読書感想文って、「子どもより私が憂鬱~!」って思ってませんか?

  • そもそも、うちの子、本を読むのがキライなんです。
  • 好きに書かせたら、「おもしろかった」の7文字で終わってたんです。
  • 「もっと、ほら、自分の気持を書いて!」と口出ししてしまうんです。
  • 感想文を手伝うと、必ずケンカになるんです。
  • 原稿用紙を前にすると、フリーズしてしまうんです。
  • 感想文を手伝うと、必ずケンカになるんです。

 
たった3時間の講座の受講後、お子さんはこんな風に変化します!


◎「今までの作文嫌いは、自分の勝手な思い込みだったんだ!」
と作文嫌いが解消されてしまう

◎「読書感想文、作文が書けない原因は、自分に能力がないからじゃなかったんだ!」という新しい認識がお子さんの中で芽生える

◎「これなら、僕でも、私でも、作文書けそう!」とお子さんの「書ける可能性と自信」に

◎「3ステップと、魔法みたいなツールを使うとできちゃった!」そんな読書感想文(作文)が書ける実体験

◎大人になって「文章が書けないつらさ」を味わうことがなくなる一生モノの「書く技術」と「書ける自信」

◎わずか3時間で「あっ、これなら僕でも、私でも読書感想文がすらすら書けた!」に変わる

【2020夏、作文嫌い0ゼロ!
『すごい!読書感想文教室』】

  • 私の娘は、本好きで、読書感想文も作文もそんなに苦にならない様子でした。
    今だから言いますが、彼女の文章はそんなに上手ではありませんでした(笑)


    でも、彼女は、書くことがそれほど大変ではなかったので、
    小学校に入って、作文や感想文が苦手な友達が多いことに気づいたときに、


    私は(作文が)そんなに苦にならない=私は(作文が)得意らしい


    という、「作文が得意」という前提で生きはじめました。

    そんな彼女は、

    ・生徒会の立候補演説文を、通学時間(電車内10分)で作成し、副会長に。
     
    ・算数は計算問題は苦手でも、配点の大きい文章題が得意で、
     計算が遅い分を十分カバー。

    ・20文字以内で答えなさいという、苦手とされやすい国語の文章題も
     得点源に。

    という小学生になりました。


    そんな娘を見たママ友からよく聞かれました。

    「◯◯ちゃん(=娘)のように作文ができるようになるには、どうしたらいいの?」


    その当時の私は、
    「わからんわ~~読書が好きやからかな~」
    ぐらいしか言えませんでした。

    そして、方眼ノートトレーナーとなって、
    2016年の夏に始まったという、
    この「すごい!読書感想文教室」を知ったときに驚きました。

    感想文を書くときに、うちの娘がやっていたことが
    説明されていたからです。


    うちの子は、そのやり方を、学校の先生に教えられたと言っていました。
    (授業ではなく、読書の話の延長線上で教えてもらったようでした)


    つまり、感想文や、作文を書くのに大事なことって、
    授業では教えられていないってことなのです!!


    この講座では、それを3時間で身につけて、

    「私は作文が得意らしい。」

    という体験をしてもらうことができます。


    「私は作文が得意らしい。」

    そんな思い込みや体験をもつことができたら、
    間違いなく自信になり、
    うちの娘のように、作文も記述式問題も
    「上手にできるもん!」という前提で書いてしまえるようになります。

    このプロジェクトでは方眼ノートを使って、
    3時間の中で読書感想文を書き上げるまでを目指します。

    一緒に子ども達の全く新しい未来の扉を開けませんか?
    2020年夏、みなさんとお目にかかれること、楽しみにしています。


  • 私の娘は、本好きで、読書感想文も作文もそんなに苦にならない様子でした。
    今だから言いますが、彼女の文章はそんなに上手ではありませんでした(笑)


    でも、彼女は、書くことがそれほど大変ではなかったので、
    小学校に入って、作文や感想文が苦手な友達が多いことに気づいたときに、


    私は(作文が)そんなに苦にならない=私は(作文が)得意らしい


    という、「作文が得意」という前提で生きはじめました。

    そんな彼女は、

    ・生徒会の立候補演説文を、通学時間(電車内10分)で作成し、副会長に。
     
    ・算数は計算問題は苦手でも、配点の大きい文章題が得意で、
     計算が遅い分を十分カバー。

    ・20文字以内で答えなさいという、苦手とされやすい国語の文章題も
     得点源に。

    という小学生になりました。


    そんな娘を見たママ友からよく聞かれました。

    「◯◯ちゃん(=娘)のように作文ができるようになるには、どうしたらいいの?」


    その当時の私は、
    「わからんわ~~読書が好きやからかな~」
    ぐらいしか言えませんでした。

    そして、方眼ノートトレーナーとなって、
    2016年の夏に始まったという、
    この「すごい!読書感想文教室」を知ったときに驚きました。

    感想文を書くときに、うちの娘がやっていたことが
    説明されていたからです。


    うちの子は、そのやり方を、学校の先生に教えられたと言っていました。
    (授業ではなく、読書の話の延長線上で教えてもらったようでした)


    つまり、感想文や、作文を書くのに大事なことって、
    授業では教えられていないってことなのです!!


    この講座では、それを3時間で身につけて、

    「私は作文が得意らしい。」

    という体験をしてもらうことができます。


    「私は作文が得意らしい。」

    そんな思い込みや体験をもつことができたら、
    間違いなく自信になり、
    うちの娘のように、作文も記述式問題も
    「上手にできるもん!」という前提で書いてしまえるようになります。

    このプロジェクトでは方眼ノートを使って、
    3時間の中で読書感想文を書き上げるまでを目指します。

    一緒に子ども達の全く新しい未来の扉を開けませんか?
    2020年夏、みなさんとお目にかかれること、楽しみにしています。


講座詳細

名 称 【2020夏、作文嫌い0ゼロ!『すごい!読書感想文教室』】
日 時

8月22日(土曜日)10時~13時

講 師 長谷川徳子

参加費用

●親子2名(大人1人+子供1人)通常価格 9800円
(※7/20までの早期割引 7800円)(参加者追加 子供1人 +3000円)
全て税込み金額。
親子参加になります。

対象年齢

小学生3年生~中学生

お問い合わせ info@wara-con.com
他の日程リクエストお待ちしています!
大阪以外でも出張講座いたします!
支払い方法 お振込はお申込日より『7日以内』にお振込みください。
キャンセルポリシー

ご参加の都合がつかなくなった場合は、 メールにて
info@wara-con.comまで、ご返金先口座情報と合わせてご連絡ください。


なお、期日が迫ってのキャンセルの場合は、以下のキャンセル料を申し受けますのでご了承ください。
・開催日から14日以上前の場合、キャンセル料は0%とし、振込手数料を差し引きご返金いたします。
・開催日から7日以内の場合、キャンセル料50%とし、振込手数料を差し引きご返金いたします。
・開催日から3日以内の場合は、キャンセル料100%となります。

講 師 長谷川徳子

開催場所案内

会社名
オフィス かみなーる
代表者
長谷川徳子
住 所
大阪市東住吉区南田辺3-18-43
最寄駅
地下鉄御堂筋線 西田辺駅から徒歩10分
地下鉄谷町線  駒川中野駅から徒歩8分
近鉄南大阪線  針中野駅から徒歩15分
JR阪和線    鶴が丘駅から徒歩20分
住 所
大阪市東住吉区南田辺3-18-43

お申込み

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

開発者&講師紹介

高橋政史

クリエイティブマネジメント㈱代表取締役

経営コンサルタント。

 

著書はシリーズ20万部突破の『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』他全9冊48万部の著者。

 

企業から教育機関まで「ノート指導」の第一人者。導入企業は200社超。

 

主な導入企業は、IT企業、外資系コンサルティング会社、金融機関、通信会社、外資系金融機関、商社、不動産会社、自動車メーカー、事務機器 メーカー、通販会社、流通企業、精密機器メーカー、医療機関他 。

 

開催する私塾にはビジネス・パーソン、経営者、教育関係者、医師、現役官僚、大学教授、政治家まで幅広い層が参加している。

 

信念は「未来はノートで変えられる」。

群馬県高崎市生まれ。

長谷川徳子

(一社)日本フリーランスウーマン協会 代表理事

国家資格キャリアコンサルタント

認定 方眼ノートトレーナー

HEG式ビジネスプロコンサルタント

 

主に女性を対象としたキャリア支援、プチ起業講座、笑顔コミュニケーション講座に登壇。

 自らの結婚・出産等で積み上げたキャリアを失い悩んだ経験から、NLP、脳科学、表情筋トレーニング方法を学び、印象に残る笑顔作りのための表情筋トレーニング講師として講師活動を開始する。

 

講師活動を通して、女性が小さく始めるための起業「プチ起業」のための情報提供や支援をしてくれる団体がなく、試行錯誤しながらの起業をした経験から、(一社)日本フリーランスウーマン協会を設立。
その活動から、出産や介護などのライフイベントで自分のキャリアに行き詰まりを感じる女性と多く出会うきっかけとなる。

 現在は、ライフイベントでキャリアを中断した女性や、才能や能力を活かし社会に貢献できる女性を応援し、助成が生き生きと笑顔で働ける日本にしたいという想いで活動を続けている。

  信念は「笑顔とチャレンジが世界を救う!!」

長谷川徳子

(一社)日本フリーランスウーマン協会 代表理事

国家資格キャリアコンサルタント

認定 方眼ノートトレーナー

HEG式ビジネスプロコンサルタント

 

主に女性を対象としたキャリア支援、プチ起業講座、笑顔コミュニケーション講座に登壇。

 自らの結婚・出産等で積み上げたキャリアを失い悩んだ経験から、NLP、脳科学、表情筋トレーニング方法を学び、印象に残る笑顔作りのための表情筋トレーニング講師として講師活動を開始する。

 

講師活動を通して、女性が小さく始めるための起業「プチ起業」のための情報提供や支援をしてくれる団体がなく、試行錯誤しながらの起業をした経験から、(一社)日本フリーランスウーマン協会を設立。
その活動から、出産や介護などのライフイベントで自分のキャリアに行き詰まりを感じる女性と多く出会うきっかけとなる。

 現在は、ライフイベントでキャリアを中断した女性や、才能や能力を活かし社会に貢献できる女性を応援し、助成が生き生きと笑顔で働ける日本にしたいという想いで活動を続けている。

  信念は「笑顔とチャレンジが世界を救う!!」