このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会





東京発、日本の新・乾杯酒。

TOKYO PREMIUM
SPARKLING 
SAKE 

心 -Shin-(シン)


東京発、日本の新・乾杯酒。

SAKE女の会と
400年以上の歴史を持つ豊島屋が
共に製造した

唯一無二の日本の乾杯酒。
米、水、麹、酵母、その全てを東京産で揃え、
シャンパンと同じ瓶内二次発酵の技術を
日本酒で実現。

100年の眠りから目覚めた江戸酵母が
これまでにない豊かな香味を叶えました。
さらに古酒と新酒をブレンドする
アッサンブラージュ製法により、
この国らしい、奥深く繊細な味わいに。

日本の乾杯をより華やかに彩る
新たな乾杯酒として、
是非一度お楽しみください



TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE  心 -Shin-の商品画像

東京発、スパークリング日本酒
「心-shin-」

  • 商品名 /TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)
  • 品目 /日本酒・純米酒
  • 原材料名/ 米・米麹(東京八王子産キヌヒカリ)・酵母(江戸酵母)・炭酸ガス
  • 精米歩合 /65%
  • 製造 /シャンパーニュ方式(瓶内二次発酵)
  • 内容量/ 730㎖(720㎖ではありません!)
  • アルコール含有量/ 13度
  • 保存方法/直射日光を避け、冷暗所に保存してください
  • 製造者/豊島屋酒造株式会社
  • 販売者/株式会社豊島屋本店
  • 企画・監修/一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会
  • 数量限定販売/500本(シリアルナンバー入り)


数量限定販売/500本 シリアルナンバー入り

シリアルナンバー入りラベル写真
数量限定商品のため、販売は先着順となります。
なお、シリアルナンバーはお選びいただけません。
あらかじめご了承ください。
おいしい飲み方
5℃~8℃程度に冷やしてお召し上がりください。ぜひ、ふっくらとした形状のシャンパングラスをご使用ください。きめ細かい泡と爽やかな味わいをお楽しみいただけます。
乳白色の淡いにごりと芳醇な味わい
本製品は、シャンパーニュ製法(瓶内二次発酵)で造られておりますが、フルーティな味わいのみならず、米のお酒らしいコクや深みを一緒にお楽しみいただけますよう、あえて澱引きをしていません。古酒からくるトパーズ色がかった淡い乳白色ときめ細かくなめらかな泡を堪能ください。
おいしい飲み方
5℃~8℃程度に冷やしてお召し上がりください。ぜひ、ふっくらとした形状のシャンパングラスをご使用ください。きめ細かい泡と爽やかな味わいをお楽しみいただけます。
開栓時の注意
発泡性ですので、開栓時に吹きこぼれる場合があります。 開栓時はよく冷やしてください。キャップは、まず、少し緩め、吹きこぼれそうなったら締め、泡が落ち着いたらまた少し緩め、吹きこぼれそうなったらまた締める。これを繰り返して、ゆっくりガスを抜きながら開けてください。抜栓も楽しい時間となります
開栓時の注意
発泡性ですので、開栓時に吹きこぼれる場合があります。 開栓時はよく冷やしてください。キャップは、まず、少し緩め、吹きこぼれそうなったら締め、泡が落ち着いたらまた少し緩め、吹きこぼれそうなったらまた締める。これを繰り返して、ゆっくりガスを抜きながら開けてください。抜栓も楽しい時間となります

TOKYOテロワールを表現したスパークリング酒

江戸名所図会の写真

販売/創業400年超の老舗酒舗-豊島屋本店

豊島屋本店は、慶長元年(1596年)創業、400年超の歴史を持つ老舗酒舗。当時、酒と一緒に売り出した豆腐田楽も人気を博し、居酒屋のルーツとも言われています。また、江戸での白酒の元祖としても知られ、江戸時代に「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われたほど。豊島屋の白酒は、『江戸名所図会』や川柳・狂歌などの題材として多く取り上げられました。昭和初期には、東京府北多摩郡東村山村(現・東京都東村山市)に豊島屋酒造を設立し、清酒「金婚」「金婚正宗」を醸造販売、「金婚正宗」は、明治神宮、神田明神、東京二大神社の御神酒として納められている唯一のお酒です。樽酒を結婚式に用いる習慣も豊島屋が最初といわれています。
桝に注がれている日本酒
豊島屋本店の日本酒の画像
神社に奉納されている樽酒「金婚」
神社に奉納されている樽酒「金婚」
豊島屋酒造の蔵の前に並ぶ従業員

製造/江戸・東京の地酒-豊島屋酒造

豊島屋酒造は数少ない東京都内にある蔵元で、醸造するお酒は「江戸・東京の地酒」として多くの人たちに親しまれています。私たち蔵人は、お酒を醸すことにより、お酒の良さを生かして人と人のつながりを生み出し、誰もが楽しく幸せに生きる社会をつくる一助になりたいと思っています。
お酒好きな人びとはもとより、これまでお酒に興味のなかった人びとにお酒のよさを知っていただき、お酒の美味しさと日本酒文化をお楽しみいただくとともに、お酒の飲めない人や子どもたちに日本の食文化の素晴らしさや醸造文化を知っていただきたいと願っています。
そして、未来を築く子どもたちが、日本の食文化とそれを育む美しい自然環境を守り伝え、健康な、楽しい生活を送ることを夢見ています。
SAKE女の会のメンバー写真

企画・監修/SAKE女の会

一般社団法人 日本のSAKEとWINEを愛する女性の会(通称:SAKE女の会)は、2016年6月29日に発足、お酒と食とその周辺文化を愛する現在約2000名の女性・男性会員様が所属しています。

女性のおもてなし力で日本のSAKEとWINEを世界に広め、料飲サービスに携わる人々(提供者)の活躍する場を世界に拡大し、社会的地位向上に尽力することを基本理念としています。また、料飲サービスを受ける人々(消費者/愛好家)の啓蒙活動に寄与し、日本の酒と食によるおもてなし力を高め、料飲業界の活性化、観光/地域の活性化を図り、日本の伝統食文化の継承に繋げていくことを目的にしています。
乾杯をする酒女の会理事長
フェミナリーズ世界ワインコンクールの写真
SAKE女の会友田理事長と小池東京都知事
SAKE女の会友田理事長と小池東京都知事
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)しおり表

商品ロゴ/大妻女子大学書道部

商品名「心 -Shin-(シン)」には、心を込めて酒造りをした熱い思いが込められています。
発案者、製造者の思いを伝えるための商品ロゴは、東京都千代田区にキャンパスを構える大妻女子大学書道部の皆さんに依頼をしました。各部員の皆さんの思いが込められた素晴らしい作品が集まりました。その中かから、日本のおもてなしの心、東京の粋、酒造りの思いが伝わる作品をロゴとして選ばせていただきました
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)しおり裏
大妻女子大学書道部集合写真
大きな紙に筆書きする大妻女子大学書道部部員
大きな紙に筆書きする大妻女子大学書道部部員

スパークリング日本酒「心-shin-」開発の想い

酒貯蔵タンクの前に並ぶSAKE女の会プロジェクトチーム
 この「TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-」は、お酒を愛し、お酒でおもてなしができる人を増やす活動を行う一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会(通称:SAKE女の会)の思いと、東京で400年以上の歴史を誇る豊島屋本店の技術により誕生しました。
 永い眠りから覚めた江戸酵母、東京産米キヌヒカリ、武蔵野の水を使ったオール東京の酒「金婚 純米吟醸 江戸酒王子」をベースに、SAKE女の会プロジェクトチームが、豊かな酸のある古酒とフレッシュな新酒をアッサンブラージュし、シャンパーニュ製法(瓶内二次発酵)を行いました。ここに、東京産の原料と東京の人々による日本初のTOKYOテロワールを表現したスパークリング酒が形になりました。
 商品名の「心」は、Shin(しん)と読みます。SAKE女の会会員からの応募により決定。ラベルの心の文字は大妻女子大学書道部によるものです。
 日本で行うイベントの乾杯として、また、豊かな食卓の彩として、「TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-」をお選びいただけましたら本望です。海外の皆様には、華やかでゴージャスで奥行きのある東京生まれのスパークリング酒として、TOKYOテロワールをご堪能ください。
一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会
(通称:SAKE女の会)プロジェクトチーム
友田晶子、舘谷葉子、中里有美子、萩尾美智代、
増田佳与、吉田順子、北原康行
豊島屋酒造株式会社 石井治幸
株式会社豊島屋本店 吉村俊之
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE “心-Shin“ was born from the passion of the Women's Association for Japanese SAKE & WINE Lovers, aka “Sake-jo no Kai”, and the craftmanship of Toshimaya Corporation, proprietors of the oldest sake store in Tokyo, established more than 400 years ago. “Sake-jo no Kai” is an organization engaged in the promotion and education of alcoholic beverages and the Japanese hospitality culture known as “Omotenashi”.

The base sake for this premium sparkling product is Toshimaya’s flagship “Kinkon Junmai Ginjo Edo Sake Oji” made exclusively from Tokyo ingredients such as vintage Edo yeast originating for longer than a century, Tokyo-grown Kinuhikari rice and water from the Musashino region.

To formulate the base sake, the “Sake-jo no Kai” project members used a blend of two types of Kinkon Junmai Ginjo Edo Sake Oji, one an aged sake exhibiting rich acidity, and one a vibrant, freshly brewed young sake. This blend underwent a second fermentation in the bottle, similar to the traditional method used for making Champagne. Lovingly brewed in Tokyo by Tokyoites, this sparkling sake is a fully developed expression of Tokyo’s terroir.

The product name “心” (Shin or Kokoro, heart in English) was carefully selected from several candidates proposed by the Sake-jo no Kai members. The character “心” on the label was written in traditional ink brush by a student-member of the Otsuma Women’s University Calligraphy Club.

We are so pleased that you have chosen our “TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE “心-Shin”. We are confident you will enjoy the vibrant and rich flavors of this unique sparkling sake that reflect the energy, sophistication and terroir of Tokyo, as much as we do.
Women's Association for Japanese SAKE & WINE Lovers
aka “Sake-jo no Kai” Project Team
Akiko Tomoda, Yoko Tateya, Yumiko Nakazato,
Michiyo Hagio,
Kayo Masuda,

Junko Yoshida, Yasuyuki Kitahara
Toshimaya Shuzo Sake Brewery Co., Ltd.
Haruyuki Ishii
Toshimaya Corporation
Toshiyuki Yoshimura

ベースは「江戸酵母」で造られた、豊かな酸味の純米吟醸酒

蒸した酒米を持つ手
スパークリング日本酒「心-shin-」が生まれるきっかけとなったのは、豊島屋本店吉村社長とSAKE女の会友田代表理事との「酸味のある日本酒が少ない」という会話から。吉村社長は、暴れん坊で扱いが難しいけれど豊かな酸を生み出す『江戸酵母』を復活させ、日本酒としては珍しい酸度8.2、日本酒度-40の純米吟醸「金婚 純米吟醸 江戸酒王子」を商品化。武蔵野台地の地下150メートルから汲み上げた水を仕込み水、全量八王子市産の「キヌヒカリ」米、そして伝統の「江戸酵母」という、オール東京産の日本酒となりました。著名なソムリエが審査する”Kura Master 2020″(パリ)の純米酒部門にて、みごと、プラチナ賞(最高賞)を受賞しています。
「江戸酒王子」をテイスティングした友田代表理事は、「この酸味なら、きっと、素晴らしいスパークリング酒ができる」と確信し、シャンパーニュにも負けない、東京産の「乾杯酒」が造れるという熱い思いを、豊島屋本店、豊島屋酒造の理解と協力で、プロジェクトがスタートしました。

「アッサンブラージュ」でTOKYOテロワールを表現

アッサンブラージュの試験をするSAKE女の会メンバー
アッサンブラージュ。キュビズムが発祥といわれる現代美術用語で、さまざまに異なる素材を組み合わせ寄せ集めることによりあらたな作品を創造する技法のこと。ワインやシャンパーニュの製造でも使われる手法で、ヴィンテージ違い、畑違い、品種違い、タンク違いを絶妙にアッサンブラージュすることで、より複雑で立体的な魅力を構築します。今回は、日本酒ではあまり使われないこの技法を取り入れました。
東京産地酒「金婚 純米吟醸 江戸酒王子」の2020年古酒と2021年新酒を、SAKE女の会の中の酒類資格保持者メンバーが、その技術と感性を駆使し、杜氏や蔵元ともに蔵内でアッサンブラージュしました。TOKYOテロワールにふさわしい香味、新鮮さと熟成感の完璧なバランス、そして未来への成長を感じさせるポテンシャル、グラスに注ぐだけで、またほんの一口を含むだけで、アッサンブラージュの魅力を体感していただけるはずです。
プロジェクトへの思い

アッサンブラージュメンバーの声

増田 佳与写真
VOICE
増田 佳与/酒類専門セールスプロモーター
ソムリエ/国際唎酒師/焼酎唎酒師/チーズプロフェッショナル/サクラアワード審査員/ 第1回日本ソムリエ協会ブラインドテイスティングコンテスト・3位/第4回日本ソムリエ協会ブラインドテイスティングコンテスト・決勝出場

【プロジェクトへの思い】
初めてベースとなるお酒を試飲した際、その美味しさに感動しました。ミーティングでは実に沢山のサンプルの中からアルコール度数、オリの割合、泡の強さ、アサンブラージュの割合を検証しました。江戸酵母ならではの唯一無二、素晴らしい味わいに仕上がっていると思います。このプロジェクトに携われた事を心より感謝します。
舘谷 葉子写真
VOICE
舘谷 葉子/タイタニックホールディングス(株) セールスエグゼクティブ

JSAワインソムリエ/国際唎酒師/酒匠/日本酒学講師/WSET Level 3 Award in Wines

【プロジェクトへの思い】

「Tokyo Tokyo」 “Old meets New” は東京のPRアイコンで、東京の魅力が江戸から続く伝統と最先端の技術が共存する街であることを象徴している。Tokyo Premium Sparkling Sake 「心」は、江戸創業の豊島屋本店、豊島屋酒造が江戸酵母を使い、日本酒の世界ではまだ新しいシャンパーニュ製法を使って瓶内二次発酵させたお酒、まさに伝統と革新の融合である。このスパークリング酒を世界中の人達に飲んでもらい東京の新たな魅力を伝えたいです。

増田 佳与写真
VOICE
増田 佳与/酒類専門セールスプロモーター
ソムリエ/国際唎酒師/焼酎唎酒師/チーズプロフェッショナル/サクラアワード審査員/ 第1回日本ソムリエ協会ブラインドテイスティングコンテスト・3位/第4回日本ソムリエ協会ブラインドテイスティングコンテスト・決勝出場

【プロジェクトへの思い】
初めてベースとなるお酒を試飲した際、その美味しさに感動しました。ミーティングでは実に沢山のサンプルの中からアルコール度数、オリの割合、泡の強さ、アサンブラージュの割合を検証しました。江戸酵母ならではの唯一無二、素晴らしい味わいに仕上がっていると思います。このプロジェクトに携われた事を心より感謝します。

シャンパーニュ製法(瓶内二次発酵)

スパークリング日本酒「心-shin-」の瓶にかけられた開栓注意のラベル
シャンパーニュ製法とは、瓶内で2次発酵を促し、ナチュラルな炭酸ガスを発生させてそれを閉じ込めておく製法です。スパークリング日本酒「心-shin-」はこのシャンパーニュ製法によって造られています。
瓶内二次発酵で生成された炭酸ガスは、きめが細かくクリーミーで、持続性があります。また、アッサンブラージュにより、爽やかさのみならず、ふくよかさや奥行きも兼ね添えた発泡感をご体感いただけます。なお、あえて、シャンパーニュのように澱引きはしていません。日本酒らしい濁りを残しています。それゆえに、日本酒ならではの旨味を感じることができます。トパーズ色がかった乳白色の淡いにごりときめの細かな泡が、東京発の日本の新・乾杯酒らしさを演出します。

商品名「心」に込めた想い

ずらりと並んだ商品名候補の漢字

商品名の「心」は、SAKE女の会の会員様からの応募によって決定しました。SAKE女オリジナルのスパークリング日本酒を造るにあたり、SAKE女の会の会員様に商品名となる漢字一文字を募集しました。約40文字のアイディアが集まり、その中から「心」に決定。読み仮名は、あえて「シン」としました。これは、すでに豊島屋本店様に「こころ」という名称の商品があったことと「シン」の響きが「新」「真」を連想させ、東京発、日本の新・乾杯酒のコンセプトにピッタリだったことが理由です。SAKE女の会の会員様のご意見を取り入れることで、まさに、SAKE女の会会員様全員の「心」が込められた商品となりました。

TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)しおり表
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)しおり中面
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)しおり裏
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)しおり裏

- other -

シャンパングラスに注がれるスパークリング日本酒「心-shin-」

乾杯からデザートまで

まずは、乾杯に。お祝いの席に華やかさをプラスしてくれます。そして、爽やかさと心地いい甘酸っぱさが喉の渇きをいやしてくれます。2杯目には、日本酒らしい旨味を感じます。新鮮な魚介のサラダやお寿司、お刺身に寄り添います。3杯目には、古酒からくる深みや奥行きを感じます。ローストしたお肉料理との相乗効果に驚くはずです。4杯目からは余韻の長さを楽しみつつ、熟成したチーズやフルーツを使ったタルト、チョコレートとも好相性を見せてくれます。乾杯からデザートまで、この1本でフルコースをご堪能いただけます。

シャンパングラスとスパークリング日本酒の写真

あえてコルクは使わず

このスパーリングには「コルク」は使用していません。なぜなら、どなたにでも簡単に開けていただけるようにという思いからです。また、日本酒ならではの製法である湯煎による「火入れ」を瓶詰め後に一度だけ行っています。劣化防止とさらなる瓶内二次発酵を押さえるためです。これで、皆様のお手元に安心してお届けできます。なお、開栓の際は、必ずしっかりと冷やしてください。キャップを少し開け、吹き出しの状況を確認しつつ、閉めたり緩めたりしながら少しずつ開けるのがポイントです。そのお時間もお楽しみください。

シャンパングラスで乾杯する女性

シャンパンの華やかさ、エレガントさに負けない、日本の乾杯をより華やかに彩る乾杯酒。

日本の公式晩餐会や国家レベルの各種イベントの際、乾杯酒として使用されるのはフランス産シャンパンが用いられることが多くなっています。でも、日本のイベントなら、日本産のお酒で乾杯するべきだと思います。
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-は、シャンパンの華やかさ、エレガントさに負けない、日本の乾杯をより華やかに彩る新たな乾杯酒を目指しました。


NEWS

料理のイメージ写真
カリフォルニア、NAPAのレストランにてお取り扱いが決まりました。
2021年8月21日
日本でも人気のレストランのNAPA店。洗練された料理とともにTOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)を提供させていただくことになりました。

HAL  YAMASHITA Napa
1300 Main St.,Suite 100,Napa California

www.halnapa.com




コンラッド東京店内写真
コンラッド東京様にてお取り扱いが決まりました。
2021年8月21日
東京の魅力を満喫できる最高のロケーションで、東京産のスパークリング日本酒を満喫できます。

〒105-7337 東京都港区東新橋1-9-1

シャンパングラスに注がれるスパークリング日本酒
プレス向け試飲会を予定しています。

TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)のプレス向け試飲会を開催させていただきます。
詳細が決まり次第、発表いたします。



- LINE UP -
商品一覧

TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)商品写真

SAKE女の会オリジナル 
東京産スパークリング日本酒 
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE
心 -Shin-(シン)

専用BOX付き

品目 /日本酒・純米酒原
材料名/ 米・米こうじ(東京八王子産キヌヒカリ)・ 酵母(江戸酵母)・炭酸ガス
精米歩合 /65%
製造 /シャンパーニュ方式(瓶内二次発酵)
内容量/ 730㎖(720㎖ではありません!)
アルコール含有量/ 13度
保存方法/直射日光を避け、冷暗所に保存
製造者/豊島屋酒造株式会社 
販売者/株式会社豊島屋本店
20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

  • ¥19,800 
  • (税込/送料別)
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)2本セット商品写真
SAKE女の会オリジナル 
東京産スパークリング日本酒 
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE
心 -Shin-(シン)
【2本セット】個別専用BOX付き
品目 /日本酒・純米酒原
材料名/ 米・米こうじ(東京八王子産キヌヒカリ)・ 酵母(江戸酵母)・炭酸ガス
精米歩合 /65%
製造 /シャンパーニュ方式(瓶内二次発酵)
内容量/ 730㎖(720㎖ではありません!)×2本
アルコール含有量/ 13度
保存方法/直射日光を避け、冷暗所に保存
製造者/豊島屋酒造株式会社 
販売者/株式会社豊島屋本店

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています
  • 販売価格
  • ¥39,600
  • (税込/送料別)
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)3本セット商品写真
SAKE女の会オリジナル 
東京産スパークリング日本酒 
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE
心 -Shin-(シン)
【3本セット】個別専用BOX付き
品目 /日本酒・純米酒原
材料名/ 米・米こうじ(東京八王子産キヌヒカリ)・ 酵母(江戸酵母)・炭酸ガス
精米歩合 /65%
製造 /シャンパーニュ方式(瓶内二次発酵)
内容量/ 730㎖(720㎖ではありません!)×3本
アルコール含有量/ 13度
保存方法/直射日光を避け、冷暗所に保存
製造者/豊島屋酒造株式会社 
販売者/株式会社豊島屋本店

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています
  • 販売価格
  • ¥59,400 
  • (税込/送料別)
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)6本セット商品写真
SAKE女の会オリジナル 
東京産スパークリング日本酒 
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE
心 -Shin-(シン)
【6本セット】個別専用BOX付き
品目 /日本酒・純米酒原
材料名/ 米・米こうじ(東京八王子産キヌヒカリ)・ 酵母(江戸酵母)・炭酸ガス
精米歩合 /65%
製造 /シャンパーニュ方式(瓶内二次発酵)
内容量/ 730㎖(720㎖ではありません!)×6本
アルコール含有量/ 13度
保存方法/直射日光を避け、冷暗所に保存
製造者/豊島屋酒造株式会社 
販売者/株式会社豊島屋本店

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています
  • 販売価格
  • ¥118,800 
  • (税込/送料別)
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-(シン)6本セット商品写真
SAKE女の会オリジナル 
東京産スパークリング日本酒 
TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE
心 -Shin-(シン)
【6本セット】個別専用BOX付き
品目 /日本酒・純米酒原
材料名/ 米・米こうじ(東京八王子産キヌヒカリ)・ 酵母(江戸酵母)・炭酸ガス
精米歩合 /65%
製造 /シャンパーニュ方式(瓶内二次発酵)
内容量/ 730㎖(720㎖ではありません!)×6本
アルコール含有量/ 13度
保存方法/直射日光を避け、冷暗所に保存
製造者/豊島屋酒造株式会社 
販売者/株式会社豊島屋本店

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています
  • 販売価格
  • ¥118,800 
  • (税込/送料別)

ONLINESHOPのご案内

商品は、SAKE女の会オンラインショップ「SAKE女ストア」よりご購入いただけます。


一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会

名称 一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会
略称 SAKE女の会
英文名 Women’s association for Japanese SAKE & WINE lovers
所在地 〒102-0082 東京都千代田区一番町6番地 相模屋本社ビル7階
代表理事 友田 晶子
mail info@omotenashi-sakejo.com
公式サイト https://omotenashi-sakejo.com/
名称 一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会
Facebook
Twitter
Instagram
Instagram
20歳未満の飲酒は法律で禁じられています。販売はいたしません。

- CONTACT -

お問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。
お電話、メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信