NPO法人 sopa.jp TEL. 03-6803-6307

そとんち

環境からも、年齢からも、世間の価値観からも、自由な居場所をつくりたい。

核家族化、シングルマザー、子どもの貧困、不登校。
私たちが、子どもの居場所に関わる事業を行う中で感じるのは、
人と人とのつながりが希薄になった社会で生きている、ということ。

それは、子どもだけではなく、大人にとっての生きにくさにもつながってると思うのです。
 
私たちが目指すのは、 「家族だけじゃない、家族のような温かい社会」。
これからも、交流会・セミナー等を通して、温かな居場所を増やす活動を続けていきます。

ビジョン

血のつながった家族との関係に深く悩んでいるひとは、
おうちのひとに頼ることが難しくなってしまいます。

そんな人たちには、おうちのそとのもうひとつのおうち、
すなわち「そとんち」があることが大切だと思うのです。

「そとんち」では、
どんな“じぶん“を出しても安心して居ることができる。
悩みを共有し一緒に乗り越えていける家族のような仲間がいる。

その環境があってはじめて、
自分に向き合い、自身の家族に向きあい、
自分らしい人生の第一歩を踏み出すことができます。

そして、自分を大切にし、“まわり”を大切する。
さらに、自分の夢や想いを叶え、“まわり”の夢や想いを支える。

そんな「そとんち」を、関わっているひとと共に、
創りあげていきたいと願っています。

ミッション

“じぶん“の気持ち、どれだけ気づいてあげれていますか?
「“まわり“がどう思うか?」とか…「”まわり”の評価」とか…

気がつけば、“まわり”の気持ちばかり考えていませんか?
“じぶん”の1番の理解者である“じぶん“が、
”じぶん”を1番ないがしろにしているかもしれません。

“じぶん“の心の声に、耳を傾け、観察し、
じぶんにふさわしい言葉をつむぐ時間。

“まわり”と話をし、同じことやちがうことを感じる事で、
“じぶん”に改めて気づく時間。

そうやって対話を通じて“じぶん”を現すことができれば、
“まわり”に振り回されない、
“じぶん“らしい人生を掴むことができます。
もし、あなたが、人(特に家族や自分自身)との関わりに思い悩んでいるならば、
「そとんち」がその解決の糸口になりえます。

こんな悩みを持っていませんか?

①親とじぶんとの関係で深く悩んでいる人

☑親が過干渉やネグレクトでおうちに居場所がない
☑親に対しての不信感や解決しきれない想いがある
☑じぶんが家族を持つことが恐く、結婚や出産を躊躇してしまう

②職場や友人関係で悩みを持っている人

☑友人は多いが親友はいないと感じている
☑過去にいじめに遭い、人付き合いで傷つくのが怖い
☑なぜか、じぶんだけ怒られやすく標的にされやすい

③ご家族が病気や障がいを持ち、家族としての関わりに悩んでいる人

☑子どもが発達障がいではないかと不安
☑家族の認知症や介護で悩んでいる
☑ガンや不治の病にかかってしまった家族がいる

④自身が発達障がい気味で人付き合いに悩んでいる

☑ADHDかもしれない
☑忘れ物や失くし物が多く、部屋を片付けることも困難を極めている
☑周りに合わせようとする事に疲れてしまい、鬱のようになってしまった

サービス

みんなの学校

10代の現役学生から80代の方まで、興味のあることを学ぶことの出来る「学校」です。
参加者の人達と共に学びを深めていく中で、親しくなっていきます。
安心できる様々なお友達が増えることで、自分の世界が広くなっていきます。

【提供授業の一例】
・人を幸せにする数学 
・予備校仕込みの必殺!英文法 
・和歌から紐解く愛の伝え方 http://www.reservestock.jp/events/179110

クラスルーム
先生達をゲストにお招きして、みんなで自己紹介やテーマについて先生に語ってもらいます。
その後、みんなで思い思いに意見を述べ合ったりします。いつものクラスメートの別の顔が見えるかもしれません。
・今必要とされている教育。そのために大人達は何ができるのか?
http://www.reservestock.jp/events/179111

参加者の声:
  • 久しぶりに高校生に戻ったような気持ちになれました。忘れていたことが多かったですが、講座を受けて、「学びの楽しさ」に触れることができて、とても充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
  • 学生時代に嫌いだった数学ですが、この講座を受けて先生が違っていたら好きになっていたかもしれないと感じています。また参加させて下さい。
対話・コミュニケーションについてより深く学びたい人は
①「自分の世界を発現する
   - 人や世の中の提供する価値観に疑問を持ち始めた方へ-」(全10回)
http://www.reservestock.jp/page/event_series/25501
自分の世界を発現する
~人や世の中が提供する価値観に疑問を持ち始めた方へ~
こんなことが体験(獲得)できるかも
  • 自分のことを考えようとするときの罪悪感がなくなる
  • 意見の違う人に感情を揺さぶられなくなる
  • 自分じゃだめなの? が 自分でいい に
  • 自分への信頼が深まる
  • 自分で生きていくことの生きやすさが高まる

子どもの頃からなんとなく「こうかな」「こんなものかな」
「こうした方がいいのかな」と
自分の思考や行動の背景となってきた価値観に、
人生経験を重ねた今、時おり矛盾や違和感を覚えることがある。

とはいえ、「自分はこう」が明らかなわけでもない。

自分のこのもやもやを誰かに相談したくとも、緊急性があるわけでもないし、
「そんなことで悩めるなんて羨ましい」みたいなことを言われそうで、
誰かと話をする選択もできない。あなたにこんなもやもやはありますか?

目まぐるしく展開する日常に対応するうちになんとなく有耶無耶にしてきたかもしれない
それらがあなたにどんな影響を及ぼしているか、ご存知ですか?

この講座では、思考や行動の背景となる「自分の価値観」を確認し、
そのうえで、今の自分でどれを思考や行動の背景(自分なりの理由)とするのか選択し、
「自分のために用意してあげたい日常(世界)」を形にしていただきます。

あなたの人生(世界)はあなたにしか創ってあげられません。

誰かや何かを言い訳にせず、大切な人を大切にしたい人ほど、
自分への理解は助けになります。
また、相手を尊重しすぎることも、自分に拘りすぎることも、
誰かを幸せにする選択ではありません。
自分の満足も伴いながら、大切な人も大切にできる人生を生きたいとお考えの方、
お待ちしています。
②「対話の力を身につける - 他者との風通しの改善提案 -」(全10回)
http://www.reservestock.jp/page/event_series/25506
対話する力をトレーニングすることは、自分の言葉に注意を払うこと。
それは、言葉が生み出す思考、思考が起こす行動の変容に繋がるものであり、
行動が変わればもちろん結果が変わります。

対話力のトレーニングは、脳や心で起きていることを管理する力を高め、
脳や心が一時的な感情(反応)に支配される時間を減らすことにも繋がります。
それは、「自分である」、「自分で生きる」時間を増やすことです。
対話をする力とは、一部の専門家にのみ必要な力ではありません。

親子、友達、職場、大切な人がいるすべての方に役立つ力です。
人の話を聴くことに疲労感を覚えている方。
もっと役に立ちたいと思っている方。
現状に満足している方にもそうでない方にも役立てていただけるトレーニングです。
ノウハウを越えた何かを求めている方、ご一緒しませんか?


参加者の声:
「人や自分に対して感じることは人によってそれぞれ」「自分が感じていることは事実ではないかもしれない」という言葉に力づけられました。
評価を気にしたり、嫌われるのではないかと思って言えないことや、相手への配慮をしすぎて納得していないのに発していた言葉が沢山あったと感じました。  
20代 女性 料理家

自分のためだけの時間を持つことができました。ありがとうございました。
”世界から愛されている”という言葉が印象に残りました。
40代 男性

講師紹介

【松本真紀子氏】
松本コミュニケーション研究所主宰 / 危機予知感覚・対応能力開発コーチ

その小柄な風貌からはとても想像できない女性でも極めて初期のゼネコン建築現場 監督として、屈強な職人たちをまとめる。そうかと思えば引きこもりにも。それらの体験からコミュニケーションに関心を持ち、その分野へ転向。コーチング、カウンセリング、交渉、マネジメント等、人間の思考や行動に関与する観点について独自の融合を図りプログラムを構築。深い洞察力と圧倒的な実践数に裏打ちされた対話を通じて人に解放感(生きやすさ)を生み出し続けている。
 http://m-c-lab.clst-sf.com

 

松本コミュニケーション研究所

【コーチ、主催】

板谷友香里

聖心女子大学文学部教育学科心理学専攻卒業

新卒でみずほフィナンシャルグループへ入社。 みずほフィナンシャルグループ退職後、起業スクールにてコーチングを提供。 CTN(コミュニケーショントレーニングネットワーク)連続講座完了。

2011年の東日本大震災を機に、NPOに興味を持ち、NPOの養成研修へ。 終了後、理事長の小田と共に、社会問題を解決し、自分次第の人生を歩む人を増やすべく、 NPO法人sopa.jp(ソーシャル・パートナーシップジャパン)を設立。

当初は、子どもの居場所による活動がメインであったが、親友の産後うつによる死を契機に、信頼に裏打ちされ、自分を信じ、人との良好な人間関係を築くための活動全般へと取り組む範囲を拡大させている。

2012年4月 アメリカ山ガーデンアカデミー開業・運営支援 

2013年4月 ラボアンドタウン/キンダリーインターナショナル開業支援

2014年4月 プラス・スポーツ学童クラブ開業支援

2016年4月 神奈川県立相模三川公園内にサニースクール開業

【研修・講演・セミナー実績】
埼玉県ウーマノミクス課主催 女性就職応援セミナー 子どもの居場所講座 基礎編・応用編 講師

株式会社アミタ「学童保育×CSRJAPAN」イベント 講師

株式会社リタリコ Leafジュニア蒲田教室 「小学生からの放課後の使い方」講演

ネットワークウーマンリレーションにて「女性のキャリアと小1の壁」講演 Power Of Woman インタビュー

2030Vision 「小1の壁」についての取り組み 講演

絆+ 「意図を明確に自分自身で生きるということ」講演

CTN東京コーチングライブ コーチ

お問い合わせ

セミナー、コーチング、企業研修、講演、研修、事業プロデュース、コミュニティ取材、プロボノへの応募などのお問い合せはこちらからお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信