Safety First
SORA.blueドローンスクール

私たちは実際に、業務として空撮・インフラ点検を行っております。
業務を運用する企業だからこその、現場でしか得られない貴重なノウハウをアナタに。
安全フライトは「Safety First」を掲げるSORA.blueの願いです。
説明会
無料!

こんなお悩みありませんか?

色々な団体の色々なスクールがあるけど、どこが良いのか分からない
紙の認定証よりも実務で役立つ技術とノウハウを手にしたい
トイドローンではなく実機でしっかり練習したい
自主練ができる環境が欲しい
自主練ができる環境が欲しい

Safety First, SORA.blue
そのお悩み解決できます!

皆さまがスクールに通われようと思う目的は何でしょうか?

民間資格の紙の修了証でしょうか?
それとも、安全や実務レベルでの運用までを含めたノウハウの吸収でしょうか?

SORA.blueは、「安全第一」なドローン空撮・点検業務を手がける株式会社ダイヤサービスのブランド。Safety Firstを徹底させたことで、大手企業・一流企業からのご依頼が増加、高単価でビジネスを進めております。

つまり、実運用を重ね、かつ成功しているという大きなアドバンテージがあります。また、自社で練習場(HATAドローンフィールド千葉)の運営も行っており、そこでよく見受けられるヒヤリハットからも多くを学んでおります。

実際に仕事として取り組んでいる内容を、ダイレクトに皆さまに。屋外で実機を使ってのドローンスクールはSORA.blueスクールまでご相談ください。
ここが違う!

サービスの特徴

実務に携わっている!

企業として空撮やインフラ点検を行っております。講師は全員が業務としてのパイロット。現場の声がそのままスクールに活かされています。

安全重視!

「Safety First」が当社の空撮業務の売り。ドローンは落ちるもの、という前提でいかに安全を確保するかを指導をいたします。

屋外・実機での訓練!

自社で飛行練習場を運営しているので、屋外での練習が基本。室内でのトイドローンによる練習よりも、より濃い内容で学ぶことができます。

屋外・実機での訓練!

自社で飛行練習場を運営しているので、屋外での練習が基本。室内でのトイドローンによる練習よりも、より濃い内容で学ぶことができます。

SORA.blueドローンスクールの対象者

  • これからドローンを始めようと思っている個人の方
  • ドローンビジネスへの参入を検討されている法人様
  • 民間資格取得したものの、まともに操縦できないという方
  • 紙の資格よりも操縦技術やノウハウを身に付けたいという方
  • 安全運行ノウハウを身に付けたい個人・法人の方
  • 民間資格取得したものの、まともに操縦できないという方

SORA.blueドローンスクールに参加することで得られるメリット

メリット1

実機を操縦できる技術とノウハウが得られる

ドローン空撮「SORA.blue」、そして屋外ドローン飛行練習場「HATAドローンフィールド千葉」を運営する会社直営のスクールなので、実際の知識とノウハウを、屋外の飛行練習場で実機を使用して学ぶことができます。
メリット2

安全運行のためのノウハウを共有できる

弊社は業務として、空撮業やインフラ点検を実際に自社で行っております。このため、これまでに数多くのヒヤリハットを蓄積しております。実務を知っているからこそ分かること。このノウハウを、受講生の皆さまと共有してまいります。
メリット3

撮影業務に同行できる

業務として空撮に携わっている企業は、いったいどのようにして現場をこなしているのか。これは少しドローンの操作ができると絶対に気になること。弊社スクール生については、希望があれば無償で撮影現場に同行してもらい、雰囲気を味わっていただくことができます。
メリット2

安全運行のためのノウハウを共有できる

弊社は業務として、空撮業やインフラ点検を実際に自社で行っております。このため、これまでに数多くのヒヤリハットを蓄積しております。実務を知っているからこそ分かること。このノウハウを、受講生の皆さまと共有してまいります。

SORA.blueドローンスクール 開校背景

日本は現在、有効求人倍率が高い水準にあり、求人難の解消が喫緊の課題となっています。

しかし現状を見ると将来的には、さらなる就労人口の減少が見込まれ、抜本的な解決を早急に行うことは困難と考えられます。

ドローンは現在、撮影を中心に使用されていますが、将来的には、人的な不足を補うことを目的に、運輸、警備、インフラ点検などの業務に貢献することが予想され、その一部は実験も行われています。ドローンが求人難解消の一翼を担うのは確実です。

 一方でドローンは近い将来、その8割が自律飛行による飛行になると予想されており、将来はパイロットの飽和が予想されます。

 その中で、必要とされるパイロットは、コンピューターでは不可能な「繊細な飛行」と、災害や荒天時など自律飛行が不可能な「緊急時」です。

どちらもパイロットには熟練度が求められます。すそ野の広い山が高い頂を持つように、パイロットの人口が増えることは技術の向上を促進させます。

 私たちは短期的には需要増に応えるパイロットの育成を、そして長期的には需要減に耐えるパイロットの育成を視野に活動します。

 SORA.blueドローンスクールは、パイロットのすそ野を広げ、高い技術者を次の世代に送り出す礎になることを目的としています。

株式会社ダイヤサービス
代表取締役 戸出智祐

Safety First, SORA.blue
講師プロフィール

株式会社ダイヤサービス代表取締役

戸出 智祐(といで のりゆき)

1975年、東京都生まれ。青山学院大学理工学部卒。千葉マルチコプター協会(一般社団法人化予定)理事。

三菱自動車工業株式会社、株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインに勤務後、株式会社ダイヤサービス代表取締役として、ドローン空撮、映像編集、ドローン活用に関するコンサルティングを手がける。

年間約100フライトをこなすドローンパイロットで、過去にはドローン大学校ティーチングアシスタントも務めた。

国交省飛行制限「人口密集地」「人・建物30m以内」「夜間」「目視外飛行」「催し物上空」について、年間を通して日本全国で飛行可能な許可を持つ。昨年9月には千葉県で初めて、県内自治体と災害発生時のドローン飛行協定を締結。

雑誌「最新ドローン空撮入門」寄稿のほか、WBS・ケーブNET296出演、日本経済新聞、千葉日報・千葉経済新聞・日刊建設新聞・防犯システムNAVI掲載等、メディア実績多数。

主な実績

  • 埼玉西武ライオンズファン感謝デーをドローンによりライブ映像配信
  • 中古車ガリバー新春CMドローン撮影
  • TBS「水曜日のダウンタウン」テレビ収録
  • BMW M4 PV撮影
  • レクサス LC PV撮影
  • TBS「水曜日のダウンタウン」テレビ収録

著書

最新ドローン空撮入門
国交省への申請方法について6ページに渡り寄稿
ただいま執筆中
ただいま執筆中
SORA.blue認定パイロット・ナビゲーター・救急救命士

小澤 貴裕(おざわ たかひろ)

1973年、東京生まれ。千葉県富津市の第1号救急救命士として活動後、東京医薬専門学校救急救命士科、国際医療福祉専門学校救急救命学科にて救急救命士として救急医療現場で活躍する人材を育成。iPad配布によるICTを積極的に教育の中に取り入れ、Teachersclip、Appleclipなどに出演。その後ドローン有効活用研究所上席研究員としてドローンの災害救急医療現場における使用を無人機医療として提唱。AEDやエピペン、救命浮環投下、捜索現場上空監視などの実証実験を実施、iTeachersTV、モーニングバード、めざましテレビなどで活動を放送される。

現在は大型有翼無人機swift020の国内導入に向けた準備、Coaido株式会社社会実装担当、株式会社ダイヤサービス戦略アドバイザー等を務める。

SORA.blue認定パイロット、DPA回転翼3級保有

山田 一也(やまだ かずなり)

27歳の若さながら、緻密な操縦が可能な類まれなる優秀なパイロット。当社のエースパイロットになるべく、日夜練習にも励む。営業経験を活かし、伝わりやすい説明が好評。
SORA.blue認定ナビゲーター、救急救命士

堂野前 健(どうのまえ たける)

千葉県木更津市出身。工業高専卒業後、伝統井戸堀、野外教育、社会教育、赤十字、救急救命士、猟友会、民間医療施設、自衛隊など分野の異なる様々な業界を渡り歩き、総合請負業として独立した経験を持つ。

自衛隊では有人航空機や飛行場を扱う部隊に在籍。絶対安全はあり得ない航空機を如何にして墜さないか、航空安全に付いて厳しく叩き込まれる。「空飛ぶものは落ちる」と考え、安全運行に取り組む株式会社ダイヤサービスの姿勢に深く共感。 安全運行管理者および飛行練習場管理者を務めると共に、救急・災害分野のノウハウも活かして活躍中。

Safety First, SORA.blue
開催中のスクール

【NEW!!】SORA.blue クイックステップアップコース【オススメ】

日時 お客様のご都合に合わせて都度実施
(講師一人に対して座学4名まで、実技2名までの少人数精鋭対応)
開催地 HATAドローンフィールド千葉
金額 98,000円(税込)
内容
  • プロパイロットまで目指すつもりはないけど、最低限の技術は身に付けておきたい方向けのコース
    (2日間・・・座学:1時間(航空法について)、実技:5時間)
  • 個人はもとより、これからドローン事業への参入を計画している法人の方でも受講可能です。
特典
  • 練習場無料利用券3回分(有効期限2ヶ月、12,000円相当)を贈呈
内容
  • プロパイロットまで目指すつもりはないけど、最低限の技術は身に付けておきたい方向けのコース
    (2日間・・・座学:1時間(航空法について)、実技:5時間)
  • 個人はもとより、これからドローン事業への参入を計画している法人の方でも受講可能です。

SORA.blue認定パイロット養成コース(基本編)

日時 お客様のご都合に合わせて都度実施
(講師一人に対して座学4名まで、実技2名までの少人数精鋭対応)
開催地 HATAドローンフィールド千葉
金額 270,000円(税込) ※機体代金別途(弊社より販売可能)
内容
  • プロパイロットとしてビジネスで取り組んでいくための最低限を学ぶコース
  • 座学はオリジナルテキストを使用
  • 実技はトイドローンではなく実機を使用し、全て屋外で10時間以上の飛行訓練
  • 安全運行管理についても漏れなく指導
(座学:4時間、実技:15時間以上(スキルにより異なる))
特典
  • SORA.blueパイロット認定証発行
  • 今後予定している「応用編」受講の際の割引
  • 講習終了後1ヶ月間、飛行練習場を無償での使用が可能
  • 弊社空撮・インフラ点検業務への同行(業務を知ることができる)
内容
  • プロパイロットとしてビジネスで取り組んでいくための最低限を学ぶコース
  • 座学はオリジナルテキストを使用
  • 実技はトイドローンではなく実機を使用し、全て屋外で10時間以上の飛行訓練
  • 安全運行管理についても漏れなく指導
(座学:4時間、実技:15時間以上(スキルにより異なる))

SORA.blue安全講習

日時 お客様のご都合に合わせて都度実施
(講師一人に対して座学4名まで、実技2名までの少人数精鋭対応)
開催地 HATAドローンフィールド千葉
金額 24,000円(時間貸し料金含む)/人
内容 SORA.blueで取り組んでいる安全飛行のためのプロセス・フローについて、
実技中心にトレーニングを積んでいただきます。
(座学:1時間、実技:2時間)
内容 SORA.blueで取り組んでいる安全飛行のためのプロセス・フローについて、
実技中心にトレーニングを積んでいただきます。
(座学:1時間、実技:2時間)

ペーパーパイロット講習

日時 お客様のご都合に合わせて都度実施
(講師一人に対して2名までの少人数精鋭対応)
開催地 HATAドローンフィールド千葉
金額 16,000円(時間貸し料金含む)/人
内容 下記対象者のためのフォローアップ講習
  • 民間資格を取ってみたものの、実際に業務用機体を飛行したことが無い方
  • 資格取得してから時間を経過して忘れてしまったという方
(実技:2時間)

※個別のフォローアップメニューも作成可能(時間・費用要相談)
内容 下記対象者のためのフォローアップ講習
  • 民間資格を取ってみたものの、実際に業務用機体を飛行したことが無い方
  • 資格取得してから時間を経過して忘れてしまったという方
(実技:2時間)

※個別のフォローアップメニューも作成可能(時間・費用要相談)

初心者向けスポット講習

日時 お客様のご都合に合わせて都度実施
(講師一人に対して2名までの少人数精鋭対応)
開催地 HATAドローンフィールド千葉
金額 16,000円(時間貸し料金含む)/人
内容 練習はしたいのだけど、初心者で周りに迷惑かけないかどうか心配という方のための技術講習
(実技:2時間)
内容 練習はしたいのだけど、初心者で周りに迷惑かけないかどうか心配という方のための技術講習
(実技:2時間)

お客様の声

安全運行の大切さを学びました

匿名希望
すぐ近くだったので、「SORA.blue認定パイロット養成コース(基本編)」の受講を申し込みました。こちらのスケジュールに柔軟に合わせ、ほぼマンツーマンで指導いただきました。ドローンなんてそんなに難しくないと思っていたのですが、数々のヒヤリハットをお伺いし、その対応策をしっかり学ぶことができました。これからは安全フライトに気を付けながら、楽しみたいと思います。
VOICE

Safety First, SORA.blue
よくあるご質問

Q地方に在住なのですが地方開催の予定はありますか?
A出張費・宿泊費・交通費などの諸経費が別途発生しますが、ご希望があれば対応可能です。既に何箇所か、実際に出向いて指導しております。
Q民間のドローン技能講習について、国交省が公認制度を導入しました。こちらの講習はその対象でしょうか?
A対象ではありません。しかしながら他のスクールと異なり、「屋外」で「実機」を使用しての指導となります。かつ徹底的に安全を意識した、まさに実務寄りの内容となっております。

後任団体の民間資格を取得したことによるメリットは、国交省への飛行制限解除の申請の際、数行が省略されるだけであり、ほとんど意味を成しません。弊社は現在の状況で何度も申請・許可を頂いております。必要に応じて行政書士を交え、申請方法はしっかりサポートいたしますのでご安心ください。
Qドローン事業としての実績を教えてください。
A当社は小さな会社ですが、ドローン空撮を始め、インフラ点検・測量なども行っております。実績につきましては、公開できるものは空撮専用サイト「SORA.blue」に掲載しておりますので、ぜひご覧ください。撮影の中でも難易度の高い、自動車のイベント・プロモーション撮影が非常に多いのも特徴の1つです。
Q民間のドローン技能講習について、国交省が公認制度を導入しました。こちらの講習はその対象でしょうか?
A対象ではありません。しかしながら他のスクールと異なり、「屋外」で「実機」を使用しての指導となります。かつ徹底的に安全を意識した、まさに実務寄りの内容となっております。

後任団体の民間資格を取得したことによるメリットは、国交省への飛行制限解除の申請の際、数行が省略されるだけであり、ほとんど意味を成しません。弊社は現在の状況で何度も申請・許可を頂いております。必要に応じて行政書士を交え、申請方法はしっかりサポートいたしますのでご安心ください。

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

会社概要

運営会社 株式会社ダイヤサービス
代表者 戸出 智祐
本社 千葉県千葉市花見川区畑町1429-8
飛行練習場 HATAドローンフィールド千葉
(千葉市花見川区畑町2916-1)
電話 043-372-9454
本社 千葉県千葉市花見川区畑町1429-8
ドローン空撮・インフラ点検 SORA.blue