和美ママ 絶賛応援中!
専門家さんの声
和美食ソムリエさんの声

和美食ソムリエとは:
和美食に賛同し、自ら和美食を行い、
ご自分の本能のままで圧倒的に美しい美容と健康を手に入れて
ご自分の本能のままで圧倒的に美しく、より健康になり
宇宙一の家族で食卓を囲み、
宇宙一の感謝の心で
ワクワクと宇宙一高いご自分の声から聞こえる目標を持って
和美食を広め
未来を担う子どもたちが健康で過ごせるように応援する。
料理研究家《Ai kitchen》主催さま
臨床分子栄養学カウンセラー EAPメンタルヘルスカウンセラー 東佳良子さん
山下江法律事務所秘書部長 今井絵美さん
ピアノ講師 植田育子さま
人材育成、高齢者自立支援歯科・介護コンサルタント 岡田愛家さん
知能研究所認定教室 小林博士の「考える遊び」認定教室  京才月子さん
手話通訳士 河野伴美さん
鍼灸、あんまマッサージ 指圧師 臨床分子栄養学カウンセラー 小浦 隼平さま
着付け師範 学芸員  郷田かおるさん
エステティシャン 謝麗利さま
 飲食店「じわじわカレー」 中 幸恵さま
中原 淳さま  
EraserArt作家兼講師    はるひなさま
出版社「晴山書店」社長  晴山 陽一さま
松井ジュディー言笑
ピアノ講師 松元 千春さま
薬事法関連コンサルタント 山口 元治さま 
歯科医師 山田英治さま
吉田 光作さま
会社事務員  K.Nさま
ピラティストレーナー M.Kさま
ケアマネージャー  T.Mさま


「ベストセラーを書く技術」「うまい、と言われる1分間スピーチ」著者
ベストセラー作家
出版社「晴山書店」社長


晴山 陽一さま

私は200冊出版している作家で、
このたび出版社(株式会社晴山書店)を立ち上げた
晴山陽一です。

将来、松成さんの『天才食レシピ―生まれる前からはじめよう!』という本を出版したいと考えております。


私が松成さんの言葉で特に惹かれるのは、
「元に戻す」という言葉です。

現代は多くの人が、
日進月歩の科学技術や様々な心理技術で、
人工的に加工された人生を送ることを
余儀なくされています。

江戸時代中期に、現在の福岡市で活躍した
貝原益軒という思想家がいました。

その代表作である『養生訓』に、
次のような一節があります。

「養生の道は気を調ふるにあり。調ふるは気を和らぎ、平らかにするなり」

益軒の考えは、
人間が本来持っていた元気(気の力)を
最大限活かしていこうというもの。

ここに、松成さんの「元に戻す」という発想に
とても近いものを感じます。

日本人が古来から持ち続けてきた
すがすがしい健康観を、松成さんは復活し、
世界に発信しようと考えておられます。

その思いに深く同感し、
私は松成さんのご著書を世に出したいと
考えています。


このたびのクラウドファンディングは、
私のできうる限りの応援を
させていただいております。

また、不思議なことに、
最近急激に広島との縁が深まり、
テレビやラジオに出演する話が
舞い込みました。

今回のクラウドファンディングに
タイミングを合わせ、
そちらでも松成さんの活動を広く
紹介するつもりです。

私は、松成さんの「元に戻す」という考え方に
共感を覚えます。

 松成さんの思いを、
広島から全国に、
また全世界に知らせていくお手伝いができるのを、
楽しみにしております。

みなさまも、ぜひ温かいご支援をお願いいたします。
ご一緒にこの日本という国を、
自分の心とからだから、
世界に輝く国にしていきましょう。 

結婚はしなくていいと思っていた私が
結婚しました。

会社事務員
K.Nさま

私の和美食との出会いは、
お友達に誘われて参加したローフードクッキングから
始まりました。
その時の講師が、和美ママこと松成和美先生でした。

4年ほど前になります。

当時の私は、
自分のやりたい事が出来れば
結婚はしなくていい!
と思ってました。

それを和美ママに伝えると
「それは違う‼︎ 結婚から逃げてるだけよ‼︎」
との言葉が返ってきました。

正直、えっ‼︎ と思いました。
思い起こしてみると、
確かに学生時代には大好きな人と結婚して
幸せな家庭を創るという夢がありました。
それが、いつの日からか考え方が変わっていたのです。

和美ママと話していくうちに、
強く思い続ける事の大切さや、
なりたい自分をイメージする事の大切さを学びました。

挫折しそうな時には、
不思議と和美ママから連絡があり沢山話をしました。

そうするうちに、私の考え方も変わり、
なんと宇宙一の旦那様と出会う事が出来ました。

結婚生活は今までの生活から変わった違和感も全くなく、とても不思議な感じでした。

主人は、少し⁉︎とても⁉︎ふくよかな体型で、
しかもカテーテル手術をしているとの事。

定期的に血液検査をしたりしてるのですが、
結婚後は主治医の先生から
「食生活が変わったね。数値が改善しているよ!」
とのお言葉もいただいたようです。

和美食のおかげです‼︎

和美食で主人を健康体にしていくことが
今現在の私の一番の目標です。

(小さな目標、大きな目標、まだまだ沢山あります。)

施術、分子栄養学と和美食を通して
一人でも多くの不妊に悩まれている方のお力になりたい

鍼灸、あんまマッサージ 指圧師
臨床分子栄養学カウンセラー
小浦 隼平さま

和美ママとの出会いは
9月に行われた分子栄養学実践講座でした。

最終日の講座修了にゆっくりと
お話をさせていただく機会があった。

そこで栄養の話や現代医療の話など
いろいろなことを話しました。

その中で、和美食のことを知りました。

和食をベースにローフードの摂取量を増やす。
それをスムージーで行う。
とても簡単で取り組みやすいのがいいなと思い、
そこからのお付き合いになります。

私自身は特に体の不調がある訳ではないのですが、
それでも意識的にこれまでより、
普段の食事に生の食材(野菜や果物)を増やしていくと
体の変化を感じました。

朝のお通じの臭いが変わってきたんです。
臭いが明らかに薄くなっていきました。
恐らく腸内細菌のバランスが良くなったんではないかと
推測しています。

 現代人の多くが知らない間に普段の食事から、
添加物や水銀をはじめとする重金属などの
いわゆる【毒素】の影響を受けていると言われています。

人が健やかに生きていくためには
健康という土台か不可欠です。

この健康を守るために
今ある自分の身体をどれだけ正常に長持ちさせるかは、
とても大切なことだと思っています。

分子栄養学でも様々な不調のおおもとにあるのは、
腸内環境の変化であることが多いと言われています。
腸内環境を整えていくのに
和美食はとても有効な方法となるのではないかと
思います。

私は今、
不妊に悩まれている方の体質改善を仕事にしています。

普段は整体と鍼灸が主ですが、
それだけでは、なかなか改善しない方が多くおられます。

以前から栄養を指導することの必要性を
強く感じていました。

特に妊娠前から
きちんと栄養を摂取していくことは、
胎児の成長にもいい影響を与えることになります。

これは、和美ママが話されている
「天才を育てる」
ということにもつながっていくのだろうと思います。

まずは身体の施術、
分子栄養学と和美食を通して
一人でも多くの不妊に悩まれている方のお力になりたいと思っています。

薬事法関連コンサルタント
山口 元治さま

主に米国系の外資系医薬品医療機器メーカーでの経験を生かし、

薬事法関連のコンサルティングをしています。

 

知り合ったきっかけを覚えてないのが、残念ですが、

いつの間にか名刺交換をしており、

成り行きで宇品のコンサートに行きました。

その後、スムージー講座に参加することになりました。

なんだかんだで、ご縁が続いております。

その間に、ケトン回路を起動するために完全糖質制限を2年間、

緩やかな糖質制限を続けていました。、

残念ながら、あくまでも自分のケースでは、
糖質制限のやりすぎでインシュリンを分泌していても
高血糖になってします

耐糖能異常になってしまいました。

膵臓から、インシュリンを分泌していても、インシュリンが働いていないのです。
この結果には本当に驚きました。

 

自分の体を知ることは大切です。
これからも自分の体と分子栄養学的に向き合って
健康体に戻していきたいと思っています。

先日も合宿に誘われ、豊栄で満天の空を味わいました。

 

そんなこんなで、

和美ママの論文にも付き合うようにいわれています。
和美食が、進むべき道の一助になれたら嬉しいです

今日は、お蕎麦が美味しかったです。

ごちそうさまでした。

歯科医師
山田英治さま

私がこの和美食に関わることになったのは、
かなり体重が増えてきて、
見るからに肥満体形になったのを見かねた友人が、
松成先生を紹介してくれたことから始まりました。

ローフードという生き着なれない言葉を教えてもらい、
生に近い食べ物がいかに体に良いか知りました。

逆に加熱したものが、
どれだけ栄養素を失った食べ物であるかも。

朝は生の野菜や果物などを細かくミキサーにかけて、
スムージーにしたものを飲む。

たったこれだけでも毎日続けると
日に日に体重が落ちていきました。
何より健康な身体になっていくのが実感できました。

出来の悪い生徒なので、
付き合いとかの関係で、
毎日続けているわけではないので、
また体重は上がったりもしますが、

調子が堕ちたときは
スムージーを飲んで体調を戻しています。

何よりいざとなれば
体調を戻す方法を知っているので安心です。

和美食は健康のためのお守りのようなもの。
これからもできるだけ続けていきたいと思います。

めばえ幼児英才教室主宰
 幼児教室
知能研究所認定教室 小林博士の「考える遊び」認定教室

京才 月子さま

和美食ソムリエの松成さんとの出会いは
6年前だったと思います。

私が76歳の時だったと思います。

「面白いセミナーがあるので行ってみない!」と誘われ、
和食の好きな私は、参加しました。
参加して大変興味を感じ、
早速入会させていただきました。

この時期は体重が52.5㎏もあり、
ドクターから「5㎏は体重を落としなさい。」
と言われており、
「無理なこと!」と思っていましたが、

何度か通う内に、今までの料理は、なんだったのかと、
目から鱗を感じました。

21日間のスムージー中心の食事により
体重を5㎏に落とすことが出来ました。

外食の多い私ですが、以後、
体重のコントロールが出来るようになり、
喜んでいます。

最近は年齢を良く聞かれ、
当年何歳と答えると、
皆様が「うそ!」
と言われるのが快感となっています。

ユニークメンバーとお会いでき、
輪の中に入れていただき感謝しております。
今は
「天才脳」ケトン食に興味を覚え、
お勉強をしていきたいとお思います。

和美食との出合と並行して別の出会いもありました。
私は43年間続けている幼児の知能を伸ばす教室を
主宰しており、
「頭の良い、知能の高い子供」を
世に送り出しています。

「詰め込み教育」でなく考え、
行動のできる思考力の高い子どもを目指して、
デジタル教育ではなく
「アナログ教育」に力を注いでおります。

小林博士の「考える遊び」の指導者の資格をいただき、
指導に当たっています。

楽しく遊びながら頭の良い子、
創意工夫のできる子供をめざし
個人指導を行っており、

また現在は、高齢者の痴呆症をやわらげる、
指導を始めて
元気な薬を必要としない老人を目指して、
これから安全な食事と
アナログ教育遊びをコラボして、
「頭の良い子、ぼけない老人」
を目指していこうと思います。

この年齢になって目的のある人生を
見つけることが出来たことは、
本当に幸せなことだと思います。
感謝!!

アレルギーや脳の障害で苦しんでいる子供たちに

料理研究家《Ai kitchen》主催さま

和美食の松成さんとの出合は、5年前。
私が13年勤めたABCクッキングスタジオを退職して、
新しく独立して料理教室を運営し始めたころです。

もともとパティシエだった私は、
大好きなケーキを作ることが
楽しくてしょうがないはずなのに、

仕事をするごとに体調を崩してしまい、
20年前の私の体は今よりも、
体が老けており、
気力だけで生きてきました。

その後、普通の食生活に戻り、
体調も改善したので、
念願の料理教室に就職しましたが、

アレルギーの発症等、料理を教える立場でいながら、
薬を飲みながら仕事をすることもあり、
とても苦しい思いをしました。

本来食を通して幸せを伝えるべきスタッフも、
体調を崩す方も多く、今では、
好きな仕事が出来ない体になった人も何人も見てます。

そんないろいろな体験をさせていただき、
5年前、自分のお店を持った時に、
食べる物で体も変わるし、
性格も変わると確信はしたのですが、

例えば添加物なし、糀を使う、
発酵食品や自然の旨味を使う。
〇〇スペルト小麦や米粉だけ使い、
ケーキもグルテンフリー有砂糖なし、
油の種類にこだわり、
家で簡単においしく、
体にいいレシピを作ってきましたが、

もっともっと勉強して、
食から本当の幸せを広げたいと思い、
松成さんの和美食に参加させていただきました。

コンビニが増え、パン屋が増え、
美味しさだけ、手軽さだけ追求した結果、

今、沢山の子供達が、
アレルギーや脳の障害で苦しみ、
本来の持っている力が発揮できなくなっています。

自分の生まれてきた使命に気が付き、
感謝できる人々が増え、
そしてそれを周りに広げれる子供たちが
もっと増えていく環境を、大人達は真剣に考え、
良い環境を作り、皆が1人1人最大限の力が発揮でき、
幸せになれる。

そんな素晴らしい感動が、
この和美食を通して出来るのではないかと
わくわく楽しみにしています。

食からどんどん愛が広がりますように。

和美ママにアドバイスを受けた21日間
この日を境に私は 180 度変わりました。

ケアマネージャー
T.Mさま 

私が和美ママに出会ったのは 2 年前の春、
仕事でのことでした。
その後、仕事も終わり しばらくたった 9 月に
マンツーマンの料理教室と
21 日間のコンサルを受ける機会に恵まれ ました。

21 日間、和美ママにアドバイスを受け、
私なりに忠実に朝のスムージーと
生野菜いっぱいの食事を摂りました。

今、思えばこの日を境に私は 180 度変わりました。

それま で料理にまったく興味がなくて、
インスタント食品やコンビニのお弁当を
毎日食べていた のに、

その日以来朝の 800mlのグリーンスムージーは
外泊の時以外は一日も欠かしたこと がありません。

生野菜たっぷりの食事と手作りの発酵食品を取り入れて、
水分もしっかり 摂るようになりました。

努力しているのではなくて、自然に欲しくなるのです。

味覚も変 わりました。
子供の時から大嫌いだった柿が
美味しいと思えるようになり、
反対に市販の ジュースが甘すぎたり、
不自然な味を感じて飲めなくなりました。

そこから食事への興味は
健康への興味と広がりました。

食事、睡眠、運動、
どれもこれ までおろそかにしていたことを
免疫力とパフォーマンスを上げることを意識して
生活習慣 を変えることが楽しみになってきました。

その結果、明らかな変化が現れました。
体重が 10 kg減少、太って
着られなくなっていたお気に入りの服が
また着ることができるようになりました。

風邪をはじめとする病気を
一 度もしたことがありません。

そして疲れにくく、
明らかにパフォーマンスが上がりました。 

そしてもう一つ、
以前は言われたことが一度もなかったのに
「肌がきれいね」と何人もの人に言われて、
自分自身が驚いています。

これからは食事がこんなにも大切だということに
まだ気が付いていない子供たち、
お母さんお父さん、
これから親になる若い人たち、
健康に自信のない大人たちに
伝えることができたらどんなにいいだろうと思います。

ピラティストレーナー
M.Kさま

和美ママとの出会いは約4年前だったと思います。
スポーツクラブでインストラクターをしている私は、
自分の身体と上手に付き合えなくて
自信がありませんでした。

嫌なことがあったら、
すぐに甘いものに手を出して自分を慰めていたので、
綺麗になって自信を付けたいという気持ちとは裏腹に、
いつも同じことを繰り返しては、
堂々巡りをしていました。

自信がないので、
私なんてという気持ちがどこかにあって
人前でうまくしゃべれない、
先生らしく振舞えない、
本当にこの仕事向いているのかな?と思いながら、
自分を好きになる方法をいつも探していました。

そんな時にあるトレーナーのセミナーで
知り合った女性から、
スムージーの講座があるから行ってみない?
という誘いを受けました。

好奇心旺盛な私は、
すぐにこその誘いに乗り行ってみたのが、始まりで、
その後21日間のダイエット講座の実施と
和美食ソムリエの資格をいただくことになりました。

理想の自分とは程遠く、
ちっとも前に進めない状況と
自己管理のできない自分嫌いな私が、
スポーツを指導してお客様を良くしようとしていたので、
自分としては辛く、
何とか楽になりたいと思っていました。

この講座と和美食ソムリエに出会い、
直感的に自分をリセットできる、
ありのままの自分を好きになり、
本来の自分の持ち味を抑えることなく発揮し、
自分を認めることにもつながると感じました。

もっと肩の力を抜いて自分らしくありたいという思いが、この出会いに繋がったのだと思う。

ます最初に変わったのが、
自分の体調の変化ですが、
肌の血色がよくなり、
吹き出物が多かった、見た目の問題も良くなりました。

疲れやすくむくんで循環の悪い身体が軽くなり、
体が綺麗になっていくのを実感しました。

身体が良くなったからか、
自分のメンタルにも影響し
余裕をもって人と接することが難しいと思わなくなり、
仕事も円滑に回るようになりました。

この変化で事前と廻りに人が集まってくるようになり、
自分の存在が周囲の人に良い影響を与えることが
できている実感につながることになりました。

この体験で人は良くなることが出来るのだと知り、
同じように苦しんでいる人を救い、
良くなる手助けが出来るのだと認識しました。

人はいくらでも変わる事ができ、
自分の決めている、限界を取り払うことが出来れば、
これからの人生も、周りの人の幸せも、
無限大に広がっていくと考えて今はワクワクして、
未来に希望を持っています。

1人では、決して変われなかったことが
人との出会いを通じて変化した。

私を良い方に導いてくれた人たちに感謝をして、
私は目の前の人にそのことを伝えたい。

EraserArt作家兼講師


はるひな

和美ママとの出会いは6年前、
私がまだ広島に来て自身の進む道を
迷っていた時期でした。

新天地での新しい生活、子育て、人間関係、仕事。。

やりたい事と出来る事、母親として、
妻として、女性として。

様々なことがすごい勢いで流れていく中で
必死になって右往左往していた私が
久しぶりに和美ママと再会したのはつい1年前。

それまでもSNS上や
「和美食」の創立のご連絡など、
少なからずの交友はあったのですが、
ふと久しぶりにお会いした和美ママの
あまりにもナチュラルで自然体な印象に引き付けられ、
「気になり」ました。

何がそれほど彼女の魅力となったのだろうと。
それが私の「和美食」への第一歩です。

「和美食」の学びを得るうちに、
自身の健康や家族の健康について
少し目を伏せて過ごしていた日常に
改めて目を向けました。

「気にしている」の言葉だけでやり過ごしていた
娘のアトピーや
「忙しい」でごまかしていた食生活について
改めて考えてしまいました。

出来る事をと
子供と一緒に合宿に参加しました。
「食べる事」
「自然体であること」
「触れ合う事」
日常でつい忘れがちな
何気ない気持ちや気付きを
食を通して子供たちと
共有できた気がしました。

そんな私の変化に
まず気付いたのは自分自身でした。

スムージー合宿に参加後、
元々身体を動かす習慣があったこともあり、
自身の身体の軽さと
可動域の変化にまず驚きました。

そしてそれはすぐ目に見えて
周囲にもわかるようになったらしく
「どうしたの?」「何をしたの?」
という声が上がりました。

もちろん見た目だけではなく
内面にも変化はありました。

食生活に変化のあった子供たちは
現代っ子の特権である「自分の意思を伝えない」
を少し卒業してくれました。

「考える」事にも積極性が見られるようになり、
日常で何かしらの
「伝える」努力をするようになった気がします。

私自身も失敗した自分や
嫌な自分を受け入れる余裕が
できてきたように思います。

「食」の変化がこんなにも
自分の意識を変えるものだとは
正直びっくりでした。

「和美食」は
決して特定の誰かの為のものではなく、
家族みんなで学び、
育んでいく軸となるべき1つのツール
だど思います。

それをどう活用し、
どう生活に生かしていくのかは
個人によって違いはあると思いますが、

我が家ではそれがコミュニケーションになり、
お互いの健康のバランスの基準になってきました。

今後も家族で「和美食」lifeを楽しみながら
学んでいけたらと思います

ピアノ講師
松元 千春さま

和美ママとの出会いは

やはり同じピアノ教師をなさっている友人Uさんから
お誘い頂き、料理教室に行かせて貰ってから
ご縁が始まりました。

以前より食育にはとても興味がありましたし
気をつけてきたつもり・・・つもりでした。

仕事で多忙を極めた子育て期、
手間暇はかけられなかったけれど、
添加物や農薬などできる限り少ない食材を選び
食卓にのせていました。

そんな細やかな食へのこだわりが、
和美食に共通する何かを感じ、
和美ママに勧めて頂き和美食ソムリエになりました。

学ばせて頂いた事を実践応用するに
今まだ至っていませんが、
ストレス社会と言われている現代において、

和美ママの提唱されている和美食は
お手軽に実践できる健康的ライフ生活への
第一歩だと思っています。

私には二人の子供がおり

一人はパリ在住ピアニストの娘

一人は医師の息子

どちらも肉体労働者です。

娘は時折帰国してコンサートさせて頂いておりますが、
フランスでも音楽院にて
後進の指導にあたっている為
お休みが限られる中での帰国演奏会。

帰国してリハーサルをして本番、
本番終えると次の日はフランスに戻る、
時差との戦いもありながら身体あってこそ、
心に響く演奏ができるのではないかと思っています。

いつも松成先生ご家族で
コンサートに駆けつけて応援くださっている事にも
感謝しています。

そして息子は勤務医、
とても気を抜けない過酷な現場です。
食事もままならない時もあります。
睡眠も取れない時もあります。
しかしながら人のお役に立ちたいとの思いから
日々精進しているのだと感じています。

今では完全に親の手を離れた二人の子供ですが、
母としては健康だけが気にかかります。

健康あってこそ良い音楽が提供でき、
良い医療をお届け出来ると確信しているからです。

ここで出会った松成先生の和美食をしっかり学び、
子供達や教室の生徒さん達にも伝えて行きたいと
思っています。

健康な身体が有れば何にだって挑戦できると思います。

夢だって叶います。

長年オーロラを見たい!
と思っていましたが、
一昨年アイスランドで叶いました。

幻想的な世界を織り成すオーロラの畝りと色彩が
大空から現れた時の感度は
今も鮮明に覚えております。

出来る限り本物を自分の目で体感させたい!したい!
と思って子育てしてきましたが、
健康であればこそです。

和美食は多忙を極める方々にとっても
習慣化すれば手軽に健康維持と同時に
更に美しく歳を重ねられると感じています。

これまで中々実戦に至っておりませんが、
これからの私を見ていてください。
お目にかかる度に、素敵に変身していると思います。
いえいえ素敵に変身致します。

今後ともご指導のほど宜しくお願い致します。

そして和美食を通して

皆様が健康で美しく

和美食の益々のご発展と

世界が平和でありますように。

宇宙一の夫と家族とともに

飲食店「じわじわカレー」
中 幸恵さま

中幸恵

和美ママとは約4年前、
オーガニックについての講座でご一緒したのが
最初でした。

その後、カフェでローフードの講座を開催されるとのことで参加させていただき、
ローフードのおもしろさ、
和美食のあたたかい心意気に惹かれ、
個別講座にも参加させていただいたのが始まりです。

自分自身のアレルギー体質や母の闘病で、
食や身体について以前から興味を持っていましたが、

娘の食物アレルギーが発覚した時から
その興味は益々深くなりました。

体質改善を目指して
色々な自然療法や食事法を学んでいます。

これまで体質により
合うもの合わないものがありましたが、
和美食は、様々な健康法・食事法のベースとなるものを
満たしてくれていて、
取り入れやすく、
続いけやすく、
楽しんでいるうちにどんどん元気になっていきます。

そして何よりもありがたいのが、
和美ママがいつも優しく教えてくださる、
心の在り方です。

「夫は宇宙一」
「子どもたちは天才」
「願いは叶い、想いは現実になる」
ということ。

何か困難があった時も、
目の前のことにとらわれず、
これを信じていれば必ず道は開かれて、
しばらくすれば家族が笑顔で
あたたかく過ごすことができる。

和美ママと出会い、実践し、
それは確信となりました。
おかげさまで、身体も、心も元気になっています。

夫は大のスパイス好きで、
趣味が高じてお店を開いたほどですが、
夫が探求することと、
私の食や身体への興味がいつの間にか繋がりました。

これからも夫婦・家族で力を合わせて、
食のおもしろさを通じて、
出会った皆さまに驚きを、
そして"楽しんで元気になる"きっかけを
お届けできればと思っています。

吉田 光作さま

私と和美ママと初めて出会ったのが
5年ほど前になります。

私には佐伯区の五日市に友人がいて、
その人が主催する『造幣局で夜桜見物 1品持ち寄りパーティー』でした。

当時和美ママはローフードを提唱されていて
何品かローフード料理を持参されていました。

中でも興味深いのが
カシューナッツをシャリの代わりにした
手巻き寿司でした。

私は当時鮮魚店に務めていたので
各々特性のある刺身盛り合わせ3種を持参していました。

和美ママのお寿司に
その刺身を巻いて食べたところ
面白い食感と風味が口に拡がり、
その感動を直接その場の和美ママに伝えますと
後日料理教室にご案内下さいました。

そこでまた何品か頂きましたところ
言葉で表現できない体の変化を感じ、

そのまた後日、
呉市在住の女性お二人と共に教室に参りました。

和美ママより食品についての直接指導も頂き、
帰り際あたりに血管年齢を測ることとなりました。

そこで当時喫煙者だった私は
血管年齢驚異の95歳‼️
早速来る前にタバコを吸ったのがバレて
和美ママからはそののち禁煙指導‼️

ゆっくりと無理なく完全禁煙を実現しました。

このことはたいへん大きなことで自分のみならず周囲もとても喜んでくれました。

この経験は自信を持って
皆さまにお伝えできる価値あるものと思っています。

まさに私たちの体は食べるものによって出来ています。
煙を取り入れてはいけませんね(笑)

私自身現在、多忙な身であり
合宿等のまとまった期間を要するイベントには
参加出来ませんが
これから少しずつ学んでいく和美食を
家庭で実践していきたいと思っています。
これにて体験談を終わらせていただきます。
乱文お許しくださいませ。

「和美食と出会ってからの私」

ピアノ講師
植田育子さま

和美食との出会い、
それは偶然、必然だったのかもしれません。

2年前東広島くらら教室で
当日お友達にお誘いを受け
何も思わずフラッと会場へ出向きました。

昔から食べることが大好きで
自分なりにいろいろな料理を作ってきましたが、
料理教室は未経験。

多少の不安はありましたが、
和美ママの笑顔と教室の皆様の和やかな雰囲気に
肩の力も抜け楽しい時間を過ごせました。

それと同時にその時教えて頂いた食に関する話は、
今までの自分の常識を覆すかなりの驚きの内容でした。

野菜果物の控訴を生かしたローフード。
その代表がスムージーです。

和美食に出会う前の私はやや肥満体系で、
お医者さまからも減量を通達されていました。

自分なりに運動やダイエットで5㎏は減量したものの
そこからはどうしても減りません。

そうした中、和美食に出会い、
朝スムージーを取り入れ、
酵素を生かした料理を心掛けると
半年で5㎏減量。

現在MAXの体重から10㎏減量しました。

体重が減ると不調だった体調も良くなり、
毎日多忙な日々を送っています。

さて私の仕事は、
ピアノ指導シニアコーラス指導を行っている音楽講師です。

幼児~高齢者の方まで幅広く、
いろいろな年代の方々のレッスンを
させていただいていますが、
丁度和美食に出会った頃、
指導だけではなく、
自分自身も演奏活動をやってみたいという夢が
ありました。

夢は思うだけでなく実現したいという
強い思いと行動力が必要です。

そして高校時代の同級生と縁あってピアノ連弾デュオ
「quatre.cat.mam」を結成。
東広島、広島、大阪、高松と各地で
演奏活動をしています。

ステージでピアノを弾いている時は、
いつもわくわくと楽しく、
お客様にもそのワクワク感が
嬉しいことに伝わっているようです。

このワクワク感が人生においても大切なことだと
思います。
ワクワク感は人を若返らせ
輝いた人生を送ることができます。

和美食ソムリエとしては、
まだまだ未熟で勉強することもありますが、
これからも和美食で教えて頂いた食の大切さ、
わくわくと笑顔と感謝で過ごすことを心に置き、
頑張りたいと思います

中原 淳さま

松成代表理事にお会いしたのは、2018年の春でした。
わたしは趣味のヨガを通じて、
オーガニックな食事に若干の関心があったものの、
現実の暮らしはそれとは程遠く、
多忙な毎日から外食、中食、
不定期な食事で生命をつないでおりました。

そんなわたしが松成代表理事の主宰される
スムージー合宿に参加させていただいた時に
どうなったか...

恥ずかしながら、途中で動けなくなりました。

普段、甘い菓子や炭水化物が多い食事を
とっていたわたしが、
果糖と野菜だけのスムージーだけを取り続け、
満腹感を全く感じなかったのです。

たまたま大病をしなかっただけで、
摂る栄養の偏りがもろに出た、ということです。

 

未病という言葉がありますが、
未病のまま生涯を終える方も多数いらっしゃいましょう。

しかしそれは、
もしかしたら摂る食物によっておのずと
その方の寿命を縮めている可能性もあるのでは、
と思いました。

これについては、この食材が危ない、
とか言われることもありますが、
単純にそれを避けるだけのため、
マクロビなどの「手法」にこだわっても、
精神までも含む根本的な健康まで解決できていないのでは、と思いました。

 

他方、わたし自身は、
過去、ヨガを通じて、精神の健康を目指しました。

その方向性自体は間違っていなかったかもしれませんが、
口にするものが
あまり自分の身体を労るものでなかったがために、
改善の効果が小さく、
ある意味ただの苦行になってしまったのかもしれません。
これもこれで根本的な健康の解決になっていません。

 

わたくしは、個人の生活において、
体内と体外、
接する人や社会で起こるストレスを
払拭するためにどうあるべきか、
ということを将来的に発信しつづけたい
と思っておりますが、

これら多方面どこから見ても
「健康」を達成する際に、
和美食が大きなヒントになっていくと感じております。

一般社団法人和美食ソムリエ協会

経営理念

何のために経営しているか?

・食を通して、多くの人々にご自分の本能のままで圧倒的に美しい美容と健康を手に入れていただくため。

・多くの人々にご自分の本能のままで圧倒的に美しく、より健康になってもらうことで、宇宙一幸せな人生を120歳まで送ってもらうため。

我が社の固有の役割はなにか?

・「和食」と「ローフード」と「ケトン食」の良いところをあわせ、より始めやすく、より続けやすい、老若男女誰にでも受け入れられるご自分の本能の声に従った食のスタイルを提案する。

・宇宙一の家族で食卓を囲み、おじいちゃん・おばあちゃん・お父さん・お母さん、そして子どもたち、みんなで自由に食べることができる献立を提供する。

大切にしている価値観/人生観

・一歩先の健康は、今手にする食事で作られる。

・一歩先を幸せにするために、今この瞬間を宇宙一幸せだと感じるライフスタイルにする。

顧客、取引先、仕入れ先に対する基本姿勢

・仕入れ先……宇宙一幸せだと感じる本物の食材を作る人々を応援する。

・顧客……宇宙一幸せだと感じるお客様が健康になることに対して、宇宙一幸せだと喜びを感じながら働く。

ソムリエに対する基本姿勢

・ワクワク

本能の声に従っている細胞が喜ぶサインはワクワク以外ありません。それは笑顔として見えます。宇宙一楽しく働いていなければ、お客様を満足させることはできない。

・感謝

常に誰よりも宇宙一の感謝の心を持ってほしい。それが幸せの実感につながる。

・自立

どんな状況でも、圧倒的に美しい本能の自分で判断して動けるようになって欲しい。自主性を持った認定講師が多いほど、和美食を広めることができる。

・目標は高く

常に宇宙一高いご自分の声から聞こえる目標を持ってもらいたいそれが自己成長につながる。

地域社会や環境に対する基本姿勢

①家庭の食卓を変えることで多くの人々、特に未来を担う子どもたちが健康で過ごせるように応援する。

②食事の教科書を作成し世界に発信することで、直接関わるこのない世界中の健康の回復や増進に貢献する。
経営理念

【Our mission】

私たちは和美食を通じ、『自分のままで圧倒的に美しい体と心を手に入れる』を応援します。

 

「和食」と「ローフード」と「ケトン食」の良いところをあわせ、より始めやすく、より続けやすい、老若男女誰にでも受け入れられる食のスタイルを提案する。

 

【Values】

私たちは、宇宙一の皆様の健康に貢献できることに心の底から喜びを感じ、全力で応援します。

 私たちは、宇宙一の家庭が笑顔で食卓を囲める、美味しい食事を大切にします。

私たちは、宇宙一の家庭で毎日、無理なく実践できる料理を普及し続けます。

顧客、取引先、仕入れ先に対する基本姿勢

・仕入れ先……宇宙一幸せだと感じる本物の食材を作る人々を応援する。

・顧客……宇宙一幸せだと感じるお客様が健康になることに対して、宇宙一幸せだと喜びを感じながら働く。