なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

営業時間 9時~17時(土日祝を除く平日)
求職者支援訓練学校のご相談 ※固定電話からはご利用になれません
050-8881-6574

失業/倒産/仕事でお困りの方へ

コロナショックで仕事を失った多くの個人、自営業、フリーターの方へ。人材育成支援協会は、無料で受講できる国の事業『職業訓練』の存在を広く知らしめるサポート活動を行っています。東京都だけでも100種類程度もある全国の各種訓練で「手に職をつけて人生を豊かに」をモットーに、再起を図ってほしいと願うプロジェクトです。

Youtubeチャンネルも稼働中!
「失業危機にソナエルTV」

そもそも『職業訓練』とは?

新たに始めるしごとに役立つスキルを身につける『職業訓練』には大きく分けて2つのタイプの訓練があります。国が支援する求職者支援制度=ハロートレーニング(①離職者訓練 ②求職者支援訓練)は、しごとをお探しの方を対象とした無料※ の職業訓練制度です。
※テキスト代は自己負担になります。
キャリアアップやスキルアップを希望する方に。就職を実現するために必要な支援も受けられ、職業スキルや知識を習得することができます。受講料は無料で、条件を満たせば10万円の給付金を毎月受け取ることも可能です。

訓練科目は多数!

たとえば東京では100以上のコースがあります。話題で人気のプログラミングコース、webデザイナーコース、パソコン初級、上級コース、経理、医療事務などなど、お家でお仕事ができるリモートワークに向いている科目がたくさんあります。

その他、介護、営業、ネイル、アロマなど、女性が好む女性ならではのお仕事のスキルもつけ、自宅で起業される方も増えています。

初心者の方でもやる気さえあれば大丈夫です。

MISSION:誰もが輝ける生き方改革を推進する

人材育成支援協会は機会平等の実現を目指しています

人は誰もが生きる力を持っている

人材育成支援協会のページをご覧くださり、まことにありがとうございます。当協会の会長を務めます私・松岡雅恵は、およそ10年前のリーマンショック時、緊急人材育成支援事業や求職者支援訓練学校の校長として多くの失業者を支援いたしました。その経験から今回、コロナショックによって起こりつつある大失業時代に向けて、自分にできることを考えた結果、再び支援活動に身を投じることを決意いたしました。当時は企業の代表、現在はボランティア活動という立場の違いはあれど、日本のために働きたいという志は変わりません。

失業された方や、廃業し就職難に陥っている方などに「求職者支援訓練学校の存在」を広く知ってもらうことを協会の活動の基本としつつ、日々の生活に困難を抱えている方には生活保護の相談・申請のお手伝いを、さらにライフラインを脅かされている方には住居を定めるお手伝いと、協会は3段階のサポートを無償提供いたします。

それと同時に、協会は求職者支援訓練学校のオンライン化推進に向けた実践的支援をスタートします。職業訓練は国の素晴らしい事業でありますが、いまの時代にあってオンライン化が非常に遅れている分野であり、協会として課題を感じている部分です。

当協会は「誰もが輝ける生き方改革を推進する」をミッションとして掲げています。就職先の少ない地方との連携を深めながら、各個人の職業選択機会の自由度を高め、教育格差を埋めることを目的として活動を続けて参ります。もしこのページをご覧いただいているあなた自身や、身近なお知り合いで仕事にお困りの方がいらっしゃったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。より良い未来のために、誠意をもってサポートさせて頂きます。
2021年4月 人材育成支援協会 会長 松岡雅恵

協会の考える「支援の3段階」について

各段階へのサポートを準備しています
ひとりでも多くの方に健全な社会生活を取り戻してもらうために。協会では要支援のレベルを3つの段階に分類しています。それぞれの段階に適したサポート・案内がありますので、まずはご自身がどの段階にあられるかをお知らせください。

1.仕事の危機

日々の仕事を失ったとき。収入が絶たれる不安と、社会との繋がりを失った無力感があるものです。まずはこれを充電期間と位置付けて、新たな仕事を始めるためのスキルを身につけましょう。職業訓練という日本の制度を活用することで、支援金を受け取りながら専門スキルや知識を習得することができます。NHKのテレビ番組「クローズアップ現代+」でも取り上げられたこの制度、就職率は高く、交通費も支給、託児サービスまで備わっています。※NHK「クローズアップ現代+」公式サイト
ご相談TEL 050-8881-6574
※固定電話からはご利用になれません
2.生活の危機
突然の失業、もしくは失業期間が長引いてしまった場合。経済的に困窮すると思考も悲観的・短絡的になり、誤った選択をしてしまいがちです。まずは経済的な不安を取り除いて、就業に向けた土台作りに取り組みましょう。
ご相談TEL 050-8881-6575
※固定電話からはご利用になれません

3.住居の危機
経済的な行き詰まりは、家賃を支払えなくなってしまう事態に繋がります。家は単に寝る場所ではありません。住所を持たない状態では各種契約も困難です。仕事に就くことも難しいでしょう。家を失ったら、それはもはやライフラインが脅かされた状態であると捉えて、速やかに復帰を目指しましょう。
ご相談TEL 050-8881-6576
※固定電話からはご利用になれません

協会へのお問い合わせはこちら

人材育成支援協会へのご相談はすべて無料です。
お電話にてお気軽にお問い合わせください。

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く平日のみ)
1.仕事の危機に関するご相談
050-8881-6574
2.生活の危機に関するご相談
050-8881-6575
3.住居の危機に関するご相談
050-8881-6576
※固定電話からはご利用になれません
 
 

人材育成支援協会の概要

名称 人材育成支援協会
開業 2016年1月1日
代表者 松岡 雅恵
基本理念 誰もが輝ける生き方改革を推進する
事務所所在地 〒221-0052 横浜市神奈川区栄町
電話番号(ご相談ダイヤル) 1.仕事の危機に関するご相談
050-8881-6574
2.生活の危機に関するご相談
050-8881-6575
3.住居の危機に関するご相談
050-8881-6576
※固定電話からはご利用になれません
開業 2016年1月1日
【東京都 求職者支援訓練学校等オンライン化】に関するご相談専用アドレス : info@msystem.co.jp
※お手数ですがメール件名に求職者支援訓練学校名をご記載ください。
※状況により、お返事にお時間をいただく場合がございます。何卒ご了承ください。