LABプロファイルとは・・・

           
『人を動かす重要な要素は情報』
相手の言葉の中に、
情報と
いう足跡がある。

~軌跡を紐解き奇跡を生み出す~
 厳密で検証された科学的方法
LABプロファイル®︎

お申し込みフォームはこちらから

人にはホシイ言葉やくすぐる言葉があるのです。

あなたなら、どちらの言葉がピンときますか?

 A:「美白を手に入れる」    
   B:「シミ、ソバカスをふせぐ」

実はどちらも同じ商品のキャッチコピーなのです。
これは、様々な企業やWebで繰り返しおこなわれ
ている、ABテストなんです。
ABテストとは、どちらの言葉(Webデザイン、
色など)により多くの購入者が増えるのか?
の動向調査。多くの購入者が反応した方へ販売
方法をシフトしていくやり方です。
人はどうしても自分が思うことと共感できるもの
へと動くものです。ビジネスだけではなく、
プライベートにおいても使える手法ですよね。

ではあなたがもし、言われたら嬉しいのは
どっちですか?

 A:「ずっと一緒にいたい」      
    B:「もう一人にはさせないから」

冒頭のA、Bと、上記のA、B、からわかる人の
動機づけのパターンは

 Aは、目的志向型        Bは、問題回避型と
   いうパターン。

 ●目的志向型の人は、得られるモノやコト、
     欲しい事を中心に思考も言動もフォーカス
     しています。

 ●問題回避型の人は、したくないコト、
      なりたくない状況、解決すべき事柄を中心に、
      思考も言動もフォーカスしています。

それが良い悪いではなく、その人が習慣的に好む
パターンなのです。これは、コンテクスト(状況)
によって変化します。どのパターンを使うのかは
その状況によって違うということです。

十人十色といわれるぐらい、様々な人が世の中には
いますが、(あたり前ですが・・・)もしかしたら
あなたが発している言葉は、様々な人がいるにもか
かわらず、知らず知らずのうちに、同じような言い
方、伝え方になってしまっていて、

 • なんか、私の言うことをきいてくれない・・・

 • なんか、いつもけんかになってしまう・・・etc...

などと、愚痴になっていませんか?

もちろん『あなたの言葉は正しいのでしょう!』が、
あなた自身には響いても、その言葉は相手には響いて
いないのかもしれません。

『人にはホシイ言葉やくすぐる言葉があるのです。』

そして、私達は言葉を使い、双方で質問と回答などを
繰り返し、相手の情報を集めながら会話という
コミュニケーションを成り立たせています。
ここで、質問の場面に関して例をあげてみたいと
思います。

よくある会話で『昨日どうだった?』と尋ねられてあなたは何と答えていますか?

例えば、『うん、楽しかったよ』って答えたら、
『何がどう楽しかったかぜんぜんわからない・・』と
言われた経験はありますか?
『どうだった?』って聞かれたから、
単に答えたただけなのに・・・と、もやっとした人は
多いはず。。。質問した方も答えた方も双方に間違い
はないのだけれど・・・

実は人には、『知りたい、話したい2つの原則』と
いうものが働いています。

人の『知りたい、話したい2つの原則』とは

 ①結果 → どうなったか?が重要      
    ②経緯 → いきさつが重要。

結果から聞きたい人でも、経緯から聞きたい人で
もたいがい『昨日どうだった?』のような一つの
質問の形式。

一つの質問形式のその裏側には2種類の暗黙の
前提が含まれています。

「結果がどうだったか?」
「経緯がどうだったか?」

これは、質問側も答える側も同じく、2パターン
あるのです。

 ①結果からの人

  ・オプション型 単的なフレーズ
  (箇条書きのようなリストで
           答える/知りたがる)

 ②経緯からの人

  ・プロセス型 壮大なストーリー
  (いきさつを答える/知りたがる)

相手がどちらであっても、学んでさえいれば
このいざこざは解消されます。人の特徴を捉えて、
質問や話しをすることで、相手はココロよく情報を
提供してくれる。

LABプロファイルとは・・・
『言語力』 ≠ 『人を動かす力』

LABプロファイルとは、相手の形状を知り、
相手の形状に合わせた言葉で包んであげる
技術であり、それができる事で相手が望む
言葉で相手を包み、行きたい方向へと導く
ことができるのです。単純に語学に堪能で、
いくら流暢に会話ができるからと言って人
を動かすことは別の問題です。

話せない、聞き取れない、意味がわからない。
上手くいかないことには色々な要素があると
思います。それを解消し「言葉の壁を越える」
そのためには、相手のパターンを知らないこと
にはコミュニケーションを円滑に進める意味が
ありません。ただ喋れるだでは人は動かない。
私たちはそう思います。

世界中の言語は5,000語~8,000語と言われて
います。(2017年現在)

言語が変わっても「人の持ち合わせている
パターンを活用して、人を動かし影響を与える
その内容」は実は世界中どこへいっても一緒な
のです。正しい文法、正しい発音、正しい言葉
の意味が理解できていたとしても、その
「パターン」を理解していない限り『ただ会話
ができるだけであって、人に影響を与えたり心
を動かすことはできない』のです。

『言語力』 ≠ 『人を動かす力』

LABプロファイルは人を動かす力を手に入れる
ことができます。世界中の言語が5,000語~
8,000語あったとしても、世界の人々が持って
いるパターンはたったの14カテゴリの34の
パターンしかないのです。14カテゴリの34の
パターンで確実に影響を与える。人の情報は
「言葉の癖(パターン)」にたくさん詰まっ
ています。言葉たくみにしゃべるのではなくて、
パターンを上手に使ってコミュニケーションが
できる人を動かす言葉の構成のプロセス。
それが「LABプロファイル」なのです。
その基本のパータンは、実はたったの14の
カテゴリーで34。この基本をしっかり学んで
おくと、3日では世界各国の言葉を話せないと
しても、世界各国の人に通じる影響力や人を
動かす力、その基本の力をしっかり理解が
できる。要するに、話し言葉ではなく人を
動かす言葉の構成を学ぶプロセスなのです。
それを3日間で学んで行きます。

この基礎をしっかり学んでいると、もし貴方
が英語を喋れるようになった時には、たとえ
覚えたての英語であっても、人を動かす大き
な原動力になることもは間違いありません。
その秘密、その秘訣、その構成(パターン)
を手にいれるチャンスを、私たちと3日間で
学んで実感してみませんか?

LABプロファイルを学ぶことで可能となるもの


  1. 人前であなたの影響力を最大化させる。
  2. クライアントとより深い信頼関係を築ける。
  3. 部下の潜在能力を最大限に引き出す。 
  4. 欲しい能力をもった人材を見立てる。 
  5. タレントマネジメント力が上がる。
  6. 営業やマーケティングに応用。 
  7. 会社の利益を最大化する。

ビジネスのシーンでは

  • 効果的な交渉方法
  • 人を惹きつけるプレゼン、企画書
  • 男性上司➡女性部下、女性上司➡男性部下、効果的な育成指導、指示方法
  • やる気を引き出す効果的な言葉のかけ方

プライベートのシーンで可能となるもの

  • 相手が大切にしている重要な価値観を引き出す質問方法
  • ミスコミュニケーションを事前に防ぐ方法
  • お願い事をすんなり聞き入れてくれる言葉がけ
  • 相手に響く誘い文句とアプローチ法
コース
料金(備考)

LAB profile®プラクティショナーコース

  • 通常料金 ¥126,000(税別)           
  • 早割料金 ¥108,000(税別) 
(15日前迄に申込:御入金の方)
テキスト代金・認定料を含みます
期  間 3日間

▼弊社NLPプラクティショナーコース 卒業生

  • 通常料金 ¥126,000(税別) 
  • 早割料金 ¥95,000(税別) 
(15日前迄に申込:御入金の方)
テキスト代金・認定料を含みます
期  間 3日間

LAB profile®プラクティショナーコース

  • 通常料金 ¥126,000(税別)           
  • 早割料金 ¥108,000(税別) 
(15日前迄に申込:御入金の方)
テキスト代金・認定料を含みます
期  間 3日間

ACCESS

熊本県熊本市中央区上通町8番14号Kシードビル4F
mailto : sinfo@style-satomi.com
Phone : 096-342-6128