障害年金請求をお手伝いします

枚方障害年金サポートセンター       
     運営:田中社会保険労務士事務所


うつなど心のこと、五感、身体、生まれながら、或いは二十歳を過ぎての障害、


仕事、生活、日々の暮らしに希望を持ちたい願いは誰も同じ。


我が国では制度として国から障害年金を貰うことが出来ます。
面倒な手続き、要件はあれど 年金、または一時金 が受給出来る制度があります。
もちろん、それが答えではないけれど少しでも”あなたらしく”過ごせたらと願います。

障害年金は黙っていては貰えません。つまり受給出来る人でも請求しなければ受けることが出来ません。

制度(要件や手続き)が難解ですがお客様が受給できる可能性がある年金に関してアドバス・申請代行させていただきます。

初診日、保険料納付、障害認定日など必要な要件(65歳誕生日の前々日までの該当が必要など)細かい点にも注意が必要です。

障害年金の対象となる傷病例

目の傷病 白内障、緑内障、ぶどう膜炎、眼球萎縮、 癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮、網膜 色素変性症、糖尿病性網膜症、網脈血管硬化症、網膜中心性静脈血栓症、視神経萎縮、先天性弱視、小眼球症、ベーチェット病、黄斑部変性症、眼瞼痙攣など
聴覚 メニエール病、感音声難聴、突発性難聴 、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害 、薬物中毒による内耳障害、特発性両側性感音難聴、神経性難聴、混合性難聴、ストマイ難聴など
肢体 重症筋無力症、関節リュウマチ、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、変形性股関節症、人口股関節など
脳の傷病 脳卒中、脳出血、脳梗塞など
精神 統合失調症、うつ病、躁うつ病、てんかん、発達障害、知的障害など ※神経症は原則として対象外、但し精神病の病態を示しているものについてはうつ病等に準じて取り扱う
呼吸器疾患 肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎、膿胸、肺線維症、肺気腫
心疾患、高血圧 慢性心包炎、リウマチ性心包炎、慢性虚血性心疾患、冠状動脈硬化症、狭心症、僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、心筋梗塞、完全房室ブロック、拡張型心筋症、洞不全症候群、帽弁閉鎖不全症、肺動脈性高血圧症、心不全、肺血栓塞栓症、高血圧性心疾患、悪性高血圧症、高血圧性腎疾患など
腎疾患、肝疾患、糖尿病 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全、人工透析、肝硬変、肝がん、糖尿病、糖尿病性と明示されたすべての合併症 ループス腎炎、糖尿病性腎症、多発性肝腫瘍、肝ガン、慢性肝炎
その他 悪性新生物(がん)、高次脳機能障害、化学物質過敏症、各種難病(強波症、パーキンソン症候群)その他難病 など
鼻腔機能 外傷性鼻科疾患
肢体 重症筋無力症、関節リュウマチ、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、変形性股関節症、人口股関節など

障害年金の支給額


(平成29年4月1日現在)
■障害基礎年金 障害年金は定額です。1級は2級の1.25倍です。
【1級】 779,300円×1.25=974,125円(+子の加算額)
【2級】 779,300円(+子の加算額)


■障害厚生年金 障害厚生年金の額は厚生年金に加入していた期間の長短、給与の額等で異なります。
2級の障害厚生年金の報酬比例年金の計算は老齢厚生年金と同じ計算をします。
1級の障害厚生年金の報酬比例年金の額は2級の1.25倍です。
なお、若年者で厚生年金の加入期間が短い方は年金額が低くなってしまうので
加入月数300月未満の時は300月で計算します。
また3級の場合は年金額が低くなりすぎないように最低保障額が設けられています。
【1級】 報酬比例の年金額×1.25+障害基礎年金1級(+配偶者加算額:224,300円)
【2級】 報酬比例の年金額+障害基礎年金2級(+配偶者加算額:224,300円)
【3級】 報酬比例の年金額  ※最低保証額 584,500円
【障害手当金(一時金)】 報酬比例の年金額×2年分 ※最低保証額 1,169,000円

※障害年金は非課税です。
老齢年金のように所得税や住民税を源泉控除されることは有りません。
老齢年金と障害年金のどちらかを選ぶ必要がある場合には、その考慮が必要です。


■障害基礎年金 障害年金は定額です。1級は2級の1.25倍です。

障害年金支給決定までの流れ

STEP

1

初回面談・ヒアリング

 お電話またはメールで初回面談・ヒアリングの日時を設定させていただきます。
 直接の面談でご信頼頂くことが何よりも大事なことだと考えております。

ご面談にあたり、下記の流れでお話させていただきます。
1. ご説明
  1)障害年金制度についてのご説明
  2)サポート内容のご説明
2. ヒアリング
 障害状態、お仕事・生活面でのことなどを伺います。個人情報については以後も秘密厳守いたします。
  ※必須確認事項  =>  ①お名前、②生年月日、③お電話番号(ご連絡先)、④ご住所
  ※ご自身で分かる範囲=> ⑤初診日、⑥加入年金制度種類と加入状況、⑦診断傷病名
3. ご質問・相談
 画面一番下の「お問い合わせフォーム」のボタンから専用フォームにてお知らせ下さい。
※お分かりいただける範囲で構いませんが、事前にお答えいただくと今後の手続きがスムーズです。 

STEP

2

ご契約とサポート開始

サポートの申し込み後、
委任状、契約書、その他書類一式をお渡しし、作成ご提出いただいて、ご契約となります。

契約取り交し時点に事務手数料(10,000円+税)を頂きますのでご用意お願いします。

障害年金は生活の柱となる年金です。大切な安心のために、真摯にサポートさせていただきます。。


STEP

3

確認や取得作業、アドバイス

 必要記録確認や依頼作業を行います。(年金事務所、医療機関等に対して)
 障害年金は申請書の書き方一つで受給額が大きく変わったり、貰えなかったりするケースがあります。
ヒアリング後も診断書等のアドバイスをさせていただきます。
 申請窓口でのやり取りは一度では完了せず、手間もかかりますので、パワーも必要です。
ご自分で申請することも可能ですが途中で諦める方もいらっしゃいます。一緒に頑張りましょう。

STEP

4

診断書等の確認

医師による診断書、ご案内した書類をいただき内容確認させていただきます。修正等必要な都度アドバイスや同席もいたします。
※医師のお考えや症状、状況によっては修正や加筆に応じていただけない場合もあります。

STEP

5

病歴・就労状況等申立書と障害年金請求書の作成

詳細部分のヒアリングと診断書の内容に沿って申立書を作成します。
裁定請求書に必要書類をそろえて、年金事務所への提出書類を準備します。

STEP

6

立替費用精算と裁定請求書の提出

立替費用等の精算を完了後、裁定請求を行います。
提出後の年金事務所からの問い合わせや照会は、当事務所で対応いたします。

STEP

7

決定通知と初回年金振込

障害年金の決定には裁定請求書の提出から約3~4か月かかります。
(ケースにより更に時間かかる場合があります)
 支給が決定されますと、直接、ご自宅に年金証書(兼裁定通知書)が届きます。証書到着から40~50日後に、初回の年金振込があります。
 初回振込前に、年金振込通知書及び年金初回支払額通知書が送られてきますので、実際の振込額をご確認願います。

STEP

8

報酬のお支払いとサポート

初回年金振込後に所定の報酬をお振込み願います。
その後のご不明点などのサポートにも対応させていただきますので安心ください。

STEP

1

初回面談・ヒアリング

 お電話またはメールで初回面談・ヒアリングの日時を設定させていただきます。
 直接の面談でご信頼頂くことが何よりも大事なことだと考えております。

ご面談にあたり、下記の流れでお話させていただきます。
1. ご説明
  1)障害年金制度についてのご説明
  2)サポート内容のご説明
2. ヒアリング
 障害状態、お仕事・生活面でのことなどを伺います。個人情報については以後も秘密厳守いたします。
  ※必須確認事項  =>  ①お名前、②生年月日、③お電話番号(ご連絡先)、④ご住所
  ※ご自身で分かる範囲=> ⑤初診日、⑥加入年金制度種類と加入状況、⑦診断傷病名
3. ご質問・相談
 画面一番下の「お問い合わせフォーム」のボタンから専用フォームにてお知らせ下さい。
※お分かりいただける範囲で構いませんが、事前にお答えいただくと今後の手続きがスムーズです。 

報酬(受給決定後に)


次の①~③のいずれかのうち最も高い額となります。

年金証書に記載された支給年金額の2か月分
認定日請求承認による遡及(※4)支給の場合の初回入金額の20%
障害手当金の20%

※1 障害年金をもらうための条件の1つである「保険納付要件を満たしているか」の確認は、無料で行います。
※2 報酬は受給された場合のみいただきます。
※3 年金裁定請求書の作成までに要した実費費用については、裁定請求前にお支払いをお願いします。
※4 遡及(そきゅう)とは、最大で過去5年分相当の年金を 一回で受け取ることをいいます。
認定日請求承認による遡及(※4)支給の場合の初回入金額の20%

障害年金という手掛かり

  公的年金制度には老齢年金、遺族年金とともに障害年金があります。
  この公的年金制度は一部に税金が投入されていますが、基本的には、皆が少しづつお金を出し合って制度を支える「社会保険」という相互扶助(年金保険)となっています。これは、生活保護を始めとする福祉・公的扶助制度とは基盤を大きく異にし、文字通りお互いを支えあうものです。
 もし、あなたやご家族が病気や怪我で仕事を失った、心の病で仕事が出来ない、日常生活に支障が出ているなどの状況であれば、障害年金という制度をご検討ください。そして、請求していただきたいのです。

 時間がないなど、ご自身やご家族では手に負えないと感じたなら、ぜひご相談下さい。
障害年金だけでは、あなたの困ったことや苦労を解決することは出来ないと思います。しかし、あなたやご家族にとって、これからの安心や希望へ向けての手掛かりになることを願っています。

どうか障害年金という手掛かりを大事にしてください。     
                              by  田中和仁

田中社会保険労務士事務所

社会保険労務士 田中和仁
◆所属:大阪府社会保険労務士会 北東支部 

大阪北東部(枚方市、交野市、寝屋川市)周辺と京都府南部(京田辺市、八幡市、城陽市、木津川市)周辺を中心に活動していますが、それ以外の関西地域も出張可能です。ご相談下さい。

ご連絡は
【メール】 下記の「お問い合わせフォーム」ボタン
【電 話】  072-896-6622
 からお願いします。

お問い合わせフォーム