~ダイレクトリクルーティングで
20代営業を獲得したい採用担当の方へ~


20代の営業経験者を
1カ月で52名集めた
中小企業のための
スカウト戦略


無名中小企業でも優秀な
営業経験者を思い通りに
集める方法を習得し
人不足を解消しませんか

中途採用担当のあなた。こんなことで悩んでいませんか

  • 若い営業マンを複数名採用しなければならない。人材紹介会社を使うと採用単価が高いから求人広告を使うように指示をされているが、スカウトメールにまったく返信が来ない。
  • このままの状態が続くと内定につながる「人材」を呼び込める兆しもなく、会社の事業計画に遅れが出て、社長や事業部長に迷惑をかけてしまうリスクがある、、、結果、自分の評価も下がる。何とかしていい人材を会社に来社させなければならないが、どうしていいかわからない。
  • このままの状態が続くと内定につながる「人材」を呼び込める兆しもなく、会社の事業計画に遅れが出て、社長や事業部長に迷惑をかけてしまうリスクがある、、、結果、自分の評価も下がる。何とかしていい人材を会社に来社させなければならないが、どうしていいかわからない。

なぜ20代応募者を集められないのか?1日〇通からたった3社しか選択されない現実…。

今、営業の中途採用において、人材紹介以外で優秀な人材を採用できる手段で、もっとも効果性が高いのは求人媒体を活用したスカウトメールです。

営業経験があれば年齢も気にしないし、どんな人でもいい

という採用基準ならハローワークや求人広告を出せば採用目標を達成することはできるでしょう。

しかし、中小企業の営業は一人の影響力が大きいので、

学歴
業種経験
職種経験
取扱商品が似ていること
成長意欲が高いこと
年齢はできれば35歳迄。

など採用基準にこだわりが多いのが一般的です。

こういう基準だとスカウトメールで、ピンポイントで採用したい人にアプローチしたほうが効果が高いのは言うまでもありません。

しかし、スカウトメールを送る相手はたいていライバル会社も採用したいものです。

20代の営業経験者に1日送られてくるスカウトメールの総数をご存知ですか?

経験にもよりますが、だいたい100通前後です。

そしてその中から応募するのはせいぜい3社ほど。

スカウトメールを送る100社のうち、97社は見向きもされないわけです。
本来であれば、その競争環境の厳しさを理解するところからスカウトメールの改善はスタートしなければなりません。

しかし、どうすれば競合がひしめくなか、返信を勝ち取れるのか?
ここに正解がないまま、とにかくスカウトメールを大量に打ち続けることになってしまっている採用担当はごまんといます。


中小企業では20代の営業から応募してもらうのは難しい?

あなたが人気企業でない限り、工夫をしないスカウトメールで相手から反応をとることは難しいでしょう。

20代の営業マンは概ねまだ大手志向です。

彼らが最初に反応するのはやはり誰もが知った大手企業からのスカウトメールです。

中小企業の中途採用においてはブランドがものをいう時代です。

自社に特徴がないと考える採用担当はスカウトメールでいい人を採用できない、、、。
とあきらめているかもしれません。


しかし、私たちイノセルは社員数4名の中小企業でありながら毎月80名前後の営業マンからスカウトメールの返信を頂いております。

しかも我々は転職支援のエージェントです。直接採用企業からスカウトを送る場合の返信率とエージェントの返信率はどちらが反応が良いと思いますか?

実は5~10倍ほど直接採用企業の返信率の方が高い状況です。

転職者からしたらエージェントを介しての転職よりも直接企業に情報を聞いた方がより正確で多くの情報を得られると感じるから、この返信率の差が出ているのでしょう。

そんな不利な環境下で我々は毎月一定数のスカウト返信数を獲得しているのです。

まずは弊社のスカウトメールで多くの返信が来ている証拠をご覧ください。

月に52名の20代営業から返信を獲得した弊社のスカウトメールの結果です。

送信対象者は法人営業経験1年以上
の25歳~34歳。都内在住でどの会社も
狙っているレッドオーシャンの層です。

さらに、以下の画面は、今までスカウトメールを送ったことのないド素人である新人が、このスカウトテンプレートを活用し、わずか1日で18通の返信を獲得した受信トレイです。

なぜ、素人が月52名の20代営業経験者を集められたのか

その理由は、、、、アルバイトでも毎月自動的に80名以上の営業マンを集められるスカウトメールのテンプレートがあったからです



そのテンプレートがこちら

↓↓↓↓↓


今回のページのオレンジのボタンで申し込んでいただければ、ダウンロード後、黒字で隠した部分は全部ご覧になれます。
ど素人でも安定的にスカウトメールの返信を獲得するその秘訣、、、。

それは、


スカウトメールを

人間の感情を動かす文章に変換

することです。
 
スカウトメールテンプレートの内容を知ると、返信率は劇的に向上します。

この原則は、人間の根本的な欲求を応用したものなので時代や環境の変化に関わらず、いつでも安定的な結果を手に入れられる教科書のようなものです。
通常0.1%~1%と言われるスカウトメールの返信率で、2019年3月に送ったメールは771通でそこから52名の方に返信を頂きました。返信率は6.7%。一般的なレスポンス率が0.1%とすれば60倍以上の結果を残せています
実は弊社は、毎月80名以上から返信を頂いておりピーク時は151名。またこの送信対象者は、法人営業経験者かつ34歳まで、かつ都内勤務希望の方で、多くの会社が採用したい人材層です。いわゆるどの会社も獲得したい、競合ひしめくレッドオーシャンのターゲットなのです。しかもこの返信数を実現したスカウトメールを送信しているスタッフは、、、、           

業務未経験、第二新卒ほぼ社会経験なしの23歳の女性が20代営業マンを集めまくっている事実

 ↓ 弊社のスカウト担当、木嶋華菜(きじまかな)↓

経歴を読み込めるはずのない第二新卒の木嶋が、スカウトメールを毎日送り、レッドオーシャンである登録層から毎月80~150名の応募を獲得しているのです。


 えっ?? 容姿がかわいいから、それが理由で返信率が高いんじゃないかって?


いえいえ、彼女の写真は、スカウトメールには一切反映してません。まっとうに文章だけのスカウトメールを毎日着々と送っているだけです。

未経験の木嶋はどんな”秘密”を使い、20代営業マンを集めているのか?

スカウトメールの返信率が高い理由について弊社木嶋に聞いてみると、

「私はただ上司から渡されたスカウトのテンプレート通りに文章を作成し、それをそのまま毎日繰り返して送っているだけです。たぶん、誰でもできると思います

実際、今私の弟にバイトとしてスカウトメールを打たせていますが、そこからも毎月50名ほど応募が来ているんです。」

とのこと。



その上司が私です。

 申し遅れました。私イノセル株式会社 代表取締役の内野 久(うちの ひさし)と申します。

2018年に営業に特化した人材紹介事業を立ち上げ、今2期目の出来立てほやほやの零細企業です。簡単なプロフィールは以下をご覧ください。

スカウトテンプレートの作成者 
イノセル株式会社
代表取締役内野久
ジェイックという人材紹介会社に15年在籍し、人材紹介事業の営業メンバーからスタート。入社5年でMVP、チーム最高業績賞などを受賞したのち、31歳で執行役員に就任。プレイヤー時代は250名の転職支援を果たし、社内トップセールスになる。スカウトメールの研究に費やした費用は2000万円を超え、リクナビNEXT、マイナビ、en、ビズリーチ、イーキャリア、すべての媒体を研究し尽くす。研究に費やした時間は1800時間を超える。9万通送信したスカウトメールの結果から、「返信を得る原則」を発見。その結果、現在では安定的に返信率6%の結果を出し続けている。
私が編み出したスカウトメールの法則を木嶋に伝授し、おかげさまで今毎月100名前後の営業経験者の方に応募していただける状況になりました。


当然ながら市場認知度が全くない弊社。スカウトメールの返信率をあげるために、会社のブランドや実績はなくても「結果が出せる」ということを証明できたと思います。



しかし、このスカウトメールの原則を発見するまでには血のにじむ努力をしました。


私は2003年から、この人材紹介業に16年携わっています

スカウトメールを打つために活用した媒体は10数種類になり、投じた金額は2000万円を優に超えるでしょう。

これまでに送ったスカウトメールは9万通を超えます。

そして、人の心を動かすコピーライティングを9年間学び、ライティングスキルに投じた金額は200万円を超えます。

人がこちらの思い通りに反応をする仕組みがわかるまで、多額のお金と、大量の時間を使ってきました。

文章を書くことが大の苦手。苦痛の毎日が続いた日々

もともと私はスカウトメールが大嫌いでした。

私は、元来営業マンです。外に出ることが大好きな性格。そんな性格の私が、毎日机に向かい、1時間に30通のペースでスカウトメールを送信する。1週間で3000通のスカウトメールを送信した時期もあります。


でも返信が来ない、、、。



こんな時は、営業で売れないときよりも絶望感が大きく、エージェント業をやめようと思ったことも何度かあります。

人材紹介のエージェントは「転職を希望する人」と出会うことができなければ、何の仕事も発生しません。だから返信がないとやる仕事が何もない。

文章は苦手。

パソコンに向かう作業が嫌い。

内勤はストレスが溜まる、、、

そんな毎日でした。

人材紹介業で成果を出すには、転職を希望する人に会わないと何も始まらない。そのためには、まず求人企業が求める適切な経験や能力を持つ求職者からスカウトメールの返信をとるしか、生き残る道はありませんでした。

追い込まれた私は、嫌で嫌でしょうがなかったスカウトメールを革新させる必要性に迫られたのです。そこで、心を入れ変えて文章を研ぎ澄ませることを決意しました。

そこからスカウトメールの生産性を高める決意し、研究を開始したのです。

中小企業が20代営業マンから応募を獲得する勝ちパターンが見えた

スカウト返信率を高めるために具体的にやったことは、

1.人の心理を理解する心理学本をひたすら読みまくる

2.反応を直接もらう「ダイレクトマーケティング理論」を学びまくる

3.自分が転職者になりすまし、「競合他社のスカウトメールでよさそうなものを参考にし、よいところを盗む」

4.送ったスカウトメールで返信率が高いものと低いものを毎週入れ替え、PDCAサイクルを回し続けた

学び、理解し、実践し、うまくいったものを習慣化し、そうでないものを排除する。


このサイクルを何百回繰り返して、やっと返信率を高める法則を発見したのです。

そのもっとも重要なポイント、、、。それが、


「スカウトの文章の順番」


でした。この順番に気づいてからは、返信率は安定しました。
そして、その返信数や返信率は多少の違いはあれど、

すべての求人媒体で通用する不変の法則でした。

20代営業に応募してもらうために重要な優先順位とは?

◆スカウトメールで最も重要なことは「順番」です

スカウトメールの受け手に立つとわかることですが、最も重要なのは
メールの「件名」です。

その次に本文の最初の1行から3行のリード文です。

そして転職者の関心はもろに

「求人情報」

です。

1.件名
2.最初の3行までのリード文
3.求人情報

この順番で文章を磨き上げることが大切です。

しかし興味を引けても最後は行動してもらわないと返信にはつながりません。

順番+何を+どのように

伝えるのか?


9万通のスカウトメールを送る中で実践と検証を繰り返し、
安定的な返信を獲得できるになりました。


16年、9万通、投資金額2000万円をかけて導き出したスカウトメールの順番、何をどのように書くのか?これをまとめたものがこのスカウトテンプレートです。

また、これは営業職以外の採用活動でも使える内容です。

しかし、営業職を採用したい会社であればより簡単に応用できることも特徴です。

応募者を魅了するテンプレートを手に入れる5つのメリットは?

このスカウトテンプレートを手に入れたら、、、

メリット1:経営者から感謝される
一定の割合で狙った人材から返信を獲得できるため、社長や、事業部長から、「最近あなたから推薦される人はほんとにいい人ばかりだね!!ありがとう」と感謝をされます。マーケティング脳が鍛えられます。


メリット2:あなたの自由な時間が5倍になる
スカウトメールのひな型を使えば、返信率があがります。返信率があがるということは送信する数が減るということで、あなたに時間が生まれるということです。5倍の返信率を実現できれば5倍の時間を作れるということです。


メリット3:マーケティング脳が鍛えられ、人を動かす文章能力がつく
スカウトメールは究極のマーケティング活動です。SNS全盛時代は文章で人を動かすスキルは希少価値の高いスキルです。これを身に着けられればあなたは多くの会社から引っ張りだこになる市場価値を得られます。実際に一流の採用広告ライターの月給は100万円を超えることを知っていますか?


メリット4:スカウトメールを打つ事が楽しくなる
スカウトメールのテンプレートを伝えた後、私の部下全員が共通した言ったことです。人は正解が見えると仕事が面白くなります。トンネルが永遠と続いているように感じていたのが、このテンプレートを手に入れることであと何km走ったら出口だ!というのがわかるのです。ゴールが見えると仕事は楽しくなります。


メリット5:人材マーケティングの専門家になれる
この人不足の時代で、スカウトメールで自在に返信を獲得できるスキルはもっとも企業が求めているスキルでもあります。あなたが人気企業の人事なら関係ない話ですが、中小企業でスカウトメールを成功させた経験を持つ人は世の中に0.1%もいないと感じます。多くの会社が人を採用したい。でも出会えない、、、と嘆いています。その問題を解決できる希少価値の高いスペシャリストになり、市場価値が大幅に上がる事でしょう。


こんな価値を手に入れた1年後のあなたを想像してみてください。

なぜ、この応募者を獲得するテンプレートを無料で公開するのか?

16年間も多額の費用をかけて「スカウト成功の法則を発見」したのに、なぜそのノウハウを無料で公開するの?? ここに疑問が生まれますよね。

普通なら、そのノウハウは社内だけの重要な秘密事項として取り扱ったほうが、他社に真似られるリスクもないし、安定した売上も上げ続けられるでしょう。

秘密を公開するのは、もちろん理由があります。


私たちは営業に特化したヘッドハンターです。

そして支援する中心層は営業マネージャーや、営業幹部層です。

しかし、人不足が続き、クライアント様から若手採用のオーダーを頂く機会が増えました。このオーダーを頂くこと自体はありがたいのですが、正直、20代の求人広告でも採用できそうな一般的な営業マンの採用活動に我々のリソースを割きたくないというのが本音です(偉そうにすみません、、、)。

私の考えは新卒や第二新卒の採用は最終的には、自前でやったほうが絶対にいいです。

私たちがコアで支援したいのは、組織を革新させられる「力」を持った営業の方です。

高いお金を頂戴する人材紹介業で第二新卒層の支援はお客様にとってコスト負担が大きすぎると思っています。

そこで、私が16年培った「営業マンの転職で重視するポイント」や「転職を考える動機や心理」を学んでいただき、その知識をもとにスカウトメールを送信すれば、20代の営業経験者からザクザクと応募してもらえることもできるようになります。

この秘密を公開すれば、採用担当ご自身の力で20代の営業マンの応募を定期的に獲得でき、日々の採用の悩みから解放されると嬉しいと思ったからです。

少しの知識の差で、無駄な費用を人材紹介会社に払わなくても済みます。そうすれば会社のコストを削減した立役者にもなるので、経営陣から賞賛されることもあるでしょう。

100社限定公開

スカウトテンプレートの法則はシンプルです。

転職者の関心に焦点を当て、企業の採用したい人とマッチングするための手順を踏む王道の方法です。

転職者がどんなキャリアを望むのか?そのキャリアを実現するにはどんなメッセージを送れば、相手の心に響くのか?今の仕事の何が不満なのか?どんな願望を持っているのか?こういった原点に立ち返りつくったテンプレートです。

なので、転職者を理解する気持ちがあれば、誰にでも真似ができるものです。

また転職者の行動心理は基本的に同じなので、どんな媒体でも活用できます。転職者心理に基づき、安定して返信率の高い成果を出し続けている実証済みのものです。

そのテンプレートが以下です。
※黒で隠されている部分はスカウトテンプレートをダウンロード後にはどんな文章が入っているか、すべてご覧いただくことができます。
このテンプレートの型をイノセルの社員は、暗記しています。
いつも手元に持ち、このメールの順番通りに文章を作成しています。

その結果、冒頭で申し上げたような返信結果を全社員が実現しているのです。

どんな結果が出たかをもう少し詳しくお伝えすると、、、


・入社1週間の業界未経験の営業マンが、このテンプレートを使うことで、1日18通の返信を獲得しました。毎日3名以上の優秀な20代法人営業経験者と対面で面会をしています。


・今までスカウトメールを打つことを面倒がっていた営業マンが、スカウトメールを打つモチベーションが高まり、1週間で1200通のスカウトを送信するようになりました。何の指示もせずにです。その結果、クライアント企業に内定を取得できる求職者と1週間に4名も面談を実現しました。


・これまで1通も返信がとれなかったコンサルタントが、1通のスカウトメールをこのテンプレートの順番通りに修正し、1つのスカウトメールから1日で8名ものエントリーを獲得しました。



ここまで短期間で成果がでるとは、私も期待以上で、メンバーが極端に忙しくなり、予想外の嬉しい悲鳴です。もはや私がスカウトメールを打つ必要はなくなりました。そして文章を作る必要もなくなりました。

これまで1カ月で700通のメールを送るのが限界だったところが、今では2週間で2135通ものスカウトメールを送信できる組織になりました。

このテンプレートをメンバーに共有してわずか2週間の出来事です。




このスカウトテンプレートは100社限定のプレゼントです。100ダウンロードが完了しましたらこのページは閉鎖します。閉鎖する理由は本気で人材集客を改善したいと考える人だけに使ってほしいからです。本気度はスピードの速さに直結すると思います。

・スカウト返信率を倍増させたい
・人材紹介の売上を本気で安定させたい
・自社のターゲットに満足度の高いメッセージを送りたい

そんな本気度の高い人だけに手に入れていただきたいテンプレートです。

ただしもらえる人の条件もあります。全員がこのテンプレートを手に入れられるわけではありません。たった一つだけ、条件があります。その条件が以下です。


  

スカウトテンプレートを手に入れられるたった一つの条件

それは、イノセルのニュースレター(メルマガ)に登録いただくことです。

→月4回程度の頻度で送ります。
人材紹介事業者の生産性を高める情報や、営業ノウハウ、転職ノウハウ、採用ノウハウについて発信しているニュースレターです。

こちらは無料ですが、弊社と長くゆるやかにお付き合いできる方に手に入れてほしいと思っています。

手続きは簡単です。以下の「スカウトテンプレートを無料で手に入れる」というボタンをクリックしていただき、お名前とメールアドレスをご登録いただくだけです。

5秒で登録は終わります。その後、スカウトテンプレートを無料でダウンロードできるURLを表示いたします。

今すぐ、以下にお申し込みください。

100名のお申し込みに達しましたらこちらのページは閉鎖しますのでご了承ください
追 伸


・もし今あなたがスカウトメールの返信率が下がっていて採用に不安を抱えているなら、人が動き出す心理に基づいたこのスカウトテンプレートを手に入れてください。


・弊社では業界未経験、23歳の女性がこのテンプレートを活用することで毎月80名のエントリーを獲得しています。


・またほかの社員にもこのテンプレートを利用させたら、1日18通もの返信を獲得できました。


・重要なことは文章の順番です。


・16年研究し、毎月80名の応募を獲得したスカウトテンプレートを手に入れ、あなたの会社の人不足を解消させてください



・無料のメルマガに登録いただくと「スカウトテンプレート」とともに、3日にわたってスカウトメールの返信率を高めるマインドセットやコツをお知らせします。


・100ダウンロードが終了したら、このページは閉鎖します。



【テンプレートを手に入れるステップ】

1.オレンジの申込ボタンをクリックしてください
2.開いたページで名前とメールアドレスを入力してください
3.その後記載したアドレスにメールが届きます※迷惑メールも念のためチェックしてください
4.メール本文に「スカウトテンプレート」のダウンロードURLが表示されます
5.スカウトメールのマインドセットに関する文章が3日にわたって送られます


”今すぐ”以下の申込ボタンを押し、メルマガ登録を終了させ、あなたのスカウトメールを進化させる切符を手に入れてください。