ストレスチェック・EAP(従業員支援プログラム)・健康管理・メンタルヘルス相談
TEL. 03-0000-0000
会社経営者様へ
社員のメンタルヘルスケアで業績が20%アップするというデータがあります。

■会社を辞めたい社員98%
■人間関係で悩んでいる6割
■仕事の悩みがある6割
      厚生労働省・人材派遣会社調べ

労働者を取り巻く環境は大きく変わっています。

■働き方改革・多様な働き方
■仕事の効率化・自動化による個人の重責・孤立化
■労働者の2極化
■少子高齢化による人材不足

■従業員の高齢化
■女性の社会進出
■増加する鬱病・自殺者
■外国人雇用
■コンプライアンス・ハラスメント問題

人生100年時代。
生産性の高い会社は『健康経営』を始めています。

※健康経営とは…「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践すること


従業員の健康・メンタルヘルスケアが、会社を守り、生産性をあげる事にもなります。
専門家がお手伝いします。まずはストレスチェックの活用から始めてみませんか?

ストレスチェック制度とリスクマネジメント
ストレスチェック制度が設けられた背景には、メンタルヘルス不調の増加があります。
厚生労働省が平成26年6月に発表した、平成25年度の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」によると、精神障害による労災請求件数は1,409件にのぼり、過去最多を記録しています。
メンタルヘルス不調は、本人が苦しい思いをするのはいうまでもありませんが、会社にも次のようなリスクをもたらします。そのためにも予防・早期発見・早期対処が必要なのです。


①コンプライアンス、訴訟リスク
メンタルヘルス不調になった社員やその家族が、会社に対して多額な損害賠償請求などの訴訟を起こすリスクや、それに伴う風評被害があります。

②生産性の低下

メンタルヘルス不調者になると、ミスや遅刻が増え、業務遂行能力を十分に発揮できなくなります。会社は戦力を失うだけでなく、その人の仕事をカバーする他の社員の負荷も増えます。長期休業の3~4割はメンタル不調者と言われています。


③医療費の負担・経済的損失
メンタル不調者による経済的喪失は日本で1年間8兆円と言われています。

③医療費の負担・経済的損失
メンタル不調者による経済的喪失は日本で1年間8兆円と言われています。

これまで以上に大切な『心の健康』

働き盛り世代のストレス

少子高齢化、団塊世代の大量退職、成果主義の導入、国際競争の激化、人員削減による負担の増大、経済状況の悪化など、近年、働く人びとを取り巻く環境は大きく変化しています。こうした変化に伴い、仕事でストレスを感じている労働者の割合や、ストレスの内容も変化してきました。

 厚生労働省が5年に1回行っている「労働者健康状況調査」によれば、約6割が「仕事や職業生活でストレスを感じている」、この割合を年代別に見てみると30~40歳代のいわゆる働き盛り世代のストレスが高く、この傾向は、男女ともに共通しています。

労働者の3人に1人は何らかの疾患を抱えています。
女性の社会進出、少子高齢化による労働人口の高齢化が進む中で、この数字はより増えていく事が予測されます。かつては「不治の病」とされた病気のおいても医療が進み「長く付き合う病気」に変化しつつあります。
労働者の3人に1人は何らかの疾患を抱えています。
女性の社会進出、少子高齢化による労働人口の高齢化が進む中で、この数字はより増えていく事が予測されます。かつては「不治の病」とされた病気のおいても医療が進み「長く付き合う病気」に変化しつつあります。

これからはキュア(治療)ではなくプリベンション(予防)の時代です。


 EAP(従業員支援プログラム)とは…
Employee Assistance Programの頭文字を取ったもので、「従業員支援プログラム」と訳されます。契約企業に対するメンタルヘルス(心の健康)やカウンセリング、心の病による休職者の復職支援や業務パフォーマンス向上などを目的とした支援活動のことです。
 EAPは、1980年代にアメリカでアルコール依存症の従業員向けプログラムとして誕生し、その後は個人のメンタルヘルス対策、人間関係、コミュニケーションスキル、マネジメントなどの問題に幅広く対応しています。今日のアメリカでは、90%以上の企業がEAPを導入。日本でも、いち早く EAPを導入した企業では、従業員による事故やミスが減り、欠勤などによる労働損失が減少。 職場の環境が改善され、従業員の生産性が向上したということが実証されています。

サービス

ストレスチェックの施行・分析


  • 専門家が施行致します。







もっと知る

EAP(従業員支援プログラム)

  • メンタルヘルス相談
  • 健康相談
  • 個別カウンセリング





もっと知る

各種研修・会社訪問

  • メンタルヘルス
  • 健康
  • 高齢者
  • 女性向け
  • 新人向け
  • 外国人
  • 管理職

もっと知る

私は、20年間、精神医療の現場で働いてきました。
医療機関でいつも感じていた事は、患者さんが医療にかかるまでが長すぎるという事です。
 
 『ストレス』は誰にでもあるものですが、そのストレスを対処したり、解消したりできずに長年、抱え込み、悩み、傷つき、我慢し、医療機関を受診した時には重症化し、復帰も長期化することが少なくありません。治療の長期化は、本人、会社、家族にも影響が大きく、2次的代償の傾向もあります。
 また鬱病の性質上、医療機関を受診する前に命を落としてしまうこともあります。
 
 『心の病気』は誰にでも起こりうることです。一生のうち5人に1人は何らかの精神疾患に罹患、15人に1人は鬱病になるとのデータもあります。それほど身近な疾患です。
 
 仕事、病気、介護、人間関係、将来の悲観、経済状況、いじめなどで自殺してしまう人が年間2万人以上、自殺未遂はわかっているだけでも6万人以上、潜在的にはもっと多いと予測できます。自殺者は交通事故死の6倍以上です。自殺は、本人だけでなく、家族、会社の人など周りの人にも大きな影響があります。
 この事に危機感を持った政府は、2017年から50人以上の事業所にはトレスチェックを義務づけました。2017年には、70%の企業で施行されましたが、2018年には50%に低下しています。その背景には、その後の活用がわからない事や、実際に深い部分までケア・フォローしきれない事もあります。

 本当に大切なのは、ストレスチェックで気付き、意識し、改善する事までのトータルケアです。日本にはまだ、精神疾患に対する偏見や理解不足、専門病院となると、ハードルが高く利用しにくい印象もあるでしょう。『悩み』や『ストレス』は、どんな人にもあるのに、全ての人が、気軽に相談できるシステムがまだ多くはありません。

 ストレスケアは、心が強い弱いの精神論でもありませんし、他の病気と変わらず、予防・ケアが必要な病気です。心は見えません。理解もされにくい現状があります。一見、普段と変わりなく見える人でも、人知れず、悩み苦しみ、誰にも相談できずにいる人がたくさんいます。仕事や家庭のことは、感情的になってしまったり、身近な人だからこそ言えないこともあります。第3者の専門家が、客観的・専門的に関わることで、見えてくる視点があります。もちろん、守秘義務がありますのでプライバシーを厳守致します。
 ぜひ、どんなことでもご相談ください。お力になれれば幸いです。
 

会社概要

ICHI WORKS Inc.
会社名 準備中
所在地 準備中
連絡先 準備中
代表者 準備中
設立 xxxx年 xx月 xx日
事業内容 ストレスチェック・EAPコンサルティング
事業内容 ストレスチェック・EAPコンサルティング
ICHI WORKSへのお問い合わせ、応募、取材交渉などはこちらのボタンからお願いいたします。
私達の活動にご賛同いただける方は是非一緒に仕事をしていきませんか
まずはお気軽にお問い合わせください