第6回クリエイターEXPO(C-8-13)
ご来場の皆様へ
【spark joy】
2017年6月28日~30日
ご挨拶
この度はクリエイターEXPO2017へのご来場、また【spark joy】<スパークジョイ>へご興味を持っていただき誠にありがとうございます。
 
私たちは小野寺ひかりと土橋郁哉による文筆ユニットです。

数々の制作チームをともにしたブレーンである事をきっかけにシナリオ・企画・作詞など媒体問わず幅広く活動しています。

今後とも、ご縁が続きますよう
何とぞよろしくお願い申し上げます。

                   spark joy
小野寺 ひかり
土橋 郁哉

【コンテンツご担当者さま】

spark joyは、
オリジナル小説『オノズマップー女の子とふしぎの国ー』+テーマソング『おのずのダンス』(振付あり)の

書籍化
×映像化×アプリゲーム化【希望】しております。



■企画概要
2016年12月としまアートステーション構想を由来とする「オノコラーフェス2016」が開催されました。そこで私たちは参加者たちが楽しめるオリジナルダンス『おのずのダンス』をパフォーマンスアートとして仕上げました。

さらに参加者を小学生を対象にしたことで、子供たちと物語世界を一緒に楽しみたい、という考えから新たにダンスを源流にもった児童向け物語「オノズマップー女の子とふしぎな国ー」を新たに構築いたしました。

物語にテーマソングがある、それはこんな経緯から生まれたものです。

■理念
物語は、今の子どもたちがお手本となるヒーロー像を持っていないのではないか、という疑問の中からスタートしました。自発的に「なにか」をする、という相手とのコミュニケーションがもたらす喜びや、幸せを、平凡な女の子が不思議な世界で実感を得ていくことで、読者が「自らが動く力」を得ていく支えになって欲しい、と、そんな願いを込めて作り上げています。 

■作品実績
イベント開催の2日間(合計6回)で東長崎駅前のパフォーマンスアートは動員100名を記録。
同日、上池袋の「くすのき荘」にて行われた現代アート展示「雑居展」にて物語展示も来場者からの高評価を得ております。
これまでも、保育施設「ひまわり園」、高齢者施設「アトリエ村」でもパフォーマンス、また朗読会、弾き語りが行われました。

■ご提案
書籍化、映像化、アプリゲーム化など今後の展望の後押しを希望しております。

ストーリーサンプルもご用意しておりますのでご関心あります方はお気軽にお問い合わせください。3日以内にご連絡を差し上げます。
よろしくお願いいたします。

「オノズマップー女の子とふしぎの国ー」

プロローグ

とてもとても風の強い日のことでした。
空を眺めていた女の子。


「キレイ」

強い風が桜の花びらを散らしていく
ピンク色の空に心を奪われた、その時!


女の子の体は
桜の花びらと同じように
ぶわっと宙に浮き、
不思議と木の向こうへと吸い込まれてしまったのです。
リンコはその方角を見てギョッとしました。
「あの森って、まさか迷いの森?
  1 人で行ったの?」
「うん、そうだけど……」
「あの森には悪い魔女が住んでいるのよ!
 なんでも子供をさらって食べてしまうんですって」
「ええ!」
オノズちゃんは目をまん丸にして驚きました。

ヒロとオノズちゃんは海風を肌に受けてボーっと時間が
過ぎるのを待っています。
「そうだ!忘れるところだった」
「えっ!?
 
なに?」
それはサクランボの髪留めでした。

©︎冨田了平 提供:としまアートステーション構想

編集画面では動画は再生されません。

おのずのダンス

企画・作詞・原案:小野寺 ひかり
振り付け:chico
作曲:竹田 克也
協力:やしま かずこ 

Facebookページはコチラ

ユニットプロフィール

土橋 郁哉
1990年生まれ、千葉県出身、東京都在住。実相寺昭雄を師とする実相寺組在籍。

大学在学時より2010年、『舞台版イナズマイレブン』に制作参加後、映劇アニ
メライブの文筆業務の担当となり、
2.5次元舞台を中心に『らき☆すた≒おん☆すて』『 華ヤカ哉、我ガ一族 オペ
ラカレイド”再会”』『ハマトラ THE STAGE CROSSING TIME』『アルカナ・ファ
ミリア Valentino』 など同社の大型戦略作品を担当。

また同社のドラマCDレーベルの立ち上げに際し、皮切り作品『ポーの一族』
『闇のパープル・アイ』の脚本を執筆する。WEB記事多数。

2016年としまアートステーション構想にて『オノズマップ』を企画・発表。

■得意分野 脚本、コミックス、ラジオ、特撮

□挑戦したいジャンル

サイエンスフィクション、ティーンズノベル、マンガレビュー、書籍編集協力 など

小野寺 ひかり
1990年生まれ、栃木県出身、東京都在住。
脚本(舞台、ドラマCD、漫画原作)、作詞、小説の他、取材記事、WEBへブックレビュー、
女性向け記事などを寄稿。

2016年としまアートステーション構想にて『オノズマップ』と付随した「おのずのダンス」を企画・原案と媒体を問わずフィール
ド広く活動中。

2017年電子書籍出版した『平成三侠伝』はBOOK☆WALKER、イ
ンディーズ部門にて3位を獲得している。

■制作実績

■ドラマCD 『11人いる!』原作:萩尾望都(映劇)『やじきた学園道中記』原作:市東亮子(映劇)

■舞台・作詞

『CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ rin-g-age』原作: オトメイト 博品館劇場

■小説『平成三侠伝』( (群雛NovelJam)
■漫画脚本
■書籍編集協力 多数 

□挑戦したいジャンル
古本に関する記事、本屋レビュー、映画のレビュー、文芸小説、漫画脚本 など


ココロときめくストーリーを

制作実績多数

詳細はブースにてお話しお待ちしております。

お問い合わせ

小野寺:h.onodera90@gmail.com
土橋:fumiya.tsuchihashi@gmail.com