なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
Story × Talk × Art 
〜物語を紡ぐ、対話のアート〜

今しか言えない
「生きた知恵」を
「物語」に遺して
おきませんか?

〜情熱や信念が伝わる
 「ストーリー」の力〜

新しいことに挑戦する人の
ステキなところ

  • 人と話していると、
    おもしろいアイデアが浮かぶ。

  • 思い立ったら、
    すぐ行動に移したくなる。

  • 一つ形にできたら、
    もう次のことを考えている。

  • ワクワクしていると、
    アイデアや縁が次々と広がる。

  • 思い立ったら、
    すぐ行動に移したくなる。

行動的・先駆的な人ほど、
未来に希望を感じているもの。

頭の中には実現したい世界と、
見たい景色がいっぱい。

先駆者たちは、気付いています。

本当に大切なのは、情熱や信念といった「目に見えないもの」だということを。

それさえあれば、結果は後からついてくる。自分では「一定の確信や法則性」があるからこそ、新しいことにも挑戦できます。

ただ、先駆的な人ほど抱えてしまうジレンマがあります。 

「見えないもの」は、伝わりにくい。

先見性や本質は理解されず、
評価されるのは成果だけ。

「言うことがコロコロ変わる」
「ついていけない」なんて人から思われがち。

自分では大丈夫なつもりでも、
人からはそう思ってもらえません。

大切なことが伝わればもっと、
活動を広げたり任せたりできるはずなのに、

一番大切なことが、一番伝わらない。


そんなジレンマを経験した
先駆者たちがたくさんいます。

もし、あなたにもそんな経験があるなら、
知っておいてほしいことがあります。 

成功の秘訣は、「平凡なアドバイス」になる

うまくいった後で振り返ると、
大事なポイントは見えてきます。

「行動することが大事」
「まわりの人を大切に」

「ゴールを明確にする」
 
でもそれだけなら、
どこかの本やセミナーでも語られています。

誰もが行き着くから「成功の法則」ですが、
それがかえって伝わらない原因になります。

どれだけ経験を通して伝えても、
他の人からは「よくある名言」に見えます。
 
本当は、一言で表せるほど単純じゃない。

△ 想いや感覚をわかってもらえない悔しさ
△ カタチにするまでの絶望的な道のり
△ 挑戦の最中に起きるトラブルや横槍
 
そこには、情熱や信念がなければ
乗り越えられなかった困難がたくさんあります。

でも乗り越えてしまった後では、
その時の気持ちがうまく伝えられません。

「行動が大事、人を大切に、ゴールを明確に」

ありきたりなことしか言えなくなった結果、
大切なことは置き去りにされてしまいます。
 
「あなただからできたんでしょ」
「すごいけど、再現するのは難しい」
「何をすればいいか具体的に示してほしい」
 
世間で語られている言葉では、
どうしても浅い理解しか得られません。

歴史を超えて語り継がれる
先駆者たちが大切にしてきたこと

「どうすれば、情熱や信念は
 分かち合うことができるだろう?」
◎ 単なる行動より、心に秘めた想い

◎ 困難を乗り越えるための判断基準


◎ 目先の損得や世間に惑わされない信念

先駆者たちの「道の切り拓き方」には、
目に見えない要素が詰め込まれています。

これが伝わるようになれば、
役割を交代しても世代を受け継いでも、
大切なことを遺していくことができます。

心の声を聞き、
自分の頭で考え、
目標に向かって行動を起こす。

そのための効果的な知恵が、
「ストーリーテリング(物語)」です。

古来から続く「ストーリー」の力

太古の昔から、
人々は「神話」を紡ぐことで、
一族や集落を繁栄させてきました。

神話を語る占星術師や宗教家は、
知恵を伝える「ストーリーテラー」として
時の権力に重用されてきました。

現代を生きる私たちも、
幼い頃から「物語」を聞かされて、
人生の知恵を学んできました。

アニメやマンガ、映画や小説も含め、
物語から勇気や規範を学んでいます。

今も昔も「ストーリー」は、
知恵を伝えるための効果的な手段です。

伝えたいことがノウハウではなく、
目に見えない情熱や信念なのであれば、
作るべきはマニュアルではなく、
「ストーリー」
です。

ストーリーを作るための
3つの条件

ストーリーを作るタイミングは、
成功してからではありません。

行動を起こしているその時々に、
定期的に作っていくことが大切です。

何千年も受け継がれている、
宗教や哲学を想像してみてください。

ブッダ、イエス、孔子、ソクラテス……
語り継がれる教典や逸話には、
共通するポイントがあります。

□ 有名になる前から書かれている

□ 弟子との対話によって残された

□ その時々の考えが残されている


いずれの宗教も哲学も、
「リアルタイム」の記録や記憶を
大切にしていることがわかります。

だから、ストーリーを作るには、
「その時々」の経験や感情を
忘れないうちに残すことが大切です。

・アイデアを思いつく瞬間

・実行に移すその時々の価値判断

・困難に挑む時に秘めていた信念

これらのことを定期的に振り返り、
大切なことを記録に残すことで、
あなたのストーリーが仕上がります。

月に1度、2時間だけ、
「3つの時間」をください

1. 一ヶ月を振り返りましょう

2. 振り返りを質問で深めます

3. それをストーリーに仕上げます

ヒアリングに2時間、
制作に数日いただけたら、
あなたの一ヶ月の経験をもとに
ストーリーを作ることができます。

一ヶ月を振り返ることも、
自分の考えを深めることも、
ストーリーを作ることも、
一人では難しい。

だから、偉人の弟子の役割である
「対話と記録」はお任せください。

物語(Story)を作ることで、
対話(Talk)を深め、
独自性(Art)を遺していく。

古くて新しいこのサービスには、
『START』という名前をつけました。

古来からの知恵を受け継ぎ、
未来への架け橋をつくる。
そんな習慣を始めてみませんか?

「作品」として遺すことを目指して

『START』は後世に遺すことを目指し、
「アート」として制作・販売します。

そのため、取り決めや値付けは、
アートと似た流れで進めてまいります。
 
アート作品や宗教、哲学は、
「パトロン」に支えられることで、
後世に受け継がれていきました。

STARTも「パトロンシップ」によって、
ストーリー制作を充実させていきます。

このアートの「制作活動」への参加には、
2つの方法があります。

ストーリー制作に携わる2つの方法

1. 制作依頼

実際にあなたのストーリーをお作りします。

◎ 毎月1回2時間のセッション

◎ 毎月1つのストーリーを納品

◎ 契約期間は1年、更新は入札

◎ ご自身の作品の販売・二次利用OK

◎ STARTの価格は「時価」で算出
  (現在の時価:55,000円/月)


あなたの経験や感性の価値、
ストーリーを作る技術の価値、
一緒に高めていけると嬉しいです。

2. 寄付

制作過程やストーリー作品を
一緒に楽しんでくださる方には、
「寄付」のご協力をお願いします。 

いただいた寄付の使途は次の通りです。

・制作環境や素材の充実
・ストーリーテラーの育成
・制作技術の開発と研究
・ストーリー作品の普及
・次世代の人材育成

人材と作品の質を高め、
多くの知恵を後世に遺していけるように、
力を貸していただけると嬉しいです。

寄付額は1,000円から。
寄付のパトロンになっていただいた方には、Facebookの『STARTグループ』に招待し、
制作過程やパトロン交流をお届けします。

2. 寄付

制作過程やストーリー作品を
一緒に楽しんでくださる方には、
「寄付」のご協力をお願いします。 

いただいた寄付の使途は次の通りです。

・制作環境や素材の充実
・ストーリーテラーの育成
・制作技術の開発と研究
・ストーリー作品の普及
・次世代の人材育成

人材と作品の質を高め、
多くの知恵を後世に遺していけるように、
力を貸していただけると嬉しいです。

寄付額は1,000円から。
寄付のパトロンになっていただいた方には、Facebookの『STARTグループ』に招待し、
制作過程やパトロン交流をお届けします。

試しにzoomでお話ししませんか?

制作をご依頼される方も、
寄付をご検討される方も、
一度お話ししてみませんか?

実際にストーリーを作る様子を
ご覧いただきたいです。

・お話を伺うヒアリングの技術

・ストーリーを紡いでいく流れ

・次の世代に託したいビジョン


内容と品質に納得した上で、
STARTが創る世界観や物語に
ご協力いただけると嬉しいです。

zoomのお申し込みは、
フォーム、またはSNSから。

あなたからのご連絡を
心よりお待ちしています。
じゅくちょうのアカウントにご連絡ください

SNSでのご連絡はこちらから

メールで日程調整しましょう

フォームでのご連絡はこちら

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
フォームを送信する
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。