このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
佐賀災害支援プラットフォーム(SPF)

佐賀災害支援プラットフォーム(SPF)


❒ 団体説明
私たちは、被災地支援のためにアクションを起こしたい佐賀県民または同県に所縁のある者が、それぞれに活動をし、その情報交換や協力をするために集った「想いのプラットフォーム」です。県内外への被災地域へ、人・もの・資金を仲介する活動を行っています。
❒ 方向性

1.被災地で活動する団体、行政機関等の後方支援

2.つながりのある現地の団体への支援

現場で求められている支援・物資掲示板

現場では、物資や専門的な技術支援などが求められています。支援をよろしくお願いします。
物資を郵送、またはお持ちいただける場合は、下記住所までお願いします。

〒840-0822

佐賀市高木町3-10
認定NPO法人地球市民の会事務所
Tel:0952-24-3334


Amazonの「欲しいものリスト」から支援する

被災地では、善意で送っていただいた支援物資が、
集まりすぎて余剰になってしまうこともあります。
佐賀災害支援プラットフォームでは、現場で必要な物資を必要な量だけお寄せいただくため、
Amazonの「欲しいものリスト」からご支援をいただけるマッチングサービス
「スマートサプライ」で支援を募っています。
※協力:災害支援ネットワーク岡山様
専門知識や技術を持った県外ボランティア団体や、物資提供など、多くのありがたい支援の申し出をいただいております。

支援申し出掲示板(専門団体、物資)


支援が必要な方(専門技術、物資)

物資や、家屋の片付け作業など、現場でお困りのごと(ニーズ)についてお知らせください。

SPF内部で調査や調整の上、支援を検討させていただきます。


支援したい(物資・寄附)

物資提供のお申込み
現地では、様々な物資が不足しています。家で使われていないものなど、物資のご提供をしていただけませんか?
※必要とするところを探したうえで、提供先などとマッチングさせていただきます。
佐賀豪雨災害対策支援基金
このお預かりした寄付金は一日も早く、そして少しでも長く、佐賀県内外の現場の支援活動をはじめ、支援活動を実施するCSOに助成して、被災された皆様が少しでも早く、少しでも安全に、そして、一日も早い復興を成し遂げられるよう、県内各機関と連携し復旧復興支援をし続けていきます。
ふるさと納税
被災地ボランティア支援
被災地が元気になるためにはボランティアの方々の活動が不可欠です。このプロジェクトでは、令和3年8月豪雨災害の被災地のために活動する支援団体やボランティアの方々を支援します。
YAHOO!JAPANネット募金
佐賀豪雨等災害対策支援基金
佐賀県内でのあらゆる災害と、県外災害への支援活動(佐賀に拠点を置く団体)に対応するために、平時より準備して災害時にすぐに活用するための(緊急・復旧・復興など支援)プロジェクトです。
ふるさと納税
被災地ボランティア支援
被災地が元気になるためにはボランティアの方々の活動が不可欠です。このプロジェクトでは、令和3年8月豪雨災害の被災地のために活動する支援団体やボランティアの方々を支援します。

◆支援したい(専門団体)

支援申し込みフォーム
支援をしていただける専門団体の方は、こちらの申し込みフォームよりお知らせください。
支援要請等の為のガイドライン
SPFでは、コロナ禍の中で速やかに活動できるようにすることと、受援者様、住民が安心して支援を受けられるようにするために、ガイドラインを作成しました。ご一読の上、お申込みください。

新型コロナ禍での県外災害対応支援活動団体受入システムはコチラ
支援要請等の為のガイドライン
SPFでは、コロナ禍の中で速やかに活動できるようにすることと、受援者様、住民が安心して支援を受けられるようにするために、ガイドラインを作成しました。ご一読の上、お申込みください。

新型コロナ禍での県外災害対応支援活動団体受入システムはコチラ

県外の支援団体の皆さまへ

PCR検査費用の精算をご希望の団体様は、認定NPO法人日本レスキュー協会(SPF執行部)へメールにてご連絡ください。
送信先メールアドレス:info-saga@japan-rescue.com
※ 件名に「PCR検査請求」と記入してください。
※月末締めの翌月10日支払いになります(例:10月発行請求書→11月10日 支払い)
添付いただくもの:➀請求書(PDF:カラー)、②領収証の写し(PDF)

※入金確認後に領収書を下記に郵送してください。
送付先:〒664-0832 兵庫県伊丹市下河原2-2-13 
認定NPO法人 日本レスキュー協会 伊藤宛


NPO向け支援情報

災害支援活動をするNPOが活用できる助成金などの情報を掲載します。
様々な団体が、豪雨被災地で活動するNPOのための助成金を提供いただいております。ぜひとも活用ください!
※助成金につきましては、佐賀県内団体だけのもの、県外団体も活用できるものもありますので、ご注意ください。
※掲載する情報につきましては、各助成団体にお問い合わせください。SPF事務局ではお答えできないご質問もあります。
佐賀未来創造基金
佐賀災害基金助成プログラム
「佐賀災害基金」は、佐賀県内で発生した災害に対する緊急・復旧・復興支援活動を行う佐賀県内CSO等の継続的な活動を助成プログラムで支援します。
助成金額:①10万円 ②その他(要事前相談)のいずれか
募集:随時
日本財団
「令和3年8月大雨被害に
関わる支援活動」事業
日本財団では、今回の被害において支援活動を行うNPO法人やボランティア団体等に対して、その活動資金の支援を行います。
第1期:2021年9月6日(月)まで
第2期:2021年9月30日(木)まで
支援金額:上限100万円
日本カーシェアリング協会
災害サポートレンタカー
日本カーシェアリング協会では、支援団体向けの「災害サポートレンタカー」の貸し出しをされています。
ボラサポ・令和3年8月豪雨助成
中央共同募金会は、災害ボランティアセンター等が設置された市町村において、当該被災県内のボランティアグループ・NPO団体等が行う活動を対象とし、活動期間30日以内の短期活動に対して助成を行うこととします。

助成金額:1団体あたり50万円以内
応募締切:令和3年9月17日(金)必着
風に立つライオン基金
令和3年8月大雨災害支援活動助成
風に立つライオン基金は、災害に苦しむ方々にささやかでぬくもりある支援を届け、また、被災地で献身的に活動するボランティアの方々など「支援する人を支援する」活動を行っています。
日本カーシェアリング協会
災害サポートレンタカー
日本カーシェアリング協会では、支援団体向けの「災害サポートレンタカー」の貸し出しをされています。

葉隠会議(情報共有会議)

SPFでは、今回の令和3年豪雨災害について、オンラインで情報共有会議、通称・葉隠会議を実施しています。
情報共有会議では、活動する県内団体や、支援に入っていただいている専門団体からニーズを拾い上げ、マッチングを行っております。

活動内容

【災害時】

「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」等資源の支援を現地と調整しながら行います。

◆葉隠会議(情報共有会議)

県内外の団体の情報を一元化し、被災地住民の混乱を避け、支援が円滑にできるようにします。

◆資金の調達については、行政等の補助金などを活用および外部からのクラウドファンディングの活用も含めて行います。

 

【平時の活動】

◆定例会および執行部会

定期的な内部での会議を行い、災害時の動きや今後の方向性を協議していきます。

◆各市町内(20市町)で3者連携を進めていきます。(市町行政・市町社協・地域のCSO)
佐賀県を3ブロック(西部・中部・東部)に分け、ブロックごとの市町域を越えた連携の仕組みを構築していきます。
◆研修会
内部の専門的な能力の向上や連携強化および啓発等のための研修会を年に数回程度行います。
◆賛同団体募集および各市町等との協定を進めます

県内を中心として、災害時のスムーズな支援体制構築のため賛同団体の募集および協定を行っていきます。

必要物資
県内各ボランティアセンターや個人レベルで要望があった場所へ送っています。また、スマートサプライと連携して、必要な場所に必要な数を送っています。
直接支援
県内外の団体と情報共有(葉隠会議)をし、ニーズを拾い上げ、マッチングできるよう開催しています。
ボランティア活動
ボランティアセンターで受け入れできない案件などを個別に対応し、外部団体や独自で募集を行い、ボランティア派遣をしています。
直接支援
県内外の団体と情報共有(葉隠会議)をし、ニーズを拾い上げ、マッチングできるよう開催しています。

構成メンバー・団体

  • ◆共同代表 

    古川  健太郎(一般社団法人佐賀青年会議所 理事長)
    岩永 清邦 (認定NPO法人地球市民の会 事務局長)
    山田 健一郎(公益財団法人佐賀未来創造基金 代表理事)
    鈴木 宣雄 (NPO法人佐賀県CSO推進機構副代表)

    ◆執行部
    宮近 由紀子(特定非営利活動法人つなぎレンガ座 事務局長)
    草場 義樹(連合佐賀)
    泉  万里江(佐賀女子短期大学)
    矢冨 明徳(公益財団法人佐賀県国際交流協会)
    鈴木 智恵子(Bright Future Saga)
    塚原 功(特定非営利活動法人空家・空地活用サポートsaga)
    根木 佳織(Civic Force)
    鈴木 隆太(一般社団法人おもやい) 
    野中 豊継(佐賀ファシリテーション・カフェ)
    山路 健造(認定NPO法人地球市民の会)
    岡  武(認定NPO法人日本レスキュー協会)
    原田 亮(認定NPO法人日本レスキュー協会)

    ◆賛同団体(2021年8月12日現在54団体) 順不同

    認定NPO法人地球市民の会、佐賀小児在宅支援ネットワーク
    だいでんいっしょプロジェクト、NPO法人さが市民活動サポートセンター
    一般社団法人ユニバーサル人材開発研究所、認定NPO法人ピースウィンズジャパン
    青い鳥保育園、特定非営利活動法人つなぎレンガ座、多久孔子の里獅子舞
    佐賀レスキューサポート・バイクネットワーク佐賀ユネスコ協会
    かしま防災サポーターズクラブ、ハピたく、ボランティアDIWA
    NPO法人佐賀県CSO推進機構、一般社団法人佐賀県建築士会
    公益財団法人佐賀未来創造基金、一般社団法人SINKa、
    NPO法人Succa Senca、OKBASE、
    一般社団法人文化・芸術の泉 アール・フォンテヌ
    NPO法人温暖化防止ネット、NPO法人アジアパシフィックアライアンス
    真如苑、i-くさのねプロジェクト、連合佐賀、学校法人旭学園佐賀女子短期大学
    佐賀建設労働組合、AAR JAPAN 佐賀事務所、日新こども園
    公益財団法人佐賀県国際交流協会、株式会社ナチュラルライフ、らいふ薬局
    絆伝心プロジェクト、学校法人永原学園西九州大学短期大学部
    認定NPO法人日本レスキュー協会、NPO法人ソシオの杜
    NPO法人おせっかい工房咲風里、一般社団法人おもやい、Bright Future Saga
    認定NPO法人佐賀県難病支援ネットワーク、NPO法人空家・空地活用サポートSAGA 
    認定NPO法人市民福祉団体全国協議会九州支部、株式会社佐賀日化サービス
    NPO法人佐賀中部障がい者ふくしネット、地域活性化いじめ撲滅プロレス実行委員会
    ワークピア天山、佐賀ファシリテーション・カフェ
    独立行政法人国際協力機構九州センター(JICA)、さがクロスロード研究会
    社会福祉法人さん愛、日本防災士会佐賀県支部
    認定NPOスチューデント・サポート・フェイス
    認定NPO法人とす市民活動ネットワーク、NPO法人ジャパンハート

     

    ◆協定自治体及び団体:

    佐賀県、佐賀市、白石町、大町町、災害支援ネットワークおかやま、
    公益社団法人日本青年会議所佐賀ブロック協議会

    ◆佐賀災害支援プラットフォーム規約・規程類
     ・規約 ・規程類



佐賀災害支援プラットフォーム 事務局

〒840-0054
佐賀県佐賀市水ヶ江3-10-23-2F
日本レスキュー協会佐賀県支部内
※こちら、物資の受け取りはできませんので、
 ご了承ください。
 物資はこちらまでお願いします。
 〒840-0822
 佐賀市高木町3-10
 認定NPO法人地球市民の会
   Tel:0952-24-3334
 https://goo.gl/maps/AWUAyeDHV2ipb21KA

お問い合わせ

お問い合わせ等につきましては下記フォームよりお願いします。

お送りいただきました個人情報につきましては、本活動のみに使用させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信