FXを始める前に読むサイト

投資の中でも人気のFX。
今更聞けないFXの基本を学びましょう!
FXの口座を開設しよう!
FXを始める前には最低限の仕組みを知っておきたいところです。まず、FXというのはどのようなものかと言えば、わかりやすく言うのであれば両替をイメージするのが一番わかりやすいと言えるでしょう。

FXは若い世代にも人気がある投資方法です

FXとは外国為替証拠金取引のことで円やドル、ユーロなど各国の通貨を交換することで利益を出す金融商品になります。
為替レートは日々動いているので、安いときに外貨を買って高いときに売ることで利益が出ます。
外貨預金と比べられることが多いFXには外貨預金にはない魅力があります。
そのひとつがレバレッジという仕組みです。てこの原理を意味するレバレッジを使うことで、少ない資金でも大きな取引を行うことができます。
レバレッジを設定することで資金の25倍の外貨を購入できるのでチャンスが広がります。
外貨預金の場合は手数料が発生しますが、FX会社の多くが取引手数料を無料に設定しています。
FXの特徴のひとつがスワップポイントです。
スワップポイントとは通貨ペアを購入した際に毎日得ることができる利益のことで、決済をしないでポジションを持ち越すだけでスワップポイントを毎日ためることができます。
FXは24時間好きなときに取引が可能で、仕事から帰ってからでも利益を得るチャンスがあります。
買い注文はもちろん売り注文からスタートすることもできます。
FXをスタートする場合、まずすべきことが口座開設です。
自分が取引したい会社の申込みフォームに必要事項を記入し、必要書類を送ります。
会社側で審査を行い問題なければ口座を開設することができます。
取引を始める前に資金を入金します。
FXで利益を生むには、通貨を買って売る必要があります。
最初の注文は新規注文と呼ばれ、通貨を売る注文は決済注文と呼ばれます。
新規注文した反対の売買をすると利益か損失が確定することになります。
自動売買システムも便利で、上手に活用することでリスクを減らすことが可能です。

FXと外貨預金って違うの?

外国通貨を使った取引には、代表的なものとしてFXと外貨預金があって、それらの特徴と違いについて説明します。

小見出し

外貨預金とは

外貨預金は、その名前が表す通りで外貨建ての預金の事で銀行で外国の通貨を購入して口座に預けておくものです。外貨預金を行う目的は高金利の資産運用で、金利の低い日本円建ての預金だとほとんど金利が付かないため、より高い金利を求めるために外国通貨で運用した方が有利だから行ってます。

小見出し

FXとの違い

最も大きな違いは通貨を交換する時の手数料が頻繁に交換する事を想定しているだけあって、圧倒的にFXの方が安いです。簡単に言えば、外貨預金だと通貨を購入するために約1%以上の交換手数料が掛かりますが、FXの場合は無料かもしくはかなりの低額で交換できます。

他にも違いがあってFXは証拠金取引なので、レバレッジを掛ける事で、その証拠金の何倍からや100倍上の金額の取引を行えますが、外貨預金の場合は証拠金取引なのでレバレッジは存在せずに、自分で持っているお金の範囲内での取引しかできない点が違います。またどちらも預金を預けた時に金利が発生するという点は同じですが、利息の金額に違いがあります。

FXと株式投資の違い

FXと株式投資は、お金を投資している対象が違います。FXは「外国為替証拠金取引」といい、日本や外国の通貨を売り買いして2つの硬貨の価格差で損益を出します。対して株式投資は、会社が発行する株券を購入して株券の価値の変動によって損益をだすのです。FXは国の通貨に投資するので、投資対象が簡単に破たんすることはありません。しかし、株式投資は会社が破たんすれば、株券の価値がなくなることがあるのです。

FXは世界情勢を見て、どの国の通貨価値が乱高下するかを予測し投資します。投資方法として「買い」以外にも「売る」ことができるのも特徴の一つです。

通貨価値が下がりそうだと思えば、通貨を売りにだし、買い戻したときの差益で利益を出すことができるでしょう。また、自分の掛金を担保にして、大きな金額を投資できるレバレッジ取引もFXならではの投資方法です。

もし、日頃からテレビのニュースなどを見ている習慣があれば、外貨に関わるニュースを集めることができます。世界情勢のニュース以外でも、多くのニュース番組で放送している「ドル/円相場」もFXの情報の一部なので、なじみがあるはずです。

株式投資の場合、会社の製品や関連ニュース、業界の知識を集めて将来性のある企業の株を買って投資します。企業の価値が上がらなければ利益もでないため、業界の専門知識がないと投資を始めるのが難しい分野でもあるのです。

日本では株投資も人気がありますが、株式などの金融商品は日中しか取引ができないというデメリットがあります。FXの場合は、ほぼ24時間好きなときに取引ができます。為替の取引は世界中で行われていて、時間が経過すると取引の中心が西へと移ります。外国為替市場は24時間眠らない市場なので、時間がない人でも取引する機会は十分にあります。

株式投資には、FXのレバレッジ取引に似た投資方法に信用取引がありますが、大きな倍率で投資をすることはできません。相場を予想して投資する意味では、2つの投資方法は似ていますが、まずは投資に入りやすいFXで口座開設し、レバレッジをかけずに取り引きを開始してみるのが良いでしょう。

初心者向けのFXノウハウ:外国為替市場のクセをしる

FXは短期的な外国為替市場の変動を利用して利益を得る手法です。短期的な値動きを予想するために、ロウソク足チャートの髭やチャートの形などから判断を行うチャート分析が大切です。一般的にチャートには基本的な規則性が存在しますが、取引が行われる時間帯などの他の要因も為替レートの変動に影響を及ぼします。FX取引を始める場合にはチャート分析の方法とともに、外国為替市場の(特徴)クセを知っておくことが大切です。

外国為替市場は、常に同じ規模の取引が行われている訳ではありません。時間帯によって取引の参加者・件数や売買金額が変動します。取引件数や売買金額が少なくなると、価格の変動幅が大きくなります。例えば外国為替市場が開くのは日本時間の午前4時のウェリントン(ニュージーランド)市場や午前6時に開くシドニー市場で取引が介した直後は参加者が少ないので、全体的に価格変動が荒くなる傾向が見られます。その後に東京市場が開いて取引の参加者が増え始めると、前日のニューヨーク市場の終値に近づきます。

時間帯ごとに外国為替市場は順番に取引が行われますが、場所によっても値動きの特徴が存在します。例えば日本・欧州市場であれば貿易の決済通貨の米ドルを入手する目的(実需)で、貿易会社が多額の取引を行います。実需が中心で市場参加者が多くなると、価格変動が小さくなります。これに対してアメリカの貿易会社は米ドルを他国の通貨と両替する必要が無いことからニューヨーク市場は日本や欧州のように実需目的の取引は少なめで、投機筋による売買がほとんどです。投機筋は政治情勢や経済情勢のニュースに敏感に反応して売買を行うので、価格変動が乱高下しやすいという特徴があります。この他にも通貨ペアごとに特徴的な値動きをする場合があるので、FX取引に参加する場合には外国為替市場のクセを知っておくことが大切です。

初心者向けのFXノウハウ:トレンドの掴み方

FXは購入した時よりも手放した時の値の方が高い時に利益が発生するため、できるだけ値が低い時に購入し高い時に手放す事が求められ、そのようなタイミングを逃さずにより良いタイミングを見定めるためにはトレンドを掴まなければなりません。
トレンドには上昇の他に下降が存在し、既に通貨ペアが購入済みであるのなら購入済みの通貨ペアが上昇の方に移ると利益が発生するという仕組みです。
一方、下降に移ってしまうと損失を被る事になるため、FXではいかに下降ではなく上昇に移る銘柄が見つけられるのかがポイントになります。やはり一筋縄ではいかずFX自体の経験値を増やしたり、あらゆる情報に常に目を向けておくといった徹底した情報収集も必要不可欠なのですが、初心者においても頼もしい判断材料になる上にベテランも利用しているのがFXチャートです。

FXチャートの中でも取り分けて重要性が高いのはローソク足チャートというものであり、ローソク足チャートの動向を見て今度どのような方向性に市場と銘柄が動いていくのか予想します。そしてFXチャートを利用してトレンドを把握し予想するのはトレンドラインというデータを利用する事になりますが、トレンドラインの使い方はチャート上にラインを引き、引いたラインを元にして方向性を見定めていきます。

そのようなトレンドラインにより上昇もしくは下降のどちらに位置しているのかが判断できるようになるのですが、経済ニュースや景気動向などによりすぐに変化が反映されますし、影響力が大きなニュースによっても相場が大幅に変動する事例は稀有ではないので、やはり情報収集も欠かしてはなりません。このようにチャートを利用しトレンドを上手く捉えられるようになり、世の中の動きも逃さずにキャッチできるようになればFXで安定的に利益が出しやすくなります。

FXで最低限知っておきたい事:チャートの読み方

FXはファンダメンタルズの勉強をすることも大切ですが、最低限チャートの読み方も知っておくことが大切なことになります。チャートが読めたからと言って将来の値動きがわかるわけではありませんが、そこから現在の相場の状況や参加者の動向を予測することができるので、取引に役立てることができます。

最初に覚えておきたいのがローソク足の見方であり、これには一定期間の始値から終値、高値と安値を知ることができるのでまずここから覚えるようにしましょう。次に移動平均線の概念を理解する必要があり、この2つが合わさって初めてチャートが読めるようになります。移動平均線とは文字通り、一定期間の終値を線で引いたものでありトレンドを予測する上で非常に重要な働きがあります。ローソク足が移動平均線よりも下で推移しているということは、買いポジションを持っている人の大半は含み損が出ていると予測ができます。すると、少し値が上がっても早めに売って逃げたい人が多いことになるので、値上がりしづらいと考えることができるのです。

逆に移動平均線の上でローソク足が推移しているということは、多くの参加者が含み益を出していると考えられ、強気の相場であると予想を立てることができます。必ずしもこれが全てではありませんが、ローソク足の動きと移動平均線を見れば相場全体の流れがつかめてくるのです。

ローソク足や移動平均線はいくつかのスパンのものがあるので、短期的に見て相場は強気なのか弱気なのか、長期的だとどうなるのかということを考えて眺めてみればその先の動きを予測しやすくなります。チャートの読み方は掘り下げれば非常に奥が深いものですが、初歩的なことを知るだけでもかなり使えるので覚えておいて損はありません。

FX口座開設ができない場合

FX口座開設をしようとしても、それを拒まれることがあります。業者によって基準が違いますが1000万あっても口座開設できなかったという話もあります。

口座開設の審査に落ちる理由は様々。その理由としていくつかのことが考えられますが、一番に挙げられるのが申し込んだ人の年収の低さです。

FXはレバレッジ(資金の何倍もの金額の取引)ができるのが魅力ですが、レバレッジが可能なのはそれなりに支払うための能力があるからであり、それがない中で行うことは危険です。それを避けるために審査を行いますが、年収の部分に除外されることがよくあります。また年齢制限で引っかかることも多く、特に未成年や高齢者は審査の際に除外を食らうことがあるのでこの辺りも注意です。

日本でFX口座開設をする際に投資経験というものを記入する項目があります。これまでに投資をどれだけしてきたかを書かなければならないのですが、ゼロと書いてしまえば除外される可能性は高いです。1年程度の経験があれば大丈夫とされていますが、20歳前後の人がウソをついてFX口座開設をしようとするとバレてしまうため、少なくとも正直に申告することが求められます。

学生だった場合に認めてくれなかったり、金融業の人がFX口座開設をしようとすると除外されたりするなど様々な要因でできないことがあります。

これらの問題がある場合には他のFX業者に申し込むことで解決をする場合があります。また、海外の業者の方が比較的審査はゆるいようですので、そちらを試したいところです。

未成年の場合にはどこの業者でも厳しいですが、例えば高齢者の場合にはあそこの業者はダメでも、ここは大丈夫だったということがあります。職業に関することも同様であり、審査基準は業者によってまちまちです。

FX口座開設ができなくてショックを受けたり、理由を探したりするよりもまずは別の業者に申し込んでいくことが重要であり、その方が早く開設できるものです。

FXの口座開設にはキャッシュバックが付いているものが多いです。口座開設ご何万円以上の運用など条件がありますが、どこも2万円~5万円くらいのキャッシュバックがありますので、口座開設の際はそちらの条件も確認しておきましょう。ポイントサイトなどを経由するとさらに高額になりますのでポイ活されてる方は複数の口座を申し込んでたりします。