良い会社にしよう!と一生懸命なのに!
なぜか社員が不満そう…

そんな悩みをお持ちの社長様へ!

社長!良かれと思ってこんな努力をしていませんか?

・残業している社員を「頑張ってるな!」と褒めている!

・落ち込んでいる若手社員を飲みに連れて行っている!

・管理職に「横連携が大事だ」「チームワークを大切に」と言っている!

・部下一人一人の意見を聞き、やる気を出させよようとしている!

・社外のセミナーに積極的に行かせている!

実はこの努力は逆効果!
かえって組織は崩れます!
 その前にやるべき事があるんです!

それは!
 
『前向きな規律・境界・ルール』を定める事!
 
これにより組織は活性化し、成果と利益をもたらします!

企業に規律を!
職場に愛を!
社内相思相愛コンサルタント!白石恵美子です!

 

私の考える本当の社内相思相愛とは?

初めまして!社内相思相愛コンサルタントの白石恵美子です。

 『社内相思相愛って何?』そう思われた方もいるかもしれません。

 私の考える社内相思相愛とは、『経営ビジョンと、それを実現する戦略がシンプルで明確。社員一人一人が、成果を意識した行動に集中できる状態』を言います。具体的には以下のような状態です。

相思相愛でない状態!

相思相愛の状態!

社長の想い(理念)!・規定・ルール!・社員の育成!この3つがしっかりと定まり、一貫性が生まれる事で!

社内が一体となり、ビジョンに向かう行動ができるようになります!

あなたの会社は大丈夫?企業を衰弱させる3つの罠!

私は今までに500社、10,000時間以上。30業種以上の研修やコンサルティングを行ってきました。その中で、利益が上がらず、組織がバラバラの企業にはある共通する『3つの罠』がありました。それは以下の3つです。

①働きやすい環境を作るという罠!

世の中の多くの社長は「人」で悩んでいます。特に、社員の離職に対しては、大きな恐れや不安を持ってみえます。人材の確保が難しいため離職を防止しようと、会社が社員の働き方に合わせてルールの変更をしたり、社員の要望を受け入れたり…。

 

一見、社員に優しい会社の様に見えますが、ここに大きな問題が生じます。

社員は言えばなんでも変えて貰える!という勘違いを起こし、変更して貰えないと不満が出る…。

 

実際に私が現場で遭遇したのは、あるAさんが上司が気に入らないと社長に訴えました。社長は上司に対し、もう少し気持ちを汲み取ってやってくれと指示。結果的に、その上司は部下に遠慮するようになり、指示を出す事が出来なくなりました。

 

そして、部下も言えばなんでも通る。自分には上司は何も言えないと勘違いし、立場の関係が崩壊。Aさんの離職は無くなっても、本来優秀な上司の能力を、完全に潰してしまったのです。これでは、会社にとっては大きな損害です。つまり、ただ働きやすくするということは、組織崩壊を招く大きな要因となります。

 

大切なのは、社内の秩序を守るルールをしっかりと定めること。そして、そのルールの中での指揮命令の仕組みを構築する事で、本当の意味での働きやすさが生まれるのです。

 

②頑張っている事を褒める!という評価基準の罠!

「うちの社員は遅くまで残業して頑張ってるんです」「頑張って勉強してくれているんです」よく、嬉しそうにお話ししてくださる社長が見えます。しかし、この「褒める」という行為には注意が必要です。

 

なぜかというと、社員のやる気を落とさないように安易に褒めてしまうと、目標達成への意識の低下や、成果が出なくても頑張っていればいい!という風潮になりかねません。

さらに、社長の前だけ!上司の前だけ頑張るという社員を生み出してしまう可能性があり、これでは本末転倒です。

 

大切なのは、ビジョン達成や、目標達成に繋がる行動を褒める。そして、その褒める基準を明確に言葉として表現できる事が必要なのです。ビジョン達成に向けた頑張りとは何のなのか?これを明確に定める事で、適切な評価もできるようになり、より成果や行動が加速していきます。

 

あなたの会社には、明確な評価基準がありますか?

③社員のモチベーションを上げようという罠!

よく、「社員のモチベーションが上がらなくて…」このような相談を受けます。モチベーションを上げるために、「社員一人一人とコミュニケーションを取っている」「落ち込んでいる社員のために飲み会をやっている」など、努力をされている社長も見えます。

 

このような取り組みを否定するわけではありません。モチベーションが上がり、社員から「この会社は働きやすい!」とか、周りからも「社内の雰囲気がいいね!」こう言われる事は嬉しい事だとは思います。

 

しかし、そもそもモチベーションは人に上げてもらうものでしょうか?

そして、このモチベーションは上なぜがったり下がったりするのでしょうか?

 

それは、やるべき事が明確にわかっていない。それをやる理由が分からず何となくでやっている。ここに大きな原因があると考えます。

 

なぜこの仕事をやらなくていけないのか?そして、これをやる事で、会社・お客様・社会にどのように貢献できるのか?ここを明確にする事で、仕事に対する責任が生まれます。

 

つまり、仕事である以上、与えられたものには責任が生じる!この自覚を浸透させると共に、モチベーションという概念も必要なくなるのです。

 

これこそが継続的な発展と成長を生むのです。

いかがですか?あなたの会社は当てはまりませんでしたか?

会社を良くしようとしている社長ほど、この罠に陥りがちです! 

社内相思相愛コンサルタントが入る事で、これらを改善し、以下のような効果が生まれます!

社内相思相愛企業になる事で!会社にもたらす効果!

・この会社に入って良かった!そんな声が溢れます!

・会社に来ると笑顔になる!そんな職場を作る事ができます!

・責任をもって最後まで仕事をやり切れる人材が育ちます!

・仕事に対する達成感を感じ、やりがいと生きがいが生まれます!

・取材してもいいですか?そう言ってもらえる会社に生まれ変わります!

・成果に邁進できる社員が育ちます!

・お金・生活の為に仕方なく働く社員がいなくなります!

・陰口・上司批判・会社批判が無くなります!

・パワハラ・イジメがなくなります!

・会社を良くする為の、前向きな意見が言い合える環境ができます!

・お客様の喜びを第一に考えられる社風になります!

・社長は、未来構想に時間が費やせるようになります!

なぜこのような効果が生まれるの?
それはたった3つ事を取り入れる事です!

その①:社長が旗振りに専念できる!理念浸透させる仕組み作り!

理念は作成したけれど、全然浸透せず絵に描いた餅になっている…。そんな社長も見えます。

ある調査では、経営理念が社員に「浸透している」と感じる企業は全体のわずか6%しかなく、そのほかはあまり思わないというのが現状です。

 

では、なぜこのような事が起こるのか?その大きな原因は、

 

・社内での役割が明確になっていない。

・理念の目的が「問題解決」になっている。

 

というものです。 

本来社長は、経営の旗振りに専念しなければなりません。しかし、業務や問題に追われ、社長がやるべき事ではないものに時間を割かれる。社員も何かあれば、上司や社長が何とかしてくれると感じている。

このように、一人一人の役割が明確になっていないと、本来やるべき事に集中できず成果に繋がりません。

 

また経営理念は、問題解決をする為ではなく「企業の価値創造」の為にあると私は考えます。

 

社長が本当に大切にし、存続させたいもの!これを明確にする必要があり、これは度重なる自分との会話によってしか生み出す事ができないのです。

 

私が500社以上、10,000時間以上の研修とコンサルによって、生み出したオリジナルシートを活用しながら、社長が本当に大切にしているものを引き出し、一人一人の役割を明確に致します!

理由②:社長の意図を汲み取った完全オーダーメイドの研修!
本当の意味での!「スタッフ想い」「会社想い」を浸透させます!

あなたは外部講師を沢山呼んで、社内研修を実施していますか?

しかし、沢山の講師を呼べば呼ぶほど社員は、「またか」「前と言ってる事が違う」など、逆に混乱を招いてしまいます。

 

内容ももちろん大切ですが、重要なのは取り組みに一貫性がある事です!

私の研修の特徴は次の3つです。

 

①社長の意図を汲み取った完全オーダーメイド!

社長が現在どのような悩みがあり、社内での問題点をヒアリング致します。

それによって、本当に必要な研修プログラムを完全オーダーメイドで作成し、実施致します!

 

②質問が中心で、社員が自ら考える研修カリキュラム!

一方的に聞いているだけ!これではただ学んで終わり。一時的に変化はあっても継続性はありません。

私の研修は、質問が中心で社員一人一人に考えさせ、発表して頂きます。これにより、一人一人が思っている事を共有できると共に、発言していいんだ!という雰囲気が生まれます。実際に、研修中にアイディアが生まれプロジェクトが生まれたなどの成果もあり、社内に活気が溢れます。

 

③研修ゴールが明確で、PDCAがしっかり回せる状態を作る事!

この研修は何の為にやるか?そして、ゴールは何かを徹底的に考えます。そして、研修後に実際にどんな行動をしていくかを、行動レベルまで落とし込むので、すぐに現場での行動ができるようになります。

行動を起こす事で、次の課題や改善するべき点が見えるので、どんどん事業が加速します!

 

現在の状況に最も適した研修を!ご提供致します!

理由③:明確なルールの作成で!適正な評価基準と、モチベーションに左右されない強い組織へ!

私が定義する、明確なルール・規律とは、

 

・やっていい事と、ダメな事が明確に言葉になっている事。

・社員一人一人がビジョンに沿った行動ができ、その行動に対する適切な評価基準がある事。

 

を指します。この明確なルールと適切な評価基準ができる事で、組織内に秩序が生まれ、ルールを守ったものが正当な評価が与えられる仕組みが構築できます。

 

もちろんこれには、「独裁主義」と受け取り反発も起こり、離職者の現れる可能性もあります。しかし、本来組織というものは、やりたい事をやる場ではなく、ルールを守らなければいれないものです。

一時的には大変でも、このきっちりとしたルールがあることで、結果的には必ず成果と効率化につながります。

 

社長の理念実現の為の、明確なルール作りと適切な評価基準を作るサポート致します!

このサイトの特別な特典!

もっと知りたい!詳しく話を聞いてみたい!そんなあなたの為に!

特別な2つの特典をご用意!

 

特典①

「会社の状態が一目で分かる!」
社内相思相愛分析シートを活用した!30分個別コンサルティング!
通常10,000円を!無料でプレゼント!

 

特典②

「今やるべき事が明確になり、事業が加速する!」
相思相愛1DAY講座!通常10,000円が!半額の5,000円で参加可能!

お申し込みは下のボタンをクリック!
最後に!

ここまでお付き合い有難うございます。ここまで読んで下さったあなたはきっと、

 「もっと会社を良くしたい!」「もっと業績を上げたい!」「一体感を持って事業を展開したい」

そんな熱い想いを持っている方ばかりだと思います。

 

私の考える社長の在るべき姿は、従業員から慕われ、尊敬を集め、人を巻き込めるリーダーではありません。

目の前の人から好かれるなどを考えるのではなく、10年後も会社を伸ばすことができる人物。そして常に情熱を持ち、変化に対して自分自身を変える事ができる勇気と覚悟がある人物だと考えます。

 

もちろん、これは簡単な事ではないかもしれません。会社の体質を変える事で、「社長は冷たくなった」「居心地の悪い会社になった」そんな批判や不満も出るかもしれません。しかし、会社を成長させ継続発展させるには「規律・境界・ルール」を定め、社長の覚悟がいります。

 

そうすることで社員の顔色を伺う必要はなくなり、いまあなたが何をするべきかが明確に定まります!

 

10年、20年と成長していく企業を私と一緒に創りませんか?

私も、覚悟と信念を持って!社長を全力でサポートさせて頂きます!まずは一度30分無料コンサルを体感して下さい!お会いできる事を楽しみにしています!

 

株式会社 ハーモニークリエイション代表取締役

白石恵美子

30分無料コンサル&1DAY講座は!

こちらの申し込みフォームからお申込み下さい!

会社概要

社名 株式会社 ハーモニークリエイション
所在地 〒480-1117
愛知県名古屋市長久手市喜婦嶽1815-5
電話番号 tel:090-7026-2373
Mail dantotsu.emiko@gmail.com
代表者 白石恵美子
所在地 〒480-1117
愛知県名古屋市長久手市喜婦嶽1815-5

アクセス

株式会社 ハーモニークリエイション