予想以上にたくさん必要だった家を売るときにかかる諸費用

私は、家を売るときになって初めて、予想以上にたくさんの諸費用がかかることを知りました。

我が家のように、売ったお金で住み替えなどをお考えの場合、売るときの諸費用と、家を買う時の諸費用をしっかり把握しておかないと、計画を考え直さないといけない事態になります。しっかり、不動産屋さんや建築会社さんに確認しておくことをおすすめします。

諸費用1:仲介手数料

はれて家の売却が叶ったとき、不動産屋さんに支払う報酬です。仲介手数料の金額の上限は、宅建業法で決められています。
取引金額 簡易計算式
200万円以下
取引金額×5%+消費税
200万円超~400万円以下
取引金額×4%+2万円+消費税
400万円超
取引金額×3%+6万円+消費税
400万円超
取引金額×3%+6万円+消費税
400万円超
取引金額×3%+6万円+消費税

消費用2:印紙代

諸費用の中では一番金額が大きくなりやすい項目です。上限金額なので、これより安くしてくれる不動産屋さんもあります。

仲介手数料の金額を考慮した上で自宅売却額を決めないと、大きく計画が狂ってきますので注意が必要です。ちなみに、2000万円で売れると・・・。

「2000万円×3%+6万円+消費税=66万円+消費税」です。

不動産売買契約書には、収入印紙を貼る必要があります。郵便局で買えます。金額は以下のとおりです。

印紙税額(1通または1冊につき)

100万円超~500万円以下
2,000円
500万円超~1,000万円以下
10,000円
1,000万円超~5,000万円以下
15,000円
5000万円超~1億円以下
45,000円
1億円超~5億円以下
80,000円
1,000万円超~5,000万円以下
15,000円

諸費用3:ローン清算費用

繰上返済手数料は、いつでもいくらからでも0円で繰り上げ返済できたり、固定金利適用期間中は5万円ぐらいかかったり、銀行やローン商品によってマチマチです。
借りる前に確認しておくのがベストです。

Fさんファミリーのように、住宅ローンの残債が1000万円ある家と土地が1000万円で売れ、司法書士の報酬が1万円、銀行の繰上返済手数料が54,000円だった場合の諸費用は以下のようになりました。

Fさんファミリーは1,000万円のローン残債があるのに1,000万円で家を売ってしまったので、約47万円の持ち出しになりました。

1万円でも高くマイホームを売るためには、複数社の不動産屋さんに見積もりしてもらい比較することが必須です。


2年間売れなかった我が家が急に230万円高く売れた理由

家を少しでも高く早く売るコツは、少なくとも3社以上の不動産屋さんに査定してもらって、面談した上で業者選択することです。

売却査定額は不動産屋さんによって大きく違います。1社に相談して査定額が低かったからといって諦めてはいけません。

近所の不動産屋さんに任せっきりで2年間売れなかった我が家も、複数社に査定を依頼したことで、3ヵ月後に高値で売ることができました。

不動産会社一括見積もりサイト イエウール

まだ住宅ローンの残債がある場合、売却益で完済するにあたり、銀行手数料や登記の費用がかかります。