その歯科医は異端か正統か

田舎で5億を売り上げるカリスマ歯科医の人生哲学

桜桃歯科院長 上田裕康【著】




上田 裕康(うえだ ひろやす)
桜桃歯科院長
(一社)Twinkle Dentalグループ代表

インプラント施術では全国トップクラスの実績を持つ。
医療分野のみに留まらず、歯科医療を通し、いかに国家・国民に貢献できるかに尽力している。
目指すべき姿は「貧困の根絶」と「機会の均等」であり、そしてそれは同情ではなく個人、社会、国家の実力を最大限に発揮するために必要であると考える。

座右の銘は「環境が才能を作るのではなく、才能が環境を作る」「弱いチームはミスして負けるがミスしても勝つ」「努力は成功するために存在するものではなく、自身が思い残すことがないようにするものである」。
趣味はジャズドラム、ビブラフォンの演奏であり、自主制作CDに『童謡 in 柳ヶ瀬』がある。
その他、過去出版著書に『歯科ノミクスが日本を救う』(中部経済新聞社)があり、幅広く活躍をしている。

Amazonnレビューより、絶賛の声多数!!

★★★★★ 歯科医師として治療も経営も大切

技術だけ、経営だけとかに偏らず、高い次元でバランスよく結果を出されている先生だと感じました。
歯科業界は厳しいと思っている先生方には、こんな結果を出している人もいるんだと、枠を壊してくれる本になるかもしれません。

★★★★★ あらゆる職種の方にオススメ!

経営哲学や仕事への取り組む姿勢、生き方が書かれていて、歯科医業とは直接関係のない職業の方にも刺さる言葉が散りばめられています。
営業や経営を行っていく上で悩んだ時、壁にぶち当たった時はこの書籍を一つの指針にしていきたいと思います。

★★★★★ 人生を生き抜くヒント

売上5億のタイトルに惹かれ、手に取りました。何か営業のヒントがないかとマーカー片手に読み漁ると、日々、数字だけに追われている自分に足りない、『人としてどうあるべきか?』と気づかされることに連続でした。

★★★★★ 物事に対して真摯に向かう姿勢

人生哲学をテーマにした書籍にありがちな、「綺麗事」が書かれているのではなく、筆者の体験談に裏付けられた内容に惹かれます。一つ一つの歩むが成功に繋がるということ、知識の幅と深みを持つことの大切さを学んだ。

★★★★★ あらゆる職種の方にオススメ!

経営哲学や仕事への取り組む姿勢、生き方が書かれていて、歯科医業とは直接関係のない職業の方にも刺さる言葉が散りばめられています。
営業や経営を行っていく上で悩んだ時、壁にぶち当たった時はこの書籍を一つの指針にしていきたいと思います。