ステモン!砥部宮内校

子供がAI社会で活躍する力を育む!
ものづくり学習&プログラミング教室

ステモンは、
『ものづくり学習』で学ぶ、
創造型の学習スクールです!
登録無料

こんなお子さんのお悩みありませんか?

  • あまり勉強が好きじゃない
  • 集中力がなく、やる気が続かない
  • お友達とのコミュニケーションが苦手
  • プログラミング必修化ってどういうこと?
  • 子供の将来が漠然と不安
  • 楽しんで学んでほしい
  • 集中力がなく、やる気が続かない

そのお悩みを解決します!

ステモンは、プログラミングだけを学ぶ教室ではありません。
STEM教育(ステム教育)というものを軸に『ものづくり学習』で学ぶ、創造型の学習スクールです。
幼い頃から『ものづくり学習』をすることで、楽しく学ぶうちに自然と世の中の技術や学ぶことの楽しさを体感していくことができ、幼少期は知識の定着や吸収がよいと言われています。
独自のカリキュラムによって課題に取り組む集中力、自由制作での創造力、課題達成による自己肯定感がアップし、課題に悩む過程でお友だちに声をかけたり、悩んでいるお友だちに教えてあげたり、自然とコミュニケーションが活発になります。
楽しみながら学んだ子供たちは、学ぶことが楽しくなり自ら調べ、学び始めるのです。

こんな方が対象です

  • 勉強を好きになってほしい
  • 集中力をつけてほしい
  • コミュニケーション上手になってほしい
  • AI社会で生きる力をつけてほしい
  • 楽しんで学んでほしい
  • 自ら学んでほしい
  • 自ら学んでほしい

AI社会で生きる力とは?

2020年度の教育指導要領でプログラミングが必修化になるほど、AI社会で生き抜く力にプログラミング技術が謳われています。ですが、本当に必要なのは『AI社会で生きる力』であり、みんながプログラミングの技術者になることではありません。
一人一人がこれからの社会を生きる為の『自ら学ぶ力』を身につけ、問題を解決しようと努力する『問題解決力』が必要とされます。どんな職業を目指し、どんな職業に就いても、社会で活躍するための学ぶ力と、社会をよりよくするための問題解決力は必要なのです。

レッスンの様子

保護者さまの声

年長 男の子 お母さま
キンダリークラスを体験

自分の作りたいものには集中して取り組むタイプの子ですが、ちゃんと課題に取り組めるのか気になりながら体験会に参加させていただきました。自由に作る様子を見守りながらも課題に向けての声かけをしてくださり、最後には課題のものを自分で作りあげることができました。
お友達と一緒に作ったり、課題に取り組んで、楽しんで学んでほしいと思いました。

小3 男の子 お母さま
ベーシッククラスを体験

もともとレゴなどの制作は好きでしたが、課題を目標につくる制作はとても楽しかったようです。課題をクリアできるように工夫しながら自分オリジナルのものを作っていました。できたものを体験会で一緒になったお友達と見せ合っては笑いあい、グループで作ることの楽しさがわかりました。
家に帰ってからも「また行きたい!」「もっと作りたい!」と言っていて、とても楽しく学ぶことができたようです。

小3 男の子 お母さま
ベーシッククラスを体験

もともとレゴなどの制作は好きでしたが、課題を目標につくる制作はとても楽しかったようです。課題をクリアできるように工夫しながら自分オリジナルのものを作っていました。できたものを体験会で一緒になったお友達と見せ合っては笑いあい、グループで作ることの楽しさがわかりました。
家に帰ってからも「また行きたい!」「もっと作りたい!」と言っていて、とても楽しく学ぶことができたようです。

講師紹介

山岡 きみ
<プロフィール>
砥部町出身の元銀行員、元システムエンジニアで3人の子供を持つ母。
キッズアンガーマネジメントインストラクター™

ティーンアンガーマネジメントインストラクター™

多種多様な経験を活かし、お子さまのプログラミング学習の基盤づくりをお手伝いさせていただきます。
発達障害のあるお子さまにもできる限り対応させていただきたいと思います。
特に診断はなくともお悩みの方は、一度ご相談ください。

<講師から一言>
学びは子供たちの中にこそあります。
子供たちの知的好奇心、探求心、それらを私も学びたい。
子供たちの中にある学びを、子供たちの未来へ繋げるステモンへようこそ!
共に学び、共にプログラミングの世界を探求しましょう!

ステモンの願い

ステモンでは、楽しみながら世の中の技術、将来の学びへ繋がる問題解決する力を子供たちに身につけていってほしいと願っています。楽しみながら学ぶことで、より多くの技術や知識が身につきます。
学びに集中し、一心に課題制作に没頭することで、子供たちは生き生きと思考することに喜びを感じているのです。

そこには、生きていることの実感や喜び、自分にもできることがあると生きていることの存在を感じられ、楽しいことの中にも学びある、学びは世界に溢れていると気づいた時、子供たちは自ら学ぶ力を得るのです。
ステモン!砥部宮内校
松山市からは、陶芸館の交差点の次の交差点、左側が入口です。
久万方面からは、ダイキの交差点を右折すると入口です。
砥部の旧道からは、直進していただくと入口です。
敷地内の手前から2軒目が教室になります。

※地図では道路があるように見えますが、実際は私有地になりますのでご注意ください。