このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
022-222-5338
東北ビジネスサポートプラザ
9:00~17:00(土日祝日除く)

日本政策金融公庫×東北起業女子応援ネットワーク
コラボレーション企画イベント
「起業の先輩にきく、アイデアをカタチにする方法」


あなたの「欲しい!」は
ビジネスチャンスにあふれてる

「こんな商品/サービスがあったらいいのに…」
「みんなが困っていることを何とかしたい…」
女性ならではの視点でビジネスを始め、成功している女性起業家がたくさんいらっしゃいます。

「趣味やキャリアを活かした仕事がしたい!」
「ライフイベントに左右されても続けられる働き方をしたい!」
自分らしく生きるために、起業という働き方を選んだ女性起業家がたくさんいらっしゃいます。

このイベントは、先輩女性起業家から起業に関する体験談などの情報を提供し、あなたの最初の一歩を応援するものです。


ALLオンライン
参加費無料

こんな方が対象です

  • 東北6県にお住いの方
  • 起業に興味関心のある方
  • 起業して間もない方
  • 事業がうまくいかない方
  • 事業がうまくいかない方

こんなお悩みありませんか?

  • このアイデアは仕事になるの?
  • 何から始めれば良いの?
  • わたしにも起業できるか不安
  • やりたいことが定まらない
  • 売上が上がらない
  • 相談相手が見当たらない
  • 相談相手が見当たらない

そのお悩みを解決します!

このイベントでは、女性ならではの視点でビジネスを立ち上げて成功されている女性起業家の体験談を聞くことができます。
第一部基調講演では、香川県で起業し、現在は全国展開している制服リユース「さくらや」創設者である馬場加奈子氏から起業に至るまでの経緯や事業成長のポイントなどをご講演いただきます。
第二部座談会では、さまざまな業種で活躍している東北6県の女性起業家が少人数制のグループに分かれて起業体験談のほか、直接対話することができます。女性起業家だからこそ起業体験者だからこそ分かるあなたの悩みや不安を共有し、あなたに合った活きたアドバイスが期待できます。後日、個別の相談会も実施しますのでご安心ください。

第1部 基調講演
13:30~14:40


株式会社サンクラッド
代表取締役 馬場 加奈子さん

香川県出身東京在住。大学卒業後、保険会社へ就職。結婚を機に退職し、3人の子供を出産する。その後、離婚を経て、1人で子育てをしながら、2011年に全国でも珍しい学制服専門のリユース・ショップ 「さくらや」 をオープン。2013年に法人化、株式会社サンクラッドを設立し、全国で「さくらやパートナー制度」を構築。
加盟店はパートナーとして主婦らを対象に募集し、現在59店舗を越える。また、貧困問題の解決を目指して内閣府が運営する「子供の未来応援国民運動」の基金に、回収した学制服の査定額を納付する取り組みやSDGsにも積極的。

・全国商工会議所女性会連合会の女性起業家大賞スタートアップ部門優秀賞受賞
・日経WOMENウーマン・オブ・ザ・イヤー2017子育て家庭応援ビジネス賞受賞
・内閣府男女共同参画局 令和元年度女性のチャレンジ賞特別部門賞受賞
・TV出演 TBSがっちりマンデー テレビ朝日日本のチカラetc.多数

制服リユースSHOPさくらや
~message~
不要になった学制服、
子どもの思い出のつまった学制服を
捨てることのできないお母さんや、
なんとか家計を抑えたいお母さんたちのために、
愛着のある学制服をバトンタッチする。
どちらもうれしい気持ちになれる
幸せのサイクルをお手伝いするのが、
わたしたち、さくらやです。

第2部 女性起業家座談会
14:40~15:40


それぞれの分野でご活躍されている東北の女性起業家6名とのセッション
ご興味のあるテーマの起業体験談や事業成功のポイントが聞けます。

コミュニティ

辻 悦子さん(企業組合でる・そ~れ 理事)

生まれも育ちも青森県五所川原市で、主婦でありながら地域活動に長年携わってきた。「地域みんなで子育て」を合言葉にした子育て支援NPOの活動を経て、平成18年に廃線の危機になった津軽鉄道の1階でコミュニティカフェ「でる・そーれ」を平成21年に立ち上げた。地域資源を活かした食事の提供、特産品の販売と商品開発、地域限定旅行業、大学生を対象にしたフィールドスタディの受け入れ、連携授業など「コミュニティカフェ」の場を幅広く活用し、地域食材の推進と地域交流の活性化を目指し活動中。

活動拠点:青森県

移住・地域活性化

石田 万梨奈さん(onozucolor代表 /オルウィーヴ合同会社取締役 )

東京から2014年に移住し、五城目町地域おこし協力隊として移住定住促進、町の魅力化、女性の起業支援などに取り組む。中でも、町の伝統的な定期朝市が、小商いのスタートアップの場になると考え、町の女性達ととも、「古き良き朝市を継続しつつ、新しいチャレンジが孵化する」企画を提案。現在「ごじょうめ朝市plus+」のある週末には朝市に沢山の人が訪れる。3年間の活動で、地域や人がもつ潜在力が発揮できる事の重要性を強く感じ、任期終了後はーおのおのの色が煌めくーをコンセプトにしたonozucolorを立ち上げ、事業支援、商品開発支援などを行うととともに、女性の起業・キャリア支援の会社に参画して活動中。

活動拠点:秋田県

Web・プロモーション

佐藤 美幸さん(株式会社マッチングプロジェクト 代表取締役)
平成10年、インターネット普及率16%という時代に、将来のWeb展開は地方から全国へのマーケティングに大いに活かせると予測しホームページ制作会社を設立。その後、創業10年を節目に社名を株式会社マッチングプロジェクトとし、自分に出来ないことは、優秀な社員とプロのパートナーに任せ、常に新しい展開を提案し続けている。事業内容はマーケティングプロモーション、コンサルティング、ホームページ制作、販促ツール作成、各種セミナー運営等多岐に渡る。
活動拠点:岩手県

講師・起業支援

伊藤 理恵さん(株式会社スリーデイズ 代表取締役)
奈良県出身。宮城県大崎市在住。大手電子部品会社で、人事考課制度、賃金制度など労務に携わった後、社内の人材育成の企画・実施を担当。産業カウンセラーであり、起業支援員(インキュベーション・マネジャー)の資格も有する。 起業・創業支援(相談・セミナー開催)、企業研修、キャリアカウンセラーなど講師業と並行して、「なりたい自分になれる場所」をコンセプトとした起業支援付きシェアオフィス「Sun Brew(サン ブリュー)」を自主事業として運営している。
活動拠点:宮城県

子育て支援

山口 巴さん(NPO法人Lotus 代表理事)
働くお母さんを助けたい。わが子同様に子どもを保育したいという熱い思いで、金融機関の管理職からNPO法人の理事長兼保育園園長に転身。自身の経験から、仕事と子育ての両立で苦労している人が絶対にいるはずだと信じ、土日曜祝日、延長保育や一時保育など、働くお母さんたちの仕事と子育てを力強くサポートし続けている。現在は、認可型保育施設24時間対応保育園 ロータスキッズ、屋内遊び場「木育広場もくれん」、認可小規模保育施設 ロータス保育園、LotusWoodVillageを運営している。
活動拠点:福島県

食品製造販売

大友 真弓さん(パンツクルヒト 代表)
宮城県大崎市在住。名物の塩パンを目当てに県内外から集まる人気店「パンツクルヒト」を経営している。子育てをしながら介護などの接客業の仕事の合間に趣味のパン作りやお菓子作りを楽しみ、いつかはお店を持てたらなという気持ちでいたが、同僚からの「いつかやりたいじゃ、いつかできないんだよ。」という一言をきっかけに、様々な課題を乗り越え起業した。夢はあるけれど、育児に忙しく資金がなくて無理だと思っているママ達に起業をした経験を伝えていけたらと思っている。
活動拠点:宮城県
各起業家の活動を知りたい方は写真をクリックしてください。

移住・地域活性化

石田 万梨奈さん(onozucolor代表 /オルウィーヴ合同会社取締役 )

東京から2014年に移住し、五城目町地域おこし協力隊として移住定住促進、町の魅力化、女性の起業支援などに取り組む。中でも、町の伝統的な定期朝市が、小商いのスタートアップの場になると考え、町の女性達ととも、「古き良き朝市を継続しつつ、新しいチャレンジが孵化する」企画を提案。現在「ごじょうめ朝市plus+」のある週末には朝市に沢山の人が訪れる。3年間の活動で、地域や人がもつ潜在力が発揮できる事の重要性を強く感じ、任期終了後はーおのおのの色が煌めくーをコンセプトにしたonozucolorを立ち上げ、事業支援、商品開発支援などを行うととともに、女性の起業・キャリア支援の会社に参画して活動中。

活動拠点:秋田県

まとめ・アンケート
15:40~16:00


開催概要

第1部 基調講演
日 時 2021年2月17日(水)
時 間 13:30~14:40
会 場 オンライン
定 員 50名様(先着順)
対 象 起業に関心のある方・起業間もない方・支援機関の方(男女不問)
参加費用 無料
申込締切 令和3年2月14日(日)
お問合わせ 日本政策金融公庫 東北創業支援センター 仙台市青葉区中央1-6-35東京建物仙台ビル9F
TEL:022-222-5338 
担当:菊池、後藤、今井
9:00~17:00(土日祝日除く)
お問合わせ 日本政策金融公庫 東北創業支援センター 仙台市青葉区中央1-6-35東京建物仙台ビル9F
TEL:022-222-5338 
担当:菊池、後藤、今井
9:00~17:00(土日祝日除く)
第2部 女性起業家座談会
日 程 2021年2月17日(水)
時 間 14:40~15:40
会 場 オンライン
定 員 1テーマにつき6名様(先着順)
対 象 起業に関心のある方・起業間もない方(女性限定)
参加費用 無料
申込締切 令和3年2月14日(日)
お問合わせ 日本政策金融公庫 東北創業支援センター
仙台市青葉区中央1-6-35東京建物仙台ビル9F
TEL:022-222-5338
担当:菊池、後藤、今井
9:00~17:00(土日祝日除く)
お問合わせ 日本政策金融公庫 東北創業支援センター
仙台市青葉区中央1-6-35東京建物仙台ビル9F
TEL:022-222-5338
担当:菊池、後藤、今井
9:00~17:00(土日祝日除く)

お申込み/お問い合わせはコチラから

お電話での予約・お問い合わせ
東北ビジネスサポートプラザ
TEL:022-222-5338
9:00~17:00(土日祝日除く)

オンラインセミナーについて

  • 1.ZOOMをダウンロードしてください
    ZOOMを初めて利用される方は、下記URLから事前にダウンロードをお願いいたします。
    https://zoom.us/download
    手順については、以下ページで詳しく解説していますのでご参照ください。https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/

  • 2.開催日前にセミナー参加URLをお客様のメールアドレスへお送りします。
    開催時刻5分前になりましたら、URLをクリックしてご参加ください。
  • 《ご参加にあたってのお願い》
    ・安定したWi-Fi環境下で受講ください。
    ・何らかの理由で通信が中断してしまう事がありますがご理解ください。
    ・中断した場合は、数分おいてから再度URLをクリックしてください。
    ・マイクをオフにしてご参加ください。
    ・参加する際は申込み時のお名前に設定してください。
    (ニックネームですと、本人確認が取れないため入室出来ません。)
    ・レコーディングはご遠慮ください。
  • 2.開催日前にセミナー参加URLをお客様のメールアドレスへお送りします。
    開催時刻5分前になりましたら、URLをクリックしてご参加ください。

できるかどうか悩むより…そうだ!

相談してみよう!

女性起業家による 女性のための 日にち限定オンライン個別相談会

各日  ①10:30~11:30  ②13:00~14:00  ③14:30~15:30

「私たち(起業アテンダント)がお聞きします!」
相談者×起業アテンダント×日本政策金融公庫の複数面談
お気軽にご相談ください!

藤島美香子
おたすけライティング
代表
(フリーランスライター)
伊藤和美
特定非営利活動法人
明日のたね 代表理事
(子育て支援)
佐藤美幸
(株)マッチングプロジェクト代表取締役
(プロモーション)
三上友子
株式会社I・M・S
代表取締役
(キャリアコンサルタント)
五十嵐里枝子
アールブランシェ
代表兼デザイナー
(アクセサリー企画制作)
後藤和江
ママンフルーリ
主宰
(イベントプロデュース・パソコン講師)
竹下香織
オルウィーヴ合同会社
代表
(サブ相談員)
伊藤理恵
株式会社スリーデイズ
代表取締役
(サブ相談員)
重巣敦子
リファインアカデミー株式会社
代表取締役
(サブ相談員)
後藤和江
ママンフルーリ
主宰
(イベントプロデュース・パソコン講師)
【V-CUBE ミーティング5とは】
専用アプリケーションをインストールすることなく、ブラウザのみで面談できるシステムです。Windows PCやMac、スマートフォンやタブレット端末など、幅広い機器に対応しています。

起業アテンダントとは

起業アテンダントは平成31年1月に経済産業省女性起業家等支援ネットワーク構築事業の一環として養成研修を実施し、東北6県に18名が誕生しました。
その後、令和2年12月には福島県内に26名(福島県潜在的女性起業家発掘育成事業および会津若松市地域活性化人材の伴走支援者養成研修)誕生。
先輩女性起業家だからこそ分かり合える様々な悩みや価値観を気軽にご相談下さい。必要に応じて、適切な支援機関をご紹介します。
女性の起業を応援したい先輩女性起業家が、専門的な支援知識を習得した際に付与される認定のことです。

東北起業女子応援ネットワークとは

東北起業女子応援ネットワークは、平成28年から令和元年まで実施された経済産業省女性起業家等支援ネットワーク構築事業により「女性起業を応援すること」を目的として誕生しました。ネットワークメンバーは、創業・産業支援機関、金融機関、支援者コミュニティや女性起業家、女性ネットワークなど多岐に渡ります。多様な支援者が連携し、あらゆる起業段階にいる女性と伴走しながら起業という夢の実現を応援します。

東北起業女子応援ネットワーク
私たちの思い

~わたしの人生 起業という選択 輝け自分!~
起業という生き方を選んで頑張っている女性がいます。

東北起業女子応援ネットワークには、貴女のチャレンジを応援したい人たちがたくさんいます。
あなたの挑戦を応援したい人たちが手を組んで貴女をちゃんとフォローできるように頑張っています。
もし、貴女に起業したい気持ちがあるのなら、起業した貴女が何かに悩んでいるのなら、独りで悩まないで私たちに声を掛けて下さい。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

よくある質問

Q
第1部のみ、もしくは第2部のみの参加は可能ですか。
A
はい。可能です。
お申込みフォームにてご指定頂けます。
Q
女性起業家座談会で複数のテーマに参加することは可能ですか。
A
複数のテーマを同時に参加することはできません。
Q
パソコンを持っていません。スマホでも参加できますか。
A
スマートフォンにZoomアプリをダウンロードして頂ければ参加できます。
Q
個別相談会を複数予約することは可能ですか。
A
たくさんの方にご利用されますので、お一人様1回限りです。
別日に日本政策金融公庫創業サポートスタッフがお話を伺います。
Q
男性でも参加することは可能ですか。
A
2月17日キックオフイベント第1部基調講演のみお申込みいただけます。
Q
女性起業家座談会で複数のテーマに参加することは可能ですか。
A
複数のテーマを同時に参加することはできません。

日本政策金融公庫東北ビジネスサポートプラザ

お問合せ・ご相談は 022-222-5338
9:00~17:00(土日祝日除く)
平日相談 (来店のみ)9:00〜17:00
土曜相談 (オンラインまたは来店)
毎月第1・第3土曜日(祝日を除く)
9:00〜15:00(12:00〜13:00除く)
※相談は事前予約制
宮城県仙台市青葉区中央1丁目6−35東京建物仙台ビル9F
0から始まるご相談創業ホットライン
営業時間 9:00~17:00(土日祝日除く)
0120-154-505
自動応答で「0」を選択してください。
電話番号のお掛け間違いにご注意ください。