このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

THE STYLEとは

今、仕事や働き方における成功の定義や価値観が大きく変わりつつあります。見通しを安定させ、着実にステップアップしていくことだけが理想のかたちではありません。これまでの“あたりまえに”に縛られず、一人ひとりの可能性を広げる実践的なワークスタイルや生き方に注目が集まっています。

THE STYLE 2021では、ふくい・さばえに関わりながら新しい働き方や仕事のあり方に取り組んできた8名の個性的な“実践者”たちが登場。明日から活かせるそれぞれのヒントをプレゼンテーションします。また、実践者と直接はなせる質問会もオンライン(Zoom)にて実施。

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

参加申込

※THE STYLE 2021には無料で参加いただけます

プログラム

午前の部
オンライン質問会
10:30~12:00
4名のスピーカーとのオンラインでのワークスタイル質問会。個性的な実践者に、何でも質問するチャンス!
※ Zoomにて実施を予定。URLは申込いただいた方に、開催2日前までにメールします
午後の部
プレゼン&ディスカッション
13:00~16:30
新しいワークスタイルの実践者によるプレゼン&パネルディスカッション。多様な生き方に挑戦する8名のスピーカーが登場。
※ YouTube Live での配信も実施予定
午後の部
プレゼン&ディスカッション
13:00~16:30
新しいワークスタイルの実践者によるプレゼン&パネルディスカッション。多様な生き方に挑戦する8名のスピーカーが登場。
※ YouTube Live での配信も実施予定

スピーカー

若新 雄純
嶺南・若狭町の山奥で育つ。「鯖江市役所JK課」のプロデュースをきっかけに東京と福井を行き来しそれぞれに拠点を持つ。これまでに、学生起業家、会社経営、飲食店経営、大学教員、コラム・書籍執筆、テレビコメンテーターなどさまざまな仕事や働き方を経験。(株)NEWYOUTH代表、慶應大学特任准教授、福井大学客員准教授などを兼任。
井上 高宏
越前町生まれ。県外の大学に進学した事で、地元の良さを再認識。Uターン就職するも、実家での農作業に魅力を感じ、28歳で農家として独立。令和元年、地元集落営農法人をM&Aにより吸収。株式会社田んぼの天使を設立。課題の多い中山間地域にて、持続可能な農業の在り方を日々模索中。越前町国際交流協会理事なども務める。
森岡 咲子
福井市生まれ。福井には二度と戻らないと決め大学進学で上京、総合建設会社に就職するも、東日本大震災を経て生き方を再考し福井へ11年ぶりにUターン。福井駅前の民家を半年かけてDIYで改修し、福井ゲストハウスSAMMIE'Sをオープン。低空飛行でゆるゆると運営中。メガネが好きすぎて移住してきた夫と、3歳の娘、0歳の息子との4人暮らし。
久森 章宏
神戸市生まれ。大学を卒業後、就職せずニートとして実家や国内外の友人宅で2年半過ごし、2015年「ゆるい移住」で鯖江市に移住。「福井県炭焼き促進事業」として、炭焼き窯をつくり、現在は杉本英夫氏に師事し茶道用炭の生産に携わる。またドローンスクールの運営やカメラマンとしての仕事も行なう。北陸の空(株)取締役、福井炭焼きの会役員。一児の父。
江澤 隆輔
坂井市生まれ。福井で公立中学校教員を続けながら、3年間で英語授業・働き方改革本など7冊の書籍を出版。県内外で講演・テレビ出演もこなし、「コロナ禍でも学びを止めないように」と英語の授業動画・教員向け動画をYouTubeに投稿し続ける。オンラインサロン「教育アップデート研究所」を立ち上げ、メンバーは70名を超える。(合)Sawaya代表。
田中 碧
永平寺町で理系一家に生まれ福井高専に進学。生物学を学んでいたが、生きる意味に疑問を持ち一人哲学する。鯖江市役所JK課一期生として市役所に出入りし、18歳で(一社)ゆるパブリックの理事長に就任。高専卒業後は県内就職し、週5回勤務を1年6ヵ月継続している。生来のめんどくさい性格に苦戦しながらも、ゆるい繋がりに恵まれ少し生きやすくなり始めた24歳。
横井 直人
越前市生まれ、越前市在住。田舎の長男として育てられ、地元の高校へ進学し、大学は県外へ行くも就職は地元企業へ。28歳で鯖江市役所に転職しその年に結婚。30歳で夢のマイホームを手に入れ3人の子どもを授かる。一見ごく普通の人生を送る41歳だが、いつも誰かと誰か・何かと何かの間に関わり、幅広い人脈と活動で人とまちをつなげている。
栗田 もも乃
鯖江市生まれ。料亭のひとり娘として育つ。福井高専卒業後、県外に就職したが家庭の事情によりわずか4か月で鯖江に戻る。その後調理師専門学校を卒業し、2年前より実家の料亭で女将として日々奮闘中。また、福井高専在学時には鯖江市役所JK課1期生として活動し、現在はJKOG課代表も務める。
井上 高宏
越前町生まれ。県外の大学に進学した事で、地元の良さを再認識。Uターン就職するも、実家での農作業に魅力を感じ、28歳で農家として独立。令和元年、地元集落営農法人をM&Aにより吸収。株式会社田んぼの天使を設立。課題の多い中山間地域にて、持続可能な農業の在り方を日々模索中。越前町国際交流協会理事なども務める。

コーディネーター

大連 達揮
坂井市生まれ、あわら市在住。「後世の人のために命を使う」を志とし、人材領域の活動を行う。(株)ALL CONNECTで5年半の修行後、起業。ノマドワークも6年目。【雇用されるフリーランス】をテーマとし、メンバー全員がどこで働いてもOKの組織を構築。自らの会社を実験台にし、地方でもできる新しい働き方をつくっている。(株)akeru 代表取締役。
大連 達揮
坂井市生まれ、あわら市在住。「後世の人のために命を使う」を志とし、人材領域の活動を行う。(株)ALL CONNECTで5年半の修行後、起業。ノマドワークも6年目。【雇用されるフリーランス】をテーマとし、メンバー全員がどこで働いてもOKの組織を構築。自らの会社を実験台にし、地方でもできる新しい働き方をつくっている。(株)akeru 代表取締役。

司会

川口サマンサ
カナダ出身、2011年に来日。国連の友Asia-Pacificでの活動をきっかけに鯖江市を知り、2020年10月に地域おこし協力隊として東京から鯖江に移住。鯖江市と国連のブリッジ役として、さばえSDGs推進センターでは、国内外情報発信や翻訳のほか、SDGs目標5のジェンダー平等に関する講演会を行う。
川口サマンサ
カナダ出身、2011年に来日。国連の友Asia-Pacificでの活動をきっかけに鯖江市を知り、2020年10月に地域おこし協力隊として東京から鯖江に移住。鯖江市と国連のブリッジ役として、さばえSDGs推進センターでは、国内外情報発信や翻訳のほか、SDGs目標5のジェンダー平等に関する講演会を行う。

ご来場のお客様へ:ご協力とお願い

【公演当日の安心・安全への取り組み】

  • ホール入口ではご来館いただいたすべての方の検温と連絡先の記入にご協力ください

【ご来場される際は以下にご協力ください】

  • 密を避けるため、会場の定員は先着40名とさせて頂きます
  • お申込み多数の場合、鯖江市民の方を優先に先着で締め切らせていただく場合がございます
  • Youtube Liveでの配信も実施します
  • マスクのご着用をお願いいたします

【大雪にて実施が困難な場合】

  • 大雪の場合、2月28日(日)に延期します
  • 開催の有無は、当ページやメールにてご連絡させていただきます

【ご来場される際は以下にご協力ください】

  • 密を避けるため、会場の定員は先着40名とさせて頂きます
  • お申込み多数の場合、鯖江市民の方を優先に先着で締め切らせていただく場合がございます
  • Youtube Liveでの配信も実施します
  • マスクのご着用をお願いいたします

会場

会場 鯖江公民館
住所 〒916-0027
福井県鯖江市桜町1丁目1−16
駐車場:14台 ※駐車できない場合は、嚮陽会館前駐車場をご利用ください
住所 〒916-0027
福井県鯖江市桜町1丁目1−16
※THE STYLE 2021には無料で参加いただけます

お問合せ先

鯖江市政策経営部めがねのまちさばえ戦略課
女性活躍推進グループ
TEL 0778-53-2247
FAX 0778-51-8150
Mail SC-MeganeNoMachi@city.sabae.lg.jp
一般社団法人ゆるパブリック
THE STYLE2021実行委員会 事務局 中本
TEL 080-2961-6600
Mail info@yurupub.org