サブリースとは?知らないと損するメリットとデメリットを徹底解説!
古澤誠

サブリースについて知っておきたいメリットとデメリット

【サブリースは】
通常の賃貸舵取りでは、住まい持ち主です大家が入居パーソンって賃貸借加入を結び、家賃を収入源として住まい総額を回収します。
自分で経営しているので、家賃資産は全て自分に入ります。

それがサブリースになると、住まい持ち主はサブリース店舗(不動産店舗)に物件を一括で借り上げてもらい、サブリース店舗から一定の料金を得ます。
大概、料金は実勢家賃をベースにその規定割合で決められ、空室であっても料金が下さる「家賃担保」がメリットになっています。

入居パーソンはサブリース店舗といった賃貸借契約を結ぶので、入居パーソンに関する回避は全てサブリース店舗に任せることができます。
その代わり、サブリース店舗が保証する家賃は、入居パーソンが払う家賃よりも少ないだ。

このように、自分の住まいによって賃貸経営してもらい、家賃担保の形で安定収入を得るハンドリング手がサブリースというわけです。

※マスターリースとサブリース
本来は、不動産店舗が転貸を目的として、住まい持ち主から一括払い貸切する加入を「マスターリース」、借り切りた住まいを入居パーソンに転貸やる加入を「サブリース」と呼びます。
したがって、厳密にサブリースを聞きわけるという不動産店舗といった入居パーソンの賃貸借加入なのですが、一般的にはそういった事業形態の全貌(一括払い貸切+転貸といった家賃担保)をサブリースといった叫ぶことから、こういう記述もサブリースを同様の側で扱います。



【サブリースのメリット】
サブリースのメリットは、回避・舵取りを強者に任せる結果住まい持ち主自身の恐れや恐怖を大きく軽減できることです。単なる回避職責を委託するのに比べて、サブリース店舗に払う担保チャージは割高ですが、その分強者に全体を任せられるので不動産舵取り初心者にとっては大きな長所となります。

①空室恐怖のカット
サブリース加入の最も大きな強みがこういう空室恐怖のカットだ。加入はサブリース店舗といった行うので、入居パーソンがおらず空室が発生しても料金を回収することができます。これは入居パーソンが居て滞納した場合も同様です。サブリースすることによって空室恐怖・滞納恐怖の心配なく安定した料金収入を得ることができるのです。

②回避職責を他力本願することで恐れを節約
入居パーソンとの応酬は契約しているサブリース店舗が行ない、回避義務もサブリース店舗が負います。そのため、面倒な回避職責が全体サブリース店舗に任せることができます。せわしないOLにおいても、余計な時間を取られることなく不動産舵取りが可能になります。

③確申が簡易
通常の不動産舵取りでは、複数の入居パーソンからの家賃や入退去ときの総額を各回代金計算する必要があり、甚だ手間がかかります。その点、サブリースでは住まい持ち主はサブリース店舗のみと賃貸借契約を結んでいるため成果図式がイージーだ。そのため確申も簡単に行なえます。

【サブリースのデメリット】
良いこと三昧に見えるサブリースですが、以下のようなデメリットもあります。

①家賃減額の可能性
サブリース店舗が常に料金を保証して得る「家賃担保」ですが、経済や周囲相場のアレンジにより総計を減額向かうケー。そして、その料金の減額を断ると加入自体がまっ最中撤回になってしまうことがあります。

②サブリース店舗破綻の恐怖
サブリース店舗自体が舵取り不振により倒産してしまうことがあります。倒産した事例、サブリース店舗といった入居パーソンの賃貸借加入は住まい持ち主に引き継がれます。その際、入居パーソンが退去する時の入金の弁済任務などは住まい持ち主に課せられてしまいます。サブリース店舗の与信は大丈夫注意してください。

【まとめ】
いかがでしたか?

サブリースのメリットとデメリットを知って、賃貸経営に失敗しないようにしましょう。

これに加えて、サブリースの家賃支払いパターンも知っておくと鬼に金棒です。

お問い合わせ

rz3p942v★excite.co.jp

※★を@に変換してご連絡ください。