守備練習が待ち遠しい!
あなたの守備を上手にしてくれる
グラブシェフが大切なグラブを加工します

札幌市南区石山の売り場面積15坪の野球専門店

最新情報を更新しました(1月19日)

さっぽろGood商い賞グランプリ受賞!

札幌市の商店の中で、お客様を呼び込むための独自の取り組みを行うお店を評価する
「さっぽろGood商い賞」で、なんとグランプリを獲得しました!

最近入荷したオススメ品

アイピーセレクト アルモニーアグラブ

【球速を上げる、コントロール性能を上げる】

「中指を出す」というピッチャーグラブ。
今までは人差し指を出すグラブが主流でしたが、人差し指を中心にして投球フォームに入った時は、
「親指」vs「中指、薬指、小指」というバランスになり、体が開きやすくなっていました。
それを、中指を出すことによって、
「親指、人差し指」vs「薬指、小指」というバランスになり、体が開きにくくすることができました。

現在、縦型のグラブが流行っているのは、
体の開きを抑える。
リリースポイントをより前の方にする。
という効果が期待されているからなんです。

このグラブをはめて投球動作をするだけで、
「これで投げてみたい!」という気持ちになると思います!

下記はアイピーセレクトの情報ページです。

詳しい情報はこちら

編集画面では動画は再生されません。

アイピーセレクト新製品
アルモニーアキャッチャーミット
2019年3月発売予定

9月26日、大阪展示会場にて

動画を観る

SNS

Facebook

日々の更新、地域ネタなどはコチラからもご覧いただけます。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Facebookページへ

Instagram

店内写真、新商品やグラブシェフの加工の模様はコチラからもご覧いただけます。

インスタグラムへ

「札幌市南区にヤバい野球専門店があるぞ」

たった15坪の売り場面積で野球とバドミントンを扱っている、小さなお店に、ところ狭しとグラブが並ぶ。何も知らない人が、店の前を通ると
「よくこのお店は潰れずに残っているな」と誰もが言います。

しかしそんなお店も、2018年で40周年。

大型店やインターネット販売店がどれだけ増えようとも、お客様との関係性を築き上げたリアル店舗の専門店にしか出来ない役割があります。
「石山にヤバい店があると聞いて来ました」というお客様もいらっしゃいます。稚内や網走から、わざわざお越しいただくことも。

お客様が「気軽に相談できる・したくなるお店」
それがスポーツショップ古内です。

スポーツショップ古内の強み

当店オススメの3つの自慢

相談したくなる接客
とにかくお客様目線で、何に困っているのか。どんなことをしたいのか、というあなたの要望をとことん突き詰めて接客をします。
チームユニフォームを作りたい。
チームを探している。
などがございましたら、
どうぞお気軽にご相談くださいね!
素早いメンテナンス
加工もさることながら、修理も得意としています。
スポーツショップ古内の泉谷は、元甲子園球児。野球用品が大好きで大好きでたまらない野球マニア兼野球オタクです。
グラブを買ったなら、グラブシェフの彼に、自分の好きなグラブの型を伝えて、しっかり味付けしてもらいましょう!
厳選した商品群
アイピーセレクト 、ワールドペガサス、フロムベースなど、なかなか手にはめることすら難しいグラブも、
ゼット、ミズノ、アシックス、エスエスケイ、ローリングス、ウィルソンといったメーカーのグラブも厳選して仕入れしております。

顧客密着型の
相談したくなる接客

知識豊富なスタッフ

えばチームウェアを揃えたい、といった時、どんな風に作りますか?自分でデザインを作って、マーク工場と打ち合わせをするルートが出来ている人は素晴らしいです。そのまま続けていただきたいです。
ですが、ほとんどの人は自分でデザインを作ることは出来ません。絵型を作れても、実際にマーキングをするところまでは出来なくて困っている方がとても多いのです。
スポーツショップ古内なら、シャツなどのウェアの調達からマーキングまで、全て一元化して手配出来ますし、何百もの案件を請け負ってきましたので、お客様の手間と時間を大幅に削ることが出来ます。

ユニフォームや
移動着の作成

デザイン作成をお手伝い

スポーツショップ古内の社員が、お客様と一緒にデザインを考えます。
配色のご提案や書体のご提案なども出来ますし、「こんなこと出来ますか?」などの質問にも、その場でお応えすることが出来ます。

ユニフォーム作成
シミュレーション動画

チームウェア注文書の作成もご協力いたします

新入団員は必要数量を記入するだけ

こうしてチームウェア注文書を作成しておけば、期待の新人が入団した時にも、

「あれ?揃えるものは何だったかなぁ?」

と迷うことが無くなりますし、お店で買い物する時に店員さんに必要なものの場所を聞きやすくなるので、とても便利です。

ご要望がございましたら、スポーツショップ古内の方でシートを作成します。
データとして残しておけば、プリントアウトもらくらくです♪


こちらのチームウェア注文書は参考例です。

What's
グラブシェフ?

グラブを”調理”する職人がいる

グラブシェフ 泉谷暁史 古内克弥
「ただ柔らかくするだけが型出しではない」

買いたてのグラブは、まだ使えるものではありません。まだそれは「素材」の状態です。

その「素材」を温めたり、オイルを擦り込んだり、革を伸ばしたりなどの工程を加え、
「”あなたのプレイ”に合った型出し」をします。
素材によっては、湯もみが適しているもの、ぬるま湯で軽く仕上げるもの、スチーム加工で蒸気を当てて熱と潤いを持たせて加工するもの、手揉みのみで加工するのが適しているものなど、いろいろございます。
それらをしっかり見極めて、そしてプレイスタイルに合わせてご提案し、加工する。
グラブシェフは、あなたの「使いたい!」を形にします。
編集画面では動画は再生されません。

湯もみ動画

湯もみの工程を動画でご覧いただけます。
湯もみ依頼でお預かりしたグラブは、このように加工いたします。

動画を観る

型出し工程
(スチーム加工)

STEP

1

スチーム器で蒸す!

肉まんを作る時に使うような「蒸し器」でグラブを温めます。
約75度の温度で1分程度蒸し、革を柔らかくします。
お風呂に入った時に手の指がふにゃふにゃにふやけるのと同じように、熱と水分で革に柔軟性を与え、一時的に柔らかくします。
(蒸し器に入れる前に、オイルで全体をほんのり軽くなじませます。)

STEP

2

革を伸ばす!

革を伸ばすためにグラブを叩いたり揉み込みます。
革を伸ばす部分は、主に関節、捕球面、手口、紐です。
グラブの芯は硬さを残し、柔らかくしたいところだけを柔らかくする。
これは熟練の技と経験によって培われたテクニックです。
何千個ものグラブを観察し、加工して来たグラブシェフならではの知識と腕により、もともと硬かったグラブが、驚きの使いやすさへと変化していきます。

STEP

3

ポケットを作る!

ボールを捕球する際に、一番がっちり捕れる場所にポケットというわずかなくぼみを作ります。これによって、「せっかく捕球したのに、革が張っているために弾いてしまった!」というファンブルを防ぎます。
ボールの回転を止め、打球がポケットでぴたっと止まる。
グラブのポケット位置でプレイも変わります。どうぞお気軽にご相談ください。

STEP

4

形を整え、完成

仕上げです。
使いやすい形、使いたい形へと整える、グラブと手との交信作業。
お客様にも手を入れてもらい、納得した形でお渡しをいたします。
納得していただくまで、何度でもやり直しいたします。
購入したての頃とは全然違う使用感に驚くことと思います。

STEP

1

スチーム器で蒸す!

肉まんを作る時に使うような「蒸し器」でグラブを温めます。
約75度の温度で1分程度蒸し、革を柔らかくします。
お風呂に入った時に手の指がふにゃふにゃにふやけるのと同じように、熱と水分で革に柔軟性を与え、一時的に柔らかくします。
(蒸し器に入れる前に、オイルで全体をほんのり軽くなじませます。)

修理メンテナンスもお任せ!

グラブ修理

ヒモ通し、捕球面の修理、グリスアップなど、グラブの修理をお受けすることが出来ます。
専用のハリ、ミシンを使用し、丁寧にあなたの相棒を修復します。

グラブ、スパイクの革の補修

穴の空いた部分に当て革をし、補強をします。
これにより、「引退まであと1ヶ月なのに」という期間も持たせることが出来ます。
また、破けそうな部分も補強することで、もともとの耐久性よりも高くすることも出来ます。

Pカバーの加工

スパイクのつま先は破れやすいものです。
Pカバーの加工は、職人がいる場合ですと、大抵はその場で行うことが出来ます。
スパイクを購入し、他の品物を見ている間にPカバー加工は終了していることでしょう。

全国でも珍しいグラブを厳選して品揃え

アイピーセレクト、ワールドペガサスなど、なかなか手に入らないグラブも取り揃えております

有名なグラブ=いいグラブ
というわけではありません。

社長の古内克弥が、北海道から九州まで、日本全国を回り、全国の野球専門店の社長やスタッフと情報交換をしながら、そしてメーカーの展示会を巡りながら「これはうちのお客様におすすめしたい!」と思ったものを中心に仕入れております。
店舗の広さの関係もあり、本当に厳選したものだけを在庫しておりますが、それでも硬式グラブは50種類以上在庫しております。

取り扱い商品

ゼット

社長の古内克弥が3年間修行させていただいたメーカー。
とてつもなくお世話になっており、スポーツショップ古内では、一番多く取り揃えているブランドです。
西武の源田選手がグラブを使用していること、ユーチューバーのトクさんのバット解説の影響で、人気大爆発中。

アシックス

大谷翔平や世界大会でジャパンが揃えたことで、野球界でも一躍有名になったアシックス。
スパイクだけではなく、軽さに定評のあるグラブも人気です。
特に最上級モデルのグラブは、軽くて芯もしっかりしており、強い打球もしっかり捕球できます。

アイピーセレクト 

硬式野球をやっている内野手に特に人気の高いアイピーセレクト 。
「自然体」をコンセプトにして、とにかく動作を邪魔しないで、共に動作するグラブを作っています。
革質も評判がよく、特にキップレザーコレクションは入荷と同時に売り切れます。

ローリングス

アメリカから渡って来たベースボール初期から共に生きて来たローリングス。
HOHという革は古くからずっと「いい革」の代表格として君臨していました。
海外メーカーの規格を日本で仕上げることで、金額は安めにも関わらず、価格以上の品質です。

ミズノ

日本の野球少年は6割がミズノを使用している、と言われるほど、人気の集中しているメーカー。
安定の品質で、使用しているプロ野球選手も多く、常にトップを走り続けて来たブランドです。
(申し訳ございませんが、当店はミズノプロの取り扱い店ではございません。)

SSK、アディダス、ワールドペガサス、ウィルソン、フロムベース、ザナックス

そのほかにも、語りたいグラブはたくさんございます。
是非、実際に手を入れてみて、感触を確かめていただきたいです!
手をはめてから購入出来るのは、リアル店舗ならではの楽しみですよね。

グラブ売り場

型出し済み!
少年野球用グラブ

少年は「すぐ使いたい!」と思っている子が多いですし、ちゃんとした使い方を知らなくてはすぐに形が崩れてしまいます。
最初からいい形を作っておけば、キャッチングも上達しやすいですし、キャッチボールや守備練習が「楽しい!」と感じることができますから、野球をもっと好きになるよう、心を込めて「型出し済み」にして販売しております。

大人軟式用グラブ

「孫とキャッチボール出来る程度でいいんだ」という方に向けた柔らかくすぐ使えるグラブから、
「本格的に使いたい」という型に向けた、硬式にも使われている革を使用したグラブまで、
幅広く用途に合わせてポジション別に揃えて販売しております。

硬式用グラブ

高校野球、中学硬式で野球をしている人に向けて、オールポジションのものから、投手、内野手、外野手などのポジション別の専用グラブまで、揃えております。
また、ポジションによって最適な革を選定し、「柔らかく使いたい人向け」「型崩れを防ぎ、がっちり使いたい人向け」という用途に合わせてグラブを品揃えしております。

LINE友達になりませんか?

たまにプレゼントも…

過去に、メンテナンススポンジを全員にプレゼントしたり、限定クラッチバッグを抽選でプレゼントしました。
←クラッチバッグプレゼント企画の写真

友達追加してみる

友達登録は、
コチラのQRコードをスキャンするか、
「友達登録」ボタンをタップして下さい

お客様からの手紙

  • 写真
  • 私たちは、お客様が、もっとも喜んでいただけることを常日頃考えながら接客しています。
    それでは、もっとも喜んでいただける接客とは何でしょう?
    ただただモノを販売するだけではなくて、「この品物はご来店されたお客様の未来像にしっかりマッチしているか?」「もっと上手になれるだろうか?」「知りたい情報、悩みは何だろうか?」
    接客の中で、お客様のカウンセリングをし、もっとも合うモノをご紹介する。

    そんな「困ったなぁ」の解決役となるべく、日々、商品勉強などは欠かさず行なっておりますし、「頼まれごとは試されごと」と考え、お客様の期待以上を目指して接客いたします。

〒005-0842
北海道札幌市南区石山2条2丁目8-22
【営業時間】
平日 10:00 〜 20:00
日・祝 10:00〜18:00 
【定休日】
火曜日

青少年の健全な育成に寄与する

代表取締役社長 古内克弥
僕は小学5年生の頃、両親が創業したスポーツショップ古内のセールのお手伝いをして、大きな衝撃を受けました。
お客様が、買い物をした後に「ありがとう」と言って帰ってくれる。
お金をもらうこちらが「ありがとう」のはずなのに、どうして感謝してもらえるんだろう?と。

地域に密着したお店であるからこそ出来る
「相談」ということ。

あなたの周りには、相談したくなるお店はありますか?と聞かれた時、
札幌市在住の人が全員「スポーツショップ古内です」と言ってもらえるよう、今後もお客様としっかり向き合いながら営業をしていきたいなと思っています。

お困りごとがございましたら、どうぞお気軽にご相談下さいね。

ご来店をお待ちしております。