タイで
ビジネスを
するなら……

転ばぬ先の杖のような
セカンドオピニオンをお伝えします。

こんなお困りごとに

効率的な視察に行きたい!
タイで効率的な視察を計画するためには、現地の交通事情や訪問先のロケーションの把握が必要。お任せください、タイ国内の各地を巡り、月まで走れる距離を走破した経験を活かした視察計画を提案します。
会社設立どうするの?
タイ進出を決定した場合、どのような枠組みで進出をするかが問題となります。お任せください。豊富な経験から、皆様の会社に最適になるようどうのうな形態で作るか=会社設計を含めたご提案をさせて頂きます。
本格稼働までの運営は?
会社を設立したらすぐに駐在員の手配!と言ってもなかなか人財がいないという経営者の方も。お任せください。事業が本格的に稼働するまでの助走期間は、当社が責任をもって運営を致します。
外注したいけど管理は?
会社を設立してすべて内部行うといきなり内向きの業務ばかりになってしまうというジレンマをお感じの経営者様、駐在員様、お任せください。運営支援できる外注先企業やチームをご紹介し、その管理もさせていただきます。
ロコへ、どうする?
ローカルをターゲットにした商品の販売には、マーケティングを進める必要がありますが、ローカルに任せていいのか?とお悩みの経営者様、お任せください。オンライン、オフラインを合わせたマーケティングで、ご入用の情報を抽出します。
販売のスキームは?
BtoB、BtoCのそれぞれに販売戦略をお持ちかと思いますが、さて、実行の段になって、どうしようと悩んでいらっしゃるのなら、お任せください。利益の源は、粗利。粗利をたたき出すのは、売上げから。まずは、どのように販売するかのスキーム構築を支援します。
本格稼働までの運営は?
会社を設立したらすぐに駐在員の手配!と言ってもなかなか人財がいないという経営者の方も。お任せください。事業が本格的に稼働するまでの助走期間は、当社が責任をもって運営を致します。

碧い地球が豊かで幸せな人生に包まれるように

1000年先の地球人のために、今できること……

上の動画は、セヴァーン・スズキさんが、1992年の国連環境開発会議(リオ+20)で行ったスピーチです。今、一度、真剣に取り組まなければならないことなのではないかと感じています。

100万年間で繰り返されてきた二酸化炭素と平均気温の上下動の数値から、現在の二酸化炭素の量は異常値であるということがわかります。そして、今までの二酸化炭素と温度の相関図からは、地球の急激な温暖化は確実であることが、わかっています。

そこで、私たちは、国連の推進するSDGsに資する日本の技術を世界に広め、社会課題の解決とビジネスの両立を図るため、SDGs BUSINESS DIVISIONを社内に創設し、事業活動をスタートしました。

会社概要

  • 会社名   SALESREP INTER CO., LTD.
  • 設立年月日 2007年2月21日(水)
  • 代表者   代表取締役社長 杉山佳久
  • 資本金   400万バーツ
  • 事業内容  日系企業・団体のタイ進出支援、タイ企業・団体の日本進出支援
  • 所在地   973/606 Krungthep-Nonthaburi Rd., Wongsawng,
          Bangsue, Bangkok 10800 Thailand
  • 連絡先   +66(0)96-886-0827
          salesrepinter@gmail.com
  • SDGs BUSINESS DIVISION 2019年9月創設
  • 設立年月日 2007年2月21日(水)

長期支援実績(一部)

飲食業
飲食店運営会社
(運営支援)
2011年 【運営支援】 タイ・バンコクにて、日本から進出する多店舗コンプレックスの立上げの運営支援に入り、主にシェフの労働環境支援を行った。
製造業
金属プレス会社
(新規進出・運営支援)
2011年 【立上げ支援と運営支援】 日本では従業員80名ほどのプレス会社を経営。日本での営業活動を行う上で、日本の客先から海外拠点設立のプレッシャーがあり、海外進出を模索。中国進出を考えたが規模の問題から断念。そのタイミングでタイが候補にあり、ブリーフィングから開始。初回の現地視察で日本の客先訪問、現地工業団地、オフィス、主要サプライヤーを訪問し、進出検討開始。工場候補地、工場建設工事会社、設備購入方法の検討を進め、タイ国投資委員会(BOI)の認証取得も。工場決定後、スタッフ採用、研修生として日本での勤務を行い、設備の搬入のタイミングで帰国して準備。駐在員の受入準備・査証労働許可証取得と受入、客先営業同行、サプライヤー折衝、ローカルスタッフ採用と教育、工場内設備設置工事、検査機器の導入、ISO9001取得、製造管理等の製造と総務人事関連業務の実施と支援を行った。
製造業
金属プレス会社
(新規進出・運営支援)
2013年 【立上げ支援と運営支援】 日本では従業員300名ほどのプレス会社を経営。自動車関連部品のティア1企業。会社設立当初から日本からの駐在員がいたため、駐在員赴任支援、BOI取得、工場用地調査、工場設立、ローカルスタッフ採用などの支援を主に行った。現在は、プレス以外の設備も導入し、板金の製造もできる体制になっている。
製造業
機械部品製造会社
(運営支援)
2014年 【運営支援】 タイには2011年に進出し2012年に稼働。立ち上げコンサルタントが退職したため、運営支援を行った。駐在員とタイローカルスタッフに対するコミュニケーション支援を行った。
サービス業
図面製作会社
(運営支援)
2015年 【運営支援】 2010年から取引のあった図面製作会社。会社の体制変更に伴う登記手続きの支援を行い、その後に、ビジネス・コンサルタントとして、事業拡大の支援を行っている。
販売施工業
環境負荷低減製品販売施工会社
(調査支援)
2016年 【現地調査支援】 JICAプロジェクト タイ国を対象に、案件化調査プロジェクトに現地コンサルタントとして参加。タイ国の官庁建物や民間建築資材販売会社事務所に塗装施工を実施し、効果を測定した。現地でのフォローアップと製品オーナー会社出張者のサポートを実施。
販売施工業
特殊塗料販売施工会社
(新規進出及び運営支援)
2017年 【新規進出・運営支援】 タイには2016年に進出を決定した。オフィス物件調査、会社設立、会社運営の支援。該当商品のタイで販売を進めるために、特殊装置の開発、塗料の開発を行っている。また、さらにサプリメント販売認可の権利を購入し、これから販売を行うための運営支援を強化する。
製造販売業
特殊音響機器製造販売会社
(調査支援)
2017年 【現地調査支援】 JICAプロジェクト タイ国を対象に、案件化調査プロジェクトに現地コンサルタントとして参加。タイ国の公官庁を中心に、製品の成果測定を行うためのアクティビティを実施し、効果を測定した。現地でのフォローアップと製品オーナー会社出張者のサポートを実施。
製造販売業
機能性食品製造販売会社
(マーケティング支援)
2019年 【マーケティング支援】 タイにはすでにBtoBでのビジネスを展開している東証上場企業が、BtoCのビジネス展開の可能性を探るために、既存商品の販売を目指したマーケティング調査を実施。現地視察同行通訳、マーケティング調査などを実施。あらたなビジネスの可能性について、調査結果に基づく戦略つくりや法人進出の方法についても教唆。
製造業
機械部品製造会社
(運営支援)
2014年 【運営支援】 タイには2011年に進出し2012年に稼働。立ち上げコンサルタントが退職したため、運営支援を行った。駐在員とタイローカルスタッフに対するコミュニケーション支援を行った。

短期支援実績(一部)

研究調査同行 2018年 日本の大学の研究者が、タイの地方にある工場にて現地農業従事者からの情報収集を行うための渡航に同行し、タイ語でのヒヤリングを通訳。研究に必要な情報の入手ができた。
現地サプライヤー訪問 2018年 日本の革製品製造会社が訪タイし、面談。タイでのビジネスについての説明とサプライヤーの紹介。以後、見積依頼などの商談が進む。また、別途、原材料としての革のサプライヤーを訪問し、日本に帰国後、革の購入と日本への輸出手配をサポート。
現地ビジネス立上げの情報収集 2019年 タイに自社ビジネスを展開する事前調査で訪タイ時に、バンコク市内でインタビュー。ビジネスプランをヒヤリングし、必要な情報の提供と、取引先、営業先などのコネクションを紹介。
現地サプライヤー訪問 2019年 日本の筆記用具メーカーが、海外からの商品購買やOEM生産を念頭に、サプライヤーを開拓希望。タイでのサプライヤーを調査し、アポイント、日本からの出張者に同行し、会議通訳、タイでのビジネス背景を説明。

他、多数実績あり。
現地ビジネス立上げの情報収集 2019年 タイに自社ビジネスを展開する事前調査で訪タイ時に、バンコク市内でインタビュー。ビジネスプランをヒヤリングし、必要な情報の提供と、取引先、営業先などのコネクションを紹介。

当社のサービスの一例

SDGs研修
日本人管理者向け
タイ人スタッフ向け
2015年に国連加盟国193ヵ国が満場一致で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals)持続可能な開発目標は、2030年の達成を目標に、各国政府、関連団体、企業、学校、NPO、そして、個人が活動に参画しています。
ESG投資の割合が多くなり、企業もSDGsにコミットした企業活動を行う選択をする場面が増えています。
タイ国でのSDGsの活動状況は?、タイと日本とアセアンは?、これからくる未来をコミットするための『SDGs』は、企業人を離れた皆さん一人一人の人生、そして家族の人生、人類の未来をも左右する力をもっているものと考えます。
当社では、タイのソーシャル・エンタープライズ協会と提携し、タイ人スタッフ向けのSDGs研修も実施することが可能です。貴社の状況に合わせたカスタマイズ研修を提供します。
タイで行う
海外研修

日本から地理的に近い東南アジアは、多様な背景を持つ国家が集まるエリアですが、ASEANの貿易協定締結などからも大きな市場として注目されています。
その中でタイは、
・日系企業が多く進出し、日本人コミュニティも発展
・王室皇室、仏教、米食、自由経済と日本との親和性
・安全で、高いインフラ力
・日本人向けサービスの充実
・英語人材とローカル言語タイ語を学ぶ機会
当社では、タイの大学の経営学部と協働し、バンコクの大学キャンパスでの座学と、当社が得意とするフィールドワークを合わせた『タイで行う海外研修』を、貴社の大切な人財の成長のために、ご希望に沿ったコーディネイトを行います。

駐在員、赴任者前の
タイビジネスの
ブリーフィング
情報ソースの多様化が進む中、小さなことから大きなことまで、どうすればいい?と、時間が取れらることが多々あります。海外では、日本国内では考えられないような場面に遭遇することや言葉のコミュニケーションミスから起こるストレスなど、駐在員や出張者には、事前情報の提供が大切です。

当社では、タイビジネスの概要をクライアント様の状況に合わせた内容を提案し、コーディネイトします。
経営者、駐在員ご自身の
自己肯定感の向上を

仕事は、人生の大きな部分を占めるものではありますが、100%ということもありません。バランスの取れた人生で、豊かで幸せな自分を生きることにつながるのだと考えます。

当社では、経営者様、駐在員様ご自身が、自己肯定感を高めることで、仕事も家庭も社会も自分も、バランスの取れた人生を生きることを応援しています。

ビジネス・マッチング

日本製品をタイのマーケットに投入したいというクライアント様に、タイでのビジネス・マッチング(パートナー企業、販売先企業、協働企業など)で、ご紹介します。
魅力ある商材を魅力ある市場で、市場の拡大を狙って、アジアでも中心的なマーケットであるタイでのスタートをしてみませんか?
お問合せは、下記のフォームから

お問合せフォーム

当社へのご質問、お問合せは、こちらの「お問合せフォーム」からご送付ください。
メールでのご相談は、無料で承っております。
現地での面談は、初回無料です。
・事業相談
・海外進出相談
・面談希望
・駐在員研修
・短期海外研修、長期海外研修
・御困りごと相談
・海外生活相談
・人生相談
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信