会社の財務コンサルタント・洲浜拓志に、直接電話相談できる
「電話顧問サービス」のお知らせ

限定5
先着順

「電話相談?本当に役立つの?」と思う人は多いでしょう。

思っている事をうまく伝えられるのかな?
アドバイスをもらっても、電話では受け止められないのでは?
相談するのは電話より対面でしょ?
相談するのは電話より対面でしょ?

沢山の方が抱えてるお悩み
そのお悩み解決します!

こんにちは、洲浜拓志です。
会社社長や不動産オーナーのお金の問題解決のお手伝いをしています。
この電話サービスの、わたしにとっての目的は、

■お客様が着眼点に気づき、その問題の本質を突き止め、さらに問題解決に至るまで私(洲浜)が親身になって継続的にサポートすることです。

いわば、「マンツーマンの個別コンサル」と「幅広く情報提供するセミナー」の両方の良いところ取りの商品を作ったのです。それが、

毎月1回30分、電話で個別相談に乗る低額の電話顧問サービスなのです。

なぜこのようなサービスを始めることになったのかというと、これまでは、社長や不動産オーナーの方に、顧問料毎月5~20万円を頂いて毎月1~4回の定例打合せなどしていましたが、

「もう少し少額でお手軽な商品を作ってほしい」との要望が、かなり増えてきたからです。 

そこで、当初まず5社限定募集することにしました。

『電話顧問サービス』とは?

「何が問題なのかの明確化」「お金の不安の解消」「不動産の悩みを解決」「社内の問題」をテーマに、
あなたが目指す理想の状態に近づけるお手伝いをします。

具体的には、

❶毎月1回の電話での作戦会議

❷無制限のメールによる質問

これは、経営者として
「夢ややりたいことはあるが、
『自分に無意識のブレーキをかけてしまう』『堂々巡りして先に進まない』方が、
私のアドバイスの目線を取り入れることで、

①社員や同業者には相談できずに「長引かせている悩み」の解決の突破口を見いだせる

②これまで先送りしてきた「新たなチャレンジの初めの一歩」を踏み出すきっかけが得られる

③「来月(の電話相談)までに結果を出そう」と、行動を起こすモチベーションが自然と湧いてくる

ことを目的に、洲浜が毎月1回30分、電話であなたの相談に乗る低額の会員制顧問サービスのお知らせです。

さらにメールでの相談にも対応します。 

個別コンサル契約を依頼するほどではないが、外部の専門家の力をピンポイントで借りたい方へ。

かなりライトで手軽な形で専門家をブレーンに持てます。

「何が問題なのかの明確化」「お金の不安の解消」「不動産の悩みを解決」「社内の問題」をテーマに、
あなたが目指す理想の状態に近づけるお手伝いをします。

具体的には、

❶毎月1回の電話での作戦会議

❷無制限のメールによる質問

これは、経営者として
「夢ややりたいことはあるが、
『自分に無意識のブレーキをかけてしまう』『堂々巡りして先に進まない』方が、
私のアドバイスの目線を取り入れることで、

①社員や同業者には相談できずに「長引かせている悩み」の解決の突破口を見いだせる

②これまで先送りしてきた「新たなチャレンジの初めの一歩」を踏み出すきっかけが得られる

③「来月(の電話相談)までに結果を出そう」と、行動を起こすモチベーションが自然と湧いてくる

ことを目的に、洲浜が毎月1回30分、電話であなたの相談に乗る低額の会員制顧問サービスのお知らせです。

さらにメールでの相談にも対応します。 

個別コンサル契約を依頼するほどではないが、外部の専門家の力をピンポイントで借りたい方へ。

かなりライトで手軽な形で専門家をブレーンに持てます。

社長が「単発でちょっと専門家に相談してみたい」つの相談例とは?
例えば、次のような相談が寄せられたりします。

相談例①

わが社の財務の状態について、銀行がどう判断しているのか知りたい。
財務のプロから見て正常なのか、問題があるのか聞いてみたい。

相談例②

社長が「会社の方針やビジョン」を社員に話しても反応がない。
どうしたら、社長と社員の意識のギャップを埋められるか?

相談例③

親から引き継いだ会社の経営についてわからない。
経営のアドバイスをもらいたい。経営コンサルタントの選び方も教えて欲しい。

相談例④

業容拡大のため数千万円の設備投資を考えているが、不安で踏み切れない。
どの程度、どのように資金調達したらよいのかわからない。

相談例⑤

「目の前にある儲からない仕事」に時間を奪われ、
本来やるべき仕事を先送りにしている。どうすれば時間効率を改善できる?

など、毎月その時点であなたがもっとも関心の高いテーマについて、

「お客目線」「社長目線」「社員目線」からたくさんの質問を浴びながら
次の一手を見いだす30分1本勝負です。

 今の時代、経営ノウハウや手法は、セミナーにいけば手に入ります。
問題は、そこで学んだことを、どう実際の経営にとり入れ、ビジネスを軌道に乗せていくかです。そこで「足踏みして次に進めず時間だけが過ぎていく」ことがないように、身近にブレーンをおいてみてはいかがでしょうか?

次に、当サービスの詳しいご説明を、順を追ってさせていただきます。

相談例①

わが社の財務の状態について、銀行がどう判断しているのか知りたい。
財務のプロから見て正常なのか、問題があるのか聞いてみたい。

このサービスの特徴

最大の特徴は、

洲浜による、「あらゆる角度から投げかけられる質問の幅と深さ」にあります。

銀行員歴22年、不動産コンサルタント歴7年、経営コンサルタント歴5年の経験とノウハウをベースに、思いもよらない角度からの質問と、そこから得られるひらめきをお楽しみください。

毎回1つの相談に対して、あらゆる角度から掘り下げて、はじめの一歩を導き出します。

もし、「今月は、特に相談することがない」場合には、俯瞰(ふかん)した目線で、もっとも関心の高い重要テーマについて、自由に意見交換することもありです。

リラックスした雑談の中に、思いがけない気づきがもたらされることもあります。

最大の特徴は、

洲浜による、「あらゆる角度から投げかけられる質問の幅と深さ」にあります。

銀行員歴22年、不動産コンサルタント歴7年、経営コンサルタント歴5年の経験とノウハウをベースに、思いもよらない角度からの質問と、そこから得られるひらめきをお楽しみください。

毎回1つの相談に対して、あらゆる角度から掘り下げて、はじめの一歩を導き出します。

もし、「今月は、特に相談することがない」場合には、俯瞰(ふかん)した目線で、もっとも関心の高い重要テーマについて、自由に意見交換することもありです。

リラックスした雑談の中に、思いがけない気づきがもたらされることもあります。

このサービスに価値を感じていただける対象者

  • ビジネスをさらに飛躍させるために、専門家(洲浜)の視点やノウハウ、知識、経験を積極的に活用したい方にピッタリです。
  • 業種やビジネスの規模は問いません。(主に社長1人の個人事業から社員数10人の中小企業まで)
  • 逆に次のような方には、このサービスはそぐわないと思います。

    自分の頭で考えることを避け、「洲浜さんになんとかしてもらおう」という他人依存的な方。
    人からアドバイスを受けても、「そうは言っても・・・」と否定するクセが強く、行動に移らない方。

  • 逆に次のような方には、このサービスはそぐわないと思います。

    自分の頭で考えることを避け、「洲浜さんになんとかしてもらおう」という他人依存的な方。
    人からアドバイスを受けても、「そうは言っても・・・」と否定するクセが強く、行動に移らない方。

このサービスで会員が得られる成果

経営者としてビジョンややりたいことはあるが、

「自分に無意識のブレーキをかけてしまう」「堂々巡りして先に進まない」方が、

毎月1回プロのコンサルタント目線を取り入れることで、

冒頭にお伝えした通り、次の3つの成果が得られます。 

①社員や同業者には相談できずに「長引かせている悩み」の解決の突破口を見いだせる

②これまで先送りしてきた「新たなチャレンジの初めの一歩」を踏み出すきっかけが得られる

③「来月(の電話相談)までに結果を出そう」と、行動を起こすモチベーションが自然と湧いてくる 

また、セミナーや本で「やるべきことや情報、ノウハウはわかったが、どう自社に落とし込めばいいかわからず、
ちっとも進まない」人にも、きっと力になれます。

予めご了解いただきたい2つのこと

電話相談は、月1回30分まで。

限られた時間ではありますが、その1カ月の間でもっとも重要なテーマを掘り下げて議論し、
結論を出すには、ちょうど良いペースだと考えています。

②ご本人が特定できないよう表現の配慮をする前提で、ご相談内容をQ&Aの事例としてブログなどでシェアすることがあります。それは、このサービスを活用される方にとって、
「他の人がどんな相談をしているかを知ることで、何を相談していいかがわかる」
「他人の悩みから自分の悩みの解決のヒントが得られる」などが目的
です。

電話相談のアポ入れから相談当日までの流れ

STEP

1

初回は事前に事務局から電話相談日の候補(3日程ほど)をメールにてお知らせ

STEP

そのメールの返信に、「希望日時」と「相談内容」を入力して送信いただく。(相談内容は、電話相談前日まででも結構です)

STEP

電話相談の日時を調整・決定し、洲浜からメールにてお知らせ。


STEP

相談日、弊社指定の電話番号(又はスカイプ)にかけていただければ、洲浜が出ます

STEP

電話相談の最後に、来月のアポ日時を調整します。

STEP

1

初回は事前に事務局から電話相談日の候補(3日程ほど)をメールにてお知らせ

申込みの流れ

check!

先着5社限定!

洲浜の個別コンサルティングやセミナー、講演などの報酬は1回5~20万円をいただいていますが、これは時間単価2万円を基準に設定しています。(これは、お客さまが受け取る価値や弊社が投入する労力などをトータルで考慮して決めています)

それに比べて、この会員制顧問サービスは30分の電話相談にメールでの質問対応(無制限)もついて月額15,000円(税込)と、かなりリーズナブルな設定にさせていただいています。

その理由は、洲浜にとっても情報の学びの機会となるからです。世の中の多種多様な経営者がどのような悩みを抱えているか、を肌で感じ取る機会は貴重なものと考えています。

月1回30分という時間をベストな意思決定をできるよう、洲浜を「社外にいる経営幹部」として活用してはいかがでしょうか。
とは言え、洲浜が直接相談に対応できる数には物理的に限度があります。

そこで、現在は他の業務との兼ね合いをみて、対応可能な範囲内で、若干名(初回5人)のみ先着順でお受けしています。(状況に応じて、新しい受入体制が整うまで募集を締め切ることがあります)

お申込みはこちら

あなたとビジネス飛躍の作戦を
電話(スカイプ)でお話しできるのを楽しみにしています。

ご不明な点や質問がありましたら、下記からメールにてご遠慮なくどうぞ。

また、「関心はあるけど、もう少し詳しく説明を聞きたい」方や「どんな感じで30分が進むのか?」
「自分にこのサービスはうまく活用できるか?」と疑問や不安をお持ちの方には、
随時おこなっている無料個別電話相談(※)をご利用いただけます。
(※事前に日時の予約をした上で、洲浜本人があなたの状況を電話でお聞きします。
このサービスをどのように活用すれば、あなたにとって有益かを一緒に考えます。時間は15分程度です)
ご希望の方は、本文の冒頭に「電話顧問サービスへの質問」
または「電話顧問サービスの無料個別電話相談を希望」と書いて、お問い合わせください。

料金

■内容

①月1回30分、洲浜に直接、電話(Skype等)でビジネス相談をしていただきます。

※初回は前月末に、弊社から電話相談日を3日程メールにてお知らせし、  

日時調整の上、指定の電話番号(またはSkype)にご連絡いただきます。

②メールでの相談は無制限に可能です(多少、返答に時間をいただく場合あり)
■期間 申込日の翌月から半年間
■月会費

15,000円(消費税込) 

※6カ月分(90,000円)を指定の銀行口座に一括前払いにてご入金いただきます。
■退会 メール一本で、いつでも退会が可能です。(前払い未消化分はご返金します)
■月会費

15,000円(消費税込) 

※6カ月分(90,000円)を指定の銀行口座に一括前払いにてご入金いただきます。

お申込み&お問合せはこちら

お申込み&お問合せは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
洲浜拓志プロフィール
洲浜不動産鑑定士事務所 代表。株式会社 財務部 代表取締役。
昭和39年島根県生まれ。京都大学農学部卒業。
三井住友銀行と東京スター銀行での金融業界経験(22年)と、不動産リノベーション、不動産鑑定、不動産投資コンサル業などを経験したのち、資金調達と不動産のスペシャリストとして独立。
メディア(TBS爆報THEフライデー、週刊女性など)での出演多数あり。

【詳細経歴】
①三井住友銀行(当時三井銀行)では、法人600社、うち新規先120社の融資実績。新規開拓部門の成績はトップクラス。しかし、転勤の多い銀行では企業は救えないと思い、独立コンサルを目指す。不動産鑑定士試験にチャレンジして2回目に合格。(1988~2007年)

②不動産リノベーション会社に転職して、不動産業務に注力。しかし、リーマンショックで会社が倒産の危機に陥る。(2007~2008年)

③不動産鑑定会社アイレックスにて、鑑定業務100件程度。商業施設、賃料、再開発など多様な鑑定業務を行う。(2008~2011年)

④鑑定業務の傍ら、アパート1棟(18室)を取得し、不動産賃貸事業を経験。(2009年)

⑤東京スター銀行に転職し、担保不動産(マンション)のアセットマネジメント業務で活躍する。賃料収入を向上させて黒字売却し、同部門利益の半分以上を稼いだ。(2011~2013年)

⑥そして、不動産コンサルタントとして三光ソフランホールディングスにヘッドハンティングされ転職し、不動産セミナーや資産家や会社員の個別コンサルタントを行う。(2013~2014年)

⑦2014年49歳で不動産鑑定事務所として独立する。弁護士、税理士からの不動産問題についての鑑定業を主業とするが、最近では、経営者向けの資金調達、不動産活用、相続税(事業承継)などの個別コンサルティングや、総合的なサポートのため、法人及び資産家の顧問業務に注力。一方、不動産の相談業務や、現場の問題やノウハウを広く知ってもらいたいと、「不動産投資」、「サブリース」や「相続・リバースモーゲージ」といったセミナー活動(年間50本)なども行う。

【保有資格】   
不動産鑑定士。宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、
ターンアラウンドマネージャー(中小企業再生マネージャー)

【ホームページ】
洲浜不動産鑑定事務所 http://suhama-office.com/

【ブログ】
不動産ドクター http://fudousan-dr.com/  

著書