不登校の原因は不眠症!?起立調節障害とは?

朝が辛い 中高生が朝が起きられない原因

文部科学省の調査によると不登校児の3人に1人が「睡眠障害」がキッカケで学校に通えなくなったというデータがあるそうです。

子供が朝起きられずに遅刻したり欠席したりということが目立つようになり、不登校気味になってしまった。

本人は学校にいけば授業も受けるし、友達とも遊ぶので登校拒否でいう訳でもない

そんな状態なので、大人から見ればだらしないという反応が大半ですが、大人の中でも不登校とまでは行かなくても中高生の頃に原因は分からないけどだるくて起きられない。
そういう経験をした人も少なからずいると思います。

これは思春期に起こりやすい起立性調節障害という病気が原因といわれています。

中高生に増えている起立調節障害と不登校

起立調節障害は、急激な身体発育のために自律神経の働きがアンバランスになっている状態です。

朝に起きられない、午前中に調子が悪いなどということも多く、周囲からなかなか理解を得にくく精神的にも負担があることも特徴的です。

児童の不登校になっている原因の中でも起立調節障害は年々増加傾向です。

実際にはどんな症状があるのでしょうか?

・朝起きられない、夜もなかなか寝付けない
・立ちくらみ・立っていると気分が悪くなる
・食欲がない
・イライラする・集中力が低下した
・午前中は元気がないが午後や夕方から調子がよくなる
・寝ても疲れがとれない
・乗り物に酔いやすい

この中で3つ以上当てはまるようなら起立性調節障害の可能性があります。
起立性調節障害は、思春期の不登校児に起こりやすい病気の一つで、不登校の原因の中でも3割と大変多い疾患です。

起立調節障害の治療は病院しかない?

起立性調節障害は「ただの怠け、甘えているだけ」と思われてしまい、病院に連れて行っても「原因は見当たらない、心理的な問題じゃないか?」と診断されてしまい、そのまま強制的に登校させてしまう保護者の方がとても多くいらっしゃいます。

自分の子供の不登校の原因が起立性調節障害ではないかと心当たりがあり、病院へ行くことに抵抗があるならば
まずは起立性調節障害に効果があるサプリから試してみることをおすすめします。

朝が辛くて起きられない 不登校のお子様に【キリツイテイン】

起立性調節障害サプリ キリツテインは、Lテアニンが主成分のサプリで薬のような副作用もないので、安心して飲める起立性調節障害サプリです。

キリツテインの成分のLテアニンはお茶や一部のきのこでしか摂れないと言われていますが、「キリツテイン」には一回の摂取量の4粒あたり「L-テアニン」が220mg含まれています。
不眠や睡眠障害で悩む人に推奨されているL-テアニンの摂取量は200mgといわれているので、サプリで摂取すれば効率的にL-テアニンを摂取することができます。

朝が辛くて不登校のお子様に【キリツテイン】