【 電子書籍 出版モニター募集 】

最短4週間で著者デビュー

本という「名刺」を1枚つくりませんか?



経営者・個人事業主・士業・作家志望の方へ
電子書籍出版でブランディングはじめませんか?

東北のとある小さな街にある本を出版したい人を応援する出版社
それが、SS-Publishingです。

こんな悩みありませんか?

自己紹介がとても苦手。自分の売りを分かりやすく説明しようとすればするほど空回り。誰にでもわかりやすい自社の売りを伝える方法はないのだろうか・・・
ブログやソーシャルメディアを毎日更新するのは大変。毎日更新しなくても集客できる導線を新しく構築できないだろうか・・・
リピート率が極端に低く、毎回新規顧客開拓を行わなければならず経費がかさむばかり。プッシュ型ではなく、プル型の反響営業にするためにはどうすればいいのだろうか・・・
人財集めにも一苦労。毎月の広告費もかなり高等。だからこそなるべく経費をかけず、優秀な従業員やスタッフ、理念を理解してくれるパートナーを集めるにはどうすればいいだろうか・・・

本は、あなただけの
『名刺』です。

本の出版で人生を変える

自己紹介やプロフィールに著者という2文字が入っただけで大きく人生が変わるイメージはありますか?
そう、本を書くということは、
著者の仲間入り

ブックブランディングというほど本を出版するだけで人生は大きく変わるのです。

書籍は実績を示すパスポート

書籍は実績を示すことができるパスポート。

書籍を読んでマスコミからの問い合わせだけでなく、講演依頼が殺到する人も少なくありません。

まさに、書籍は最強のブランディングツールと言えるでしょう。

あなたの本が
Amazonで買えるという魅力

SS-Publishingから出版された書籍事例

出版することのメリット

  • 先生 著者という肩書きを手に入れることができる
  • 講演会やセミナーの依頼が増える
  • 本を名刺代わりにPRすることができる
  • 多くの企業や人から「信用」が得られる
  • 自社商品やサービスの説明が不要になる
  • 出版した書籍のテーマに関する相談を受けるようになる
  • 書籍を通じてマスコミから取材を受けるようになる
  • お願いする立場からお願いされる立場になる
  • 先生 著者という肩書きを手に入れることができる
  • あなたの代わりに24時間忠実に働いてくれる営業マンを雇える
  • 募集をしなくても一緒に働きたいという人が集まる
  • 先生 著者という肩書きを手に入れることができる
  • 印税収入 定期収入を得ることができる
  • 先生 著者という肩書きを手に入れることができる
・・・etc
その他にも出版することでたくさんのメリットがあります。

朝日新聞・Livedoorニュースなど
メディアでも紹介。
 
信頼というブランドが確立できる。

”小さい出版社”
だからできること

SS-Publishingという出版社は、

岩手県盛岡市にある
7畳ほどのスペースが事務所代わり。


そのため、作家さんとの打ち合わせは

いつも近くのスタバや
本屋さんのカフェで行っています。


そのくらい小さな出版社ではありますが、
もちろん、東北以外の
全国からのご依頼にも対応。

対面以外にもメールやスカイプで
具体的に打ち合わせし、作業を進行。

大手にはできないサポートで、
本として出版したい想いを
カタチにできる環境をつくることができます。


自費出版にかかる経費は
平均で350万円と言われています。

出版にはそれだけの
「人」と「経費」が掛かるのも事実。


SS-Publishingは一人ひとり 
想いをカタチにするために

企画草案~コンセプトメイキング~デザインまで
すべてサポートさせて頂くと共に、

共に学び共に成長することこそ、
本来のビジネスの姿だと思っています。


大手出版社では、

出版までの期間(約半年から1年)と
自費出版で掛かる経費を軽減し、

誰でも本を出版、
ブランド化できる喜びを

SS-Publishingでは
体現していくことをお約束します。

SS-Publishingの特徴

企画支援

大手出版社では、自分で出版企画を考え、著者自ら出版を持ち込むことが一般的ですが、SS-Publishingは、企画作成時からお手伝いさせて頂くため、安心してスタートして頂くことができます。

インタビュー

文章を書くのが苦手という方でも、スムーズに文章が書けるようにインタビューを行わせて頂くことがあります。その内容から書下ろし文章で出版することも可能です。

電子書籍出版

スピードブランディングを果たすために、SS-Publishingでは電子書籍出版をメインにサポートしています。企画作成から出版まで最短30日で出版できます。

ISBN

もちろん、出版社ですのでISBNを附属してバーコード付書籍を出版することもできます。紙媒体(小冊子など)で出版したい方にはおススメです。

マーケティング

神田昌典氏公認 事業創造コーチの資格を持つ出版社ですので、マーケティングのサポートにも力を入れています。あなたの本をより多くの人に読んでもらうためのマーケティングマップを作ります。

リソース

弊社にはこれまでに約2000種類の出版企画やアイデアを所有しています。出版企画を考えたり、コンセプトメイキングやキャッチコピー作成時にぜひ活用してください。

本の売上げを左右する"表紙"作成にも対応


"魅力的な"本の表紙とレイアウト


紙の書籍はもちろん、電子書籍でも本の表紙で売上げの半分以上が決まるといっても過言ではありません。

表表紙、背表紙、背表紙のロゴなど
表紙作成に必要な専門的技術や知識だけに限らず
これまで数多くの書籍を手にしてきた経験と実績をもとに
"つい手にしたくなる"表紙作りもサポートしていきます。

出版までの流れ

POINT
1

企画の打ち合わせ

タイトル・サブタイトル・コンセプト・構成(目次)・原稿作成のスケジュール・販売価格など最初に出版企画作成のための打ち合わせをさせて頂きます。

あなたの想いをカタチにするための大事なステップとなりますので、
ご要望などがありましたら詳しくお伝えください。
POINT
2

アカウントの取得

Amazon KDPのアカウントを取得から米国源泉徴収税30%の免除手続きなど、
出版に必要な手続きを行って頂きます。

また、執筆の際に必要となるソフトウェアなどもご紹介させて頂きますので、
必要に応じて手続きをお願い致します。
POINT
3

原稿の執筆

企画打ち合わせからアカウント取得が終わり次第、
いよいよ原稿の執筆に入ります。

執筆完了の目安を2週間から3週間程度と見ておりますが、
打ち合わせの段階でスケジュールを決めさせて頂きますので、
あなたのペースに合わせて執筆をお願い致します。
POINT
4

推敲・レイアウト調整・表紙のデザイン

原稿が出来上がりましたら、疑似脱字のチェックなどの推敲を行いつつ、
レイアウトの調整、さらには表紙のデザインを行っていきます。

表紙のデザインは自分で作成することも可能ですし、
プロにお願いすることも可能です。

納得のいく方法で書籍を完成させましょう。
POINT
5

ファイル変換 出版手続き

全ての準備が整いましたら、EPUBというファイルに変換し、
Amazon KDPに出版手続きを行います。

手続き完了後、出版開始まで最短で4日程度となりますので、
その間に、出版記念キャンペーンなどの告知準備を行いましょう。
POINT
6

出版完了

以上が出版の流れになります。

もちろん、Amazon KDPに出版するだけでなく、
Google Play向けなど他のプラットフォームに出版することも可能です。
POINT
7

オプション

出版オプションとして、弊社所有のISBNの付与と
オンデマンド印刷による紙の書籍を作成することもできます。

ISBNが付与されるということは、バーコードを設置し、
電子書籍ではない一般的な紙の書籍として
Amazonや書店で販売することも可能になります。

ある程度の経費をかけてでも、紙での出版をしたい方は、ぜひご検討ください。

PRICE


SS-Publishingは1ヶ月単位の

オーダーメイド出版サポート契約が基本です。

毎月の料金やサポート内容は
すべて契約者ご本人に決めて頂いております。

つまり、あなたはノーリスクで出版を行うことができ、

出版スケジュールもあなた自身で決めることができるため
すべて自分のペースで出版まで行うことが可能です。

※ただし、サポート内容によってはご契約できないことご了承ください。

○現在出版ブランディングモニター募集中

モニターの場合は、一律3万円(税抜き)ですべてのメニューがお試しできます。

よくある質問

Q
出版にはどのような作業が必要ですか?
A
出版までの流れは、出版企画(タイトル 目次 ターゲットなど)を作成した後、原稿の作成・推敲~レイアウトの調整 表紙デザインが一連の流れになります。電子書籍作成の場合はEPUBなどのファイル形式の変換を行うことが必要になります。
Q
出版にはどのくらいの期間がかかりますか?
A
既に原稿がある場合は1週間。企画立案からですと最短で4週間となっております。大手の場合半年~1年というのが通常ですので、かなり早い出版が可能になります。
Q
原稿の執筆代行はできますか?
A
いいえ。基本的に執筆代行(ゴーストライター)での原稿作成は行っておりません。インタビューによる書下ろしなどを行うことは可能ですが、可能な限りご自身で執筆されることをおススメしております。
Q
大手出版社との違いは何ですか?
A
企画立案の段階から携わらせて頂くこと。また、出版費用も自費出版の場合、300万円を超えるのは当たり前ですが、弊社出版事業部ではそのような経費をかけることなく出版できるようにしております。さらに、大手出版社によくありがちな”縛り”(これはだめ この文章は削除など)もありませんので、安心して自分のペースで出版してください。
Q
ブログなどソーシャルメディアの記事を書籍化することはできますか?
A
はい。もちろん可能です。
タイトルとコンセプトなど切り口を考えることは必要ですが、
時間をかけずに書籍化することが可能です。
Q
事業主と子育て 両方行っているため 時間があまり取れないのですが、
そんな私でも本を出版できますか?
A
はい。もちろん大丈夫です。
1日2時間程度の原稿執筆で、十分4週間以内に出版することも可能です。
安心して出版作業を行ってください。
Q
出版にはどのような作業が必要ですか?
A
出版までの流れは、出版企画(タイトル 目次 ターゲットなど)を作成した後、原稿の作成・推敲~レイアウトの調整 表紙デザインが一連の流れになります。電子書籍作成の場合はEPUBなどのファイル形式の変換を行うことが必要になります。

出版モニター応募フォーム


SS-Publishingにて電子書籍出版をしてみたい方の為に、一律3万円の出版モニターを募集しております。興味がある場合はお気軽にご応募ください。

※なお、内容によってはお受けできないこともありますのでご了承ください。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送 信

SS-Publishing代表

SHOICHI SATO(33)

岩手県盛岡市在住
都内の音響系専門学校を卒業後 盛岡にて21歳で起業。

情報収集&キュレーションを得意スキルとして日々情報発信を行っている。メールマガジンの読者は約1万2千人に上る。iTunesにてPodcastも配信中。

オフィシャルメディア