すべては、患者さんの
「安心と安全」のために。

当院の
新型コロナウィルス等「院内感染予防策」
これからも
「安心して通い続けられる」
「安全な」クリニックで
あり続けるために
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、
生活様式が大きく変化しつつあります。
それに伴い、病院・クリニックに求められるニーズも
大きく変化していくことでしょう。
そんな中でも、今まで以上に、
患者さんに安心して通院していただけるよう
すぎおかクリニックスタッフ一同、
日々いっそう努力してまいります。


当院で行っている
感染予防策について

入口は常時開放としています
診療受付時間中は、待合室が密閉された空間とならないよう、常時、外気を取り込んでおります。
「検温」にご協力いただいています
非接触型体温計を利用して、すべての来院者の方の「検温」にご協力頂いております。なお、「検温」は1秒ほどで終了します。
手指消毒にご協力頂いています
来院時に、アルコール消毒にご協力をいただいています。処置室入室前、エコー室入室前にも再度の消毒にご協力をいただいております。
受付にはアクリル板を設置しました
飛沫からの感染防止に万全を期しております。透明度の高いアクリル板を設置し、安心して、会話していただけます。
1処置ごとに、消毒を徹底しています
処置室、エコー室ともに、患者さんお一人おひとりの処置ごとに消毒を実施しております。
【新患のみ】オンライン診療を開始
クリニックまで足を運ばなくても、スマホがあれば、当院の医師からの診察を受けることができます。詳しくはこちらをご覧ください。
スタッフのマスク着用・体調管理徹底
マスクの常時装着はもちろんのこと、スタッフ全員が勤務開始前に検温を行っており、衛生管理・体調管理には万全を期しております。
待合席の間隔をとっています
ソーシャルディスタンシング(お互いの間隔の増大)の方針のもと、待合室の座席間隔をゆったりとっていただきながら、お待ちいただいております。
「順番お呼び出しコール」開始しました
じっと待ち時間を待合室で過ごすのが、心配…。
そんな心配を解消していただくべく、順番が近づいてきたら受付からお電話でお声かけさせていただく「お呼び出しコール」サービスを開始しました。

フェイスシールドの着用
処置室の看護スタッフがゴーグルまたはフェイスシールドを着用しております。飛沫感染の防止と共に、処置室スタッフはお一人おひとりの処置ごとに手洗い・消毒を徹底しております。
「風邪症状の方のみ」の
診察時間帯を設けております
すでにご案内いたしました通り、クリニック内は「密」にならないような工夫は致しておりますが、風邪症状(発熱・せき等)のある患者さんは専用の時間帯に来院いただくよう、ご案内をしております。
受付にはアクリル板を設置しました
飛沫からの感染防止に万全を期しております。透明度の高いアクリル板を設置し、安心して、会話していただけます。

【特集】
「密」を徹底回避!
「エコー室」の取り組み

1検査ごとに消毒/手袋交換
現在、ベッドシーツは外した状態で検査を行っており、かつ、検査終了後は毎回、消毒用アルコールクロスでベッドと器具を拭いています。
患者さんにも
ご協力いただいています
来院時に加えて、エコー室入室前にも手指消毒を行っていただいており、院内感染防止にご協力をいただいております。
徹底的な換気実施
これまでは、いわゆる「3密」に近い状況で検査をさせて頂いていましたが、それを回避するために、今まで設置してあった空気清浄器い加え、新たにサーキュレーターを増設しました。これからも患者さんに安心と安全を提供しながら検査を行いたいと考えています。
★NEW★
感染予防カーテン設置
これまでは、どうしても「患者さんと技師の距離感が近い」ことによる、院内飛沫感染の不安が払拭しきれませんでした。このたびすべての検査ベッドに透明のカーテンを設置することにより、いっそう安心して検査を受けていただけるようになりました!(工事ご協力:株式会社グランドガーデン様)
徹底的な換気実施
これまでは、いわゆる「3密」に近い状況で検査をさせて頂いていましたが、それを回避するために、今まで設置してあった空気清浄器い加え、新たにサーキュレーターを増設しました。これからも患者さんに安心と安全を提供しながら検査を行いたいと考えています。