皆さんは、リクルートが制作したスタディサプリenglishをご存知でしょうか?

スタディサプリenglishは、最近人気の英会話アプリで中学生から社会人までに絶大な人気を誇っています。

この記事では、そんなスタディサプリENGLISHの魅力をお伝えします。

まず一つ目に、ジンテーゼ社が制作したオリジナルストーリーです。

通常、英会話教材の英文は退屈ですが、ジンテーゼ社はファイナルファンタジーなどの有名ゲームを多数制作しているため、話が面白く、グイグイ引き込まれていきます。

普段、三日坊主で勉強が長続きしない方には是非とも試して頂きたいものですね。

二つ目に、ディクテーション機能です。

通常、ディクテーションは紙と鉛筆を用意するものですが、面倒くさくてついさぼってしまうことも。

しかし、スタディサプリenglishでは、ストーリーの流れに沿ってディクテーションをしていくため、続けやすいのです。

英語の学習はついつい飽きてしまいがちになってしまうから、このような工夫があるのはありがたいですね。

三つ目に有名英会話講師によるレッスン動画です。

スタディサプリenglishのレッスンは、一回10~20分でこなすものですが、その講義の中では実力派の英会話講師によるワンポイントレッスンがあるのです。

文法や発音、英会話フレーズまでたくさんの重要事項をスマートフォンで学ぶことができます。

四つ目にレベル別のレッスン構成です。

スタディサプリENGLISHでは、レベル1からレベル7までの英会話レッスンが提供されており、レベル1は英検5級相当、レベル7は英検準一級相当です。

中学生レベルから初めて、1580レッスンを終えるころには、外資系企業で通用するレベルの英語力が身についていることでしょう。

その他のメリット・デメリットについては英語ブロガーのアツト氏が書かれたブログのスタディサプリENGLISHの評判をお読みください。

また、スタディサプリENGLISHには日常英会話コース以外にもTOEIC対策コースが存在しています。

TOEIC対策コースでは、カリスマ講師の関正生先生によるパーフェクト講義が大きなメリットで、TOEICの勉強法を始め、失敗パターン、頻出問題などが全150レッスンにカバーされています。

実際、英語ブロガーのアツト氏によるスタディサプリTOEICの評判を見ても、大きな評価がなされていますね。

また、累計で2000問を超える実戦問題集では、シャドーイングやディクテーションの機能までついており、スキマ時間にTOEICの点数を伸ばす工夫までしっかりと考えられています。

一方、TEPPAN英単語は機能改善が行われているとは言え、あまり使う必要がありません。スタディサプリ英単語やmikan、もしくはえいぽんたんなどの単語アプリを使うと良いでしょう。

スタディサプリTOEICはこのように、非常に優れたコンテンツを持っていますが、一方では、難しいとの評判もあります。

英語の本当の初心者には難しいと思いますが、現状TOEIC500点レベルの方には大きな効果があるでしょう。

やはり中学校レベルの英語が分からない方には厳しいと書いてありますが、一度挑戦してみるのは悪くないでしょう。

最近はTOEICの点数を条件に課す企業も増えてきており、就活や転職活動で大きな違いをもたらします。

TOEICの点数は努力すれば誰でも伸びるため、このようなオンラインTOEIC講座を受けることはきっと有益なことでしょう。

外資系や日系企業の海外業務で活躍されることを祈っております。