワンビールクラブ 様
 7月26日    Rolling Tom 様
 7月26日    毛利セツ子 様
 7月26日    カフェダイニング ソラ 様
 7月26日    松田康之 様
 7月26日    通りすがりのギター弾き・山本雅昭 様
 7月28日    まつ 様
 7月31日    日本ネットワークサービス 様
 8月1日    安井鈴子 様
 8月1日    島谷博子 様
 8月1日    中村知子 様
 8月5日    バカ殿やっぴー 様
 8月6日    asobi基地 様
 8月7日    永吉一郎 様
 8月10日    ヒョウゴベンダ 様
 8月10日    山内梨香子 様
 8月12日    高槻 様
 8月14日    小川直心 様
 8月16日    大前均 様
 8月17日    草花謙一 様
 8月17日    神戸デジタル・ラボ 様
 8月19日    石倉悦子 様
 8月19日    ふくもとたまみ 様
 8月19日    井上啓子 様
 8月21日    谷眞紀 様
 8月22日    イトウメンエキアレルギー 様
   8月24日          神戸会@東京 様
 8月25日    中井美華 様
 8月25日    中井誠 様
 8月25日    中井世蓮 様
 8月25日    中井詩奏 様
 8月25日    幸内政年 様
 8月31日    本岡 様
 9月6日    福岡壯治 様
 9月6日    福岡麗子 様
 9月11日    角田正幸 様
 9月15日    井上 様
 10月2日    佐藤友香 様
 10月2日          神戸・元町インバウンド協議会

現在の合計金額:820,000円
皆さま、ご支援ありがとうございました!

ビーチマット検証結果

検証項目

安全性:”みんな”が安全に使えるか?車椅子、高齢者、ベビーカー、歩行器長い期間使えるか?
耐久性:長い期間使えるか?
機動性:持ち運びやすいか?設置にかかる人・時間を考慮
巻込度:社会を巻込み一体感を出しやすいか?
経済性:費用が高いか費用が安いか

*点数は各項目5点の25点満点、検証人数10人の平均点です
既製品ビーチマット(フランス製) 16点
(仏Mobimat製or米Discubre製:設置は最低2人)
ヨガマット 10.6点
(あぶない。安定感なし。枚数が必要。風で飛びやすい。)
工事用マット(ゴム製) 12点
(重い。熱くなる。やけどに注意。持ち運び、設置は簡単。)
木の板(ベニヤなど) 14.9点
(ベニヤがどれほど耐久性があるか未知数。裸足ではトゲでケガをする可能性あり。設置、安全性ともに良い。)
プラスチック製パレット 13.6点
(かなり重い。段差が高く、穴が開いている。保管場所のスペースがない。)
工事用マット(プラスチック製) 14.5点
(見た目に違和感。工事現場感がすごい。重い。熱くなる。安定感は良い。)
工事用マット(ゴム、借り物) 14.7点
(非常に重たく、設置・移動に難あり。熱くなりそう。)
【組み合わせ①】工事用マット×パレット 14.4点
(見た目に違和感。工事現場感がすごい。すべりにくいが上のマットは風で飛ぶ。)
【組み合わせ②】工事用マット×木の板 16.6点
(ベニヤがどれほど耐久性があるか未知数。ほぼ完璧に近い。耐久性と経済性がよくないかも。設置の手間もなく安定感も見た目も良い。)
工事用マット(ゴム製) 12点
(重い。熱くなる。やけどに注意。持ち運び、設置は簡単。)
結論

検証会の結果により、既製品のビーチマットor【組み合わせ②】工事用マット×木の板にしぼりました。 しかし、検証会を実施した1回だけでベニヤ板は反り返っていました。
『耐久性の観点から、1シーズンに何度もベニヤ板を調達し、保管し、交換・廃棄するという点において持続運用するハードルが高い』
と判断し最終的にアメリカ製のビーチマットを導入することを決断しました。

メンバーの声

古中信也
車いすライフセーバー

「新しい出会いに期待」

プロジェクトを通じ多くの素晴らしい出会いがあったことに感謝しています。ひとりでやるよりみんなでやる方が楽しいし、大きな力になると改めて感じました。まだ、スタートラインに立ったばかりです。まずは心のバリアフリー、これからの新しい出会いに期待でいっぱいです。

木戸俊介
ポジティブモンスター

「合言葉は"みんなで"」

合言葉は“みんなでつくるユニバーサルデザインビーチ”です。みんなが力強く前進できるキッカケづくりができるよう、須磨・ユニバーサルデザインビーチの実現に向けて活動を続けていきたいと思います。みんなで楽しい環境をつくっていきましょう!!

SUBPに関する
お問い合わせ・ご質問はこちらから

この夏、団体でご利用になりたい方、土曜日以外でご利用になりたい方、須磨ユニバーサルビーチプロジェクトについてのご質問や企業タイアップ、出張ビーチマットやアイテムのご購入など、なんでも気軽にご相談ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信